小野大輔 関連記事

  • 映画『シャザム!』日本語吹き替え版キャスト

    『シャザム!』遠藤綾&櫻井孝宏&小野大輔、第3弾吹き替えキャスト発表

    映画

     俳優の菅田将暉が主人公の声優を務めるDC映画最新作『シャザム!』より、吹き替え声優として遠藤綾、櫻井孝宏、小野大輔の3人の参加が発表された。@@cutter 本作は、子どもでありながら、見た目は大人のスーパーヒーローに変身してしまう少年を主人公にしたDC最新作。4月5日に全米4217劇場で公開されると、オープニング3日間で全米興行収入5675万ドル(約63億円)を記録し、全米初登場1位のスタートを切っている。  日本語吹き替え版では、映画監督の福田雄一が日本語吹き替え監修と演出を担当。すでに菅田が主人公シャザムの声を務めること、福田組常連の佐藤も参加することが発表されている。さらに、子安武人、杉田智和、緒方恵美、阪口大助、平野綾といった豪華声優陣が集結する。  このたび、第3弾キャストとして、アニメ『妖怪ウォッチ』のコマさんやコマじろうを演じる遠藤綾、『コードギアス』シリーズの枢木スザクや『物語』シリーズの忍野メメを演じる櫻井孝宏、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの空条承太郎や『進撃の巨人』のエルヴィン・スミスを演じる小野大輔の参戦が発表された。3人の役どころは、本編のネタバレに繋がるとのことで、明らかにされていない。  映画『シャザム!』は4月19日より全国公開。

  • 映画『バイオレンス・ボイジャー』追加キャラクタービジュアル

    ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』、新キャラ9人&5匹!?解禁

    アニメ・コミック

     長編ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』より、新たに9人と5匹の追加キャラクターが発表された。なぜか動物のキャラクターが多く登場する本作に、謎はさらに深まるばかりだ。@@cutter ゲキメーションとは、アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法。作画した絵を切り取り、その原画をペープサート(紙人形劇)のようにカメラの前で動かし撮影していく。全編ゲキメーション映画となる本作は、京都出身のクリエイター、宇治茶が監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6つを担当。悠木碧、藤田咲、小野大輔など人気声優陣のほか、ココリコの田中直樹、サバンナの高橋茂雄、田口トモロヲの出演や、ナレーションを松本人志が担当することが発表されている。  日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見し、その施設を目指すことに。彼らが遊び疲れて休憩していたところ、ボロボロの服を着た少女・時子と出会う。時子は、数日前からここを出られずにいると言う。彼らは先客として迷い込んでいた村の子どもたちに出会うが、謎の白いロボットの襲撃を受け、子どもたちは次々と捕獲されてしまう。時子の救出とバイオレンス・ボイジャーの謎を解き明かすため、ボビーたちは立ち上がる。  今回解禁された追加キャラクターは、計9人と5匹。謎の娯楽施設「バイオレンス・ボイジャー」の秘密を知る男・猿吉じいさん、主人公ボビーの病弱な母・よし子、ボビーの同級生で女番長のキョウコと仲間たち、「バイオレンス・ボイジャー」に住む謎のロボット、「バイオレンス・ボイジャー」に捕らわれたこうすけ、さやか、ボビーの飼い猫・デレク、猿吉じいさんの飼いチンパンジーのカンジ、「バイオレンス・ボイジャー」で飼われる犬・スパーコの他、熊、迷子の吸血コウモリ・キュー、謎の子どもたちだ。  誰が味方で誰が敵なのか詳細はまだ明かされておらず、なぜかやたらと動物のキャラクターが多く登場する本作。これには何か深い意味があるのか、単に監督の趣味なのか、謎は深まるばかりだ。  映画『バイオレンス・ボイジャー』は5月24日より公開。

  • anan特別編集『えいがのおそ松さん』OFFICIAL BOOK(マガジンハウス)表紙

    『えいがのおそ松さん』、描き下ろし満載のオフィシャルブック発売

    アニメ・コミック

     公開中の映画『えいがのおそ松さん』より、女性グラビア誌「anan」の特別編集版としてオフィシャルブックが発売されることが分かった。キャラクターデザインの浅野直之による描き下ろしイラストや6つ子のキャスト陣全員のインタビューなど、ファン必読の内容となっている。@@cutter 『えいがのおそ松さん』は、2015年10月からTVアニメ第1期、2017年10月からは第2期が放送された、TVアニメ『おそ松さん』の完全新作となる劇場版作品。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、大人になっても定職に就かず、実家で暮らし続ける松野家の6つ子たちが描かれる。  これまで、「anan」史上初めてアニメが表紙を飾った2016年5月11日発売の「教えて、手相!」特集号は数日で完売、さらに2017年3月14日発売の特別編集本第1弾「anan 特別編集 おそ松さん SPECIALBOOK」は3刷まで至る大人気ぶりを発揮し、『おそ松さん』×「anan」のコラボレーションは、社会的にも大きな反響を巻き起こしてきた。その後、テレビシリーズ2期が放送中だった2017年11月15日発売号でも「anan」の表紙を飾った6つ子たちが、現在公開中の映画『えいがのおそ松さん』の公式本として、『anan』に4回目の登場を果たす。  キャラクターデザイン・浅野直之が表紙を含め過去最大点数である18カットを描き下ろしたイラストや、さらに“神キャスト”とも称される6つ子のキャスト陣(櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由)全員のロングインタビューとグラビアも収録。特別付録として浅野直之原画のステッカー&ポストカードが付くなど、まさにファン垂涎、完全保存版の一冊となりそうだ。  anan特別編集『えいがのおそ松さん』OFFICIAL BOOKは、マガジンハウスより4月3日発売。価格は1500円(税込)。

  • ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』キャスト

    ココリコ田中&松本人志ら出演ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』公開

    アニメ・コミック

     ココリコの田中直樹や松本人志らが声で出演するゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』が、5月24日より公開されることが決定。併せてポスタービジュアルも解禁された。@@cutter ゲキメーションとは、アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法。作画した絵を切り取り、その原画をペープサート(紙人形劇)のようにカメラの前で動かし撮影していく。全編ゲキメーション映画となる本作は、京都出身のクリエイター、宇治茶が監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6つを担当。ホラー、アクション、コメディー、クライム、ドラマ、ファンタジー、ミステリー、ロマンスなどあらゆるジャンルが詰め込まれており、カナダのファンタジア国際映画祭2018ほか世界の19の映画祭に正式出品された。  日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見し、その施設を目指すことに。彼らが遊び疲れて休憩していたところ、ボロボロの服を着た少女・時子と出会う。時子は、数日前からここを出られずにいると言う。彼らは先客として迷い込んでいた村の子どもたちに出会うが、謎の白スーツを着た子どもの襲撃を受け、子どもたちは次々と捕獲されてしまう。時子の救出と復讐を果たすため、ボビーたちは立ち上がる。  主人公・ボビーを声優の悠木碧、ボビーの父親・ジョージをココリコの田中直樹、ボビーの母・よし子を声優の藤田咲、ボビーの友達・あっくんをサバンナの高橋茂雄、ボビーとあっくんの親友・たかあきを声優の小野大輔が演じる。そのほか、謎の娯楽施設バイオレンス・ボイジャーの運営者・古池を、俳優の田口トモロヲが担当。さらに、ナレーションで松本人志が特別出演する。松本が映画作品に参加するのは、自身の監督作『R100』(2013)以来となる。  ポスター・ビジュアルは、何かを作業中の男性を、物陰から人間ではない“誰か”がジッと見つめているもの。横には「全世界、ガクブル」のキャッチコピー、上部にはこれまで正式出品された世界19の映画祭が記載されている。世界に先にお披露目された本作は果たしてどんな物語なのか。その内容に興味を沸かせるビジュアルとなっている。  映画『バイオレンス・ボイジャー』は5月24日より公開。

  • TVアニメ『はたらく細胞』新作エピソード「風邪症候群」より

    TVアニメ『はたらく細胞』、新作エピソード「風邪症候群」放送決定

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『はたらく細胞』の新作エピソードとなる特別編「風邪症候群」の制作が決まり、TOKYO MXなどで放送されることが決定。18日に千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで開催された同番組初の大型イベント『はたらく祭典』内で発表された。@@cutter 『はたらく細胞』は、人間の体内で活動する細胞たちを擬人化し、その知られざるドラマを描いた清水茜による同名漫画のアニメ化作品で、2018年7月~9月に全13話を放送。終了後もファンの声援を受け、新作エピソードの制作が決まった。  細胞たちの声は、赤血球を花澤香菜、白血球(好中球)を前野智昭、キラーT細胞を小野大輔、マクロファージを井上喜久子、血小板を長縄まりあ、ヘルパーT細胞を櫻井孝宏、制御性T細胞を早見沙織が演じる。  新作エピソード「風邪症候群」では、同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞の前に、ステキな帽子をかぶった謎の細胞が現れる。その細胞は白血球(好中球)やキラーT細胞らにいたずらを仕掛けようと一般細胞を誘う。日頃のうっぷん晴らしをして楽しむ一般細胞。だが、このステキな帽子をかぶった細胞はいったい何者なのか…。  アニメ『はたらく細胞』特別編「風邪症候群」は、TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11にて12月26日24時30分放送。毎日放送、テレビ愛知、北海道放送、RKB毎日放送、AT‐Xでも順次放送予定。GYAO!、バンダイチャンネルほか国内外でのネット配信も予定。

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』ティザービジュアル

    劇場版『えいがのおそ松さん』ティザービジュアル&予告編解禁

    アニメ・コミック

     『おそ松さん』待望の劇場版作品『えいがのおそ松さん』が、2019年3月15日に公開決定。予告編とティザービジュアルも公開され、ちゃんとした大人になった同級生たちと再会し、やさぐれるいつも通りの6つ子に加え、後半には学生服を着たカットも登場した。@@cutter 本作は、2015年10月からTVアニメ第1期、2017年10月からは第2期が放送された、TVアニメ『おそ松さん』の完全新作となる劇場版作品。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、大人になってもクズでニートだけど、どこか憎めない6つ子の姿が描かれる。  新たに公開された予告編では、高校の同窓会に出かけ、ちゃんとした大人に成長した同級生たちと再会し、冴えない自分たちとのギャップに落ち込みやさぐれる、いつも通りの6つ子が描かれる。また一方で、後半には学生服を着た6つ子のカットも登場。古川登志夫による静かで抑えたナレーションと壮大な音楽も相まって、今までとは違うストーリー展開を予感させる仕上がりとなっている。  さらにキャラクターデザイン・浅野直之描き下ろしのティザービジュアルが2枚公開。6つ子が教室でたそがれる姿と、学生服を着て河原を歩く様子が描かれ、「俺たちいつから大人なの?」という青春感あふれるキャッチコピーとともに、より哀愁漂うイラストになっている。  また「特典付前売券(ムビチケカード)第2弾」が11月25日より、全国の上映予定劇場にて販売開始。特典は浅野による、描き下ろしの缶バッジ(全6種)で、1枚につき1種類がランダムでプレゼントされる。価格は1500円(税込)。  劇場版『えいがのおそ松さん』は、2019年3月15日公開。

  • テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編ティザービジュアル第2弾

    アニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編、第2弾ティザービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     アニメ『斉木楠雄のΨ難』の新作アニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編より、ティザービジュアルの第2弾が公開された。@@cutter 『斉木楠雄のΨ難』の原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、麻生周一による累計発行部数600万部超えのコミック。テレビアニメ第1期、第2期の放送に加え、山崎賢人主演で実写映画も製作されている。  公開されたティザービジュアルは、原作漫画のラストエピソードである「忍舞(おしまい)市」の旅行へ向かう楠雄達の姿が描かれている。そこで斉木楠雄たちにさらなる災難が降りかかるのだが、そのような描写は一切なく、各々旅行を楽しんでいる様子。しかし、原作漫画のラストエピソードで活躍した霊能力者・鳥束の姿が今回のキービジュアルに描かれていないのが、気になるところだ。  詳細は「週刊少年ジャンプ」ほかにて11月に公開される予定とのことだ。

  • テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』完結編ティザービジュアル

    『斉木楠雄のΨ難』新作アニメ制作決定&ティザービジュアル公開

    アニメ・コミック

     2度のTVアニメ化と実写映画も公開された『斉木楠雄のΨ難』の新作アニメが制作決定。併せて、主人公・斉木楠雄が描かれたビジュアルも公開された。@@cutter 『斉木楠雄のΨ難』の原作は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された、麻生周一による発行部数累計600万部超えのコミック。テレビアニメ第1期、第2期の放送に加え、山崎賢人主演で実写映画も公開された。  本作は、6月26日に放送されたテレビアニメ第2期の「最終χ(かい)」にて、主人公であり超能力者・斉木楠雄(CV:神谷浩史)が、「まだ誰も見たことが無い新作アニメだと?『斉木楠雄のΨ難』次回でまた会おう」と新作アニメを予知しており、今回それが実現。最新作の発表とともに、いよいよ完結を迎えることも明らかになった。  公開されたティザービジュアルには、楠雄のトレードマークであり、超能力をコントロールするための頭の制御装置、さらに「直接目で見たものを石化してしまう」能力を防止する緑色メガネが描かれておらず、「ついに完結か…」という楠雄のセリフが示す「完結編」に謎が深まる一枚となった。続報は10月に発売される「週刊少年ジャンプ」ほかで公開予定だ。  また、12月1日にテレビアニメ第2期のスペシャルイベントが開催されることも明らかになった。斉木楠雄役の神谷をはじめ、燃堂力役・小野大輔、海藤瞬役・島崎信長らメインキャスト、新キャラクターとして登場した明智透真役・梶裕貴ほか、豪華キャストが一挙集結する。

  • 『おそ松さん』SPイベントにファン熱狂

    『おそ松さん』イベントにファン熱狂 想像を超えた“長なわとび”対決

    アニメ・コミック

     TVアニメ『おそ松さん』第2期スペシャルイベント「フェス松さん’18」が19日、パシフィコ横浜にて開催された。イベントでは特大発表として『おそ松さん』の映画化が発表されたほか、キャスト陣が体を張って“着ぐるみ”の6つ子たちと対決に挑んだ「ファン感謝デー in フェス松さん」や完全新作の朗読劇なども行われ、ファン大熱狂のイベントとなった。@@cutter 『おそ松さん』は、赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作・放送されたTVアニメ。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートな大人に成長した6つ子を主人公として一話完結で描く、笑えて、泣けて、ほっこりも出来る予測不能なギャグコメディ。    櫻井孝宏(おそ松役)、中村悠一(カラ松役)、神谷浩史(チョロ松役)、福山潤(一松役)、小野大輔(十四松役)、入野自由(トド松役)、遠藤綾(トト子役)、鈴村健一(イヤミ役)、國立幸(チビ太役)、上田燿司(デカパン役)、飛田展男(ダヨーン役)、斎藤桃子(ハタ坊役)の総勢12名のメインキャストが一堂に会した同イベント。同作の脚本を手掛ける松原秀が同イベントのために書き下ろした脚本による朗読劇「なんでもない こぼれ話集」や、キャスト同士のトークショー、賞金を賭け6つ子を演じるキャスト陣VS“着ぐるみ”の6つ子で対決した「ファン感謝デー in フェス松さん」や着ぐるみによるコントなど、盛りだくさんの内容を展開。    朗読劇は、チョロ松×トト子「海」、おそ松×一松「アイス」、イヤミ×十四松×トド松「とりひき」、デカパン×ダヨーン「おっさんのラブ」、トド松×十四松×一松×カラ松「お金返して」、チビ太×ハタ坊×チョロ松「ケンカ」、カラ松「サマー仮面 in フェス松」の7エピソードを紹介。中でも「サマー仮面 in フェス松」では、朗読劇開始前にサマー仮面ver.の着ぐるみカラ松が登場していたこともあり、大盛り上がりとなった。    イベント内で1番黄色い歓声が響いたのは、キャストチームVS着ぐるみチームで競技対決を繰り広げた「ファン感謝デー in フェス松さん」。小野大輔VS十四松「十四松ダンス」、中村・福山・入野VS6つ子「6つ子ポージング」、櫻井・神谷VSおそ松・チョロ松「グルグルバットハグ」、キャスト6人VSおそ松・カラ松「長なわとび」対決を実施。「長なわとび」では、その名の通り長なわとびを何回飛べるかを対決。普段見ることのない人気声優らの体を張った対決に、会場中から笑いや歓声が上がった。    そして、イベント最後に劇場版『えいがのおそ松さん』が発表されると、ファンの興奮が最高潮に。おそ松役の櫻井が「楽しみに待っててください」とアピールし、幕を閉じた。    『えいがのおそ松さん』は2019年春公開。

  • 劇場版『えいがのおそ松さん』超ティザービジュアル

    あの6つ子が銀幕で大暴れ!劇場版『えいがのおそ松さん』公開決定

    アニメ・コミック

     2017年10月~2018年3月にかけてテレビ東京ほかにて第2期のTVアニメが放送された『おそ松さん』が、初の完全新作劇場版長編作品、劇場版『えいがのおそ松さん』として、2019年春に全国公開されることが決定した。公開決定に併せて特報映像も解禁された。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫のギャグ漫画『おそ松くん』を原作に、主人公である6つ子たちが、クズでニートの大人に成長してしまった姿を描いた作品。2015年10月~2016年3月まで第1期が、2017年10月~2018年3月まで第2期が放送され、2016年には「流行語大賞」にノミネートされるなど社会現象化するほど話題となった。劇場版では6つ子たちが高校の同窓会に出かけ大騒動を巻き起こす。  このたび公開された特報は、映画になったというのに相変わらずのテンションでおどける長男・おそ松が「賞とっちゃう?」と浮かれまくっているところに、金だらいが落下。いつものダメ男らしさを披露している。  さらに解禁された超ティザービジュアルは、キャラクターデザインを手掛ける浅野直之描き下ろしのイラストがデザインされており、映画のスタッフになりきった6つ子たちがスクリーンの中で躍動する姿が描かれている。  監督には、『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』の藤田陽一、脚本には藤田と共にTVアニメ『銀魂』シリーズを手掛けた松原秀が起用された。  また本作の前売特典には、超ティザービジュアルを使用した劇場オリジナルクリアファイル(A4)が数量限定で配布され、6つ子それぞれのイラストを用いた全6種類から選ぶことができる。  劇場版『えいがのおそ松さん』は2019年春に全国公開。

  • 『学園ベビーシッターズ』新作OVA制作決定 先行カットも公開

    『学園ベビーシッターズ』新作OVA制作決定 先行カットも公開

    アニメ・コミック

     『学園ベビーシッターズ』の新作OVAが、ブルーレイ&DVD第7巻に収録されることが明らかになった。新作OVAはコミックス9巻と6巻の人気エピソードが描かれ、竜一と虎太郎の姿が描かれた先行カットも公開された。@@cutter アニメ『学園ベビーシッターズ』は、時計野はりによる「月刊LaLa」(白泉社)にて連載中の同名コミックが原作。両親を亡くした竜一が、弟の虎太郎とともに森ノ宮学園の理事長に引き取られる。だが、その条件として竜一は学園のベビーシッターを務めることになるという物語。  TVアニメが2018年1月から3月まで放送された本作。新作OVAでは、竜一が犀川さんと理事長にカレーをプレゼントするエピソードと、“学ベビ”のみんなが“白雪姫”のキャラクターに扮する特別編が描かれる。  新作OVAは8月26日、TFTホール1000にて開催されるイベント「『学園ベビーシッターズ』森ノ宮学園祭」にて、一部先行上映される。会場では、主演キャストから西山宏太朗(鹿島竜一役)、古木のぞみ(鹿島虎太郎役)、梅原裕一郎(狼谷隼役)、三瓶由布子(狼谷鷹役)、前野智昭(兎田義仁役)、染谷俊之(山岸朋也役)、太田基裕(根津中吉役)、小野大輔(犀川恵吾役)が出演。トークショー、ゲーム、朗読劇なども行われる予定だ。現在発売中の『学園ベビーシッターズ』ブルーレイ&DVD第4巻には、本イベントの先行抽選申込券も封入されている。  また、新作OVAが収録された『学園ベビーシッターズ』ブルーレイ&DVD第7巻には、3月4日に開催されたサンリオピューロランドでのイベント映像が特典に。西山と梅原によるトークや、シナモンとプリンも参加したすごろく。さらに、梅原の誕生日を祝った夜公演など、ダイジェスト版で収録されている。  『学園ベビーシッターズ』ブルーレイ&DVD第7巻(最終巻)は、9月26日発売。価格はブルーレイが6800円(税別)、DVDは5800円(税別) 。

  • 「フェス松さん’18」ビジュアル公開 来場者特典も決定

    「フェス松さん’18」ビジュアル公開 来場者特典も決定

    アニメ・コミック

     TVアニメ『おそ松さん』より、「フェス松さん’18」と題した第2期スペシャルイベントのビジュアルが公開。さらに、来場者特典として各会場ごとに「オリジナル団扇」や「オリジナル チケットフォルダー+ステッカーセット」の配布が決定した。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描いた作品。第2期が2017年10月より放送され、今年3月に最終回を迎えたが、以降も話題のコラボが続いている。  今回公開されたイベントビジュアルは、TVシリーズでキャラクターデザインを務めた浅野直之の描き下ろし。夏のイベントらしく夏祭りがイメージされ、色とりどりの花火を背景に、6つ子やイヤミ、チビ太ら総勢12名のキャラクターたちが思い思いの法被に身を包み、ノリノリで“ランニングマン”のポーズをとっている一枚だ。このイベントビジュアルを用いた「オリジナル団扇」はイベント本会場、「オリジナル チケットフォルダー+ステッカーセット」はライブビューイング会場での限定配布となっている。  イベント当日は、櫻井孝宏(おそ松役)、中村悠一(カラ松役)、神谷浩史(チョロ松役)、福山潤(一松役)、小野大輔(十四松役)、入野自由(トド松役)ら6つ子を含む、豪華声優陣12名が集結。また、前回に引き続き、イベント構成・脚本を本編シリーズ構成の松原秀が務め、12名によるトークショーを予定している。なお、本イベントはライブビューイングを全国96館の映画館で実施。一般発売(先着)が現在受付中となっている。  TVアニメ『おそ松さん』第2期スペシャルイベント「フェス松さん’18」は、8月19日パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催。

  • 『Back Street Girls-ゴクドルズ-』場面写真

    アイドルの“声”ドスきき過ぎ 『Back Street Girls』PV解禁

    アニメ・コミック

     小野大輔が出演するテレビアニメ『Back Street Girls -ゴクドルズ-』の“極道Ver”と“アイドルVer”、2種類のナレーションで送られるスペシャルPVが公開された。裏路地アイドル“ゴクドルズ”として、ステージや握手会をこなす様子、その裏側での苦悩や悲痛な叫びが描かれたPVとなっている。@@cutter 『Back Street Girls -ゴクドルズ-』は、「ヤングマガジン」(講談社)で連載中のジャスミン・ギュによる人気コミックをアニメ化。極道の男性3人が不始末の落とし前をつけるために、性転換をさせられアイドルグループ“ゴクドルズ”になってデビューする様子が描かれる。  本作には性転換をする前の極道役として、角刈りの頼れる兄貴、山本健太郎役を小野が担当。さらに、オールバックでダンディな武闘派、立花リョウ役に日野聡、パンチパーマの元気な鉄砲玉、杉原和彦役には興津和幸と、実力派キャストが名を連ねている。  対して、性転換後のアイドル役としてゴクドルズのリーダー山本アイリを貫井柚佳(『Just Because』の高橋早苗役)、クールなお姉さま的存在の立花マリは前田佳織里(『アイカツスターズ!』の双葉アリア役)、そして、妹キャラで「ゴクドルズ」の“ラブラブピョンピョン”の杉原チカを赤尾ひかる(『こみっくガールズ』の萌田薫子役)と若手の声優陣が発表されている。  今回公開された2種類のPVは、「命掛けてなんでもやります!」と不始末の落とし前をつけようとする3人に対し、藤原啓治演じる犬金組の組長でありゴクドルズ生みの親、犬金プロデューサーの「アイドルやれよ」というセリフからスタート。そこからバージョンによってナレーションが分岐。OP主題歌『ゴクドルミュージック』にのせて、時にドスの利いた下ネタありの破天荒なゴクドルズの様子が描かれる。  TVアニメ『Back Street Girls -ゴクドルズ-』は、BS11、TOKYO MX、MBSにて7月3日より毎週火曜放送。

  • 『Back Street Girls -ゴクドルズ-』ティザービジュアル

    小野大輔がアイドルに『Back Street Girls』キャスト発表

    アニメ・コミック

     小野大輔、日野聡、興津和幸が7月よりスタートするアニメ『Back Street Girls -ゴクドルズ-』で、性転換前の極道キャラを演じることが明らかになった。小野は「作品には緊張感漂うシーン(笑)もありますが、現場は非常に和やかで良い雰囲気でございます」とコメントを寄せている。@@cutter 『Back Street Girls -ゴクドルズ-』は、ジャスミン・ギュによる「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の人気コミックをTVアニメ化。極道の男性3人が不始末の落とし前をつけるために、性転換をさせられアイドルグループ「ゴクドルズ」になってデビューする。  今回、主要キャラクターを演じるベテランから若手まで豪華キャスト7名が発表された。犬金組の強面メンバーからは、角刈りの頼れる兄貴・山本健太郎(性転換後:アイリ)を小野、オールバックでダンディな武闘派・立花リョウ(性転換後:マリ)を日野、パンチパーマの元気な鉄砲玉・杉原和彦(性転換後:チカ)を興津。そして、犬金組の組長であり「ゴクドルズ」の生みの親・犬金プロデューサーを藤原啓治が演じる。  性転換後のアイドル役には「ゴクドルズ」のリーダー山本アイリを貫井柚佳(『Just Because』の高橋早苗役)、クールなお姉さま的存在の立花マリは前田佳織里(『アイカツスターズ!』の双葉アリア役)、そして、妹キャラで「ゴクドルズ」の“ラブラブピョンピョン”の杉原チカを赤尾ひかる(『こみっくガールズ』の萌田薫子役)が演じることとなった。  今回の決定に小野は「作中の親分との関係性と同じように、この作品に忠誠を誓い、魂を捧げたいと思います」と気合十分。また、自身の役柄の相方にあたる貫井について「僕も貫井さんが演じるアイリを見て吸収させてもらっています。それにより、健太郎がより面白いキャラクターになっていくんじゃないかなって思ってます」と演技に対してストイックな姿勢を見せた。  さらに、ゴクドルズ生みの親であり、作詞家でプロデューサーの犬金プロデューサーを演じる藤原は「元を知らなければファンになっちゃいそう。まあ…とにかく気の毒です」とゴクドルズへコメントを残している。  TVアニメ『Back Street Girls -ゴクドルズ-』は、BS11、TOKYO MX、MBSにて7月3日より放送。

  • AnimeJapan 2018ステージイベントにて『宇宙戦艦ヤマト2202』愛のトークショー開催

    <AJ2018>小野大輔、鈴村健一&神谷浩史から「森雪のことしか考えてない!」

    アニメ・コミック

     不朽の名作をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編を劇場で上映する『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』の“愛のトークショー2018”が25日、東京ビッグサイトで行われたAnimeJapan 2018のWHITEステージで開催。古代進役の小野大輔、島大介役の鈴村健一、キーマン役の神谷浩史、監督の羽原信義、シリーズ構成の福井晴敏が登壇した。@@cutter 1978年に公開され、日本全土を熱狂させた映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、全7章の壮大な物語として新たな解釈と装いで現代によみがえらせた本シリーズ。この日は声優陣が「ヤマトの次期艦長に立候補する意気込みで自分のキャラクターをアピール」「オーダーが止まらない購入者特典を考えて」とのお題に答えながら、本シリーズのプレゼン大会に挑むことに。    小野は「古代の行動力がなければヤマトは宇宙に旅立っていない。そして(森)雪への愛情。この一途な愛がこの艦を動かす原動力。これこそが艦長に必要な要素」と古代のリーダー性を猛烈アピール。「雪…雪ー!!」とヒロイン・雪への愛を爆発させ、会場の笑いを誘っていた。  一方、鈴村は「島は、航海長で操縦桿を握っている男。彼がいなければヤマトは前に進まない。古代進は雪のことしか考えてない!彼が全体を見守ることは無理」と古代をバッサリ。神谷も「古代は雪のことしか考えていない」と続きつつ、「島はワープのことしか考えていない」と島も切り捨て、キーマンを熱くプッシュ。審査員を務めた羽原監督&福井の支持を得た。  また小野は、購入者特典を考える二つ目のお題でも「雪のブロマイド」と“雪ラブ”を叫んだ。羽原監督&福井は「ささきいさおさんが家で歌ってくれる特典アリ」とのアイディアを繰り出した鈴村に軍配を上げた。終始、雪への愛を炸裂させたものの、鈴村&神谷に完敗してしまった小野は肩を落としながらも、「(古代役に)最初はプレッシャーも感じていたけれど、こうやっておバカなことを言って盛り上がれる、どんな人でも楽しめる作品だと感じている。これからも面白い作品になることを確信しています!」と力強く語っていた。  『宇宙戦艦ヤマト 2202  愛の戦士たち』第5章「煉獄篇」は5月25日より期間限定劇場上映。

  • 『おそ松さん』第24話場面写真

    『おそ松さん』第24話場面写真解禁 父・松造が倒れた…

    アニメ・コミック

     本日分含め、2回の放送を残すのみとなったTVアニメ『おそ松さん』。その日もいつも通りダラダラ過ごしていた6つ子たちだったが、トド松の携帯に母・松代から電話がが入る。電話の内容は父・松造が倒れたとの連絡だった…。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と人気声優が“大人になった”6つ子を演じ人気を博しているTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    第24話の放送タイトルは「桜」。いつも通りダラダラと過ごし、6人で釣堀へ行っていたが、トド松の携帯に松代から電話がかかってくる。松代からの電話の内容は、松造が倒れたとの連絡だった。急いで病院へ向かう6人だったが…。  釣堀のほんわかした場面から、涙を浮かべたトド松や驚愕の表情を浮かべる一松など6つ子それぞれがショックを隠しきれない顔色を見せる病院と思われるシーン。6つ子と母・松代がひとつの部屋で川の字に寝ている姿など、これまでの『おそ松さん』とは一線を画す場面写真が6枚公開された。    松造の容態は果たして…。『おそ松さん』第24話「桜」はテレビ東京ほかにて3月19日25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第23話場面写真

    TVアニメ『おそ松さん」第23話場面写真解禁 気になる“深夜の”日松屋

    アニメ・コミック

     2シーズン続いてきた第2期TVアニメ『おそ松さん』がまもなく最終回を迎える。本日放送の第23話は、ダヨーンやイヤミなど、テレビアニメ『おそ松さん』は“6つ子だけじゃない”ということを“堂々と”アピールしてきた彼らにスポットを当てたエピソードが放送される。@@cutter テレビアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、現在第2期2クール目を放送中。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由といった人気声優6人が第1期に続き、6つ子を演じる。    本日放送のエピソードは、「深夜の日松屋」「ダヨーンとダヨーン」「悩むイヤミさん」の3本。場面写真は6枚公開されており、マグカップにお湯を入れている様子のダヨーン、香水(!?)を付けるダヨーン、原稿を確認をしている様子のダヨーンなど、謎に包まれていたダヨーンの生活が垣間見えるようだ。また、6つ子が揃って居酒屋で飲んでいる2枚や「悩むイヤミさん」の中の1枚と思われるイヤミ、チビ太、おそ松の3人が写った場面写真など、気になるワンシーンが切り取られたものばかり。    ダヨーンの生活や、悩むイヤミ、深夜の日松屋を描くテレビアニメ『おそ松さん』はテレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第22話場面写真

    TVアニメ『おそ松さん』第22話場面写真解禁 お酒片手に機内を満喫する6つ子たち

    アニメ・コミック

     現在、舞台第2弾『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』が上演中の『おそ松さん』。テレビアニメは、3月を迎え徐々に佳境に入ってきた模様。本日放送の第22話では、まさかの海外旅行に出発だ。@@cutter テレビアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、現在第2期2クール目を放送中。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由といった人気声優6人が6つ子を演じていることでも大きな話題を呼んでいる。    第22話のタイトルの1つは「海外旅行」。まさかの海外旅行へ行くことになったおそ松たちを描く同エピソードからは7枚の場面写真が公開された。    おそ松、イヤミ、チビ太、トト子、デカパン、ダヨーンがお酒片手に顔を赤らめた機内の様子や驚がくするカラ松の姿、森の中で岩に座り佇むトト子、岸壁を登り険しい表情を浮かべるおそ松とチョロ松のほか、これまであまり見たことのない表情を見せるデカパンなど、場面写真ではストーリーを予想するのがとても難しいものばかり…。    毎度ただではすまない6つ子たち。海外旅行先では何が待っているか…。テレビアニメ『おそ松さん』はテレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第20話場面写真

    『おそ松さん』第20話、キュートな6つ子の姿に胸キュン 場面写真8枚公開

    アニメ・コミック

     舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』の開幕を目前に控えるTVアニメ『おそ松さん』。ついに第2期も20話目となり、物語もどんどん佳境に…なっていくわけもなく、深夜に安定の笑いを届けてくれている。今夜放送の第20話からは8枚の場面写真が公開された。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と人気声優が“大人になった”6つ子を演じ人気を博しているTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    本日放送する第20話はこぼれ話の第2弾「こぼれ話集2」。こぼれ話集ということもあり公開された場面写真もバラバラ。イヤミがマイクを手に持ち、お客さんの前に立っているものや、自室の窓をガムテープらしきもので目張りされ、慌てているおそ松、十四松、トド松の3人。不安顔のトト子やサングラスを掛けた自分を手鏡で見つめるカラ松と、その様子を冷めた目で見つめるトド松。6人揃って銭湯に向かう、もしくはその帰りを捉えた姿や、冬季競技・スケルトン風なスポーツに挑んでいるものなど、様々な場面を切り取ったものとなっている。    TVアニメ『おそ松さん』第20話は2月19日25時45分より放送。(特別編成のため放送時間が変更)

  • TVアニメ『はたらく細胞』花澤香奈、前野智昭、小野大輔ら出演決定

    TVアニメ『はたらく細胞』花澤香奈、前野智昭、小野大輔ら出演決定

    アニメ・コミック

     花澤香菜、前野智昭らが、7月より放送開始となるTVアニメ『はたらく細胞』のメインキャストとして出演することが発表された。花澤は赤血球役、前野は白血球(好中球)役を演じ、そのほかキラーT細胞役を小野大輔、マクロファージ役を井上喜久子、血小板役を長縄まりあが務める。@@cutter 「月刊少年シリウス」(講談社)にて連載中『はたらく細胞』は、体内(からだ)を舞台に、元気に休むことなく働いている“細胞”たちの姿を描く。酸素を運ぶ赤血球、細菌と戦う白血球…そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。擬人化モノの新定番、誰もが共感できる体内細胞擬人化ストーリー。  赤血球役の花澤は「細胞たちのありがたみを感じながら楽しめる、素敵な作品です。アニメでは私も赤血球として、元気にたくさんはたらくぞーーー!!!!!!」とやる気がみなぎっている様子。一方、自身も健康オタクと語る、白血球(好中球)役の前野は「この作品で更に知識を深め、自分の白血球をいつも元気に保とうと思います。雑菌は全て殲滅させるつもりで、全力で白血球を演じようと思います!」と自身の健康オタクを極めるつもりのようだ。  また、キラーT細胞役の小野は「キラーT細胞の名にかけて、異物をガンガン破壊したいと思います。見ねえヤツは脾臓送りだ!」と力強いコメント。井上は「やるときはやる。悪いウイルスに対してはズバババーッと殺っちゃうところがたまりません」と演じるマクロファージの“はたらき”に注目する。血小板役の長縄は、「原作を読ませていただいたときから、この素敵な世界に入っていろんな細胞のみんなとお喋りしたり働いたりしたら楽しいんだろうなと思っていたので、アニメに決まったときはとっても嬉しかったです!」と語った。  テレビアニメ『はたらく細胞』は2018年7月より放送。

  • 『おそ松さん』第18話場面写真

    『おそ松さん』第18話、イヤミの切ないエピソード登場 「イヤミはひとり風の中」

    アニメ・コミック

     幸せ耐性がなさ過ぎた一松と十四松の「戒め!」、“ガチホラー”な内容でファンをビックリさせた「旅館」 など、第2期第2シーズンも各エピソードごとで楽しませてくれる『おそ松さん』。今夜放送の第18話は、原作『おそ松くん』に登場するエピソードを元に作られた「イヤミはひとり風の中」を放送する。@@cutter 櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由と人気声優が“大人になった”6つ子を演じ人気を博しているTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。    第18話で放送する「イヤミはひとり風の中」は、原作を元に制作されたエピソード。原作では、長屋に住む怠け者で知られる浪人イヤミが、盲目の花売りの少女・菊と出会い、その出会いがイヤミの行動に変化をもたらし、ある願いを叶えるために奮闘するイヤミが描かれた。    今回放送するエピソードの舞台は、古き良き昭和の雰囲気漂うハラペコ町。裕福ではないが町は活気に溢れ、そこに住む人々は一生懸命に暮らしていた。そんなハラペコ町で働きもせず、だらしない生活を送るイヤミが出会ったのは、「菊(きく)」という目の見えない少女だった…。    赤塚不二夫のお気に入りとも言われるエピソードを元に描く『おそ松さん』第18話「イヤミはひとり風の中」はテレビ東京ほかにて2月5日25時35分より放送。

  • 『宇宙戦艦ヤマト2202』第五章、タイトルは“煉獄篇”場面写真も解禁

    『宇宙戦艦ヤマト2202』第五章、タイトルは“煉獄篇”場面写真も解禁

    アニメ・コミック

     『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章のタイトルが“煉獄篇” に決定し、5月25日より公開されることが明らかとなった。また、いち早く第五章のキービジュアルと場面写真も解禁された。@@cutter 全七章が順次劇場上映中の完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』は、アニメーションの歴史に輝く不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品。監督には『宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ディレクターズカット』にてアニメーションディレクターを担当した羽原信義、シリーズ構成に『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の福井晴敏を起用。音楽は引き続き、ヤマトの遺伝子を受け継ぐ宮川彬良が担当する。  新シリーズの第五章にあたる、煉獄篇では“大いなる和”と“縁”を巡る人々の物語は新たな局面を迎えようとしていた。伝説の惑星テレザートへと到達したヤマトを待っていたのは、女神テレサだけではなかった。古代たちの前に、“縁”ある相手――かつての仇敵デスラーが姿を現す。ヤマトはガミラス旧体制派が集うデスラー艦隊と交戦。そのさなか、古代たちの元へと駆けつけたキーマンが取った驚くべき行動とは――。    一方、ガトランティスでは新たなサーベラーが目覚め、ついに本格的な地球侵攻作戦が開始される。あらゆる文明・生命を殲滅せんとするガトランティスと、旗艦アンドロメダを中心とする波動砲艦隊の激突。巨大な白色彗星の奥に眠る都市帝国の真の姿とは? そしてズォーダーより突きつけられる新たな悪魔の選択…ラスト五分、衝撃の結末を目撃する。 今回、公開された場面写真は計6枚。驚いた表情を見せる古代や、攻撃を受けている様子のヤマト、微笑を浮かべるデスラーなど様々なシーンが切り取られている。  「『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』第五章 煉獄篇」は5月25日より全国にて期間限定劇場上映。

  • 『おそ松さん』第17話場面写真

    『おそ松さん』第17話、今夜は何をやらかす!? 場面写真9枚を解禁

    アニメ・コミック

     トト子ちゃんが、貞子ばりの怖さでスマートフォンから出てきたり、「何のアニメを見ているんだっけ?」と、思ってしまうほど某人気SFアニメ『コ○ラ』のようなストーリーが始まったり、6つ子たちの父・松造の雰囲気が『美○しんぼ』の山岡○郎だったり…。3エピソード全てにおいて、ある意味、おそ松さんらしさ全開だった第16話。さて、本日放送の第17話はどうなるのか…。@@cutter TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、現在第2期2クール目を放送中。  本日放送の第17話のタイトルは、「戒め!」「旅館」ほか。「戒め!」では、晩ご飯が焼肉と聞き、大喜びの6つ子だったが…というストーリー。居間で松造と松代を前に、嬉しそうな表情を浮かべる6つ子たちや、スーパーの袋らしきものを両手に持ち笑顔を見せるおそ松、カラ松、チョロ松、トド松の4人などの場面写真が解禁。  公開された場面写真の中で異彩を放つのが、「旅館」のエピソード写真と思われる4枚。山道を写したものや、旅館のような建物の前に止められた車、旅館の一室と思われる場所で肩を寄せ合う男女の姿、女性の横顔…など、第17話では計9枚の場面写真が公開された。    今夜は何が繰り出されるのか…TVアニメ『おそ松さん』はテレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

  • 『おそ松さん』第16話場面写真

    『おそ松さん』第16話、松野家の隣に“かわい子ちゃん”!? 場面写真解禁

    アニメ・コミック

     “イグニッション”を連呼するタクシー運転手・カラ松を描いた「カラ松タクシー」、問題が下ネタだらけだった「トッティクイズ」など、第2クールも飛ばしに飛ばすTVアニメ『おそ松さん』。本日放送の第16話では、松野家の隣に“かわい子ちゃん”が越してきたことで6つ子たちが大興奮…!?@@cutter 『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、クズでニートというダメな大人に成長してしまった6つ子たちの姿を描く。櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由ら人気声優が、6つ子を演じる。  本日の放送タイトルは、「宇宙海賊」「グルメ回」「となりのかわい子ちゃん」の3本。「となりのかわい子ちゃん」では、松野家の隣に“犬山(いぬやま)キン子”というかわい子ちゃんが越してきたことで始まるエピソード。早速仲良くなろうとする6人だが、果たして…。  8枚公開された場面写真の中には、6つ子が勢揃いしているものが多く、誰かが抜け駆けをするのか、それとも6人で挑むのか、“犬山(いぬやま)キン子”ちゃんと6つ子たちのやりとりに注目だ。  テレビアニメ『おそ松さん』は、テレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access