クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

鈴木敏夫 関連記事

  • 高畑勲監督お別れ会、盟友・宮崎駿監督が涙で思い出を語る

    ゲーム・アニメ

     15日、三鷹の森ジブリ美術館にて、4月5日に肺がんのため82歳で逝去された高畑勲さんのお別れ会が行なわれ、盟友の宮崎駿監督、作曲家の久石譲、鈴木敏夫プロデューサーら高畑さんゆかりの人々たち約1200名が故人を偲んだ。

  • 高畑勲監督の訃報に、鈴木敏夫がコメント「さぞかし無念だと思います」

    映画

     高畑勲監督の訃報に際し、スタジオジブリ代表取締役プロデューサーの鈴木敏夫が4月6日、公式ホームページにコメントを寄せた。

  • ファン必見の『ジブリの大博覧会』に行ってみた!超巨大猫バスに空飛ぶ飛行船も

    ゲーム・アニメ

     六本木ヒルズ展望台の東京シティービュー内スカイギャラリーで、スタジオジブリの30年間の歩みを膨大な資料と共に展示する、『ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』のプレス向け内覧会が6日、実施された。会場には、最新作の『レッドタートル ある島の物語』から『風の谷のナウシカ』などの代表作にまつわる品々が展示されたほか、超巨大な猫バスや空飛ぶ飛行船まで登場し、訪れた人々を驚かせた。

  • 『ジブリの大博覧会』入場料を大幅値下げ ジブリ・鈴木敏夫Pが直筆謝罪

    ゲーム・アニメ

     六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて開催される展示会『ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』の入場料が、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫の意向を汲み、急遽一般2300円から1800円へ、そのほかの券種もすべて500円引きと、大幅に値下げされることが発表された。

  • 押井守、ジブリ・鈴木敏夫と12年ぶりにタッグ! 虚淵玄も参加で最新作公開

    ゲーム・アニメ

     押井守監督が構想15年・製作費20億円を費やした最新作『ガルム・ウォーズ』の日本語版プロデューサーとして、スタジオジブリの鈴木敏夫の参加が決定した。両者がタッグを組むのは『イノセンス』(04)以来12年ぶりのことだ。さらに、日本版の公開日が5月20日に決定し、ビジュアルも解禁となった。

  • ラピュタ&魔女宅、金曜ロードSHOW連続放送 “バルス祭”特別企画も実施決定!

    映画

     日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、「2週連続 冬もジブリ」を実施。第1週は、今年で公開30周年を迎える『天空の城ラピュタ』。第2週は、新しい一年を迎えるこのタイミングで観たい名作『魔女の宅急便』を放送する。また、近年はテレビ放送時に必ずと言っていいほどSNSで話題となる『天空の城ラピュタ』に登場する滅びの言葉「バルス」の放送時間を予想する特別企画なども用意される。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access