安室奈美恵 関連記事

  • 『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント』 第4回「安室奈美恵 最後の告白」より

    今夜、NHKスペシャル『安室奈美恵 最後の告白』放送

    エンタメ

     2018年9月16日に引退した歌手の安室奈美恵のドキュメンタリー番組『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第4回「安室奈美恵 最後の告白」』(NHK総合/1月20日21時)が今夜放送される。@@cutter 平成の音楽シーンを形作った歌手・安室奈美恵と、音楽プロデューサー・小室哲哉が平成の終わりと共に引退した。ふたりの半生は、世界中で急激にデジタル化が進み、ヒットソングの作られ方、発信方法が大きく変わった時代だった。  今回、NHKでは引退前の安室に長時間インタビューを敢行。小室と出会い、トップアーティストに駆け上がった無我夢中の日々。その後、別々の道を歩み、セルフプロデュースを始めてからの葛藤と挫折。そして自分にとって一番大切なことに気付き“平成の歌姫”となるまでの新たな挑戦。  番組では、音楽とダンスを心から愛したふたりのアーティストが、平成という技術革新が続き、価値観が激しく揺れ動いている時代の中で、何を生み出し、何を大切に生きようとしたのかに迫っていく。  『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第4回「安室奈美恵 最後の告白」』は、NHK総合にて今夜1月20日21時放送。

  • 安室奈美恵ラストライブの模様

    安室奈美恵ラストイヤーに密着 ファンしみじみ「私の青春だった」

    エンタメ

     引退した安室奈美恵さんのラストイヤーに密着した特別番組『これで見納め!安室奈美恵引退スペシャル!!~最後の1年と最後の1日に独占密着~』(日本テレビ系)が18日に放送され、さる15日に沖縄・沖縄コンベンションセンターで行われた安室さんのラストライブの裏側などが流れた。@@cutter 『WE ▼ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ▼ OKINAWA / I ▼ MUSIC~』(※▼はハートマーク)と題して行われたライブはフェス形式。前夜のリハーサルは夜遅くまでかかり、すべて準備が整ったのは本番の2時間前だったという。安室さんは、「自分のコンサートは(今年)6月に完結している」としながら、今回のライブに対する自分のテーマとして「音楽を楽しんで終わる」と述べた。ただ、このライブの前の3日間ぐらいは「あまり寝れなかった」とも。「無意識に(終わりが)近づいてきているんだなというのはあったのかもしれない」と胸の内を明らかにした。  また番組では、7月の『世界の果てまでイッテQ!』(同系)で、安室さんの大ファンのイモトアヤコに対して仕掛けたドッキリの舞台裏に密着。台湾のヘビ料理店で、店員に扮して現れるという内容で、イモトを感涙させた。ドッキリ終了後、イモトとの対談に臨む際、安室さんは「次は急に怒り出すっていうの(どうかな?)」と自ら新たなドッキリを提案。だが即座に、「(イモトが)泣いちゃう、泣いちゃう」と笑っていた。  貴重なインタビューもたっぷり。本来、名前の読みは平坦ではなく、「安室奈美恵」の「安」にイントネーションがあること、下積み時代はスーパーモンキーズのメンバーとカラオケに行き、おニャン子クラブを歌っていたこと、今の楽しみは見逃したドラマを見ながらお菓子をボリボリ食べることと話していた。インタビュアーから、「もしこれから万が一街で見かけたら?」の質問には「声かけてください」と笑っていた。  放送された21時から22時の時間帯には、「安室奈美恵」がツイッターのトレンドワードに浮上。番組で見せた安室さんの素顔に「可愛いなあ すごく素顔は謙虚で憧れる」「安室ちゃんの素顔がチャーミングすぎて泣」といった声のほか、「Chase the Chanceのあたりから今まで、 私の青春だったかな」「第2の人生に飛び込む安室奈美恵を見ていると 私の人生や決断はまだ道半ばだと気付かされる」など、安室さんを通して自らの人生を見つめ直すファンの声もあった。

  • 中川翔子

    中川翔子、安室奈美恵さんら“神メンバー”の豪華すぎるプリクラを公開

    エンタメ

     タレントの中川翔子が16日、引退した安室奈美恵さんとの思い出を回想。過去に番組でダウンタウン、松田聖子らと一緒に安室さんと撮ったプリクラ写真を投稿し、ファンから「懐かしい」「宝物ですね」「豪華すぎてやばい」といったさまざまな声が届いている。@@cutter 「安室奈美恵さん引退、、信じられない!ずっと憧れであり続けてくださった人生、カッコイイ! これからもずっと永遠に」と、デビュー26周年目となる同日をもって引退した安室さんへの思いをつづった。  「HEY!HEY!HEY!で撮れたプリクラ、神メンバーの皆様に囲まれたプリクラ、一生の宝物です、、!」というコメントとともに投稿しているのは、中川、安室さん、ダウンタウンの2人、松田、aikoという大物ばかりが写った豪華なプリクラ。中川は「顔が小さく最強に美しかった!」と安室さんとの共演を振り返っている。  ファンからは「懐かしい」「宝物ですね」「プリクラかなり貴重ですね」「最高で最強の神メンバーでしたね」といった声が殺到。投稿から2日で2万以上の「いいね」が付いている。「豪華すぎてやばい」と写っているメンバーに驚くファンが多かったほか、安室さんと松田という新旧歌姫の共演に注目し、中川が「聖子ちゃんにも安室ちゃんにも大興奮してましたよね」といったコメントもあった。 引用:https://twitter.com/shoko55mmts/

  • 16日で25年間の芸能活動を終了した安室奈美恵

    安室奈美恵が引退 ファンへ感謝「25年間ありがとうございました」

    エンタメ

    歌手の安室奈美恵が、デビュー26周年目となる16日をもって引退をした。自身の公式サイトに「ファンの皆様へ」と最後のメッセージを掲載した。@@cutter 安室は昨年9月20日の40歳の誕生日に引退を発表。引退までの1年間、ベストアルバム『Finally』をリリース、最後のライブツアー『namie amuro Final Tour 2018~Finally~』では、国内17公演とアジア6公演で約80万人を動員するなど積極的に活動し、25年間の感謝をファンへを伝えた。  16日23時頃公式サイトに「わたくし安室奈美恵は、本日16日をもって引退致します。昨年引退を発表させていただいてからこの1年、1日1日を大切に過ごさせていただきました」に最後のメッセージを掲載。「25年間ほんの一瞬でもファンの皆さんの心に寄り添える歌手でいられたなら嬉しく思います」と綴り、「応援してくださったファンの皆様、『25年間ありがとうございました。』と最後に感謝の気持ちを伝えている。 <メッセージ全文> ファンの皆様へ ファンの皆様、 いつも応援してくださりありがとうございます。 わたくし安室奈美恵は、 本日16日をもって引退致します。 昨年引退を発表させていただいてからこの1年、 1日1日を大切に過ごさせていただきました。 引退という選択をした私に対し、 ファンの皆さんにも色々な感情があったかと思います… それでも、 最後は笑顔で送り出そうと思ってくださる ファンの皆さんの優しさに心から感謝しています。 実りある25年間をファンの皆さんと過ごせた事、 応援してくださり、支えてくださった事、 改めて感謝の気持ちでいっぱいです。 「ありがとうございました。」 25年間ほんの一瞬でも ファンの皆さんの心に寄り添える歌手でいられたなら嬉しく思います。 応援してくださったファンの皆様、 「25年間ありがとうございました。」 安室奈美恵

  • 「安室奈美恵 最初で最後のMV総選挙 MEMORIAL MOVIE BEST50」より

    安室奈美恵ラストデイ! 名曲を振り返る『MV総選挙』放送

    エンタメ

     いよいよ本日、芸能界でのラストデイを迎える歌手の安室奈美恵。安室の旅立ちを記念した特別番組第3弾『安室奈美恵 最初で最後のMV総選挙 MEMORIAL MOVIE BEST50』が、AbemaTVにて16時から放送されることが決まった。@@cutter 16時からの生放送が決定した『安室奈美恵 最初で最後のMV総選挙 MEMORIAL MOVIE BEST50』は、ファンが投票をした安室の過去25年間のミュージックビデオの中からBEST50を選出。カウントダウン形式で当時の安室の映像とともに発表する。また、本投票には安室ファンの芸能人も多数参加予定だ。  さらに、安室引退前日の9月15日から「#安室アンコール」でライブ映像のリクエストをツイッターやインスタグラム等各SNSで受付を行い、日本全国のファンの声をもって伝説のライブ映像が復活する最後のプレミアムアンコールライブ『WE▼NAMIE FINAL アンコールLIVE』(※▼はハートマーク、以下同)も21時より生放送。両番組には安室ファンの芸能人が総勢70人以上登場予定で、引退当日の16日は23時59分まで、安室の音楽と映像に包まれる6時間が届けられる。  『安室奈美恵 最初で最後のMV総選挙 MEMORIAL MOVIE BEST50』は、AbemaSPECIAL2チャンネルにて9月16日16時放送。『WE▼NAMIE FINAL アンコールLIVE』は、AbemaSPECIAL2チャンネルにて9月16日21時放送。

  • キャラバントラックと安室奈美恵

    安室奈美恵も感動!究極の“アム活”CM『私たちのヒーロー』放送

    エンタメ

     明日9月16日での引退を発表している歌手・安室奈美恵に、ファンの想いを届けるプロジェクト「#ALLFOR916」が最終章を迎え、最後のCMとなる「私たちのヒーロー」篇が13日よりオンエアされている。@@cutter 「#ALLFOR916」プロジェクトは、安室が笑顔で新たな人生を踏み出せるようにと、安室と縁のあった企業9社が手を組み、安室が一番大切にしているファンを主役に、その熱い想いを「▼(ハートマーク※以下同)」に込めて届けるプロジェクト。   全国34都市を回った「▼CARAVAN(ハートキャラバン)」は、12日にラストの沖縄で開催され、トータル約10万人のファンが参加した。また、そこで集めた安室へのメッセージを書いた「▼カード(ハートカード)」は3.5万枚を超え、カードは引退に向けた最後のイベントが行われる沖縄ぎのわん海浜公園にて展示されるとともに、安室本人にも届けられる。沖縄に到着したキャラバントラックには安室も感動したようで、その車体に大きなサインを書いた。  「#ALLFOR916」のテレビCMは、9月2日より全国で放映開始され、第1弾「#ALLFOR916 はじまり」篇、第2弾「#ALLFOR916 ファンの歌声」篇に続き、9月13日よりオンエアされる「#ALLFOR916 私たちのヒーロー」篇は最後のCM。一連のCMでは、オフィシャルファンクラブ fan space会員の1000人以上のファンが、全国十数ヵ所での撮影に参加したほか「▼CARAVAN」の映像も使用されている。  今までのテレビCMにはなかった、統一の素材を参加各社が自社のロゴをつけてオンエアするという初の試みを実施した本企画。#ALLFOR916 スペシャルサイト限定として、各社すべてのロゴをクレジットした合同バージョンも配信している。  「#ALLFOR916」新CM「私たちのヒーロー」篇は13日より放映中。

  • 『sweet』10月号(宝島社)

    安室奈美恵、「sweet」ラストファッション誌!表紙&41Pの大特集

    エンタメ

     9月16日に引退する歌手・安室奈美恵が、12日発売の女性ファッション誌「sweet(スウィート)」10月号(宝島社)の表紙に登場する。安室は生花を使用した世界に一つだけのドレスで、自身にとってラストファッション誌の表紙となる、同号のカバーを飾っている。@@cutter 安室がこれまでに「sweet」の表紙を飾ったのは、初登場の2000年11月号以降、30回にのぼる。引退前、最後のファッション誌となった今号では、41ページの大特集が展開。過去30回分の表紙と誌面を一挙に大公開し、安室と「sweet」の世界観を堪能できる永久保存版の内容となっている。  また、ヘア&メイクアップアーティストの中野明海が手掛けたラストカバーストーリーも必見。生花を使用した世界に一つだけのドレスを纏った安室の魅力的なカットの数々には、デビュー以来ともに歩んできた中野だからこそ表現できた、安室のぶれない強さと美しさの全てが詰まっている。  なお今号のインタビューで安室は「sweet」への想いを明かしており、デビュー以来「かっこいい」を追求してきた中で、「sweet」の持ち味である大人ガーリーなスタイルは「冒険」だったものの、音楽とは異なるファッション誌の世界へ飛び込むことで、新しい楽しみや面白さを見出せたと語っている。  「sweet」は1999年に創刊した、20代後半の女性を中心読者とするファッション雑誌で、2009年にファッション雑誌の販売部数でNo.1になって以降、累計実売もNo.1。「カワイイ格好をしないと、可愛くなれない!」というコンセプトを掲げ、これまでも「大人カワイイ」という言葉を流行らせるなど、社会現象を巻き起こしてきた。そんな「sweet」で見せる、「かっこいい」だけじゃなく、「かわいい」も代名詞になった安室の集大成は注目を集めそうだ。  女性ファッション誌「sweet」10月号は、宝島社より9月12日発売。価格は通常版880円、付録なし版800円(各税込)。

  • 9月16日で芸能界を引退する安室奈美恵

    安室奈美恵、最後の1年&最後の1日に密着したスペシャル番組放送決定

    エンタメ

     9月16日での芸能界引退を表明している歌手の安室奈美恵の最後の1年に密着したスペシャル番組『これで見納め!安室奈美恵引退スペシャル!!~最後の1年と最後の1日に独占密着~』(日本テレビ系/9月18日21時)が放送されることが明らかになった。番組では引退前夜に安室が出演する最後のステージの模様もオンエアされる。@@cutter 昨年40歳の誕生日に、2018年9月16日での引退を発表した安室。番組では「最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたい」と誓った彼女の最後の1年に密着。アルバム『Finally』のレコーディングやPV撮影、全国ドームツアーやアジアツアーなど、音楽と真摯に向き合い、全力でライブに挑む安室の姿や素顔を届ける。  また、これまでシングル47枚、アルバム17枚をリリースし、史上初の10代、20代、30代、40代でミリオンを突破した彼女の25年の軌跡も振り返る。安室の圧倒的な魅力に、日本テレビに残る貴重な映像の数々で迫る。  さらに、引退前夜の9月15日に故郷の沖縄で開催され、チケットは超プレミアと化したフェス形式のイベント『WE ▼ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ▼ OKINAWA / I ▼ MUSIC~』(※▼はハートマーク)にも密着。平井堅、BEGIN、MONGOL800ら豪華アーティストと盛り上げる最後のステージは必見だ。  『これで見納め!安室奈美恵引退スペシャル!!~最後の1年と最後の1日に独占密着~』は、日本テレビ系にて9月18日21時放送。

  • 安室奈美恵が広告キャラクターを務めたダイドー「mistio(ミスティオ)」ポスター画像

    安室奈美恵の楽曲タイトルを散りばめた感謝メッセージ、新聞広告に掲載

    エンタメ

     ダイドードリンコ株式会社から、炭酸飲料「mistio」の発売当時に広告キャラクターを務めた歌手の安室奈美恵へ感謝を伝える広告が、9月4日の朝日新聞朝刊(全国版)に掲載された。@@cutter 安室は、1996年からの2年間にわたって「mistio」の広告キャラクターとしてCMやポスターに登場。躍動感あふれるCM映像と、「飲んでミスティオ」のキャッチフレーズが小中学生の心を掴み、商品は大ヒットを記録。その後22年間にわたりロングセラーを続けている。当時は安室のファッションを真似た「アムラー」が全盛期で、「ルーズソックス」などのワードが流行語大賞を受賞するなど、一大旋風を巻き起こす勢いだった。  ダイドードリンコ株式会社は、9月16日をもって、歌手活動を引退する安室と、同じ時代を生きたブランドとして、彼女の“これまでの活動への感謝”と“これからの安室奈美恵への応援”を目的としたメッセージを作成。このメッセージは当時「mistio」CMソングで使われていた『Don’t wanna cry』をはじめ、『Baby Don’t Cry』『Hero』など、安室がこれまでに発表した50曲以上の楽曲タイトルから言葉を引用した英文で構成されている。

  • 安室奈美恵×ワンピースコラボ特別映像より

    安室奈美恵×ワンピースコラボ映像、一夜限りのTV特別放送決定

    アニメ・コミック

     歌手の安室奈美恵とアニメ『ワンピース』がコンサート限定でコラボした映像が、8月25日放送の『ワンピース エピソード オブ 空島』(フジテレビ系)のエンディングで、一夜限りのテレビ特別放送が行われる。@@cutter 安室は現在、アニメ『ワンピース』(フジテレビ系/毎週日曜9時30分)のオープニング主題歌『Hope』を担当。この楽曲は、疾走感あふれるトラックに力強いボーカルが爽快なアップテンポ・ナンバーで、仲間同士の絆が未来への答えを導く希望となることをつづった、アニメ『ワンピース』のために書き下ろされた楽曲だ。  今年2月にスタートした安室による最後の全国ツアー「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」では、彼女と『ワンピース』がコラボしたスペシャル映像がコンサート会場限定で流されてきた。このスペシャル映像が、今回『ワンピース エピソード オブ 空島』のエンディングで、一夜限りの特別放送が実現。スペシャル映像では、アニメ化された安室が、麦わらの一味と夢の共演を果たしている。  『ワンピース エピソード オブ 空島』は、空に浮かぶ伝説の島“空島”を舞台にルフィと麦わらの一味が大冒険を繰り広げる完全新作の特別編。ルフィ達が海と空で壮大な冒険を展開し、強敵・エネルとの迫力満点のバトルや、仲間たちとの絆が描かれていく。  アニメ『ワンピース エピソード オブ 空島』は、フジテレビ系にて8月25日21時放送。

  • 『WE▼ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ▼ OKINAWA/I ▼ MUSIC~ supported by セブン‐イレブン(※▼はハートマーク)』の開催が決定した安室奈美恵

    安室奈美恵、引退前日のラストライブにBEGIN、平井堅、モンパチ出演

    エンタメ

     歌手の安室奈美恵が引退前日に行うラストライブ『WE▼ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ▼ OKINAWA/I ▼ MUSIC~ supported by セブン‐イレブン(※▼はハートマーク)』に、BEGIN、平井堅、MONGOL800が出演することが明らかになった。@@cutter このライブは、今年5月に沖縄県民栄誉賞を受賞した安室へ、沖縄からの感謝の形として行われるもの。沖縄を代表するアーティストや、安室ゆかりのアーティストが協力し、フェス形式で行う一夜限りの音楽ライブだ。安室のラストライブとなった『Finally』ツアーでのメッセージ「“May music fill your wonderful Life”― あなたの素敵な毎日に素敵な音楽がいつもあふれていますように―」との思いを受けたアーティストが集結し、安室の門出を応援する。  BEGINの比嘉栄昇は「石垣島から飛行機で駆けつけますよ~!楽しいライブになると良いですね」とコメント。MONGOL800のキヨサクは「最高の1日になるように、モンパチ全力で踊ります!遊びましょう~」と言い、平井は「このようなメモリアルな場で歌わせて頂く事は大変光栄であると同時に恐縮に感じております。お邪魔にならぬ様留意しつつ心を込めて歌います」とメッセージを寄せている。  一方の安室本人は開催に向けて「素晴らしいアーティストの皆さんと沖縄で同じステージに立てること、とても光栄に思っております。ステキな思い出になるよう頑張ります!」と意気込みを明かしている。  『WE▼ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ▼ OKINAWA/I ▼ MUSIC~ supported by セブン‐イレブン』は、9月15日に沖縄コンベンションセンター展示棟で開催。

  • ファッション雑誌「ar」(主婦と生活社)2018年9月号に登場した安室奈美恵

    安室奈美恵ラスト表紙の「ar」9月号でとびっきりの笑顔

    エンタメ

     歌手の安室奈美恵が最高の笑顔で表紙を飾るファッション誌『ar』9月号(主婦と生活社)が発売中。同号は、安室のラストメッセージをはじめ、内田理央のモテコーデや森絵梨佳のパーツを一番輝かせるメイク特集など、オンナ度が上がるトレンド感満載の内容となっている。@@cutter 同号では、安室がしなやかに衣装を着こなし、ラストメッセージを語る巻頭特集を掲載。いつの時代も読者の憧れであった安室のラスト表紙、そして見応えのあるインタビューは永久保存版だ。  さらに、ヘルシーな色気で20代女子から支持される内田理央は、人気スタイリスト山脇道子によるモテコーデを披露。また、高橋愛、池田エライザらが秋のファッショントレンドを紹介するほか、森絵梨佳、堀未央奈(乃木坂46)、水10ドラマに出演中の高橋ひかるがメイク企画にてスタイリッシュな表情を披露する。  誌面にはその他にも、先日欅坂46からの卒業を発表した今泉佑唯のドキドキデートのシチュエーション写真や、指原莉乃(HKT48)による連載ページでは女性芸人・山崎ケイ(相席スタート)との対談が実現。“運命の人”をテーマに、爆笑トークを繰り広げている。  「ar」9月号は、主婦と生活社より発売中。

  • 安室奈美恵が表紙を飾る「InRed」9月号と「steady.」9月号が宝島社より同時発売

    安室奈美恵、爽やかな夏の装いで「InRed」「steady.」カバーに2誌同時登場

    エンタメ

     9月16日での芸能界引退を発表している歌手の安室奈美恵が、8月7日に発売の「InRed」9月号、「steady.」9月号(ともに宝島社)で務める表紙の画像が公開された。2誌にとって今回が最後となった安室との撮影の様子は、5月に「Hulu」で配信された『Documentary of Namie Amuro “Finally”#8』で紹介され、ファンからは期待の声が早くも寄せられている。@@cutter 安室がこれまで6回カバーを飾っている、30代女子をコンセプトとする「InRed」の撮影テーマは「白」。真っ白なキャンバスに戻って、これからまた新たな世界を描いてほしい、という意味が込められている。安室は白のファッションに身を包み、真っ白い空間での撮影に臨んだ。  一方、働く大人女子をメインターゲットにした「steady.」では「夏」をテーマに撮影。過去5回安室が同誌に登場した季節がいずれも夏であったことから、これまでの夏ファッションを振り返る。さらに、20~30代女性たちが参考にしたい、自分らしく人生を歩むためのヒントを明かした安室のロングインタビューにも注目だ。  「InRed」9月号、「steady.」9月号は、宝島社よりともに8月7日発売。

  • (左から)新垣結衣、石原さとみ

    新垣結衣&石原さとみが1位に 「一緒に海に行きたい芸能人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣と石原さとみが「一緒に海に行きたい芸能人」の女性芸能人で共に1位に輝いた。男性芸能人では俳優の竹内涼真が選ばれている。@@cutter 今回の結果はマルハニチロ調べによるもので、全国の15歳~59歳の男女に対し、「海の幸と海の思い出に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1000名の有効回答サンプルを集計した。  「一緒に海に行きたい芸能人」の女性芸能人トップの新垣、石原に続いての3位は綾瀬はるか、深田恭子が続いた。5位に橋本環奈、6位に広瀬すず、長澤まさみ、8位に桐谷美玲、白石麻衣、10位に吉岡里帆、本田翼、安室奈美恵という結果だった。  対して、男性芸能人ではトップの竹内に続いて、2位に相葉雅紀、3位に綾野剛、4位に海のイメージが強い、さかなクン、加山雄三、6位に高橋一生、新田真剣佑、平野紫耀、明石家さんま、木村拓哉となっている。

  • ファッション雑誌「ar」(主婦と生活社)2018年9月号に登場した安室奈美恵

    安室奈美恵、3年ぶりに「ar」表紙登場 歴代カバーも一挙公開

    エンタメ

     9月16日での引退を表明している歌手の安室奈美恵が、8月9日発売の女性ファッション誌「ar」9月号(主婦と生活社)の表紙に3年ぶりに登場することが発表された。オーバーサイズのスウェットにミニスカートというファッションの安室は、有終の美を満面の笑顔で飾っている。@@cutter 安室は、同誌には2010年2月号に初登場。以来、2012年8月号、2014年8月号、2015年8月号とカバーを飾り、今回は3年ぶり5度目の登場となる。過去に登場した安室を振り返ると、ティアラをつけた安室、大きなお団子ヘアの安室など、いつも時代の先を走り続けてきた安室の姿を見ることができる。  最後の登場となる9月号では、ロングヘアを束ねた安室が、ベージュのオーバーサイズのトップスを着て、微笑んでいる姿が印象的。「ar」ならではのベーシックなスタイリングで撮影が行われ、本誌には8ページに渡るスペシャルインタビューも掲載される。  安室奈美恵が表紙を飾る「ar」9月号は、主婦と生活社より8月9日発売。

  • 安室奈美恵、「MORE」8月号表紙に登場

    安室奈美恵、「MORE」表紙2タイプでとびきりの笑顔 歴代カバーも掲載

    エンタメ

     今年9月での引退を発表している歌手の安室奈美恵が、28日発売の女性ファッション誌「MORE」8月号(集英社)の表紙と特集に登場。同誌の表紙を飾るのは最後となる。@@cutter 安室が笑顔を見せている表紙は、通常版とコンパクト版の2種類で、それぞれデザインが異なる。通常版では、安室らしいきれいな細い手を、自身の顔の近くにそえて微笑むカットが使用されており、コンパクト版では、イエローのドレスをまとい、はにかむような笑顔を向けている姿が印象的。  安室が同誌で表紙を飾ったのは、2000年の3月号が初めて。以降、20代、30代、40代の3つの年代を通じ、最長記録となる18年もの間表紙に登場したのは、創刊41年を誇る同誌の中でも、安室だけとのことだ。  そんな安室が、有終の美を飾る8月号は、もちろん安室のスペシャル特集も掲載。撮り下ろしカットや、インタビューに加え、同誌の過去の表紙、特集写真も再録した、12ページの大ボリュームとなっている。安室のこれまでの歴史がわかる、安室ファンにとってはたまらない永久保存版の一冊といえそうだ。  同号ではほかに、KAT‐TUNのインタビュー特集や、映画『虹色デイズ』に出演する佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星の座談会も掲載。ファッション特集には川口春奈や飯豊まりえも登場する。  「MORE」8月号は集英社より6月28日発売。通常版は特別定価670円(税込)。コンパクト版は特別定価630円。

  • 安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』東京ドーム最終公演より

    安室奈美恵、最後の全国ツアー完走 公演収録のDVDも発売決定

    エンタメ

     歌手の安室奈美恵が6月3日、引退前最後となる全国ツアーを東京ドームで終えた。全国から約5万2千人の観客が駆けつける熱いライブステージとなった。@@cutter 270万票以上が集まったファン投票で選ばれたナンバーと、最新曲6曲の全30曲で構成されたライブは、集まったファンからの絶えない奈美恵コールから始まる。炎を持った演者がステージに登場し、聖火台に火を灯す壮大な演出で歌われた『Hero』をはじめ、『Hide & Seek』『Do Me More』などのダンスナンバー、『Baby Don’t Cry』『Showtime』で会場のボルテージが一気に上がる。『SWEET 19 BLUES』『Love Story』といった大ヒット曲では、会場に集まったファンによる大合唱も。  『TRY ME ~私を信じて~』のイントロが流れると、待ち望んだかのような歓声が上がり、1997年と2012年のライブ映像とシンクロする『a walk in the park』、ステージの端から端まで約70mを走りきった『Chase the Chance』と、安室奈美恵のアーティストとしての長い歴史と、アスリートさながらの驚異的な才能を見せつける曲が続く。  本篇ラストに披露された『Do It For Love』では、「騒げ!東京!」と会場を盛り上げ、直後には『25 THANK YOU I(ハート)FAN』と書かれた巨大なセットがせり上がり、言葉を発しない安室らしいファンへのメッセージとなった。  アンコールではワンピースの世界に安室奈美恵が紛れ込んだかのようなコラボムービーがスクリーンに映し出され、フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』主題歌の『Hope』や『Finally』、16年ぶりに再タッグを組んだ小室哲哉提供の『How do you feel now?』を披露し、あっという間の2時間45分が終了した。  最後のMCでは、25年間を「思い出」と語り、終始ファンとスタッフへの感謝が溢れた安室は、「最後は笑顔で、みんな元気でねー!バイバーイ」とステージを後にした。  ライブ終演後にはこのラストツアーを収録したライブ映像作品(DVD&ブルーレイ)を8月29日に発売することを発表。今回の「東京ドーム最終公演」を収録するだけではなく、昨年沖縄で開催された「25周年沖縄ライブ」が収められ、さらにラストドームツアー5会場(名古屋/福岡/札幌/大阪/東京※5月)の「それぞれのドーム公演」から希望の会場の映像を選ぶことができる。初回盤には、アンコールを彩ったワンピースとのコラボ映像などが収録される。

  • 安室奈美恵フォトブック『GIFT』より、沖縄でのオフショット

    安室奈美恵、ツアーを楽しむオフショット満載のフォトブック発売

    エンタメ

     歌手の安室奈美恵が芸能生活ラストイヤーを記念して、ツアーのライブ映像全編をセットにしたオフショット満載のフォトブックを、セブンネットショッピング限定で発売することが分かった。@@cutter 今回のフォトブック『GIFT』には、2016年8月から2017年5月にかけて全国40都市で100公演行われた「namie amuro LIVE STYLE 2016‐2017」のツアー中に撮影したオフショットなどを、124ページにわたり多数収録。日本各地を旅するように楽しむ安室の、ライブ中とはまた違う自然体な魅力が詰まっている。  さらに本作には、「namie amuro LIVE STYLE 2016‐2017」のライブ映像全編をダウンロードできる「プレイパス ライブ映像ダウンロードカード」が同梱。すでに発売されているプルーレイ/DVDとは異なる、安室を“ファン目線”で追った再編集が施されており、人知れず引退を決意して臨んだツアーならではの覚悟や感謝の念が表情から垣間見ることができる。素顔満載のフォトブックと合わせて、まさに『GIFT』と呼ぶにふさわしいファンへの贈り物となりそうだ。  安室奈美恵フォトブック『GIFT』は、セブンネットショッピング限定で4月26日発売(予約受付中)。価格は3800円(税込)。

  • 安室奈美恵、14年ぶりに紅白出場決定

    <紅白歌合戦>安室奈美恵、トリ前に「Hero」をメモリアルな空間から披露

    エンタメ

     大みそかに放送される『第68回NHK紅白歌合戦』に特別企画で出場する安室奈美恵の曲目が「Hero」と同局より発表された。「Hero」は昨年のNHKリオデジャネイロオリンピックのテーマソングで、出番は43曲目となる白組・氷川きよしの「きよしのズンドコ節」の後に登場する。@@cutter 29日に行われた紅白リハーサル会場で取材に応じた制作統括の矢島良チーフプロデューサーは、安室の歌唱は「Hero1曲」と断言し、「ラスト紅白ということでメモリアルな空間で」とNHKホール以外の会場から生中継を行うと語った。  また同じ特別企画の桑田佳祐は、朝ドラ『ひよっこ』の主題歌「若い広場」を安室の後に横浜アリーナからの中継で歌唱する。  『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 安室奈美恵、14年ぶりに紅白出場決定

    安室奈美恵、紅白出場決定! 14年ぶり、特別企画で

    エンタメ

     安室奈美恵が、大みそかに放送される『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合・ラジオ第1/19時15分~23時45分放送)に特別出演歌手として出場することがNHKより正式に発表された。@@cutter 今年9月にデビュー25周年を迎え、来年9月での引退を発表した安室。11月に発売したベストアルバム『Finally』は180万枚以上の売上を記録。これまでの軌跡や現在の心境を語った特別番組『安室奈美恵「告白」』(NHK総合)は大きな反響を呼び、2018年1月に再放送が決定している。来年予定されているドームツアーも入手困難が予測されているなか、紅白歌合戦でスペシャルパフォーマンスをすることになった。安室の紅白出場は、2003年の『第54回NHK紅白歌合戦』に「SO CRAZY」で出場して以来、14年ぶりとなる。

  • 今夜放送!『安室奈美恵「告白」』 デビューから引退発表までを赤裸々に語る

    今夜放送!『安室奈美恵「告白」』 デビューから引退発表までを赤裸々に語る

    エンタメ

     9月20日、突然の引退発表で全国に衝撃を与えた歌手・安室奈美恵が、今夜放送される特集番組『安室奈美恵「告白」』(NHK総合)に出演し、40歳、そしてデビュー25周年という節目の年に行った引退発表から2ヵ月が過ぎた今の気持ちを明かす。@@cutter 引退発表から1ヵ月後、安室はNHKの独占インタビューに応じ、15歳・デビュー直後の不安、当時ヒットメーカーだったプロデューサー・小室哲哉との出会い、スターダムを駆け上がった19歳の彼女が感じていた重圧、突然の結婚・出産・休業、そして復活について、『紅白歌合戦』や『ポップジャム』出演時の貴重な映像を見ながら振り返り、そのころの自分が何を思っていたのかを赤裸々に語る。  さらに、小室のもとを離れてからの苦難、再びのブレイク、テレビには出ず独自のスタイルを貫いたライブへのこだわり、テレビカメラの前で初めて語った「母親としての自分」、そして突然の引退発表へと話は続き、安室は時に涙を流しながら、2時間にわたり自身の思いを語り尽くした。番組では、誠実な言葉と時代を彩った華麗なヒットナンバーで、平成の歌姫・安室奈美恵の素顔を描き出す。  特集番組『安室奈美恵「告白」』は、NHK総合にて11月23日22時放送。

  • 安室奈美恵、来年9月16日引退を発表 (※写真は2010年World Music Awards時のもの)

    安室奈美恵、来年9月16日引退を発表「有意義な1年にしたい」

    エンタメ

     歌手の安室奈美恵が20日、自身の公式サイトで来年9月16日で引退することを発表した。今月16日にデビュー25周年を迎え、16日&17日の2日間に渡り故郷の沖縄で25周年ライブを成功させたばかり。突然の発表にツイッターでは、「引退を受け止めきれない」「ショックすぎる!」と多くのファンが衝撃を受けている。@@cutter この日、誕生日を迎えた安室は公式サイトで、デビュー25周年を迎えることができたことへの感謝の気持ちを伝えるとともに、「わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と発表。  さらに、「引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と残りの芸能活動への意欲を語っている。 <公式サイト掲載 全文コメント> ファンの皆様、 いつも応援していただきありがとうございます。 先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。 皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に 心から感謝しております。 ありがとうございます。 今日は、私が長年心に思い、 この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。 「わたくし安室奈美恵は、 2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、 この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」 引退までのこの1年 アルバムやコンサート、 最後にできる限りの事を精一杯し、 有意義な1年にしていきたいと思ってます。 そして、私らしく 2018年9月16日を迎えたいと思います。 皆様、 安室奈美恵の最後の1年を、 どうぞよろしくお願い致します。 安室奈美恵

  • 『ワンピース』×安室奈美恵、最強タッグが三たび実現! 新主題歌『Hope』担当

    『ワンピース』、新主題歌を安室奈美恵が担当! 3度めのコラボレーション

    アニメ・コミック

     人気アニメ『ワンピース』の新主題歌を、安室奈美恵が担当することが発表された。 3度めのコラボレーションを果たす安室は、「航海を経て深まる仲間同士の絆、そして、その絆が限りない力となり、未来への答えを導く希望の光になることを歌いました」とコメントを寄せている。@@cutter 尾田栄一郎が「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の同名漫画を基にする本作は、主人公のモンキー・D・ルフィが、個性的な仲間たちとともに、様々な敵と戦いながら、海賊王を目指す海洋冒険ロマン。安室が歌う新主題歌『Hope』は、 10月1日午前9時から放送される『ワンピース秋の1時間スペシャル』にて、新オープニング映像とともに披露される。  仲間同士で固く結ばれた“絆”をコンセプトに、未来への“希望(Hope)”が感じられる書き下ろし楽曲を手掛けた安室は「今回も主題歌のお話を頂き、とても光栄に思っております。航海を経て深まる仲間同士の絆、そして、その絆が限りない力となり、未来への答えを導く希望の光になることを歌いました」とコメント。また、「『ワンピース』の魅力を引き立てる楽曲になればうれしいです」と期待を込めている。  『ワンピース』の主題歌に安室の楽曲が使われるのは、2011年に続き、今回で2度目。特別番組を加えると、3度目のタッグとなる。『ワンピース』は今年で原作20周年、安室はデビュー25周年を迎え、それぞれがアニバーサリーイヤーを迎えるタイミングでの再タッグ実現となった。『Hope』は疾走感あふれるトラックに、力強いボーカルが爽快なアップテンポ・ナンバーで、今年1月から約半年間かけて制作され、何度も試行錯誤を重ねた結果、完成に至ったという。  アニメ『ワンピース』はフジテレビ系にて、毎週日曜日午前9時30分~放送中(10月1日は9時から10時まで秋の1時間スペシャル)。

  • MVやCMなど話題の作品を数多く手がけるダンスユニット「HIDALI」

    嵐も安室奈美恵も欅坂46も惚れた! 話題のダンスユニット「HIDALI」とは?

    エンタメ

     ミュージックビデオ(MV)やCMなど巷で話題になっている動画の振り付けを数多く手がける、ダンスユニット「HIDALI」をご存知だろうか?嵐の『GUTS!』や『誰も知らない』、デビュー15周年のハワイライブの構成と振り付けを始め、人気沸騰中のアイドルグループ欅坂46の『僕たちの戦争』の振り付けも担当する日本屈指の振付師集団だ。今回は、そんな多くのアーティスト、企業が熱い視線を送っている注目の「HIDALI」を紹介したい。@@cutter 「HIDALI」は、世界的ダンスグループ「無名」「WORLD ORDER」の元メンバーだった野口量、笹尾功、叶実花子を中心に2013年3月に設立されたクリエイティブカンパニー。空間を活かした作品づくりをモットーに、MVやアーティストの振付演出、ライブファッションショーのステージングなど幅広く活動している。  前述の嵐、欅坂46を始め、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとなった、安室奈美恵『HERO』のMV振り付けも担当。最近では、2016年12月20日に開催された「YouTube FanFest Japan 2016」のピコ太郎PPAPライブステージ、りゅうちぇるが出演し、クールな“イケちぇるダンス”を披露して話題となった「スーツのはるやま」のCMなど、多数のメディアで活躍している。  さらに、還暦を超えたダンサーのトリ(TORI)が着物姿でストリートダンスを踊る動画の振り付けも「HIDALI」が担当。おばあちゃんが表参道の路上で、クールに踊る姿は、日本のみならず世界中で話題を呼んだ。  その他にも数えきれないほど話題作を手掛けている「HIDALI」が、新たに手掛け注目を集めているのが、シンガーソングライターchayのキュートなダンスが印象的な「海ドラに恋して」。この楽曲は、全国無料のBSテレビ局「Dlife」の開局5周年を記念して制作されたもので、「蹴れば壊れる ドアもろすぎない?」「いつ寝てんの? この主人公」「やたら出てくる大統領」など思わず笑ってしまうような“海外ドラマあるある”がテンポのいいリズムとダンスにのせて楽しそう紹介されている。海外ドラマを見たことがある人はもちもん、海外ドラマを見たことがない人でも楽しめる内容になっているので、是非チェックしてみて欲しい。「海外ドラマって面白そう!」と感じてもらえるはずだ。  また、普段は、ギターを弾きながら歌っているchayが、この楽曲では初めてダンスを披露。手の動きや表情で、歌詞を表現したダンスは、思わず真似したくなってしまう可愛さだ。Dlifeの公式ツイッターにも「この曲可愛いし、振り付けも可愛い。覚えたい」「chayちゃんが踊ってる!!かわいー!」といった声が寄せられている。公式サイトでは、「HIDALI」による振り付けレクチャー動画も公開されているので、キュートなダンスをマスターしてみるのはいかがだろうか?

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access