ピエール・モレル 関連記事

  • 映画『ライリー・ノース 復讐の女神』場面写真

    ジェニファー・ガーナー、11年ぶりアクション解禁 『96時間』監督とタッグ

    映画

     女優のジェニファー・ガーナーが主演するアクション映画『PEPPERMINT(原題)』が、邦題を『ライリー・ノース 復讐の女神』として、9月27日より公開されることが決定。併せてポスタービジュアル、場面写真、予告映像が解禁された。@@cutter 映画『96時間』のピエール・モレル監督の最新作となる本作は、ジェニファー扮する家族を奪われた母親が、自ら殺人マシンとなり復讐するノンストップ・リベンジ・アクション。ピープル誌が毎年発表する2019年「最も美しい人」に選ばれ、目覚ましい活躍を見せているジェニファーが、11年ぶりにアクションに挑戦する。  L.A.郊外で夫と1人娘と幸せに暮らすライリー・ノース。ある日、麻薬組織の襲撃により家族の命を奪われ、彼女は姿を消す。5年後、復讐のため、悪党どもに正義の鉄槌を下すため、ライリーはL.A.に再び戻ってくる。そして、ライリーVS麻薬カルテルの対決は、警察、メディア、そして街中を巻き込む一大決戦へと突入する。  解禁された予告編は、主人公・ライリーが敵を相手に銃を撃ちまくる衝撃的なシーンから始まる。幸せな家族が突然ギャングに襲撃されるシーンを背景に「愛する家族を奪われ 法にも見捨てられ 生きる希望を失った母親」というテロップと、「彼女は誓った。自らの手で、悪を裁くと―」というナレーションが流れる。後半では、5年の訓練を重ね、心優しきママが最強となり、次々と復讐を果たしていく姿が映し出される。そして遂に家族殺しの首謀者となる麻薬カルテルのボスのもとへと乗り込んでいく様子が、大迫力のアクションシーンとともに収められている。  併せて公開されたポスタービジュアルは、薬きょうで形取られた天使の羽をバックに佇むジェニファーを真ん中に、その横には大きく「最強のママ、降臨」というテロップが配置されたもの。  本作でジェニファーは47歳で3人の子持ちとは思えぬキレのよい動きをみせ、アクションに本格復帰を果たしている。  映画『ライリー・ノース 復讐の女神』は9月27日より全国公開。

  • S・イーストウッド『スクランブル』予告解禁!幻の名車たちのド派手カーアクション

    S・イーストウッド『スクランブル』予告解禁!幻の名車たちのド派手カーアクション

    映画

     スコット・イーストウッドが主演を務めるカーアクション映画『スクランブル』から、予告映像とポスタービジュアルが解禁。幻の名車たちが繰り広げるド派手なアクションが、一部明らかになった。@@cutter 本作の主役は、ヨーロッパ中の高級クラシックカーを専門で盗む世界一の強盗団<フォスター兄弟>。彼らはある事件をきっかけに、依頼人のマフィアから、敵対する凶悪なマフィアが所有する、40億円とも言われる走る芸術品「62年型フェラーリ 250GTO」を1週間で盗み出すというミッションを与えられるが…。  今回解禁となった予告映像は、フォスター兄弟が見せる息をのむド派手アクションを映し出すとともに、「62年型フェラーリ 250GTO」や、世界に2台しかない「37年型ブガッティ」「ジャガーEタイプ」といった幻の名車たちによる奇跡の共演を収めている。ちなみに、映像冒頭で見ることができる、橋からトラックへと飛び移るダイブシーンは、スタントなしでスコット本人が行ったものだ。  他にも、スコットは劇中で数多くのアクションをスタントなしで行っており、走るトラックの上を移動するなど、手に汗握るアクションシーンには要注目。『オーシャンズ』シリーズ、『グランド・イリュージョン』シリーズなどに続く、盗みのプロたちがスクランブル(交差)する強盗計画で、観る者を何度も欺くクライム・エンタテインメントは、どんな結末を迎えるのか…。  映画『スクランブル』は9月22日TOHO シネマズみゆき座他全国公開。

  • 映画『スクランブル』より

    S・イーストウッド主演、『96時間』『ワイルド・スピード』制作陣の最新作公開決定

    映画

     『96時間』『ワイルド・スピード』シリーズの制作陣の最新作『Over Drive(原題)』が邦題を『スクランブル』として9月22日から全国公開されることが決定。主演に『ワイルド・スピード ICE BREAK』のスコット・イーストウッド、製作を『96時間』で監督を務めたピエール・モレル、脚本を『ワイルド・スピードX2』で脚本を担当したピエール・モレル、デレク・ハースが手がける。@@cutter 『スクランブル』はマルセイユを舞台に、高級クラシックカー専門の華麗なる強盗団・フォスター兄弟が、凶悪なマフィアを相手に、3800万ドルの走る芸術品「62年型フェラーリ250GTO」を盗もうと画策するクライム・エンタテインメント。  車の膨大な知識を持つ兄のアンドリューが頭脳、弟のギャレットがメカニックを担当する、高級クラシックカー専門の強盗団・フォスター兄弟。彼らは、オークション会場から搬出された世界に2台の37年型ブガッティを奪うはずだったが、落札したのが残忍なマフィアのモリエールだったために、兄弟は囚われの身に。命が助かる条件は、敵対するマフィアのクランプが所有する62年型フェラーリを1週間で盗むこと。二人はアンドリューの恋人で一流ハッカーのステファニー、指名手配中の天才スリの美女、火薬が恋人の爆弾オタクら寄せ集めチームで、犯罪史上最大の強奪作戦に挑む。  “車泥棒映画”の傑作『60セカンズ』、『ミニミニ大作戦』や、『グランド・イリュージョン』シリーズを彷彿させる本作。観客は盗みのプロたちの二重三重に入り組んだ計画に何度も欺かれることは必至だろう。  映画『スクランブル』は、9月22日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access