桑田佳祐 関連記事

  • (左から)桑田佳祐、山田洋次

    桑田佳祐、『男はつらいよ』新作で主題歌担当&オープニング出演決定

    映画

     故・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの22年ぶり50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』(12月27日公開)で、サザンオールスターズの桑田佳祐が主題歌『男はつらいよ』を歌うほか、オープニングに出演もすることが発表された。@@cutter 本作は、1969年に第1作が公開された山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズの50周年、50作目の節目となる作品。車寅次郎(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)と満男がかつて思いを寄せていたイズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そしてくるまやを囲む人たちの今が描かれる。  山田監督は、テレビ番組で『男はつらいよ』を歌う桑田の映像を目にして「実にうまい!」と感激。桑田のこの歌へ寄せる思いも感じられ、それが脳裏から離れずにいたという。今作の製作にあたり、監督自ら「是非、新しい寅さんの幕開けをあの素晴らしい桑田さんの『男はつらいよ』で始められないか。出来れば出演もしていただき、華を添えてもらえないだろうか」と提案。桑田に手紙で思いを伝えた。  もともと桑田は、かつて自身のテレビレギュラー番組に『音楽寅さん』というタイトルをつけるほど寅さんや山田監督のファン。主題歌の『男はつらいよ』もAct Against AIDSのステージや、映像作品『THE ROOTS ~偉大なる歌謡曲に感謝~』の中でも披露してきている。そんな桑田は熱い山田監督の気持ちを受け取ると即座に承諾し、実現へと至った。  山田監督は「桑田佳祐という人と渥美清さんは、心情において深く重なっているのではないか」との見方を示した上、桑田の歌う『男はつらいよ』について、「人を優しい気持ちにさせ、元気づけてくれる。『まあ、こんな私でもなんとか生きていけるんじゃないかな』、観客の背中をポンと押してくれるような素晴らしい主題歌となり、記念すべき50作目のオープニングを飾るに相応しい名シーンとなりました」と絶賛している。  桑田は「渥美清さん演ずる『寅さん』には、あの方ならではの男の色気で、恋することのもどかしさ、家族や人間同士の絆、生きることの脆さ、儚さ、せつなさ、そして渥美さんご自身の『粋な口上』の数々や、お上手な歌などもたくさん教えて頂き、私も渥美清さん演じる『寅さん』を、どこかファンのひとりとして、真似をしながら生きて来たような気が致します」と明かした上、山田監督について「撮影スタジオでは、主題歌を歌うシーンで、私のおぼつかない『演技』に、暖かく御指導をいただきましたことは、一生の思い出です」と話している。  映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

  • サザン桑田佳祐とのツーショット写真を自身のインスタグラムに投稿した野村周平

    野村周平、サザン桑田佳祐とツーショットに「まじで羨ましい」

    エンタメ

     俳優の野村周平が12日、自身のインスタグラムにてサザンオールスターズの桑田佳祐とのツーショット写真を投稿し、ファンからは「素敵なツーショット」と反響を呼んでいる。@@cutter 野村は、桑田とのツーショット写真とともに、「先輩観させていただきます。夏最高。すごく興奮してる」というコメントを投稿。この日、茨城・国営ひたち海浜公園で開催された「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で大トリを務めたサザンオールスターズのライブを観に楽屋を訪れたものと思われる。  このツーショットには、フェス会場に来ていたファンからも、「私もロッキン来てます。もちろんサザン観に!」「同じとこにいれたなんて嬉しいです!!!!」とコメントが寄せられたほか、所属事務所の大先輩の桑田が優しく野村に肩を組む様子に「仏様のような微笑み。素晴らしい」「まじで羨ましい」「2人とも最強」という声が挙がっている。  サザンオールスターズは、フェス最終日で大トリを飾り「いとしのエリー」「涙のキッス」「真夏の果実」「みんなのうた」「勝手にシンドバッド」と大ヒット曲連発のステージを展開。新曲「壮年JUMP」もライブ初披露するなど会場を盛り上げた。 引用:https://www.instagram.com/qs86_shuhei/?hl=ja

  • 桑田佳祐『SONGS』特番で有村架純ら『ひよっこ』乙女寮メンバーと共演

    桑田佳祐『SONGS』特番で有村架純ら『ひよっこ』乙女寮メンバーと共演

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌「若い広場」を歌う桑田佳祐が、24日放送の音楽バラエティ番組『SONGSスペシャル』(NHK)に出演。さらに『ひよっこ』に出演する有村架純や劇中の元向島電機乙女寮のメンバーも登場することがわかった。@@cutter 今回の放送では、桑田の最新作アルバム『がらくた』より楽曲「若い広場」「オアシスと果樹園」を披露。加えてソロ活動30周年記念して特別に「波乗りジョニー」や「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」などを熱唱。  またライブでは、『ひよっこ』に出演中の有村や元向島電機乙女寮のメンバー役である佐久間由衣、小島藤子、藤野涼子、松本穂香、八木優希らが登場。NHKのスタジオで行われたライブの後半、ステージに現れたメンバーは、「若い広場」に合唱で参加する。  ドラマの出演者と桑田が肩を組んで歌うという奇跡のシーンに会場は大盛り上がりとなり、文字通りスペシャルな内容となったという。また有村と乙女寮の面々が桑田の楽屋を訪問し、それぞれの方言や訛りでトークを展開するというプレミアム映像に、番組のナレーションもドラマ本編を担当する増田明美が行うなど、桑田佳祐と『ひよっこ』が融合した特集番組となる。  『SONGSスペシャル』はNHKにて24日22時より放送。

  • 『ひよっこ』ついにスタート!

    朝ドラ『ひよっこ』スタート! 有村架純の“田舎少女感”&斬新なナレーションに反響

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『ひよっこ』が3日、ついにスタートした。昭和の田舎の風景や家族の姿を描いた第1話に、ネットでは「ほっこりする」「トトロがでてきそう」という視聴者の声が目立った中、方言や日に焼けた顔で、昭和の田舎少女感全開のヒロイン・有村架純にも「かわいい」と絶賛する声が多く集まった。@@cutter 東京オリンピック開催に向けてお祭りムードで湧く1964年秋から物語はスタート。茨城県北西部の村に生まれ、集団就職で上京した“金の卵”ヒロイン・みね子(有村)が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈の青春記となっている。  奥茨城の風景を舞台にした設定、登場人物を紹介した第1話。『ひよっこ』放送直後の『あさイチ』でも井ノ原快彦と有働由美子アナが「なんか昔の風景が…」(井ノ原)、「炊飯器がカチッと上がるのとか…」(有働)、「なつかしいですよね」(井ノ原)とその昭和感を嬉しそうに話した。脚本は『ちゅらさん』『おひさま』以来、朝ドラ3回目の登板となる岡田惠和によるオリジナル。「何の事件もおこらない日常のみの一話だったが安心して見られた。当時の暮らし、主人公の家族と仲間をしっかり描くのはさすが岡田さん」とその安定感を評価する声が目立った。  ヒロイン・みね子を演じる有村については、方言と日焼けした顔、この役のための「5キロ増やした」と語っていた通りのふっくらした姿で、田舎少女の感じがリアルに出ていたが、「昭和全開の主人公かわいい」「有村架純ちゃんが自転車乗ってたり、走ったりと爽やか。遅刻しがち、勉強苦手、元気いっぱいの王道ヒロイン」と、そのかわいさを絶賛する声が集まった。  第1話のラストで弟の靴を修理してあげようとして破いてしまう、みね子の“ドジっ子”な様子にも「かわいい」の声が。その3兄弟のやりとりには、直後の『あさイチ』でも有働アナが「3人のやりとりが愛おしくて…」といえば、井ノ原も「子ども出てくるといいね、やっぱり」と笑顔になっていた。  また昭和レトロなメロディや懐かしさ漂う歌詞が印象的な桑田佳祐書き下ろしの主題歌「若い広場」も物語の昭和感を盛り上げる。「昭和の雰囲気がすごく出てる主題歌だなー」など好評だった。  そして意外にも(!?)反響がとても大きかったのが「おはようございます。増田明美です」という自己紹介から始まった、斬新なナレーション。「今後ナレーションしながらどうでもいいトリビアを入れてくるのでは…」と、細かすぎると評判の増田さんのマラソン解説ばりのナレーションを期待する声も多かった。  NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜~土曜8時放送。

  • 桑田佳祐、『ひよっこ』主題歌を担当! NHKドラマに初の楽曲提供

    桑田佳祐、朝ドラ『ひよっこ』の主題歌を担当! NHKドラマに初の楽曲提供

    エンタメ

     アーティストの桑田佳祐が、有村架純がヒロインを務める連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌を担当することが決定した。楽曲は「若い広場」。桑田が、NHKドラマに楽曲を提供するのは今回が初めてとなる。@@cutter 『ひよっこ』は、東京オリンピックが開催された1964年から物語が始まる。高度成長期の真っただ中、日本の発展を支えたのは、地方から上京し懸命に働いた名もなき人々。本作のヒロイン・谷田部みね子(有村)もそんなひとり。茨城県北西部の村に生まれ、集団就職で上京した“金の卵”ヒロインが、自らの殻を破って成長していく波乱万丈の青春記を描く。  桑田は、今回の楽曲提供について「この度は主題歌のお話を頂戴し身に余る光栄でございます」と謝辞を述べる。「『ひよっこ』は1964年を舞台に始まる物語ということで、自然と自分自身の人生を今一度辿っていくような感覚とともに、夢と希望に溢れた日本の未来に思いを馳せながら、歌詞を綴りました」とコメントを寄せる。  また、楽曲を聞いた有村は「ゆったりとした曲調が、1960年代から始まるこの物語をフワーッと想像させてくれて、暖色系の明かりが自分を包み込んでくれているような、そんな感覚になりました」と感想を語る。「どこかしら懐かしく感じるメロディーと桑田さんの歌声は、温かくてとても心地よく、聴き入ってしまいます。放送を楽しみにしていて下さい」とアピールした。  連続テレビ小説『ひよっこ』は、4月3日より放送開始。

  • 福山雅治、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングで第1位獲得!

    福山雅治、「先生・上司にしたい音楽アーティスト」ランキングで1位に!

    エンタメ

     歌手で俳優の福山雅治が、10~60代の男女を対象とした「先生・上司にしたい音楽アーティスト」の総合ランキングで1位に輝いた。2位は武田鉄矢、3位は桑田佳祐が獲得し、普通の人気者ランキングではなく、それぞれの“憧れの生き方”が見えてくるような興味深い調査となった。@@cutter  本調査は、音楽情報誌「CD&DLでーた」(KADOKAWA)が行ったもので、“先生・上司”というだけあって、自分より年上のアーティストを挙げているという傾向があった。TOP20位内に名前の挙がった中では、アイドルグループ・嵐の櫻井翔が32歳(本結果発表時)と最も若く、他は日本の音楽界の重鎮ともいえる面々がズラリと並ぶ結果に。  総合ランキング1位は“適切なアドバイスをしてくれそう”、“真面目なことからフランクなことまで何でも教えてくれそう”という福山雅治。女性、さらに世代別では20~30代を中心に幅広い層からの支持を集めた。  2位の武田鉄矢は、ドラマのイメージもあり“先生といえばこの人”といったコメントとともに、主に40代以上からの票を獲得。そして3位は、“酸いも甘いも知っていて色々なことを飾らずに教えてもらえそう”という桑田佳祐がランクイン。  全体的に、“人間として魅力がある”、“尊敬できる”、“親身になってくれそう”など、人生の先輩としての理想を投影しているようなコメントが多く見受けられた。  また、5位にランクインした坂本龍一は、日常的にカラオケで歌われるような作品を発表しているわけではないが、“教授の異名を持ち、知識人”、“日本の宝”といったコメントが寄せられたように、世界規模での知名度とその幅広い活動が、様々な人の“学びたい”という心を引き付けているのかもしれない。 「先生・上司にしたい音楽アーティスト」 総合ランキングTOP20  (調査期間: 2014 年7月14日~7月15日)  【先生・上司にしたい音楽アーティスト】  (有効回答者数 n=1858人) 順位:アーティスト名 1位:福山雅治 2位:武田鉄矢 3位:桑田佳祐(サザンオールスターズ) 4位:小田和正 5位:坂本龍一 6位:稲葉浩志(B’z) 7位:長渕剛 8位:さだまさし 9位:矢沢永吉 10位:櫻井翔(嵐) 11位:加山雄三 12位:井上陽水 12位:中島みゆき 14位:谷村新司 15位:桜井和寿(Mr.Children) 16位:氷室京介 17位:aiko 17位:松任谷由実 19位:吉田拓郎 20位:忌野清志郎 20位:松山千春

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access