パスカル・ロジェ 関連記事

  • 映画『ゴーストランドの惨劇』場面写真

    『ゴーストランドの惨劇』トラウマ必至…狂気の夜を映した場面写真解禁

    映画

     トラウマ・ホラーの代名詞『マーターズ』を手掛けた、フランス出身の鬼才パスカル・ロジェ監督による新作『ゴーストランドの惨劇』より、場面写真が解禁。人里離れた家を舞台に、美しい双子の姉妹を襲う悪夢のような惨劇の一部を切り取ったものとなっている。@@cutter 本作は、ロジェ監督が2012年の『トールマン』以来、6年ぶりに撮り上げた長編作品。絶望的な惨劇に巻き込まれる姉妹の物語を、全編に張り巡らせた伏線と罠で、観る者を巧みに翻弄しながら描いていく。  人里離れた叔母の家を相続し、そこに移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。奔放で現代的な姉のヴェラに対し、妹のベスは作家のラヴクラフトを崇拝する内向的な少女だった。新居に到着したその日の夜、突然の惨劇が一家を襲う。2人の暴漢が家に押し入ってきたのだ。しかし、娘を守ろうとする母は必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにする。その惨劇から16年後、ベスは小説家として成功したが、ヴェラは精神を病み、今もあの家で母と暮らしていた。久しぶりに実家に戻ったベスを母は迎え入れるが、ヴェラは地下室に閉じこもり、ベスに向かって衝撃の言葉をつぶやく。  今回解禁された場面写真は6点。1枚目は恍惚の表情を浮かべながらバーナーで人形の手を焼く謎の男が写る写真。その後ろに綺麗に並べられたフランス人形をよく見ると、人間の少女らしき姿も混じっている。2枚目は異質な気配漂う屋敷に越してきたばかりの美しい双子の姉妹ヴェラとベス、3枚目はボロボロの人形を抱え気がふれたような表情で何かを一点に見つめる女性を捉えたもの。  4枚目は「HELP ME!!」と書かれた屋敷の鏡の前に立つ女性、5枚目は大きな人形を必死に抑え息を潜める妹ベス、そして6枚目はガラス戸にしがみついて泣き叫び助けを求める姉のヴェラを写したものとなっている。どの写真も不気味で、トラウマ・ホラーの鬼才が仕掛ける絶望のトリックに期待が高まる場面写真となっている。  映画『ゴーストランドの惨劇』は8月9日より全国順次公開。

  • 映画『ゴーストランドの惨劇』メインカット

    トラウマ・ホラーの鬼才パスカル・ロジェ新作『ゴーストランドの惨劇』公開決定

    映画

     壮絶なバイオレンス描写でトラウマ・ホラーの代名詞となった『マーターズ』を手掛けた、フランス出身の鬼才パスカル・ロジェ監督による新作『GHOSTLAND(原題)』が、邦題を『ゴーストランドの惨劇』として、8月9日より公開されることが決定した。@@cutter ロジェ監督がメガホンを取った監禁・皮剥ぎ拷問映画『マーターズ』(2007)は、『サスペリア』(1977)のダリオ・アルジェント監督も絶賛したその壮絶な内容によって、瞬く間にホラー・ファンの間で話題沸騰に。ロジェ監督は“鬼才”として一躍世界にその名をとどろかせた。本作は、そんなロジェ監督が2012年の『トールマン』以来、6年ぶりに撮り上げた長編作品。絶望的な惨劇に巻き込まれる姉妹の物語を、全編に張り巡らせた伏線と罠で、観る者を巧みに翻弄しながら描いていく。  シングルマザーのポリーンと双子の娘ヴェラとベスは、人里離れた叔母の家を相続し、そこに移り住むことになった。姉のヴェラは奔放で現代的である一方、妹のベスは作家のラヴクラフトを崇拝する内向的な少女で、双子の姉妹ながら性格は正反対。新居に到着した日の夜、突然の惨劇が一家を襲う。2人の暴漢が家に侵入し、ポリーンは娘を守るために必死に反撃。姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにする。  惨劇から16年後、ベスは小説家として成功したが、精神を病んだヴェラは今もあの家で母と暮らしていた。地下室に閉じこもるヴェラは、久しぶりに実家に戻ったベスに向かって衝撃の言葉をつぶやく…。  公開されたメイン画像では、顔にいくつもの傷を負い、瞳をうるませた女性が扉の隙間から顔をのぞかせる場面が捉えられている。  映画『ゴーストランドの惨劇』は8月9日より全国順次公開。

  • 【1月】ルーニー・マーラ/デヴィッド・フィンチャー監督「ドラゴン・タトゥーの女」

    2012年に来日したスターを写真で振り返る

    映画

    2012年も話題作を引っさげて、海外から多くの人気スターや映画監督が日本へ来日を果たした。親日家として知られているジョニー・デップやミラ・ジョヴォヴィッチ、日本初来日のジェレミー・レナーやリリー・コリンズ、人気海ドラに出演のキーファー・サザーランドやエミリー・ヴァンキャンプなど、“旬なスター”の来日をフォトで一挙振り返る!

  • パスカル・ロジェ

    フランスの若き鬼才監督、カンヌ常連の巨匠に激怒「ホラー好きを心底軽蔑している」

    映画

     監禁・皮剥ぎ拷問映画「マーターズ」で一躍注目を浴びたフランス人映画監督のパスカル・ロジェが、約5年ぶりの新作映画「トールマン」を発表。ホラー映画のメッカとして知られるシアターN渋谷のクロージング作品として上映されることも決定した。日本公開を記念して来日したロジェ監督に、新作映画についてはもちろんのこと、お気に入りのジャパニーズカルチャーや人生で一番嫌いな映画について伺った。@@cutter 「日本の文化でメジャーなのは、やはり映画。フランスは歴史的にシネフィルが多い国で、日本映画を重要なポジションとして認識している人が多いですね」と教えてくれたパスカル監督自身、フランスで日活100周年を記念した特集上映に足を運ぶほどの邦画好き。海外の映画人が、好きな監督を黒澤明監督や溝口健二監督と挙げるとき、これは邦画をほとんど知らないと思って間違いないが、ロジェ監督は「一番好きなのは小林正樹監督の映画『怪談』。僕は1960、70年代がお気に入りで、日活ロマンポルノも傑作が多い」と筋金入りだ。  「その時代が素晴らしいのは、ビデオもDVDもなくて、映画はスクリーンでしか観ることができなかったこと。作品内容にも今の時代にはない、果敢な挑戦があります」と評する。それに比べて現在の邦画は「悲しいかな、ハリウッドに洗脳されて本来持っていた面白さのかけらもない。日本の街を歩いていても、目につくのはハリウッド映画のポスターばかり。僕としてはヨーロッパ発信、アジア発信の映画を今こそ作らねばと思うのです」と苦言を呈する。ちなみに「トールマン」は、キャストはハリウッド勢だが主要スタッフはヨーロッパ勢で固められている。ロジェ監督はここでもハリウッドに対して反旗を翻している。現在の日本人監督で好きなのは、北野武。だが「好きと言っても映画『ソナチネ』『HANA-BI』のような初期作品。日本で大ヒットした『アウトレイジ』は好きではありません。初期の作品にあった北野監督の映画に対する無邪気さがなくなって、考えすぎて作っている気がしますね。そのせいで映画としての強度はなくなりました」と愛するがゆえに、容赦ない。  映画の“果敢な挑戦”“無邪気さ”“強度”こそ、ロジェ監督の持ち味でもある。とある少女の復讐劇から監禁ホラーに転じ、いつしか宗教ホラーに様変わりという驚愕の展開をみせた前作「マーターズ」もそうだし、今回の「トールマン」も子供の失踪が相次ぐ寂れた町を舞台にした都市伝説的モンスターとヒロインの対峙かと思いきや、そう簡単にはいかない。ロジェ監督の映画は2本の作品を見せられたかのような満腹感を観客に味合わせる。映画が誕生して100年あまり。そんな中で新鮮な映画を生み出すのは至難の技だ。ロジェ監督は「現代の客は目が肥えているし、映画を観るにしても上から目線。映画監督としては本当にやりづらい状況です。映画を作ることは観客との戦争だと思っているので、僕はそんな彼らの予想を遥かに上回る展開を作ることに心を砕き、観客を無邪気な状態に戻すことを心がけています」と明かす。  しかも戦っているジャンルはホラー。数あるジャンルの中でもファンの熱狂度はすさまじい。「ホラーファンというのは特殊で、ホラーのセオリーをやらないと納得しない人が多い。でも僕はそのお約束事をしないように心がけているので、作品を発表するたびに賛否両論です」と苦笑する。お約束をしない、という言葉はロジェ監督の映画監督としての立場も表している。一本ヒットを飛ばすと、ファンはもちろんのこと製作者たちから同じような作品を求められ、それに応える続編というお約束事がホラー業界には多々ある。ロジェ監督も「前作のおかげで、僕に初めてファンができました。しかもハードコア系映画を愛するファンです」とその人気を実感。だが「トールマン」では、ハードコア系から遠くかけ離れたサスペンス・ミステリーに挑戦した。  「映画監督として長いキャリアを築くためには、ファンが望まないであろう作品を選択するのも必要。だから今回の映画で『マーターズ』ファンは裏切られたような気になるでしょうね。前作の作風から離れたのには、僕の本質を理解してくれる本当のファンと一過性のファンとを振り分ける意図がありました。それに、いつか映画監督としての自分の仕事を振り返ったときに、『マーターズ2』『マーターズ3』などの似た作品ばかりでは僕自身納得しないと思うんです」とお約束破りの理由を説明する。映画監督として確固たる信念を持つ、ロジェ監督。自身が影響を受けたホラー映画については、さまざまな場所で映画「サスペリア2」「エクソシスト」「レイザーバック」と語っている。それでは一番嫌いな作品は?と聞くと、考える間もなく「ミヒャエル・ハネケ監督の映画『ファニーゲーム』です」と即答する。  ハネケ監督といえば、カンヌ国際映画祭を連続で征した巨匠と知られるが「彼は観客を上から目線で見て、全然知的じゃないくせに頭がいいような顔をする。僕は40代で子供もいる。そんな器の小さいオッサンに教えなんか乞いたくもない」と怒り心頭。ハネケ監督はホラー映画を娯楽とする人種に対するアンチテーゼとして「ファニーゲーム」を撮ったが「あれはホラーファン全員を侮辱している作品。彼はホラー映画を毛嫌いして、ホラー好きを心底軽蔑している。でもホラーこそ、上手く作れば深い作品を生み出すことのできるジャンルです。それをあいつは知りもしないで上からモノを言うだけ。心底嫌なヤツだと思いますね」と徹底的に批判する。あやふやにせず、敵は敵と言い切るロジェ監督のそんな姿勢から、彼の作品がなぜ面白いのか理解できた。映画「トールマン」は11月3日よりシアターN渋谷ほかにて公開。

  • トールマン

    「マーターズ」を超える衝撃的な結末とは?ジェシカ・ビール主演「トールマン」予告編解禁

    映画

     ハリウッド女優ジェシカ・ビールと「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督がタッグを組んだ新作映画「トールマン」の予告編が解禁となった。@@cutter 「マーターズ」で残酷映画の最終解脱を達成した悪魔的天才、パスカル・ロジェ監督の新作「トールマン」は、「ツイン・ピークス」を思わす怪しい人々がうごめく僻地の炭鉱町を舞台に、謎の幼児連続失踪事件が発生。何者かに我が子を連れ去られた主人公ジュリア(ジェシカ・ビール)が、正体不明の子取り鬼“トールマン”の真相に迫る…。  解禁された予告編では、息も止まるミステリアスな展開や衝撃的な恐るべき結末が用意されていることを予感させる仕上がりになっている。  惜しまれつつ閉館が発表された、シアターN渋谷のクロージング作品「トールマン」は11月3日(土・祝)より、シアターN渋谷にてロードショー、ほか全国順次公開。

  • 「トールマン」パスカル・ロジェ監督が来日

    フレンチホラーの鬼才パスカル・ロジェ監督が特撮博物館を観光!「トールマン」を引っさげ来日

    映画

     フレンチホラー「マーターズ」(08)で注目を浴びたパスカル・ロジェ監督が、ハリウッド女優ジェシカ・ビールを主演に迎えた新作「トールマン」を引っさげ来日。都内で行われた舞台挨拶付き特別試写会に登場した。@@cutter 「トールマン」は、広大な森と、迷路のような地下道に囲まれた炭鉱町コールド・ロックを舞台に、正体不明の“トールマン”に連れ去られた子供を救うため、主人公ジュリアが怪しい人々がうごめく僻地の炭鉱町と幼児連続失踪事件の謎に迫るミステリアスなホラー。  今回の企画の成り立ちについてロジェ監督は、「マーターズ」を撮る前から構想があったようで、「ジャンル付けるなら、『トールマン』は純粋なホラーではなくミステリー、謎の映画です。着想は、ヨーロッパ、アジアでもある失踪人のビラを見て思いつきました。それが現実のミステリーなのです。ビラやポスターを見るたびに、失踪した日から10年、15年、20年と経っていて、顔もすっかり変わっているだろう、そして、その人はどこへ行ったのか?という疑問がこの映画の原点です」と語った。  前作「マーターズ」では、ラストの内容が物議を醸しだしたが、本作についても「まるでパズルのような映画で、ラストまで真実は分からないと思います。私自身がハリウッド的な映画を作りたくなかったので、インディペンデント映画です。皆さんも、驚いてくれると嬉しい。ご覧になって、裏切られた気分になって、結末について話し合ってくれたら嬉しいです。そして皆さん、今日ここに来たのはラッキーです。(失踪した)1,000人の子供がどうなったのか、謎が解けます」と意味深な発言。  そんなロジェ監督は日本映画好きを公言しており、「私は日本映画から多大な影響を受けています。ポルノ映画から怪獣映画まで。また、日本のホラー映画の本能に訴えかける撮り方が好きです」とコメント。イベント当日の朝には、特撮博物館に行ってきたことも明かし、日本を満喫している様子だった。  「トールマン」は11月3日(土・祝)より、シアターN渋谷にてロードショー、 全国順次公開。

  • 「トールマン」

    ホラーの聖地・シアターN渋谷クロージング作品は「マーターズ」監督&ジェシカ・ビール主演の「トールマン」に決定

    映画

    フレンチホラー「マーターズ」(09)で残酷映画の最終解脱を達成したパスカル・ロジェ監督が、「テキサス・チェーンソー」「トータル・リコール」のジェシカ・ビールを主演に迎えた最新作「トールマン」の日本公開が決定。さらに先日惜しまれつつも閉館が発表されたホラーの聖地・シアターN渋谷のクロージング作品として有終の美を飾ることも明らかになった。@@cutter 物語の舞台となるのは広大な森と、迷路のような地下道に囲まれた炭鉱町コールド・ロック。6年前の鉱山閉鎖で急速に寂びれ、もはや死を待つばかりのこの町から、次々と幼い子供たちが消えてゆく。犠牲者は既に18人。謎は謎を呼び、人々は正体不明の子取り鬼を“トールマン”と名づけた。町で診療所を開く看護婦のジュリアは、ある晩、自宅から何者かに連れ去られた子供を追い、傷だらけになりながらも町外れのダイナーに辿り着く。そこに集う住人たちの奇妙な行動。やがて、想像を絶する真実が明らかになったとき、“トールマン”は忌わしい伝説と化す――。 我が子を取り戻すべく、“トールマン”を追う主人公ジュリア役には、ハリウッドのトップ女優ジェシカ・ビールが起用された。共演は「ローズ・イン・タイドランド」のジョデル・フェルランド、「X-ファイル ザ・ムービー」のウィリアム・B・デイビス。 パスカル・ロジェ監督が“新たな可能性”を秘めたホラー映画の創造に挑戦した本作は、「ツイン・ピークス」を思わせる怪しい人々がうごめく僻地の炭鉱町、幼児連続失踪事件の謎、息も止まるミステリアスな展開。ホラーの概念さえも覆す結末は、誰も予想できないだろう。 「マーターズ」で各国に賛否の嵐を巻き起こしたパスカル・ロジェ監督。待望の新作「トールマン」では、どのような衝撃を与えてくれるのか、目が離せない。2012年11月3日(土)より、シアターN渋谷にてロードショー、ほか全国順次公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access