MEGUMI 関連記事

  • 『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』に出演する(左から)渡辺大知、LiLiCo、MEGUMI

    稲森いずみ主演『それを愛とまちがえるから』、渡辺大知&LiLiCo&MEGUMI出演

    エンタメ

     女優の稲森いずみがWOWOWオリジナルドラマ初主演を果たす『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』(WOWOWプライム/2019年2月9日より毎週土曜22時)に、渡辺大知、LiLiCo、MEGUMIが出演することが決定した。@@cutter 直木賞作家・井上荒野の同名小説を基にした本作は、結婚15年目を迎えて幸せな人生を送っていたが、セックスレスになってしまった夫婦の行く末を笑いあり、涙ありで送る大人のためのラブコメディ。『最後から二番目の恋』の演出を手掛けた宮本理江子がチーフ監督を務める。  本作で渡辺が演じるのは、朱音(仲里依紗)の元同僚で鍼灸師の東輝紀。輝紀と朱音は共通の趣味を持ち、幼馴染のように親しい間柄。互いに罵り合いながら、恋愛相談をし合ったりしているという設定だ。渡辺は自身の役柄について「輝紀という役は包容力のある優しい男ですが、頑固なところや寂しがり屋なところが割とすぐ表に出るタイプなのかなと思って読みました」と語ると、続けて「台本の準備稿に輝紀(イケメン)と書かれていたので『これはまずい!』と思っていましたが、決定稿ではそれが外れていたので安心しました」と明かした。  LiLiCoは、匡(鈴木浩介)が勤務する大手スーパーのパート従業員・馬場さくら役を演じる。職場での素行を匡に注意されるも、弱みを握って逆襲するなどおっかない一面もあるが、曲がったことが大嫌いで人のことをよく見ているというキャラクターだ。  一方、MEGUMIが演じるのは漫画家の誠一郎(安藤政信)の担当編集者・田崎れい羅。漫画家としてもだらしない誠一郎を愛のムチで厳しく指導する。  『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』は、WOWOWプライムにて2019年2月9日より毎週土曜22時放送(全5話・第1話無料放送)。

  • 『やれたかも委員会』「太陽の塔編」場面写真

    福田麻由子『やれたかも委員会』最終話で小関裕太との関西弁に反響

    エンタメ

     俳優の小関裕太と福田麻由子が出演したドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)「太陽の塔編」が19日深夜に放送され、東京出身の二人が操る関西弁に視聴者から「完璧でした」「かわいすぎ」などの声が上がった。@@cutter 最終話の相談者は、現在ソーシャルワーカーとして働く35歳の岩瀬さつき(MEGUMI)。彼女は淡々と10年前の出来事を語り始める。  結婚を控えていた25歳のさつき(福田麻由子)は、越田圭介(小関)に声をかけられ仲良くなっていく。“1度だけデートしてほしい”という啓介の申し出をさつきが受け入れ、出かけた二人。さつきは別れ際に彼に抱きしめられた感触と、そのときに彼女に沸き起こった感情を告白。彼女が語るエピソードに、委員会メンバー(佐藤二朗、白石麻衣、山田孝之)の間ではいつもと違う緊張感が漂う…。  最終話の回想シーンに登場したのは、ともに子どもの頃から俳優やモデルとして芸能界で活躍してきた小関と福田。今回の物語の舞台が大阪ということで、二人は関西弁での演技に挑戦した。さつきに猛アタックをかける圭介を演じた小関について、視聴者からは「完璧でした」「きたー!かわいすぎやろ!?関西弁!」などの絶賛の声がSNSへ寄せられた。さらにさつきを演じた福田についても「演技力が相変わらず抜けてるな。圧倒的」と称賛する投稿もあった。  クライマックスでは、委員会のメンバーがホワイトボードを使って“やれたかも知れない夜は、あらゆる可能性の分岐点”であることを解説。「平行世界」や「パラレル・ワールド」などのSFや哲学を思わせるまさかの展開に、視聴者からはSNSに「めっちゃ哲学的な話になって」「ちょっと泣けてきた」などの意見も寄せられていた。

  • ねじりはちまき&肩出し&サラシの法被姿がカッコよくて色っぽくてかわいい白石麻衣

    白石麻衣が“やれた”判定! ファン総立ちの 『やれたかも~』最終話

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、佐藤二朗、山田孝之が出演するドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)最終話となる「太陽の塔編」が19日深夜に放送され、委員会メンバー・月綾子を演じる白石がついに“やれた”の札を掲げたシーンに「最終回にしてようやく!!」「やれたの札をあげた!!」など歓喜の声が上がった。@@cutter 最終話の相談者は、現在ソーシャルワーカーとして働く35歳の岩瀬さつき(MEGUMI)。彼女は淡々と10年前の出来事を語り始める。  結婚を控えていた25歳のさつき(福田麻由子)は、越田圭介(小関裕太)に声をかけられ仲良くなっていく。“1度だけデートしてほしい”という啓介の申し出をさつきが受け入れ、出かけた二人。さつきは別れ際に彼に抱きしめられた感触と、そのときに彼女に沸き起こった感情を告白。彼女が語るエピソードに、委員会メンバー(白石、佐藤、山田)の間ではいつもと違う緊張感が漂う…。  これまで、綾子は頑なまでに“やれたとは言えない”の札を掲げ続けてきた。ところが最終話では、相談者の思いに共感を示す場面もあり、判定では初めて三人が満場一致で“やれた”の札を掲げたのだった。これには視聴者からは「最終回にしてようやく!!」「ついにまいやんがやれたの札をあげた!!」「最後の最後に月さん、やれた札きましたーーーー!!!!!!!!」など歓喜の声がネット上に殺到していた。

  • 広瀬アリス、「リリコ~」の掛け声に「それ、朝ドラです」舞台上から観客へツッコミ

    広瀬アリス、「リリコ~」の掛け声に「それ、朝ドラです」舞台上からツッコミ

    映 画

     広瀬アリス主演の映画『巫女っちゃけん。』の初日舞台挨拶が3日、都内の劇場で行われた。当日は、主演の広瀬をはじめ、山口太幹、仁村紗和、原口あきまさ、MEGUMI、リリー・フランキーらキャスト陣のほか、本作でメガホンを取ったグ・スーヨン監督も登壇。大勢の観客を前に“節分の日”にちなみ、キャスト陣が舞台上や客席で豆まきを行う一幕もあった。@@cutter 映画『巫女っちゃけん。』は、年に2回だけ現れる絶景「光の道」で有名な福岡県の宮地嶽神社を舞台として描いたヒューマンコメディ。夢も希望もない巫女・しわす(広瀬)の元に、ある日突然、舞い降りてきたのは“どーしょうもない”悪ガキの健太(山口)。暴力巫女のレッテルを貼られた挙句、警察からは児童虐待の容疑までもかけられ追い詰められたしわすは、やがて思わぬ行動を取る…。  ロケ地の福岡県では1月20日から先行公開されていた本作だが、このたび全国公開を迎えた。挨拶の冒頭、場内から「リリコ~」と出演中のNHK連続テレビ小説『わろてんか』の役名で呼びかけられた広瀬が「ありがとうございます。でもそれ、朝ドラです」と観客に応えると、場内には笑い声が。そして、「やっと初日を迎えることができました。撮影が終わってから1年半、健太もちょっと成長しまして」と、子役の山口への思いを語った。  しわすの父親であり宮地嶽神社の宮司・大鳥役のリリーは、会見前に「時間が短いけど内容の濃いコメントをお願いしますと言われました」と苦笑い。その後、舞台上の広瀬の衣装に「人間の筋肉をむいたときの?」と独特な感想を漏らすリリーに、なぜか原口が「進撃の巨人ではございません!」とツッコむなど、2人の漫才のようなやり取りを中心に終始和やかなムードで展開。  撮影時に「巫女さんの格好をして所作がすごく悪くても、絶対にオッケーを出してくれた監督には本当感謝しています」と振り返った広瀬。「ちょっと頑張ろうと思ったりとか初心を取り戻させてくれる作品だと思うので、ぜひたくさんの方に広めていただければうれしいです」と本作への思いを語った。  映画『巫女っちゃけん。』は絶賛公開中。

  • 『巫女っちゃけん。』、総勢19名で「第30回東京国際映画祭」レッドカーペット登場

    広瀬アリス、はじける笑顔と巫女姿で観客魅了! ブッ飛んだ演技が光る予告編も解禁

    映 画

     25日に開幕した「第30回東京国際映画祭」レッドカーペットに、映画『巫女っちゃけん。』に主演する広瀬アリスが巫女姿で登場し、監督・キャストら総勢19名と共に、開幕イベントを盛り上げた。そして、この度、広瀬のはじけた演技が垣間見える予告編が到着した。@@cutter 『巫女っちゃけん。』は、絶景「光の道」で有名な福岡県の宮地嶽神社を舞台に繰り広げられる神社エンタテイメントムービー。自分の将来に夢も希望もなく、父が宮司をしている神社で巫女のバイトをしながら、やる気のない毎日を送る就活中の主人公・しわす(広瀬)。ある日、口の利けない5歳の悪ガキ・健太が神社に現れ、しわすはイヤイヤ世話係をやることに。しかし、事態は思わぬ展開を迎える。  10人の巫女を率いレッドカーペットに現れ、はじける笑顔で観客を魅了した広瀬。その隣を、健太を演じた山口太幹が袴姿で歩き、さらに、しわすの父親役を務めたリリー・フランキ―、母親役の飯島直子に加え、健太の母親・MEGUMIや木村亮子、原口あきまさ、そしてグ・スーヨン監督、主題歌を担当したアレクサンドラ・スタンと、総勢19名の豪華キャストと演出で会場を沸かせた。  “座長”としてレッドカーペットを歩いた広瀬は「とにかく楽しく、海外の方が非常に注目してくださったのが純粋に嬉しかったです。今作は『巫女』がメインのお話になっており、実は日本人の方も知らない世界がコミカルに描かれているので、日本の方、外国の方問わず楽しめる作品になってますので、是非たくさんの方に観ていただきたいです!」と喜びと本作への思いをコメントした。  解禁された予告編では、常識も礼儀もなく、態度も口も悪いしらすに扮する広瀬がブッ飛んだ演技を披露しており、“台詞のない健太役”で制作スタッフを驚かせたという山口の演技力にも注目を集める映像となっている。  『偶然にも最悪な少年』『ハードロマンチッカー』で話題を呼んだスーヨン監督は、本作について「なにかうまくいかないことが起こっても、泣くほどの事じゃない、怒るほどの事じゃない、死ぬほどの事じゃない、殺すほどの事じゃない、そう考えると、もっと穏やかに生きていけるんじゃないかと思う。神社とは、きっとそういう気持ちにさせてくれるところなんでしょう。さて、穏やかな気持ちで映画を観て、運気を上げよう」とユニークに語っている。  映画『巫女っちゃけん。』は、2018年1月20日より福岡先行公開、2018年2月3日より全国ロードショー。

  • 女優・小池栄子、『しゃべくり007』で元祖バラエティタレントの本領発揮

    小池栄子、自虐ギャグ「巨乳伝」全力で披露「女優じゃねえな、私」

    エンタメ

     日本テレビ系のドラマ『世界一難しい恋』に出演している女優の小池栄子が、13日に放送されたトークバラエティ番組『しゃべくり007』に出演。小池は、デビュー当時やバラエティ主体で活動していた時期を振り返りながら、演技派女優としての活動を主とする現在の思いを語った。@@cutter 現在は年間2本程の舞台の仕事をこなすため「バラエティの仕事が今やれていない」と語る小池。同じくバラエティタレントとして活躍していた若槻千夏、MEGUMI、眞鍋かをりらをライバルとして「自分のコメントが一個でも多く使われたらいいなと思っていた」「気持ちが前かがみ」「司会者に近づいて、できるだけテレビに映ろうとしていた」などと、かなり必死で攻撃的だった過去を振り返った。  女優としての仕事がメインとなっている今は、以前の状態に比べて「イライラすることがなくなりましたね。全部が愛おしいと思うようになりました。年齢もあると思いますけどね、結婚もしたし」と現在は落ち着いた様子を語っていた。  当初はグラビアアイドルとしての仕事をするつもりはなかった小池。グラビアの仕事を始めたきっかけは、デビュー時に出演した深夜の学園ドラマへの出演終了後に太ってしまったため仕事の依頼がなく、当時の事務所社長よりグラビアの仕事をせよとの命令を受けたためと明かす。  かつては巨乳グラビアアイドルとして名をはせた小池だが、胸に対するコンプレックスは、女優の仕事が舞い込むようになってもつきまとい、映画『八日目の蝉』に出演した際には、監督より「胸が目に入って邪魔だから、さらしを巻いてと言われました」と苦労のエピソードを語る。  しかし、あくまで「今も巨乳です」と巨乳キャラを自称する小池は、この日かつて自身の持ちネタだったという、お笑いコンビのオリエンタルラジオのギャグ「武勇伝」をもじった「巨乳伝」ギャグを全力で披露、番組レギュラー陣があっけにとられる中「久しぶりにやると楽しいね!でも女優じゃねえな、私…」と自虐コメント。ホームグラウンドといえるバラエティ番組でしっかりと笑いをとった。

  • 豪華キャスト陣が勢ぞろい!「2015年1月期新ドラマ」フォト集

    豪華キャスト陣が勢ぞろい!「2015年1月期新ドラマ」フォト集

    エンタメ

    2015年1月からスタートした、新ドラマの会見の模様やドラマの写真を一挙ご紹介!

  • 堀北真希、『まっしろ』製作発表記者会見にナース姿で登場!

    堀北真希、したたかな一面を披露!?「一番強そうな人についていきます」

    エンタメ

     1月13日より放送がスタートするドラマ『まっしろ』の製作発表記者会見が、8日に都内で行われ、出演者の堀北真希、柳楽優弥、志田未来、高梨臨、菜々緒、MEGUMI、眞島秀和、石黒賢、水野美紀、木村多江らが参加した。@@cutter 本作は、セレブ御用達の高級病院を舞台に繰り広げられる看護師たちの物語。人気脚本家の井上由美子によるオリジナルストーリーだ。  この日の会見では、堀北ら看護師役の出演者たちは真っ白なナースの制服姿で勢揃い。玉の輿を狙ってセレブ御用達の病院にやってきた看護師・有村朱里(あかり)役の堀北は、「玉の輿に乗ろうという野心がなかなか叶わなくて奮闘する朱里の前向きで明るいところが素敵ですが、看護師という仕事に向き合っていく姿を大事に演じていきたいと思います」とコメント。  もし、女性ばかりの職場にいたら、どうやって生き抜くのか?という質問には、「たぶん、一番強そうな人について行くと思います。今回のドラマだったら、(木村が演じた)看護師長です」と笑った。  アメリカ帰りのスーパードクター・仲野孝太郎を演じる柳楽は、緊張したのか「スミマセン、真っ白になっちゃいました」と言葉に詰まりながらも、「仲野のバックグランドも見せていけたらいいなと思って演じています。見てください!」とアピールした。  また「以前に妻と行った人間ドックで、綺麗な看護師さんが2人ひざまずいてくれましたが、今回もそのような病院になっています」と、自らのセレブぶりを披露したのは総合外科センター長役の石黒。これを聞いた高梨は、「私はこういう世界は初めてです。看護師をやっていた姉からも、こんなフリルが付いた制服では仕事ができないと言われました」とコメント。  菜々緒は、「私も石黒さんのようなセレブではないのでこんな病院に入ったことはないですが、セットがすごく豪華でテンションが上がりました」と嬉しそうに語った。  連続ドラマ『まっしろ』は、TBS系列にて1月13日より毎週火曜22時放送。

  • 出川哲朗は本人役でカメオ出演!

    『鷹の爪GO』芸人から元ジャーナリストまで、各界の著名人が続々出演決定!

    アニメ・コミック

     前作から3年ぶりとなる「秘密結社 鷹の爪」シリーズの劇場版最新作『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』に、アーティストや元ジャーナリストなど様々なジャンルで活躍している著名人が出演を果たしていることがわかった。@@cutter 現段階で、ストーリーの鍵を握るオキテマス・ヨルニーを河北麻友子、アセロラ大好きな霊吉を稲川淳二が務めることが明らかとなっている。  今回さらに明らかとなったのは、「ニューヨークタイムズ」東京支局で記者経験もある元ジャーナリストの上杉隆、アーティストでありながら翻訳、司会、俳優などマルチな才能を発揮している坂本美雨、TOKYO FM系列朝のニュースワイド番組「クロノス」キャスターの高橋万里恵、「モンスターハンター4」の辻本良三プロデューサー、リアクション芸でお馴染の出川哲朗、元Jリーガーで現在コメンテーターとして活躍している中西哲生、バラエティをはじめドラマや映画でも活躍するMEGUMI、ラジオパーソナリティーの吉田照美の9名。  MEGUMIは子供が「鷹の爪」の大ファンであり、自身の母親も吉田くんと同じ島根県松江市出身であることから、自ら出演を強く希望したという。アフレコは「2分ぐらいで終わりました(笑)」とかなり短かったようだが、「楽しみにしています」と出来上がりが待ちきれない様子。  吉田照美は、ラジオ好きのFROGMAN監督が吉田さんの番組をよく聴いていたことからオファー。「あっという間で、いいのかな?って感じ」と短時間で終わった収録に不安を覚えながらも楽しんだようだ。  誰がどの場面でどう出演しているのか。オファー理由を考えながら見てみるのも、また違った楽しみ方ができるかもしれない。  『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』は9月13日より全国公開。

  • 昼帯ドラマ「白衣のなみだ 第一部 余命」制作発表会見に出席した、水野美紀

    水野美紀、今流行りの“おっさん化女子”宣言!「私の中にはおっさんが入っています」

    エンタメ

     女優の水野美紀が25日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系昼帯ドラマ「白衣のなみだ 第一部 余命」の制作発表会見に出席した。@@cutter 女医として昼夜問わずバリバリ働き、“主夫”の夫を持つ役どころを演じる水野は、くしくも自らのおっさん化を綴ったエッセイ「私の中のおっさん」を今月23日に発売。同著に話題が及ぶと「近所の行きつけの立ち飲み屋には知り合いがいるし、考え方も男性寄り。この仕事をしていなかったら服装にも気を使っていないはず。おっさん化は進んでいます」と明かし「私の中にはおっさんが入っています」と“おっさん化女子”宣言をしていた。  映画化もされた谷村志穂の小説「余命」をモチーフに、海辺の静かな病院で働く医師や看護師、そして患者や家族のドラマを3部作構成で描く。「第一部」は1980年代を舞台に、女医・百田滴(水野)が、妊娠・出産・乳がんと自らの身に降りかかる様々な出来事に一人の女性としてどう立ち向かっていくのかを描く。会見には共演者の永井大、MEGUMIも出席した。  昼ドラ初主演の水野は「撮影では通しで芝居をさせてもらえるので、舞台芝居に通ずる楽しさがある。命がテーマだけれど、悲しみではなく強さを描いていて、手ごたえを感じています」と充実した表情。昼ドラは撮影スケジュールがタイトで有名なだけに「皆がそう言うので、怖くなって始まる前はジムに行って体力作りをしました」と準備万端で挑んだが「始まってみたらそうでもなかった。短時間で集中してできるのがいい」と昼ドラスタイルがお気に入りのようだった。  また劇中では究極の選択を迫られるヒロインを演じることから、これまでの究極の選択を聞かれると「生牡蠣ですね。持論として、当たるわけがないと思えば当たらないというのを実践している」と語り「気持ちの問題と言われるけれど、アフリカのマダガスカルに行ったときにバケツで売られていた生牡蠣を見て、これだと思った。食べたけれど当たらなかったので、一生当たらないと思います」と自らのジンクスに得意気だった。  東海テレビ・フジテレビ系昼帯ドラマ「白衣のなみだ 第一部 余命」は4月1日(月)13時30分から放送スタート。

  • 左から坂下、マシュー、シェマー、MEGUMI

    「スーパーアリガトウゴザイマス!」を連呼、「クリミナル・マインド」の気さく過ぎるイケメン俳優2人

    海外ドラマ

     19日、来日中の海外ドラマ「クリミナル・マインド/FBIvs.異常犯罪 シーズン5」の人気イケメン俳優マシュー・グレイ・ギュブラー(Dr.スペンサー・リード役)とシェマー・ムーア(デレク・モーガン役)が、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでリリース記念トークイベントを行った @@cutter  この日、人気俳優2人のトークイベントだけあり、イベントスペースを取り囲むようにTSUTAYA店内はファンで溢れていたのだが、サービス精神旺盛なマシューとシェマーは、取り囲んでいたファンとハイタッチやハグなどをしてからステージに登壇。  「ミナサーン、コンニチワー!すばらしい国に友達のシェマーと戻ってこれて、とてもうれしいです!スーパーアリガトウゴザイマス!」と日本語を交えながら挨拶をするマシュー。シェマーも「コンニチワー!ノージャパニーズ、ゼロー」と言いつつも、「すばらしいこの国にようやく来ることができました」と話す。  今回が初来日のシェマーは「このイベントが終わったら、隠れて原宿とか渋谷に遊びに行こうかなと思ってます」とこの後の計画を語り「本当に帰りたくなくて、マシューにほかの仕事預けようと思ってるくらい」とすでに日本の虜になっているよう。  今月2日からリリースされたばかりの「クリミナル・マインド シーズン5」は、人気ドラマの証であるエピソード100話達成やマシューが監督デビューするなど記念すべきシーズン。監督デビューを果たしたマシューは「実際に監督することができて夢が叶った」と語り「作品の仕上がりにも満足しているし、みんなもこのエピソードに満足してくれたらうれしい」。  また、同ドラマの大ファンであり、大の仲良しママ友である坂下千里子とMEGUMIが花束贈呈に登壇。その後、写真撮影となったが、シェマーは坂下をお気に召したらしく「オー!プリティガール!」と坂下の頬にキス。マシューも「スーパーアリガトウゴザイマス!」と2人と握手し、あまりにも気さくなイケメン俳優2人に終始和やかなムードの中イベントは終了した。  「クリミナル・マインド/FBIvs.異常犯罪 シーズン5」は、11月2日よりDVD絶賛レンタル中!

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access