ISSA 関連記事

  • 『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』ISSA扮するレーシングカーのエース(右)

    『映画 きかんしゃトーマス』、ISSAのハイクオリティな歌声響く劇中映像公開

    アニメ・コミック

     イギリスで生まれ、いまでは世界中の子どもたちから愛されるキャラクター“きかんしゃトーマス”の活躍を描くシリーズの劇場版最新作『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』より、ISSA(DA PUMP)扮するレーシングカー、エースの歌唱シーンを捉えた劇中映像が公開された。@@cutter 『きかんしゃトーマス』シリーズの長編最新作となる本作では、レーシングカーのエースと出会ったトーマスが、世界一周の旅に出たくなり、ソドー島を飛び出し全速力で五大陸を駆け抜ける。冒険の途中で見たことのない景色や文化に触れ、明るいケニアの女の子の機関車ニアと友だちに。しかし、初めての世界には知らないことが多すぎて…。  今回公開となった映像では、ISSA扮するエースが奇しくもトーマスやニアと旅を共にすることになり、自分の気持ちを歌で表現する歌唱シーンが収められている。エースは、世界一周ラリーに参加する直前にトーマスと出会い、旅へといざなう役どころ。「俺はプライド捨て、君に乗ってやったのさ」「気が向いたときにあちこちに行ってみたい それが俺にはお似合いなんだ」という歌詞からは、エースの自分が大好きで自信にあふれている一面や、自分の思い通りに生きたいという“夢想家”な姿が垣間見える。映像の最後は、“自由気ままに”ノリノリで歌いながら広大な砂漠を猛スピードで駆け抜けるエースの姿で締めくくられている。  本作が劇場アニメ初出演となるISSA。劇中では、テンポが速く、キャッチーなフレーズがいくつも盛り込まれた、明るくハイテンションなエースのキャラクターを彷彿とさせる歌唱シーンに挑戦。アフレコ収録を振り返り、「普段の歌い方よりはミュージカルに近く、役が発する言葉がメロディになっていくところの難しさがありました」と苦戦したことを明かしたものの、持ち前の歌唱力を活かし、クオリティの高い歌唱シーンに仕上がっている。  『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』は、4月5日より全国公開。

  • 劇場アニメの声優に初挑戦 DA PUMPのISSA

    DA PUMP・ISSA 『きかんしゃトーマス』最新作で劇場アニメ声優に初挑戦!

    アニメ・コミック

     DA PUMPのISSAが、『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』にゲスト声優として出演することが決定。あわせて予告映像も公開された。ISSAは「(自身が担当する)エースのキャラになりきって、自分の声の活かせるところをふんだんに出していきたいなと、と。このあとも残る作品なので、恥のないように、悔いのないようにやりたいなと思っています。楽しみです」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、日本でもファミリー層を中心に長年愛されている『きかんしゃトーマス』シリーズの劇場版最新作。今作でトーマスはレーシングカーのエースと出会い世界一周の旅に出たくなり、ソドー島を飛び出し全速力で五大陸を駆け抜ける。冒険の途中で見たことのない景色や文化に触れ、明るいケニアの女の子の機関車ニアと友だちに。しかし、初めての世界には知らないことが多すぎて…。  今回ISSAが担当するいたずら好きなレーシングカー・エースは、世界一周ラリーに参加する直前にトーマスと出会い、旅に誘うという役どころ。ISSAは「『きかんしゃトーマス』のアニメは、友達の子とか甥っ子とかと一緒に見ていました。『トーマス』は男の子が必ず通る道で、おもちゃを並べて説明を受けたりしていました」と自身にとって“トーマス”が身近な存在であると明かす。  続けてISSAは「今の(現在大ヒット中の楽曲)『U.S.A.』もそうですけど、地道にずっとやってきたこと、やり続けていれば自分にとってプラスになると思いながらやってきたので、こういう風に初めての挑戦ができることは新鮮ですし、単純に子どもたちに見てもらえるってことがうれしいなと思います。子どもが生まれたら見せたいですね」と充実感をにじませた。  予告編は、ソドー島を飛び出したトーマスが、アフリカ、中国、アメリカなど雄大な大自然の中を駆け巡る姿が映し出される。途中にはエースや、女の子の機関車ニアなど新しい仲間たちも登場。エースが登場する場面では、「オレの名前はエース! 自由気ままさ!」というISSAのセリフを聞くことができる。その後はトーマスが仲間たちとスリルあふれる冒険を繰り広げながら、キリンの大群やゾウ、華やかなカーニバルなど初めての文化に触れていく姿が躍動感あふれる映像で描かれている。  『映画 きかんしゃトーマス Go!Go! 地球まるごとアドベンチャー』は、2019年4月5日より全国公開。

  • 「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式・記者発表会にて

    浅田真央、DA PUMPと『U.S.A.』ダンス「本物の方と一緒に踊れるなんて」

    エンタメ

     今年、圧倒的な活躍を見せた男たちを称える「GQ MEN OF THE YEAR 2018」授賞式・記者会見が21日、都内にて行われ、俳優の竹内涼真、田中圭、DA PUMP、千鳥ら“今年の顔”が登壇した。そんな中「GQ WOMEN OF THE YEAR」として、唯一女性で登壇したのがプロスケーターの浅田真央。ステージでは、今ハマっているという「『U.S.A.』ダンスのコツを教えて」とDA PUMPにリクエストし、ISSAのレクチャーで一緒にダンス。「すごかったです! 本物の方と一緒に踊れるなんて」と感激の表情を見せた。@@cutter 浅田の『U.S.A.』ダンスを見たISSAは「バランスもいいし、ダンスも上手」と絶賛。千鳥のほか、参加する予定ではなかった田中や竹内も嬉しそうにU.S.A.ダンスを踊っていた。  「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー賞」に選ばれた田中は「『おっさんずラブ』という作品がたくさんの方々をブレイクスルーさせたので、これからこの賞に恥じないような俳優になっていきたいと思います」と意気込みを語った。  また「アクター・オブ・ザ・イヤー賞」に選ばれた竹内は、来年やってみたいこととして「僕には親戚がたくさんいるんですけど、お仕事をたくさんさせてもらっていることもあり、『最近あまり来ない』とクレームが入っています。だから大家族を旅行に連れていきたいです」と爽やかに語った。  そんなイケメン2人に「コメディアン・オブ・ザ・イヤー賞の千鳥が「かっこ良くない意外な一面を教えて」とリクエスト。竹内が涼しい表情で「見つからないですね」と言うや否や、千鳥ノブが「やかましい! すごい自信やな」とツッコミ。笑いながら竹内が「物をよくなくすし、寝ながらよだれも垂れ流すし…」と意外な面を語ると、田中は「ものを勘違いして覚えてること。『必殺』シリーズの“中村主水(もんど)”を“ボンド”と覚えていました」と話し、場内の笑いを誘った。  なお授賞式には美輪明宏、リリー・フランキー、辻一弘も登壇した。また当日は欠席だったが、映画監督の是枝裕和、プロ車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾も同賞に選ばれた。

  • BTS(防弾少年団)

    DA PUMP、いきものがかり復帰 渦中のBTSは不出場<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     12月31日の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか/19時15分)の出場歌手が14日に発表され、DA PUMPが16年ぶり、活動休止中だったいきものがかりが2年ぶりに復帰することが分かった。@@cutter 今年6月にリリースしたシングル『U.S.A. 』が大きな話題を呼び、ユーキャンの新語流行語大賞にも「ダサかっこいい/U.S.A.」でノミネートされるなど再ブレークしたDA PUMP。紅白は2002年以来、16年ぶり6回目の出場となる。  2008年から2016年まで9回連続出場していた男女3人組ユニットいきものがかりは、昨年1月から活動を休止し、今月3日から再始動していた。紅白は2年ぶりの出場となる。  一方、常連組では、ベースの山口達也さんが脱退した4人組グループTOKIOが不出場。昨年まで続いていた同番組への連続出場は24回で途切れることになった。  また、過去にメンバーの1人が原爆のイメージが入った衣装を着用していた問題で渦中にある韓国の人気男性アイドルユニットBTS(防弾少年団)の出場はならなかった。

  • 『仮面ライダージオウ』メインビジュアル

    『仮面ライダージオウ』主題歌、AAA・末吉秀太とDA PUMP・ISSAがタッグ

    エンタメ

     AAAの末吉秀太と、DA PUMPのISSAによるユニット「Shuta Sueyoshi feat.ISSA」が、9月2日よりスタートする『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)で主題歌を担当することが分かった。@@cutter シリーズ20作品目にして“平成最後の仮面ライダー”となる同作は、高校生の常磐ソウゴ(奥野壮)が、時空を旅する「タイムトラベルライダー」として、歴代の平成仮面ライダーたちと遭遇しながら戦う姿を描く。  主題歌『Over“Quartzer”(オーヴァークォーツァー)』について末吉は、「2007年にAAAとして『仮面ライダー電王』の主題歌『Climax Jump』を歌わせていただいてから、11年ぶりに、今度はソロとしてまた仮面ライダーに携わることができて嬉しいです!『平成最後』という記念すべき主題歌をつとめさせていただけて本当に光栄です」とコメント。さらに「今回の『仮面ライダージオウ』が、過去の歴代平成ライダー達の力をかりて共に戦うということで、ISSAさんと共に楽曲に取り組ませていただきました。まさに時をかけているような疾走感溢れる楽曲になったと思うので、是非番組と一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!」と熱く語った。  一方、平成仮面ライダー4作目『仮面ライダー555(ファイズ)』の主題歌『Justiφ’s』をDA PUMPとして提供したことのあるISSAは、「平成最後の『仮面ライダージオウ』の主題歌をシュウタとやることになり、こんな光栄なことはありません!」とこちらも喜びしきり。「幼少期に仮面ライダー1号に憧れて、自分もいつか改造人間になって『地球の平和を守るんだ 』と思った気持ちは今も変わりません!今の自分が持てる力と魂を全て出し、シュウタと歌った主題歌と『仮面ライダージオウ』が、小さいお子さんからお爺ちゃんお婆ちゃんまで愛される作品になると思いますのでよろしくお願いします!」とアピールしている。  また、『仮面ライダージオウ』の第5話と6話に、『仮面ライダー555』で仮面ライダーファイズに変身する主人公・乾巧を演じた半田健人と、仮面ライダーカイザに変身する草加雅人役の村上幸平が、当時の役のまま出演することも発表された。  『仮面ライダージオウ』は、テレビ朝日系にて9月2日より毎週日曜9時放送。

  • 「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 SUMMER」に出演した(上段左から)DA PUMP・U-YEAH、DAICHI、ISSA、KIMI、TOMO、(下段左から)アンジュルム・和田彩花、吉澤ひとみ、保田圭、市井紗耶香、矢口真里、モーニング娘。'18・譜久村聖

    市井紗耶香、18年ぶりハロコン参加で2期メンバー勢揃い DA PUMPもサプライズ出演

    エンタメ

     ハロー!プロジェクト夏恒例のコンサート「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 SUMMER」が5日東京・中野サンプラザで開催された。昼公演には、元モーニング娘。の市井紗耶香が2期メンバーの保田圭、矢口真里らと揃って18年ぶりにハロプロ公演にゲスト出演。さらに、DA PUMPがサプライズで出演して会場を盛り上げた。@@cutter 同イベントは、毎年夏に開催される恒例の全国ツアーで、モーニング娘。'18などハロー!プロジェクトメンバーが総出演。今回はハロプロ誕生20周年を記念して、OGメンバーがゲスト出演している。この日昼公演には、元モーニング娘。の保田、矢口、吉澤ひとみに加えて、18年ぶりに市井がハロプロ公演に参加。ステージでは保田、市井、吉澤でプッチモニ。の「ちょこっとLOVE」を披露、続いて矢口が加わり、4人同時に参加する唯一のシングル「ハッピーサマーウェディング」で会場を沸かせた。  18年ぶりにステージに立った市井は公演終了後、会見に出席。「緊張した。18年という長い時間が空いたけど、メンバーと再会すると一瞬であの時の記憶がよみがえる。感情が湧き上がってくる。皆と同じステージに立つことができて幸せ」と喜びを露わに。アイドル業復帰の可否を問われると「お母さん業も忙しい」とかわしつつ、「これを期に、また皆と共演できる日があったらいいなと思う」と笑みをこぼした。  また、“ハロプロの聖地”中野サンプラザのステージに昼夜公演飛び入り出演したDA PUMPは、3年半ぶりにリリースして大ヒット中のシングル『U.S.A.』を披露。ネット上で「ダサかっこいい」という評価が相次ぎ、つんく♂が手がけるハロプロの楽曲と「似ている」と話題になったことをきっかけに、DA PUMPの新曲リリースイベントにハロプロファンが集まり、「2018 FNSうたの夏まつり」(フジテレビ系)でモーニング娘。'18とコラボレーションも行い話題になった。  ISSAは、ライブ後の会見で「自分たちのライブでは味わえないような一体感がスゴすぎる。いいファンの方たちだと思った」とハロプロファンを絶賛。現在の『U.S.A.』ブームについては「本当にありがたい。色んなところで、色んな人に火をつけてもらった」と感謝。YouTubeでの同曲の再生回数が4100万回以上をマークしていることなどに触れて「喜びすぎて毎日がパニック。自分が追いついてきていない」と嬉しい悲鳴を上げた。  会見に出席したモーニング娘。'18のリーダー・譜久村聖は「元々、OGの先輩方がゲストで来てくださることになっていて、さらにサプライズでDA PUMPさんが来てくださった。なんか盛り上がり渋滞。ファンの皆さんが盛り上がり過ぎていて、ちょっとハロコンを乗っ取られた感じがして悔しい」と複雑な心境を吐露して笑った。  「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2018 SUMMER」はこの後、仙台、札幌、東京、広島で開催。25日の東京公演には、元モーニング娘。の後藤真希、加護亜依らがゲスト出演することが発表されている。

  • ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』制作発表記者会見にて

    『ピーターパン』初出演のISSA、自身の成長は「中二で止まってる」

    エンタメ

     吉柳咲良、ISSA、河西智美が、4日に都内で開催されたブロードウェイミュージカル『ピーターパン』の製作発表記者会見に出席した。新婚のISSAは、結婚後に変化があったか問われると「ずっと変わらず。見てくださる、聞いてくださる方のために僕は一生懸命頑張りたい」と話した。@@cutter ピーターパンとダーリング家の3姉弟が、ネバーランドでの楽しい時間の中で、勇気・友情・恋心を知る姿を描く本作。昨年に続いてピーターパンを演じる吉柳は、「永遠の少年が輝き続けられるのは、こんなに素晴らしい先輩方が陰で支えてくださっているおかげなので、その期待に応えていけるように頑張っていきたい」とコメント。ピーターパンのようにずっと子供でいたいか聞かれると「早く大人になりたいって思ったりするときもあるし、子供のままでいたいって思う時もあるので、どっちもある」と語った。  ピーターパンが戦うフック船長、そしてダーリング氏に扮するISSAは、同じ質問を受けると「完全に中二で止まってますね。そのまま大人になってきた」と自虐し、「40歳らしくないって、多分みんなに思われているので。若くいたいというつもりはないんですけど、子供の無邪気さとか、爆発的なパワーというものを持ったまま、大人になりたいと思ってきた」とも。  自身がヴォーカルを務めるDA PUMPの新曲『U.S.A.』のヒットを祝福されると「ありがとうございます」と応えた。河西は「めっちゃバズってますよね!」と言い「まだ踊らせてもらってないのでね。そろそろ私たちも伝授してもらわなきゃなと思ってます」と発言。これを聞いたISSAは「すぐ覚えられる。5分あれば十分ですよ。この子たちなら」と笑顔を見せた。また、ISSAは結婚してから仕事に対する姿勢に変化があったか問われると「ずっと変わらず。見てくださる、聞いてくださる方のために僕は一生懸命頑張りたい」と答えていた。  会見にはほかに、莉奈、入絵加奈子、久保田磨希、藤田俊太郎(演出家)が出席した。  ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』は、7月21日~8月1日まで東京国際フォーラム・ホールCにて上演。ほか大阪、金沢、名古屋公演あり。

  • 平愛梨、観月ありさ、MAXのNANAら、豪華ショット!

    平愛梨、先輩・観月ありさ達と誕生日パーティーで豪華“共演”

    エンタメ

     タレントの平愛梨が先月31日、所属事務所社長の70歳誕生日パーティーの様子をブログで綴り、同事務所の観月ありさや荻野目洋子、MAXら多数集い、豪華“共演”を果たしたプライベートショットを公開した。@@cutter ブログの中で平は「14歳の私に道を作ってくれた」と感謝を伝え、事務所の先輩である観月やMAXのNANAらとの記念写真や、社長の誕生日を祝うイチゴで敷き詰められた特大ケーキの写真も掲載されている。  また、「LINEアプリが出来たおかげで先輩や後輩、所属する演者の全員のグループLINEがある」と意外な繋がりを明かし、「荻野目洋子さんやMAX姉さん達が色々考えて下さり号令をかけて下さった」と当日までの流れを明かしている。  一方、誕生日では乾杯の音頭やプレゼント担当だったという荻野目は、自身のブログで、事前に「30日夜に、後輩達とごはん食べるので、ちょっと顔出してもらえますか?」と社長へ電話したところ、「若い子達は遠い住まいの子もいるから難しいんだよなー」と返されて「内心焦った」と苦労を吐露。「ギリギリまで遂行できるかドキドキでしたー」と感想を述べつつ、無事にサプライズが成功したことを報告した。  誕生日パーティーには他にも、DA PUMPのISSAやw‐inds.の橘慶太らも参加。荻野目のブログによれば、社長と同じく8月24日に29歳の誕生日を迎えた三浦大知も駆け付け、参加者全員により「おめでとう」と盛大に祝ったという。

  • ヤンチャな4人が舞台で大暴れ!?『4BLOCKS』4月上演決定

    諸星和己・ISSA・SHOGO・山崎裕太、舞台で共演!ひとくせアリなパフォーマー集結

    エンタメ

     元光GENJI・諸星和己、DA PUMPのISSA、175R(イナゴライダー)のSHOGO、俳優の山崎裕太と、ひとくせもふたくせもある4人のパフォーマーが共演する舞台『4BLOCKS』が、4月に上演される。@@cutter 個性の強い4人が揃った本作の演出を務めるのは、嵐出演の映画『ピカ☆ンチ』の脚本、舞台『空中ブランコ』などの演出などを手掛ける奇才・河原雅彦。ミュージカル仕立ての本作では、歌手、ダンサー、俳優…それぞれが持つ能力を、歌って踊って、涙ありの(?)“危ないエンタメ”劇で炸裂させるという。  果たして舞台でどんな展開を見せるのか注目だ。舞台『4BLOCKS』は東京・サンシャイン劇場にて4月3日から12日まで上演。

  • 増田有華 AKB48脱退で囁かれる“総選挙26位の呪い”

    増田有華 AKB脱退でファンの間で噂される“総選挙26位の呪い”

    エンタメ

     AKB48の増田有華が28日、自身の公式ブログにてAKB48の脱退を発表したが、インターネット上では突然の脱退発表を受けて、ファンの間で“総選挙26位の呪い”という噂が囁かれている。@@cutter 増田は、9月から上演されたミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」で共演していたDA PAMPのISSAの自宅に宿泊したことが29日発売の週刊誌に掲載されることを受けて、「泊まりにいったことは、事実です」と認めた上で、「けじめをつける為にも、本当に突然ですが、AKB48を辞退させていただきたい」と突然の脱退を発表した。  増田は、今年行われた「第4回AKB選抜総選挙」で26位という結果だったが、実は、今年1月にTwitterで男性と一緒の写真が流出したことでAKBを脱退した平嶋夏海が第1回から第3回までの選抜総選挙で3回連続で26位だったことから、「総選挙26位は呪われている」とインターネットで話題になっている。  この“総選挙26位の呪い”がさらに発展し、掲示板などでは今年の選抜総選挙では、「26位を欠番にした方がいい」という意見も寄せられている。

  • 増田有華 AKB48の脱退を発表!

    増田有華 AKB48を脱退 ミュージカルで共演のISSA自宅へ宿泊報道に「事実です」

    エンタメ

     AKB48の増田有華が28日、自身の公式ブログにてAKB48の脱退を発表した。理由はミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」で共演していたDA PAMPのISSAの自宅に宿泊したことが明日29日発売の週刊誌に掲載されることを受けて、「泊まりにいったことは、事実です」と認めた。@@cutter 増田は「今回のことでたくさんの人たちに誤解されるような軽率な行動を取り、迷惑をかけてしまったこと、そして応援してくださっていたファンのみなさん、チームのメンバー、後輩メンバー、スタッフ、家族をガッカリさせてしまうことになりました。」と謝罪のコメントを掲載。「けじめをつける為にも、本当に突然ですが、AKB48を辞退させていただきたい」と脱退を発表をした。  「ウィズ~オズの魔法使い~」の「AKB48プロジェクト全国オーディション」で、48グループ内の186人の参加者の中から主役のドロシー役に選ばれた増田は、8月の東京ドーム公演と9月の「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」への参加を辞退し、ミュージカルの稽古に挑み、9月末から11月6日まで公演を行っていた。

  • 映画「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」で龍神ガナシーに変身するサイオンを演じたDA PUMPのリーダー、ISSA

    ISSA普段は方言丸出し、故郷・沖縄を語る 「琉神マブヤー」で沖縄ヒーローに!

    映画

      沖縄のご当地ヒーロー番組がついに劇場進出を遂げた映画「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」で龍神ガナシーに変身するサイオンを演じたDA PUMPのリーダー、ISSAに話を聞いた。幼少時代から「仮面ライダー」シリーズ・ファンというISSAが、龍神ガナシーとしての大きな野望を語ってくれた。@@cutter  テレビドラマ「仮面ライダー555」、映画「仮面ライダー THE NEXT」では主題曲を担当し、映画「仮面ライダー THE FIRST」ではショッカーの幹部役として顔出しするなど熱烈なファンを公言してきたISSAだが、ヒーロー役は本作が初。「沖縄にヒーローが誕生したのも嬉しかったし、ヒーローになりたいという30年越しの夢も叶った」と喜びを爆発させる。ご当地キャラクターブームもあって、最近では東京でも「琉神マブヤー」関連グッズを目にする機会も増えたが、「沖縄には約140万人が住んでいますが、県民の98パーセントが知っている」と、沖縄での浸透率と人気度は驚異的だ。   撮影はすべて沖縄で行われ、キャストも沖縄出身でエキストラも現地の一般人を起用。映像の端々に沖縄の文化や名産品がチラリと登場するなど「メイド・イン・オキナワ」節が画面からあふれ出ている。ISSAも沖縄ならではのイントネーションでセリフを喋るが「普段の僕はもっと方言丸出し。上京してから意識して変えようとは思いませんでしたね。根は沖縄にいたころと何も変わっていませんから」と想いは常に故郷にあるという。自然の美しさもさることながら、ISSAにとっての沖縄の良さは「人」だそうで「温厚で柔らかい人が多くて、エキストラのシーンでは、沖縄の人たちの恥ずかしがり屋なとこがにじみ出ています」。また「東京と同じ時間軸なのに、どこかゆったりと感じるし、落ち着ける雰囲気がある」と本作に癒しの効果も期待する。   タイトルにある“マブイ”には、魂という意味があり、7つのマブイとは「勉・健・食・勇・忠・忍・情」と表現される。自身の中で一番強いのは「情」といい「好きな沖縄ならではの言葉は“ちむぐくる”。心の底から相手を思いやるというのは、それだけで自分も相手も幸せな気持ちにさせるから」と人のいいウチナンチュ(沖縄人)ならではの一面を覗かせる。本作で面白いのは、ヒーローが敵を倒さないところだが「最後は力を合わせて一緒の目的に向かっていくという姿は、震災後日本に必要なものかも。誰の心にも宿るヒーロー精神が伝わっていけば」とテーマを代弁する。   続編製作にも期待しているISSAは、憧れの芸能人である仮面ライダー1号役の藤岡弘の名前を挙げて「仮面ライダーとマブヤーの融合、これは観たいですよね!続編をやるならば仮面ライダー1号2号とマブヤー&ガナシーで、バイクに乗っての共演が良いですね」と龍神ガナシーとしての大きな夢に胸を躍らせた。   映画「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」は2012年1月7日より、新宿ミラノほかにて全国公開

  • 左から龍神ガナシー、琉神マブヤー、凰神カナミー

    主題歌はEXILEのCD売上げを超える大ヒット!「琉神マブヤー」東京で初公演

    映画

     “会いに行けるヒーロー”として沖縄で空前のブームを呼び、2012年1月には映画版「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」の全国公開も決定しているローカルヒーロー、「琉神マブヤー」が満を持して東京上陸。11月20日、渋谷公会堂にて初の東京公演となる「GO!GO!琉神マブヤーショー」を開催した。 @@cutter   ショーには大勢の親子連れが詰めかけ、中には地元・沖縄から駆け付けたという熱狂的なファンの姿も見られた。この地域密着型ヒーローショーの魅力の1つは“方言”。ウチナーヤマトグチと呼ばれる、方言と標準語の中間のような方言を使うことで、地元民の心を掴んでいる。さらにもう1つ、最大の人気の秘密は「TVのキャストが、そのままショーを演じていること」。それが“会いに行けるヒーロー”たる所以。またマジムンと呼ばれる悪役たちによる会場の客いじりも大ウケ、地元では悪役たちがラジオ番組まで持っているほど。ヒーロー、悪役そろって人気者なのである。  また驚くことに、沖縄県内では「琉神マブヤー」の主題歌がEXILEのCD売上げを超える異例の大ヒット。当日はその主題歌を歌うディアマンテスのアルベルト城間も駆けつけ生歌を披露し、会場は熱気に包まれた。  10月29日に沖縄先行公開された映画版「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」は、沖縄での邦画実写動員数の記録を塗り替る大ヒットとなった。その人気は沖縄や日本を飛び出し、現在では沖縄からの移民が多数暮らすハワイでもTVシリーズの放映が始まっているという。  山田親太朗、ISSA、ガレッジセール、仲間由紀恵らが出演する「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」は2012年1月7日(土)全国公開

  • 「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」舞台挨拶

    山田親太朗のとんちんかんぶりは想定内!? 映画版「琉神マブヤー」が沖縄での初日動員数の歴代No.1を記録!

    映画

      沖縄が生んだヒーロー「琉神マブヤー」。10月から始まった新TVシリーズ「琉神マブヤー3(ミーチ)」も好評を博している中、マブヤーの映画版「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」が沖縄先行公開された。動員は29日、30日の週末2日間でファミリー層を中心に約6000人に届く見通しとなり、沖縄で公開された日本映画の初日、2日目の動員数を塗り替える歴代No.1の数字を記録。舞台挨拶に立った山田親太郎、ISSA、ガレッジセールのゴリらのコメントが届いた。 @@cutter   マブヤー役の山田親太朗は、「撮影現場の雰囲気がすごく良くて、本当に楽しかったです。今回、いろいろな方々の力を借りてここまでこれたことがすごい嬉しいです。父にも観てもらったんですが、『面白かったよ』と言う、嬉しい言葉をもらえました」と挨拶。   そのマブヤーの相棒ガナシー役を演じたISSAは、「『琉神マブヤー』のテレビ放送が始まってからずっと見ていて、いつか映画になるんじゃないかって思っていました。それが今日こうやって公開できたことがすごくうれしく思います」と感慨深げ。「子供たちにガナシーがとても人気だと聞いて嬉しいですね。マブヤーあってのガナシーなので、頑張って演じて良かったです」。   また、ハブデービル役に扮したゴリ(ガレッジセール)は、「出演者のみんなとふざけあうことも多くて、つらいというよりも楽しい思い出しかないです」と撮影を振り返った。プレッシャーはあったというが、「撮影初日に佐野監督から“ゴリさんにオファーして良かった。すごくハマリ役です”と言ってもらえて救われたんです。でも、撮影は夏だったので、ハブデービルの被り物をするとすごく暑かったんです。撮影を見に来たお客さんのイメージを守るために、1日中被っていたんですが、耐え切れなくてちょっと外すとスタッフが飛んできて。“ダメです! それじゃ、ゴリデービルです!”って(笑)。それが大変でした」とエピソードを明かした。   メガホンを取った佐野智樹監督は、「マブヤー役の親太朗くんに主役をお願いしたのは僕のリクエストだったんですけれども、『多分こういう人だろうな』って予想はしていたので、彼が多少とんちんかんなことをやるのは“想定内”でした。だから、困ったことはあまりなかったかな(笑)」と語り、笑いを誘っていた。   「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」は10月29日(土)沖縄先行公開、2012年1月7日(土)全国公開

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access