J.R.R.トールキン 関連記事

  • 『ロード・オブ・ザ・リング』テレビ版は第二紀が舞台(※映画『ロード・オブ・ザ・リング』場面写真)

    『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマ版、第二紀が舞台

    海外ドラマ

     英作家J・R・R・トールキンのファンタジー小説『指輪物語』を映画化して大ヒットシリーズになった『ロード・オブ・ザ・リング』。米Amazonがドラマ版の制作を進めているが、第二紀が舞台になることが明らかになった。@@cutter 今年の2月から、公式ツイッターで中つ国の地図が公開されてきた。最初は漠然とした内容だったが、徐々に国名などが示されていき、最新ツイートでは「第二紀へ、ようこそ」と、ドラマ版の時代が映画シリーズでほとんど描かれていない第二紀になることが判明した。映画版は第三紀の出来事が描かれている。当初、ドラマ版は俳優のヴィゴ・モーテンセンが演じたアルゴルンの若かりし頃を描くのではないかと憶測されていたが、アルゴルンは第三紀に生まれている。  3441年間続いた第二紀は“ヌーメノールの時代”とも言われ、最新の地図にはヌーメノール島も描かれている。フロドたちの時代の前に消滅した島で、第二紀に中つ国の神ヴァラールが褒美として海から持ち上げて民に与えたとされる。第二紀には、映画版にも登場した冥王サウロンが悪の指輪を鍛造しており、この時代にエルフと人間、ドワーフが力を合わせ、サウロンと戦っている。  少しずつ詳細が明らかになっていく『ロード・オブ・ザ・リング』テレビ版。キャストはまだ明かされていない。以前はガンダルフ役の俳優イアン・マッケランが出演に意欲的な発言をしていたが、どんなキャラクターが登場し、誰が演じるのか。さらなる続報に期待したい。 引用:https://twitter.com/LOTRonPrime

  • テレビシリーズ企画が浮上している『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

    『ロード・オブ・ザ・リング』テレビシリーズ企画が浮上

    海外ドラマ

     J・R・R・トールキンの原作『指輪物語』をベースに、2001年から2003年にピーター・ジャクソン監督が映画化した『ロード・オブ・ザ・リング』三部作。空前の大ヒットとなったが、現在テレビシリーズ化の動きがあるという。@@cutter Deadlineによると、J・R・R・トールキン財団が現在、原作シリーズのテレビドラマ化に向けて動いており、AmazonやNetflix、HBO局などがアプローチを受けたという。テレビドラマ化の権利だけで2億~2億5000万ドル(約228億5000万~285億6250万円)になる見込みとのこと。テレビシリーズの企画といっても、クリエイティブ面での構想やコンセプトはない状態という。  さらに『ロード・オブ・ザ・リング』のような壮大な規模のファンタジードラマとなると、製作費は1シーズンにつき1億~1億5000万ドル(約114億2500万~171億3750万円)を要すると想定されるとのことだ。同じように壮大な規模のファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を制作するHBO局はすでに同企画をパス。AmazonとNetflixは検討中とのことだ。  『ロード・オブ・ザ・リング』は世界を滅ぼすだけの魔力がある闇の指輪を葬るために、ホビット族のフロドを含む中つ国の勇者たちが繰り広げる過酷な冒険と戦いを描く。

  • リリー・コリンズが『ロード・オブ・ザ・リング』原作者トールキン伝記映画に出演

    リリー・コリンズ、『ロード・オブ・ザ・リング』原作者トールキン伝記映画に出演

    映画

     映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズの原作者J.R.R.トールキンの伝記映画『Tolkien(原題)』に、映画『白雪姫と鏡の女王』(12)の女優リリー・コリンズが出演するという。@@cutter Varietyによると、リリーが演じるのはトールキンが恋に落ちる女性で、のちの妻になるエディス・ブラット。エディスは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの原作『指輪物語』に登場する11人の王女キャラクターのインスピレーションの源だったそう。  トールキン役には、映画『X‐MEN』シリーズの俳優ニコラス・ホルトに、出演交渉が入ったと伝えられている。メガホンを取るのは、2012年のトーキョー・ノーザンライツ・フェスティバルで上演された映画『ラップランド・オデッセイ』のフィンランド出身のドメ・カルコスキ監督が予定されている。  本作は、フォックス・サーチライトとチェルニン・エンターテインメントが2013年頃から温めていた作品で、脚本は映画『パレードへようこそ』(15)のスティーヴン・ベレスフォードと、映画『Cowboys & Angels(原題)』(未)のデヴィッド・グレッソンが執筆。トールキンの学生時代から、1914年に勃発した第一次世界大戦への従軍、やがて作家の道を歩む姿を描く展開になりそうだ。

  • 『ホビット 決戦のゆくえ』特別講座イベント開催!

    『ホビット』字幕監修・伊藤氏が断言「FFやドラクエの原点は“エルフ語”」

    映画

     アクション・アドベンチャー超大作の完結編『ホビット 決戦のゆくえ』が12月13日、いよいよ公開される。それに先駆け、今月10日に映画をより一層楽しむべく特別講座が開催され、講師として『ロード・オブ・ザ・リング』「ホビット」シリーズの日本語字幕監修を13年間にも渡って務める信州大学の伊藤盡(つくす)氏が、作品に登場する創造のエルフ語について「すべてのファンタジーの原点はエルフ語にある」と熱く語った。@@cutter 言語学者として架空の言語を一から創造、その言語を使用したいがためにこれらの原作を作り上げたという原作者J.R.R.トールキンを“天才”と称える伊藤氏。本シリーズの字幕監修をする際、「映画会社からはエルフ語の英語訳が来るのですが、それは意訳なので正確なニュアンスが伝わらない。エルフ語の原文の正確なニュアンスをお客さんに伝えるのがわたしの仕事」と伊藤氏は説明し、そのこだわりに脱帽させられる。  また冒険小説や『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』の原点と言われる映画原作本『指輪物語』を指して、「すべてのファンタジーや冒険原点はエルフ語なんです」と熱く語り、続いてエルフ語のレッスンに入ると、エルフ語で「こんにちは」や自己紹介、「さよなら」などを発音も交えて講義し会場を驚かせた。  最後に完結編の見どころについて伊藤氏は、「様々な個性的なキャラクターたちが登場し、成長を遂げていく主人公ビルボが素晴らしい。そして、これが“終わり”ではないのです『ロード・オブ・ザ・リング』のはじまりに繋がるものなんです」と熱弁をふるう。  さらにこの日、映画を独自の視点で切り込む、なんでも添削家・赤ペン瀧川氏も登壇。「1作目より2作目、2作目よりも今回が一番面白かった!本作で終わりではない。この続きが気になったら『ロード・オブ・ザ・リング』で楽しんでいただけたらなと思います!」と作品に大きな称賛を贈り、イベントを締めくくった。  映画『ホビット 決戦のゆくえ』は、12月13日全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access