鈴木雅之 関連記事

  • 映画『マスカレード・ホテル』初日舞台挨拶に登壇した木村拓哉

    木村拓哉、小日向文世プロデュースで“伝説の角刈り寿司屋”演じる!?

    映画

     木村拓哉が18日都内で、主演映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台挨拶に登壇。本作を「ガチ盛りの作品」と称賛する一方、本作以外に『HERO』シリーズなどで共演経験のある小日向文世から、将来“伝説の角刈り寿司屋”を演じることを勧められてタジタジになっていた。@@cutter 本作は、東野圭吾の同名小説を原作とするミステリー。連続殺人事件を解決するべく、一流ホテルに潜入する警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村)と、新田の教育係となったホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)の2人が事件の真相に迫る姿を描く。  今回のイベントには木村や長澤、小日向の他、渡部篤郎、鈴木雅之監督が出席した。  1年半前に本作の撮影に臨んだという木村は「自分は常に監督が求めるOKテイクに向けて、共演者の方と作業しただけ」と謙遜しつつも「1本の作品として出来上がったものを拝見した時、“こんなにもガチ盛りの作品なんだ”と客観視できた」と手応えを口にした。  木村はまた、“洞察力の鋭い刑事”という役柄にちなんで撮影中、プロモーション中に気づいた共演者の素顔を問われると、能勢役の小日向に言及。「(小日向は)登壇中のこのスーツの中にも忍ばせていると思うけど、常にご自身の携帯電話をお持ちになっている。スキあらば、写真撮ってます」と言い、完成披露試写の時にも「幕が上がる前に『写真撮ろ!』って言われた」と明かした。  小日向は「“記念になるな”と思って撮るんですよ。ただ『HERO』の時、木村君と写真を撮るのがとても冒険だった(笑)。それがクセになってる。ついつい撮っちゃう」と笑みをこぼした。本作で、木村演じる新田の元相棒という立場に関して「初めて木村君とそういう関係になった。それまでは僕、ずーっと事務官でしたからとても新鮮だった」と話した。  また、“木村に今度演じてほしい役”を問われて長澤は「悪い役が見たい」と回答。「木村さんって、どこかスーパーマンみたいな、何でもできちゃう印象がある。逆をいくのが面白そう。全然いいところがない!みたいなの面白い。いい人だとダメ。とことん悪くないと」と語った。それを聞いて木村は「長澤さんの中ではいろいろプロデュースがあるらしい。撮影中はずーっと『“NHKの朝のテレビ小説に出てくる、死んでしまったお父さん”をやるべきです』と言っていた」と暴露した。  続けて小日向が、木村に「寿司屋の職人になってほしい」と提案。「下町でものスゴく人のいいお寿司屋さん。だけど、月の1回だけ、銀座のスゲー伝説の寿司屋で握る。渡部さんは、銀座の高級寿司店の職人。僕は回想シーンで、木村君に教える板長、師匠」と熱弁。木村がやや乗り気の姿勢を見せると、小日向は「寿司屋は、髪の毛バッツリ短くしないとダメだよ! マスカレードより短く。角刈りに」と要求。木村は「要相談で」とタジタジになっていた。

  • 『マスカレード・ホテル』完成披露試写会に登場した木村拓哉

    木村拓哉、勝地涼と前田敦子の関係は「全く見抜けませんでした(笑)」

    映画

     俳優の木村拓哉と勝地涼が、18日に都内で開催された映画『マスカレード・ホテル』完成披露試写会に出席した。本作で洞察力がある刑事に扮した木村は、勝地が女優の前田敦子と本作で共演した後に結婚したことについて「全く見抜けませんでした(笑)」と語った。@@cutter 東野圭吾による人気小説を実写化した本作は、高級ホテル・コルテシア東京を舞台に、警視庁捜査一課の新田浩介(木村)が、ホテルマンの山岸尚美(長澤まさみ)とコンビを組み、連続殺人事件を解決しようと奔走する姿を描く。この日は長澤、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿英、石川恋、濱田岳、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、生瀬勝久、松たか子、石橋凌、鈴木雅之監督も登壇した。  木村は新田の元相棒・能勢役の小日向について「数少ない、緊張しない先輩」と言い「『僕は元相棒だよね? 今、相棒じゃないよね』って、さっきも確認されました(笑)」と発言。そして「スタンバイし終わったんですけど、なぜかおもむろに、懐から自分の携帯電話を出して、普通に長澤まさみちゃんに『写真撮って』って(笑)。写真撮らせてました」と、小日向のマイペースぶりを暴露して会場を沸かせた。  一方の勝地は「謎の宿泊客ということで、あまりネタバレはできないんですけども…前田敦子さんをストーキングする役でした。ストーキングしているうちに、結婚しました」と、妻である前田との共演を振り返り、会場は爆笑。  木村は新田が洞察力を持っていることに絡めて、自身にも洞察力があるか問われると、勝地と前田に言及。「まさか、ストーカー役の勝地君と前田のあっちゃんがご結婚されるとは思っていなかったので、そこは全く見抜けませんでした。この後、しっかりと取り調べしたいと思います」と勝地をいじり、これを受けた勝地は「この時は別に付き合ってないんですけどね。でも、久々に再会したなぁっていう感じはありました」と照れ笑いを見せていた。  映画『マスカレード・ホテル』は2019年1月18日に公開。

  • (左から)『マスカレード・ホテル』完成報告会に登場した長澤まさみ、木村拓哉

    木村拓哉、プライベートで長澤まさみを目撃「笑顔で空を見てた」

    映画

     俳優の木村拓哉が女優の長澤まさみと共に20日、都内で開催された映画『マスカレード・ホテル』の完成報告会に出席。2人は初共演になるが、それぞれプライベートで目撃したことがあるそうで、そのエピソードを披露した。@@cutter 累計320万部を突破した東野圭吾の『マスカレード』シリーズ第一作でもある同名小説を実写映画化した本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田浩介(木村)が事件を解明していく様を描く。  これまでさまざまな職業を演じてきた木村だが、今回初の刑事役を演じることに。だが、ホテルマンとして潜入捜査する役どころということで、「ようやく警察官役のバトンが回ってきたなと思ってたんですけど、クランクインして次の日にホテルマンになってしまって」と苦笑いし、「セカンドを待ちたいと思います」と続編で刑事を演じることに期待を。  潜入捜査する新田と共に事件の真相に迫る一流ホテルマン・山岸尚美を演じる長澤は、木村について「新田は正義感の強い役柄なので、木村さんにピッタリだなと思って見てました」と賛辞の言葉をおくり、自身はホテルマンを演じることについて「姿勢を意識した」と役作りを告白した。  今回、初共演になる木村と長澤だが、タイトルの仮面にかけて、共演してお互いの仮面を外せた瞬間があったかという質問が。  木村は「撮影の間はそんなに感じてない」と明かすも、以前プライベートで車を運転している時に路上にいる長澤をたまたま見かけたというエピソードを披露。「帽子も被ってないし、マスクもしていないし、眼鏡もかけてなく、彼女のままだった。一人で道をゆっくり歩きながら、ものすごい笑顔で空を見てた。そこで完璧に仮面が外れた長澤さんを見ました」と明かすと、長澤は「天気が良かったんです」と苦笑いしながら弁明を。  一方、長澤は12歳の時に母親とファッションビルで木村を見かけたエピソードを明かすも、「その時は木村拓哉さんでしたね」としみじみ。続けて「木村さんはスタッフやキャストに対して平等に接してくれて、裏表がなくて、みんなが頼れる兄貴。現場をひっぱってくれる半面、すごい穏やかな感じでとてもいい人でした」と笑顔で明かしていた。  映画『マスカレード・ホテル』は2019年1月18日より公開。

  • 綾瀬はるか、映画『本能寺ホテル』初日舞台挨拶に出席

    和装姿の綾瀬はるか、近藤正臣から“無礼”を暴露されタジタジ

    映画

     女優の綾瀬はるかが14日、都内で行われた主演映画『本能寺ホテル』初日舞台挨拶に、共演の堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督と共に出席した。この日は、戦国時代を舞台にした作品にちなみ、登壇者全員が和装姿で登場したが、綾瀬は「うれしいものですね」と笑顔を見せつつも「お正月気分を引きずった感じで……」とネガティブな発言で会場を沸かせていた。@@cutter 本作は、映画『プリンセストヨトミ』の鈴木監督、綾瀬はるか、堤真一らスタッフが再集結して制作したオリジナル歴史ストーリー。会社をリストラされ、京都旅行に来ていた繭子(綾瀬)が、ひょんなことから宿泊していたホテルを通じて「本能寺の変」が起こる前日にタイムスリップしてしまったことから起こる騒動を描く。  今年も相変わらずマイペースなトークを展開する綾瀬だったが、大ベテランの近藤から「この人おかしいんですよ」と指をさされると「撮影中、ビニールに入ったカチカチになったみたらし団子を渡してくれて『ホテルに帰ってチンして食べてください』って言うんですよ。せっかくだからマネージャーと一つずつ食べたら、とても食べられるような状態じゃなくて。よくあんなもの渡すよな」と苦情を訴えられていた。  綾瀬は「わたしも食べていてものすごく固いなって思ったのですが、有名なお店のものだったので、こういうものなのかなと思って」と言いワケ(!?)をしていたが、近藤は「もう、こういうところが素敵なんですよね。好きです!」と公開告白されていた。  さらに戦国時代を舞台にした作品にちなみ「登壇者の中で天下を取れそうな人は誰か?」という質問では、圧倒的多数で綾瀬が支持された。「いいんですか?」とまんざらでもない表情を浮かべていた綾瀬だったが、堤から「嫌だよ。こんなすっとこどっこい」と一刀両断され、さらに鈴木監督から「リーダーなんてものは、綾瀬はるかぐらいフラフラしているほうがいい」とその理由を述べられると複雑そうな表情を浮かべていた。  映画『本能寺ホテル』は全国公開中。

  • 濱田岳、“森蘭丸”役に!「蘭丸、お前かよ」スタートで後は上がるだけ

    濱田岳、“森蘭丸”役に!「蘭丸、お前かよ」スタートで後は上がるだけ

    映画

     濱田岳が、新作映画『本能寺ホテル』で、織田信長に仕える小姓・森蘭丸を演じることが明らかとなった。濱田は「『蘭丸がお前かよ。』とガッカリからスタートしているはず」と自虐しつつ、「後は上がるだけだと思っております」と気合十分。濱田が仕える織田信長役は、堤真一が演じる。@@cutter 『本能寺ホテル』は、興行収入16.2億円の大ヒットを記録した映画『プリンセス トヨトミ』の製作・出演チームが再集結した完全オリジナル映画。ヒロインに綾瀬はるかを迎え、堤、濱田のほか平山浩行、風間杜夫が出演する。  もし、歴史上の事件「本能寺の変」を戦国の武将、織田信長が事前に知っていたらどうなっていたか?現代の女性が、もしも本能寺の変の前日にタイムスリップしたら、どうなるのか?という仮定に基づいた奇想天外な歴史ミステリーとなる本作。現代の京都で、結婚という人生の岐路に立つ主人公・倉本繭子(綾瀬)が、ふとしたきっかけで宿泊することになる「本能寺ホテル」で、戦国時代と繋がる不思議な場所であることを知り、この歴史上の謎に迫っていくストーリー。  綾瀬演じるヒロイン繭子が、1582年の本能寺で交流を深める森蘭丸役の濱田は「あの美少年と言われている森蘭丸役を僕が演じさせて頂ける事を光栄に思います」とコメント。また、濱田自ら“蘭丸がお前かよ”というスタートからだと自虐するも「新たな蘭丸像を作れるよう頑張ります!!」と意気込みを語る。    一方、綾瀬は自身演じる繭子が「あの織田信長と奇想天外なやりとりをするのが見所」とアピール。「キャスト、スタッフみんなで、笑って頂ける作品をお届けできるよう頑張ります」とやる気をみせた。  『プリンセス トヨトミ』『HERO』を手掛けた監督、鈴木雅之がメガホンをとる映画『本能寺ホテル』は2017年全国公開。

  • 香里奈、月9ドラマで木村拓哉と初共演

    キムタクが月9で無一文の極貧人生! コメディドラマで中井貴一、香里奈と共演

    エンタメ

     木村拓哉が10月スタートのフジテレビ月9ドラマの主演に決定、タイトルは「PRICELESS(仮)」。木村にとって初の極貧転落人生コメディになるという。@@cutter 今回は初めて、転落の末、極貧の人生を歩む役柄に挑戦する木村。ゼロからのスタートを切り、「PRICELESS」=お金では買えないもの、生きていく上で本当に大切なものを見つけていくというストーリーをコメディタッチで描いていく。ある事件を機に、家も何もかも失い、唯一の通信手段だった携帯電話も失い、あっという間に無一文同然のサラリーマンが出会った人々に愛され、助けられながら一歩一歩前へ進み続ける。    このような役を演じることになった木村は「オリンピックでは日本の皆さんのチームワークから本当に『PRICELESS』な感動をいただきました。僕もこの作品の共演者、スタッフと共にいいチームを組んで自分たちなりの作品をつくり、届けたいと思います」と意気込みを語っている。  ドラマを盛り上げてくれる重要な役を演じるのが、名優・中井貴一。「HERO」劇場版以来の木村との共演となる。ヒロインには同世代女性からの支持を集める香里奈が決定。香里奈は「フジテレビ月9の枠で、さらに初めて木村拓哉さんと中井貴一さんとご一緒させていただくので、緊張していますが、同時にどんな撮影現場になるのかワクワクしています! 」というコメントを寄せている。  監督は「HERO」のドラマ、劇場版で最強タッグを組んだ鈴木雅之が務める。豪華キャスト、フジテレビが誇るベストスタッフと最強の布陣を整え、木村を約2年ぶりにフジテレビの月9に迎えることとなる。    「PRICELESS(仮)」は10月スタート 毎週(月)午後9時~9時54分

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access