アン・リー 関連記事

  • 『ジェミニマン』より

    ウィル・スミス VS 若いウィル・スミス!『ジェミニマン』特報解禁

    映画

     俳優ウィル・スミスが主演を務める映画『Gemini Man(原題)』が、邦題を『ジェミニマン』として10月25日より公開されることが決定。最新技術により実現した20代のウィルと現在のウィルの対決シーンを収めた日本版特報映像が解禁された。@@cutter 本作は、伝説的暗殺者が政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃され、襲撃者の正体が若い自分自身だと知り、政府を巻き込むクローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていく近未来アクションエンターテイメント。  メガホンを取るのは、映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などで2度のアカデミー賞監督賞受賞を誇る巨匠アン・リー監督で、『メン・イン・ブラック』シリーズや『アイ・アム・レジェンド』で知られるウィルと初タッグを組んだ。プロデュースを『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『アルマゲドン』のジェリー・ブラッカイマーが担当。120フレーム撮影や新しい3D技術を駆使し、“誰も見たことの無い未知の映像体験”の実現に挑んだ。  日本版特報は、何者かの追跡から逃げるベテラン暗殺者ヘンリー(ウィル)のバイクチェースで幕を開ける。自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せないと評される最強のターゲットをヘンリーが追い詰めたとき、それが秘密裏に作られた若い自分自身のクローンであるという事実が明らかになる驚きの展開に。ウィルが2役を演じる20代のヘンリーと現在のヘンリーの対決シーンが最新技術を駆使して描かれているほか、装甲車で襲いかかる特殊スーツの兵士たちも映し出され、クローン誕生を陰で操る巨大な陰謀の存在を予感させる映像となっている。  映画『ジェミニマン』は10月25日より全国公開。

  • 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日間」で監督賞を受賞したアン・リー 

    「ライフ・オブ・パイ」アン・リーが二度目のアカデミー監督賞を受賞[第85回アカデミー賞]

    映画

     現地時間24日に開催された第85回アカデミー賞授賞式。監督賞には「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日間」(1月25日より公開中)のアン・リーが輝いた。@@cutter 台湾出身のリー監督。2000年の映画「グリーン・デスティニー」(00)ではワイヤーアクションにも挑戦し、撮影賞などを含むアカデミー賞10部門にノミネート、4部門を受賞した。 「ブロークバック・マウンテン」(06)で初のアカデミー監督賞を受賞。今回、二度目の監督賞となる。  アカデミー賞監督賞候補者一覧は以下の通り(★が受賞者) ★アン・リー(「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日間」) ベン・ザイトリン(「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」) スティーヴン・スピルバーグ(「リンカーン」) デヴィッド・O・ラッセル(「世界にひとつのプレイブック」) ミヒャエル・ハネケ(「愛、アムール」)

  • アン・ハサウェイ

    ハリウッドスター豪華勢揃い!第85回アカデミー賞フォト特集

    映画

    映画の祭典アカデミー賞が今年もついに開催!豪華スター満載のフォト特集をお楽しみください。

  • 本木雅弘インタビュー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

    洋画アテレコ初体験の本木、「もし自分だったら、パクっとすぐに食べられちゃうでしょうね」

    映画

     「ブロークバック・マウンテン」でアカデミー賞監督賞に輝いた名匠アン・リーによる3Dアドベンチャー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」。成長した主人公パイの声をあてた本木雅弘へのインタビューは、「映画を観るとき、そもそも自分は吹き替え派ではなかった」との、いきなりの告白で始まった。@@cutter 「役者の声や息遣いといったものも楽しみのひとつだから」字幕派だったという本木。今回、吹き替えに挑戦したのは、「アン・リー監督の作品だった」ことが最大の理由だった。だが実際に声をあて、吹き替え映画の魅力も知ることができたと感想を漏らす。「当然ですが、字幕がない分だけ映像の感覚がダイレクトに味わえる。言葉の響きと、その意味がまるで音楽のひとつのように流れてくる感じがありました」。  これには本木があてた役柄そのものも影響している。本作は、家族と太平洋を航行していた船が嵐で転覆し、たったひとり生き残った少年が、ひとつの救命ボートでベンガルドラと共に生き抜いたサバイバル・ストーリーを、大人になった主人公が振り返る形で進む。「終盤に一瞬だけ感情が出るところがありますが、その他は語りの部分が多かったので、今回は素直にセリフをおいていく雰囲気でやらせていただきました」。  さて、「アン・リー監督の作品に接触できる!」と興奮した本木だが、即決したわけではない。きちんと本編を観てから返事をしたところに、彼の性格が出ている。実はインタビュー当日も、自身が吹き替えた言葉や、原作になった小説からの抜き出し、プレスシートからの監督の言葉の引用などがサササッと書きこまれたメモを持ってきていた。  「アン・リー監督の手腕には本当に敬服しました。監督の特に素晴らしいところは、物語の舞台が僕たちの生活からかけ離れたものであっても、自然とキャラクターの心情に近づかせてくれるところ。『ブロークバック~』だって、今回の作品だって、自分たちにはあり得ない設定だけれど、切に共感できる。そして監督はどこか客観的な、ある種、批判的な目線も常に持っている。そのバランス感覚には脱帽です」。  さらにこうも続けた。「監督の作品は、幾度かの衝撃の後に、じわりじわりと別の味わいが出てくる。『ライフ・オブ・パイ』も、最初は単純にサバイバルものかなと思いながら、リアルな画の迫力に引きこまれ、心ごと自分も漂流しながら入り込んでいたら、最後にきて新たな真実を突きつけられ、価値観を揺さぶられてしまう」。@@separator これから作品を体験する観客のために、多くは明かせないが、本作は決して表面的なサバイバル・ストーリーではない。人間ドラマを描くことに定評のあるアン・リー監督がメガホンをとった意味を確実に感じることができる映画なのだ。本木も「最新の3D技術を使いこなした臨場感のある映像の迫力を観せながらも、終わってから残るのは物語の余韻なんです。これは本当にすごいこと」と手放しで称賛。  そして「一見、過酷な映画ではあるけれども、最終的に希望のあり方みたいなものも感じさせてくれる」と話し、「原作にもありましたが、パイにとってトラよりもはるかに怖い敵は“絶望”だった。でも彼は過酷な漂流生活の中、トラと共存し、内面の劇的な変化によって、自分の物語を持ち得た。ある意味、トラがいたからこそ、彼は真の絶望を避けることができたのかも。自分の目の前に広がっている世界というのは、そのままではありえない。それをどういうふうに捉えて理解するかが大切。だから希望というのは、誰かが与えてくれるとか、ひょいとやってくるものではなくて、自分で生みだしていくもの。そんなことも考えさせられました」と深い考察も語ってくれた。  ちなみに本木がパイと同じ状況に置かれたら?との質問には「僕はグズだから、まごまごしてる間にパクリでしょう(笑)」と即答。「10代の頃からこの世界で生きてきて、常に自分は半分商品なんだという感覚の中で生きてきました。グループの中で役割を演じたりね。そういう体裁が全て通用しない場で裸にされたら、どんな自分が出せるのか、自信はありませんね。だから、おそらくすぐに食べられちゃうでしょう」と笑わせた。(取材・文・写真:望月ふみ) 「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は1月25日(金)から全国公開

  • 【監督賞ノミネート】アン・リー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日間」

    「ライフ・オブ・パイ」アン・リー監督が西洋と東洋の違いを語る

    映画

     「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」で、本年度アカデミー賞作品賞、監督賞を含む11部門にノミネートされたアン・リー監督が、同作の撮影秘話、さらにハリウッド映画界の現状までを語ってくれた。@@cutter ご存知の通り、本作はベストセラー小説を原作としている。映像化不可能といわれた作品を題材に選んだことで、苦労した点も多かった。「本作では幻想のなかで幻想を吟味しているので、観客をその場から外へ追い出さない形でどうすればいいか。その部分が一番難しかったです。もちろん、映画をまとめる上ではいろいろと大変な部分がありますが、この点が一番やっかいでした」。  また、ハリウッドで活躍するアジア人監督の1人として、映画製作という分野における西洋と東洋の違いや、共通点についても言及する。「映画は西洋から東洋に向うものです。私たちは彼ら(西洋)から学んでいます。ハリウッドに関しては、その体制や、西洋のフィルムメイカーの方式、映画言語、文化などを学んできました。かなり長い年月が経ち、繰り返しが増え、つまらなくなってきたので、彼らは新しい仕掛けを取り入れようとしています」。  確かに、以前に比べてオリジナリティが薄れてきたと揶揄されることが多いハリウッドだが、そこに風穴を開けるのが東洋的視点であるとも考えている。「東洋には一種の純真さがあって、良質の映画言語を主張するので、その点はとても新鮮です。私たちの文化的な背景が何かを提供しているんだと思います。そこが、彼ら(西洋人)には新鮮な風のように感じられるんです。私はそこに期待しています。映画は視覚と聴覚に訴えるので、バリアは考えているよりも小さいものです」。  西洋、東洋といった垣根を越え映画という共通言語で楽しむことが大事なのかもしれない。  「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は2013年1月25日(金)全国ロードショー

  • アン・リー監督、本木雅弘を絶賛

    「本木さんと友情を育みたい」アカデミー賞候補のアン・リー監督

    映画

     本年度アカデミー賞に11部門でノミネートされた「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を引っ提げ来日中のアン・リー監督が、17日、記者会見を開いた。@@cutter 「本作は少年の成長物語であり、空想の力、そしてイノセンスの喪失を描いている」と述べ、「とても特別なプロジェクトで、完成させられただけでとても満足しています」と挨拶したアン・リー監督。  「ライフ~」の原作は、世界的な文学賞であるブッカー賞に輝くベストセラー小説。インドで動物園を経営していた家族とともにカナダへ航行中に難破し、ひとり生き残った少年パイが、乗り込んだ救命ボートでどう猛なベンガルトラと共に大海原を漂流した日々を、圧倒的な映像美と深いドラマによって綴る。  製作にも名を連ねている監督。ノミネートの11部門の中には、作品賞・監督賞も含まれており、「ブロークバック・マウンテン」の監督賞受賞に続いてのオスカー獲得に注目が集まるが、監督は「プレッシャーは感じていない」という。  「確かにアカデミー賞は世界で最も大きな賞で、世界中の人が注目しています。でも最も優れた作品が受賞するのかというと、そうとは限りません。ただ、同業者に認められる満足感と世界中が見守る中で感謝を述べられる名誉ある場ではありますね」と冷静にコメント。  しかし「ライフ~」を唯一上回る12部門でノミネートされた「リンカーン」について問われると、「『リンカーン』なんて目じゃないよ(笑)」と冗談交じりに返し、「『ライフ~』は俳優たちに支えられた作品でもあります。少年パイも成長したパイも素晴らしかった。だから本来なら、11部門ではなく(主演男優・助演男優を含む)13部門でノミネートされるべきでしたね」と本音を漏らした。  日本語吹き替え版で大人になったパイの声をあてた本木雅弘については次のように告白。「『シコふんじゃった。』の頃からファンでした。非常に繊細な部分を表現できるアーティストだと思っています。『おくりびと』は、私は2回、妻は8回観ましたよ」。さらに「機会があれば、ぜひ一緒に仕事をしたい。本木さんとは今後も友情を育んでいきたいですね」と将来、仕事で組む可能性を示唆した。  「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は2013年1月25日(金)全国ロードショー

  • 名匠アン・リー監督初の3D作品「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

    「2Dなら監督降ります」アン・リー監督がこだわった「ライフ・オブ・パイ」3D映像

    映画

     大海原で遭難したインド人の少年が、救命ボートに乗って227日間漂流。その相棒は何とリチャード・パーカーという名の大きなトラだった――。奇想天外な冒険小説「パイの物語」を、世にも美しい3Dで映像化した「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」。監督を務めたアン・リーのインタビューが、「TV Bros.」1/4発売号(東京ニュース通信社刊)に掲載されている。@@cutter「原作は出版されたときにすぐに読んだ」というアン・リーだが、「職業柄、映画化する場合を考えたのですが、こんな難しい題材はない。大海原、トラ、少年、漂流……ハードルの高いアイテムのオンパレードですから」と感じたという。ところが、それから数年後、監督をしないかという話が舞い込んできた。「そのとき、見せられたのは私の前の監督だったジャン=ピエール・ジュネが作っていた70分間のプリ・ビジュアライゼーションでした。彼は海のシーンをクレイアニメで撮っていて、これが本当に素晴らしかった。私はまるでブラックホールに呑み込まれたかのように惹きつけられたのです」と、本作との運命的な再会を語った。 「もし2Dなら監督を降ります」と宣言したほど、アン・リーがこだわった3D映像だが、とりわけ上映時間の7割を占める海のシーンは見事だ。「海を砂漠だと考えてみました。人が道を見失って途方に暮れる砂漠のようなものと。聖書にもあるように、砂漠は人が試練を受ける場所で、宗教的な部分がある。さらに、海をパイの感情のメタファーと捉えることにしました。海が荒れていればパイの心も荒れ、海が凪いでいればパイも落ち着いている。そうやって両者を連動させたのです」と言うように、水面は刻一刻と表情を変え、観客を飽きさせない。  そして監督が最も腐心したのがラスト。「この奇想天外で幻想的な話をどう締めくくるか、それを決めるのに本当に悩みました。これはメジャースタジオのお金のかかった作品です。そのイメージを壊すことなく大作のままで終わらせたい。そして、みなさんに安心して見てもらって、最後にチャレンジをしたい。そのとき、観客をその場に留めておくことが出来るのか、それこそ私がこの映画で経験したもっとも高いハードルでした」。そう語るエンディングは意外性に満ち、本作を深遠で哲学的なドラマに変えている。是非その結末を見届けていただきたい。  「TV Bros.」1/4発売号では他に、ドラマ「まほろ駅前番外地」&「映画 鈴木先生」特集、なんでんかんでんの社長も登場する新ドラマガイド、まさかのカラー特集「イナカ川柳」などが掲載されている。

  • 初の実写洋画吹き替えに挑戦した本木雅弘

    本木雅弘が吹き替えに挑戦!アン・リー監督「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」

    映画

     全米批評家から賞賛の嵐、ジェームズ・キャメロンまでもが「自分の目で確かめてほしい」とまで絶賛し、すでにアカデミー賞の呼び声も高いアン・リー監督最新作「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の日本語吹き替えを、本木雅弘(46歳)が担当、初の実写洋画吹き替えに挑戦した。@@cutter 本木は、自らが企画・主演した「おくりびと」で死と生に向き合う姿が大きな感動を呼びアカデミー賞を受賞。今回、本作で描かれる主人公パイの波乱と冒険に満ちた人生の航海、そして “死を目前にしてどのように生きたか”というテーマが時と国を超えてシンクロした。  アン・リー監督の熱烈なるオファーが本木の心を揺り動かし、仕事先のロンドンでの収録が実現、この極めて貴重で幸福なコラボレーションとなった。「ブロークバック・マウンテン」でアジア人初のアカデミー監督賞を受賞し、いまやハリウッド映画界でもっとも重要な作家でありクリエイターの一人となったリー監督初の3D作品に、本木の魂が吹き込まれる。アカデミー賞×アカデミー賞、奇蹟のコラボレーションがここに誕生した。  本作で本木が吹き替えを担当したのは、イルファン・カーン。カーンは、「おくりびと」がアカデミー外国語映画賞を受賞した同年、アカデミー作品賞に輝いた「スラムドック$ミリオネア」にも出演している。さらに今回、本木が録音したのはビートルズやザ・フー、クィーンなどの伝説的ミュージシャン、近年では錚々たるハリウッドスターも常連というデイ・レーン・リー・スタジオ。  本木は「何よりもこの作品が与えてくれた力は、ここ最近で最もインパクトのあるものだった。このプロジェクトに僅かながらも参加できたことに喜びを感じている」とコメントを寄せている。

  • 有名すぎて出演シーンがなくなったトビー・マグワイア

    有名すぎて出演不可!?トビー・マグワイアがアン・リー監督の新作から削除

    映画

     「グリーン・デスティニー」(00)、「ブロークバック・マウンテン」(05)で知られるアン・リー監督の新作「LIFE OF PI(原題)」に出演していたはずのトビー・マグマイアが、映画から削除されていたことがわかった。 @@cutter 映画「LIFE OF PI」は、ヤン・マーテルのベストセラー冒険小説「パイの物語」の映画化で、マグワイアは同作で“ライター”役を演じていた。ハリウッドリポーターによると、マグワイアはすでに撮影を終えていたが、リー監督は「役柄に合っていない」と判断。彼の出演シーンをすべて削除の上、新たに別の俳優レイフ・スポール(「プロメテウス」(8月24日より公開中)に出演)を起用し、撮影をし直しているという。  関係者によると「他キャストが無名に近い俳優なのに対し、マグワイアは有名すぎた」とのこと(撮影が終わるまで気づかなかったのだろうか…?)。しかし、マグワイア本人はさほど気にしていないらしく「アン(リー監督)の決定を尊重するよ。アンとはこれまで多くの作品で一緒にやってきたし、とても美しいものを見てきた」とコメントしている。  ここ最近、有名スターが本編から削除されるケースが続いている。オリバー・ストーン監督の新作「Savages(原題)」ではユマ・サーマン、エミール・ハーシュが、テレンス・マリック監督「To the Wonder(原題)」からはレイチェル・ワイズが出演シーンをすべてカットされている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access