クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ラナ・ウォシャウスキー(ラリー・ウォシャウスキー) 関連記事

  • 『マトリックス4』、『デッドプール2』監督が手伝いに名乗り上げ

    映画

     3部作の最終章『マトリックス レボリューションズ』から16年の時を経て、第4弾が制作されることになった『マトリックス』シリーズ。スタント畑出身の『デッドプール2』監督デヴィッド・リーチは、『マトリックス』シリーズでハリウッドでのキャリアをスタートさせたとあり、シリーズ最新作を監督するラナ・ウォシャウスキーに声をかけられれば、いつでも協力するという。

  • 『マトリックス』第4弾、『アクアマン』ブラックマンタ俳優が主要キャラで出演

    映画

     ラナ・ウォシャウスキー監督とネオ役の主演俳優キアヌ・リーヴス、トリニティ役の女優キャリー=アン・モスが返り咲くSFアクション映画『マトリックス』第4弾。映画『アクアマン』で、アクアマンと対立するブラックマンタを演じる俳優のヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世が、主要キャラクターでキャスト入りを果たしたという。

  • 『マトリックス』キアヌ・リーヴス&キャリー=アン・モス続投で第4弾決定!

    映画

     革新的な視覚効果で映像革命を起こした、俳優キアヌ・リーヴス主演のSFアクション映画『マトリックス』シリーズ。1作目の公開から20年の節目に、米ワーナー・ブラザースが第4弾を正式発表した。ネオ役のキアヌとトリニティ役の女優キャリー=アン・モスの続投が決まっているという。Varietyやcomingsoon.netなどの海外メディアが報じた。

  • 『マトリックス』 製作20周年記念、2週間限定の4D上映決定!

    映画

     俳優のキアヌ・リーヴス主演で1999年に公開され、革新的なVFX(視覚効果)で「映像革命」をもたらし大ヒットを記録した近未来アクション超大作『マトリックス』。2019年に製作20周年を迎えたことを記念し、9月6日から2週間限定での4D上映が決定した。

  • ウィル・スミス、『マトリックス』出演を断った過去を振り返り「誇りに思ってない」

    映画

     ラリー&アンディ・ウォシャウスキー兄弟(現ラナ&リリー・ウォシャウスキー姉妹)が手がけた大ヒットSFシリーズ『マトリックス』。俳優キアヌ・リーヴスが主演を務める前にネオ役をオファーされていた俳優のウィル・スミスが、出演を断った理由を分かりやすく説明した。ウォシャウスキー兄弟の売り込みが“下手”だったらしい。

  • キアヌ・リーヴス主演『マトリックス』、緑のカタカナコードは寿司のレシピだった!

    映画

     俳優キアヌ・リーヴスの代表作の1つで空前のヒットシリーズとなった、ウォシャウスキー姉妹(当時は“兄弟”)監督作『マトリックス』シリーズ。両者が日本のアニメ好きとのことで同シリーズでは日本文化の影響を垣間見ることができるが、オープニングの画面に表れるカタカナを反転させた緑の文字のコードは、寿司のレシピだったことが明らかになった。

  • 『マトリックス』ウォシャウスキー姉弟監督プロデュースの新SFドラマがついに始動

    海外ドラマ

     キアヌ・リーヴス主演『マトリックス』シリーズや『クラウド アトラス』(13)で知られるラナ&アンディ・ウォシャウスキー姉弟監督が初めて手掛けるテレビドラマがついに始動するようだ。ベールに包まれていたストーリーや登場人物などの概要が明らかになった。

  • 「クラウド アトラス」の三監督=ウォシャウスキー姉弟&トム・ティクヴァ、壮大な新作を語る

    映画

     19世紀から24世紀までの間の6つの時代と、南太平洋から近未来のソウル、そしてハワイといった世界中の異なる場所を舞台に描かれる、ある一人の男の数奇な生の歩み――。映像化不可能と言われたデイヴィッド・ミッチェルのベストセラー小説を見事に映画化した映画「クラウド アトラス」(3月15日公開)のラナ&アンディ・ウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァの監督三人に話を聞いた。

  • トリプルタッグを組んだ「クラウド アトラス」監督、前世で3人姉弟だった!?

    映画

     「マトリックス」のラリー&アンディ・ウォシャウスキー“兄弟”が、ラナ&アンディ・ウォシャウスキー“姉弟”になり、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァとトリプルタッグを組んだ「クラウド アトラス」。6つの時代の異なるエピソードを、あたかもひとつの物語のように編み上げた大作だ。3人体制で監督を務めた彼らのインタビューが「TV Bros.」3/13発売号(東京ニュース通信社刊)に掲載されている。

  • 「マトリックス」は自分のアイディア!盗作で訴え

    映画

     革新的な映像とアイディアで世界的に大ヒットした映画「マトリックス」シリーズの監督であるウォシャウスキー姉弟が、シリーズ2作目の「マトリックス リローデッド」(03)と3作目の「マトリックス レボリューションズ」(03)のアイデアが盗作だとして訴えられている。

  • 再ブレイク中のショーン・ビーン、ウォシャウスキー姉弟のSFに出演

    映画

     「マトリックス」3部作、「クラウド・アトラス」のアンディ&ラナ・ウォシャウスキー姉弟コンビのSF作品「Jupiter Ascending(原題)」にショーン・ビーンが加わったことが明らかになった。

  • 「マトリックス」ウォシャウスキー姉弟監督、10年ぶりの来日 日本人俳優起用の構想も

    映画

     映画「マトリックス」3部作のラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督と映画「パフューム ある人殺しの物語」のトム・ティクヴァ監督が新作映画「クラウド アトラス」で共同監督としてタッグを組み、24日、都内でPR来日会見を行なった。ウォシャウスキー両監督の来日は映画「マトリックス レボリューション」PR以来約10年ぶりだが、兄ラリー(ラナ)の性転換手術に伴い姉弟としては初来日。一方のトム監督は「パフューム ある人殺しの物語」PR来日以来、7年ぶりとなる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access