悠木碧 関連記事

  • 映画『バイオレンス・ボイジャー』追加キャラクタービジュアル

    ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』、新キャラ9人&5匹!?解禁

    アニメ・コミック

     長編ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』より、新たに9人と5匹の追加キャラクターが発表された。なぜか動物のキャラクターが多く登場する本作に、謎はさらに深まるばかりだ。@@cutter ゲキメーションとは、アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法。作画した絵を切り取り、その原画をペープサート(紙人形劇)のようにカメラの前で動かし撮影していく。全編ゲキメーション映画となる本作は、京都出身のクリエイター、宇治茶が監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6つを担当。悠木碧、藤田咲、小野大輔など人気声優陣のほか、ココリコの田中直樹、サバンナの高橋茂雄、田口トモロヲの出演や、ナレーションを松本人志が担当することが発表されている。  日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見し、その施設を目指すことに。彼らが遊び疲れて休憩していたところ、ボロボロの服を着た少女・時子と出会う。時子は、数日前からここを出られずにいると言う。彼らは先客として迷い込んでいた村の子どもたちに出会うが、謎の白いロボットの襲撃を受け、子どもたちは次々と捕獲されてしまう。時子の救出とバイオレンス・ボイジャーの謎を解き明かすため、ボビーたちは立ち上がる。  今回解禁された追加キャラクターは、計9人と5匹。謎の娯楽施設「バイオレンス・ボイジャー」の秘密を知る男・猿吉じいさん、主人公ボビーの病弱な母・よし子、ボビーの同級生で女番長のキョウコと仲間たち、「バイオレンス・ボイジャー」に住む謎のロボット、「バイオレンス・ボイジャー」に捕らわれたこうすけ、さやか、ボビーの飼い猫・デレク、猿吉じいさんの飼いチンパンジーのカンジ、「バイオレンス・ボイジャー」で飼われる犬・スパーコの他、熊、迷子の吸血コウモリ・キュー、謎の子どもたちだ。  誰が味方で誰が敵なのか詳細はまだ明かされておらず、なぜかやたらと動物のキャラクターが多く登場する本作。これには何か深い意味があるのか、単に監督の趣味なのか、謎は深まるばかりだ。  映画『バイオレンス・ボイジャー』は5月24日より公開。

  • 『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』豪華声優陣が集結!

    『映画クレヨンしんちゃん』最新作、大塚明夫&島崎信長ら豪華声優陣集結

    アニメ・コミック

     『映画クレヨンしんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』より、新たに大塚芳忠、銀河万丈、大塚明夫、渡辺久美子、島崎信長、悠木碧の豪華声優陣が出演することが発表された。@@cutter 劇場版27作目となる本作では、新婚旅行に行ってなかったひろし&みさえが、激安新婚旅行ツアーでオーストラリアの秘境に家族旅行。しかし、ひろしが謎の仮面族にさらわれ花婿にされてしまう。その島には、50年に一度、金環日食の日にお姫様に花婿を差し出すと、ご褒美としてお宝が得られるという伝説があった。“お宝のカギ=ひろし”を巡り、野原一家と、仮面族と、世界中から集まったトレジャーハンターたちによる、争奪戦が勃発。しんのすけは、とーちゃんを奪還し無事に春日部に帰ることができるのか。  この度、本作に新たに出演する豪華声優陣が解禁となった。  謎の仮面族を取りまとめる長役を、アニメ『NARUTO ‐ナルト‐』の自来也役など渋い声質で支持される大塚芳忠が担当し、今作オリジナルの難解な仮面族語を披露する。トレジャーハンター界の帝王グレートピッケル役を担当するのは、『機動戦士ガンダム』のギレン総帥など渋く深みのある声で活躍してきた銀河。ブルドーザーを乗り回す破天荒かつ豪快なトレジャーハンター、ブルドーザージョニー役を、『Fate/Zero』や『攻殻機動隊』など数々の名作に出演してきた大塚明夫が務める。  野原一家ほかツアー一行を案内する、俳優のメル・ギブソンに激似の女性ツアーコンダクター、カオー・コスギ役には、アニメ『ケロロ軍曹』でのケロロ役、『あたしンち』の母役で知られる渡辺、どんな時でも自撮りが止まらない、どこか残念なトレジャーハンター、イケメン役には、『Free!』の七瀬遙役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のユージオ役などを務めてきた若手声優の島崎が扮する。  さらに、仮面族の姫役を、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか役など子ども向けの作品から大人向けの作品までさまざまな役を演じ分けることで知られる悠木が務める。仮面族の姫は、正体不明でビジュアルも未公開となっており、悠木がどう演じるか期待が高まる。  『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』は、4月19日より全国公開。

  • 土屋太鳳、実弟・神葉とイベント初共演

    土屋太鳳、実弟・神葉とのイベント初共演にニコニコ「いや〜好きですね」

    映画

     女優の土屋太鳳が23日、都内にて開催された映画『バンブルビー』の公開記念舞台挨拶に登壇。イベントで初共演を果たした2歳下の実弟で声優の土屋神葉(しんば)と、仲睦まじい様子を見せた。@@cutter 本作は、実写版『トランスフォーマー』シリーズの最新作。地球外生命体バンブルビーと、自分の居場所を見つけられない少女チャーリーの交流を描く。この日のイベントには、太鳳や神葉のほか、志尊淳、木村良平、悠木碧、濱野大輝が出席した。  日本語吹き替え版でチャーリーを演じた太鳳は、実物大のバンブルビーとの対面に「嬉しい~!」と笑顔に。「スゴくかわいらしくて愛おしい。お花見とか一緒に行きたくなる」と言い、「戦い方も、自分の良さを最大限に生かしている。大切な人を守ろうとするところが好きです」と白い歯をこぼした。  太鳳の弟・神葉は、チャーリーの同級生トリップ役で出演。チャーリーから思いを寄せられるという設定に照れ笑いを浮かべつつ、「トリップ自身は、チャーリーが好意を寄せていることは関心の外。とりあえず、トリップが持っているノリの良さを出せたらと思って演じた」と告白。舞台上で神葉が一生懸命話す姿を見守っていた土屋に、2人の間にいた木村が「場所変わろっか?」と気を利かせる一幕もあった。  また、先日行われたジャパンプレミアで、太鳳が「チャーリーと弟(オーティス)の関係は、自分と通ずるところがある」と言ったことが話題に。神葉が「弟を利用することが…」と話し始めようとすると、太鳳が「利用というか、美味しいものを食べようねっていうお願い」とにっこり。すると神葉は「こちらとしても、切羽詰まっている時、パワーをもらいたい時、姉から『ちょっと…お肉食べない?』と美味しいところに連れて行ってもらっている。持ちつ持たれつの関係」とコメント。それを聞いて太鳳は「いやぁ~、好きですね」と漏らしていた。

  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』公開記念舞台挨拶の様子

    スパイダーマン役の小野賢章、絶望を経て「夢が叶った」と感無量

    アニメ・コミック

     声優の小野賢章、宮野真守、悠木碧が、9日に都内で開催された映画『スパイダーマン:スパイダーバース』公開記念舞台挨拶に出席。スパイダーマンの大ファンだという小野は「ずっと言い続けてきた『マーベル作品に参加したい』っていうのが、こういう素晴らしい形で、夢が実現して。本当にうれしく思っています」と、スパイダーマン役への喜びの気持ちを語った。@@cutter 本年度のアカデミー賞で長編アニメーション賞に輝いた本作は、主人公のマイルス・モラレスが、スパイダーマンとして活躍してきたピーター・パーカーを師に、新たなスパイダーマンとして活躍する姿を描き出す。マイルスの吹き替えを務める小野は「日本で公開される前に、ゴールデングローブ賞と、アカデミー賞と、受賞したというニュースを知って、そんな素晴らしい作品に、日本語吹き替え版で参加できたっていうのが本当にうれしいし、光栄だなと思いました」とコメント。  ピーターに声を当てる宮野は「正直、(ピーター・パーカーが)僕でいいのかと、すごくドキドキしました」とオファーを受けた際のことを回想。しかし、演じるピーター・パーカーは「うだつの上がらないおじさんピーター・パーカー、おじさんスパイダーマン」だったと振り返り「これはある意味、僕にしかできないかな?みたいな。そんな自信をもって作品には臨むことができました」と笑顔を見せた。  一方、女性スパイダーマンのスパイダー・グウェン(グウェン・ステイシー)に声を吹き込んだ悠木は「女子、なかなかマーベルシリーズのヒーローサイドに入れてもらえることない。枠めちゃめちゃ狭いので」とニッコリ。「(グウェンは)ぶっちゃけ、あたしが一番付き合いたい女でした」とも明かした。  その後、改めてマイクを握った小野は実写映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスパイダーマンの吹き替えができなかったことに絶望したと告白。それでも「今回のキャッチコピーである『運命を受け入れろ。』というか。(その絶望は)まさしくこの作品に出会うための運命だったんだなって、今すごく思います。本当に夢が叶った瞬間です」と感慨深そうに話していた。

  • ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』キャスト

    ココリコ田中&松本人志ら出演ゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』公開

    アニメ・コミック

     ココリコの田中直樹や松本人志らが声で出演するゲキメーション映画『バイオレンス・ボイジャー』が、5月24日より公開されることが決定。併せてポスタービジュアルも解禁された。@@cutter ゲキメーションとは、アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法。作画した絵を切り取り、その原画をペープサート(紙人形劇)のようにカメラの前で動かし撮影していく。全編ゲキメーション映画となる本作は、京都出身のクリエイター、宇治茶が監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6つを担当。ホラー、アクション、コメディー、クライム、ドラマ、ファンタジー、ミステリー、ロマンスなどあらゆるジャンルが詰め込まれており、カナダのファンタジア国際映画祭2018ほか世界の19の映画祭に正式出品された。  日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見し、その施設を目指すことに。彼らが遊び疲れて休憩していたところ、ボロボロの服を着た少女・時子と出会う。時子は、数日前からここを出られずにいると言う。彼らは先客として迷い込んでいた村の子どもたちに出会うが、謎の白スーツを着た子どもの襲撃を受け、子どもたちは次々と捕獲されてしまう。時子の救出と復讐を果たすため、ボビーたちは立ち上がる。  主人公・ボビーを声優の悠木碧、ボビーの父親・ジョージをココリコの田中直樹、ボビーの母・よし子を声優の藤田咲、ボビーの友達・あっくんをサバンナの高橋茂雄、ボビーとあっくんの親友・たかあきを声優の小野大輔が演じる。そのほか、謎の娯楽施設バイオレンス・ボイジャーの運営者・古池を、俳優の田口トモロヲが担当。さらに、ナレーションで松本人志が特別出演する。松本が映画作品に参加するのは、自身の監督作『R100』(2013)以来となる。  ポスター・ビジュアルは、何かを作業中の男性を、物陰から人間ではない“誰か”がジッと見つめているもの。横には「全世界、ガクブル」のキャッチコピー、上部にはこれまで正式出品された世界19の映画祭が記載されている。世界に先にお披露目された本作は果たしてどんな物語なのか。その内容に興味を沸かせるビジュアルとなっている。  映画『バイオレンス・ボイジャー』は5月24日より公開。

  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』ビジュアル

    『スパイダーマン:スパイダーバース』最新予告! 吹き替え版主題歌も決定

    映画

     かつてない映像表現で描かれる“スパイダーマン”の新シリーズ『スパイダーマン:スパイダーバース』から、日本版の最新予告編が解禁。公開された予告編では、ロックバンド凛として時雨のフロントマン、TKによる書き下ろし主題歌を聴くことができる。@@cutter 本作は、ニューヨークを舞台に、新たなCGアニメ映像で描かれる往年の人気シリーズ“スパイダーマン”の新作。主人公は名門私立校に通う中学生、マイルス・モラレス(吹替版声優:小野賢章)。自分自身の力をまだうまくコントロールできないマイルスが、長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカー(声優:宮野真守)を師とし、さまざまな壁にぶつかりながら一人前のスパイダーマンとして成長していく姿を描く。  このたび公開された日本版最新予告編は、吹替版声優でピーター・パーカーを演じる宮野による「これは私の物語ではない。そう、彼マイルスの物語だ」というナレーションからスタート。マイルスはピーターの指導のもと、一人前のスパイダーマンになるための訓練を開始する。激しいアクションシーンなどが矢継ぎ早に映し出される。さらに時空の歪みにより、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(声:悠木碧)も次元を越えてマイルスの世界にやってくる姿も描かれる。  またこの予告編には、TK from 凛として時雨が本作の日本語吹替版のために書き下ろした主題歌『P.S. RED 1』も収められている。作詞作曲を手がけたTKは同曲について「ごく普通の少年が抱いている葛藤やコンプレックス」「そういったものをちゃんと自分の中にある葛藤と結びつけて、それをどれだけスパイダーマンの世界と繋げられるか、ということと、言葉遊びなどで疾走感を出したり、その中にメッセージを込めるというところをすごく意識しました」と語っている。  映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年3月8日より全国公開。

  • (左から)悠木碧、宮野真守、小野賢章

    宮野真守、小野賢章ら『スパイダーマン:スパイダーバース』吹き替え!

    アニメ・コミック

     人気シリーズ『スパイダーマン』のCGアニメによる最新作『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本語吹き替え版キャストとして、主人公の新生スパイダーマンの中学生役に小野賢章、その師匠であるピーター・パーカー役に宮野真守、女性スパイダーマンのスパイダーグウェン(グウェン・ステイシー)役に悠木碧が決定。宮野は「あのピーター・パーカーを演じる日が来るなんて思っても見なかったので、すごく驚きましたし、とても光栄です」とコメントしている。@@cutter 本作は、ニューヨーク・ブルックリンの名門私立校に通う中学生マイルス・モラレスが、長年スパイダーマンとして活躍するピーターを師とし、さまざまな壁にぶつかりながら新生スパイダーマンとして成長していく姿を描く。  新生スパイダーマンのマイルス役に決まった小野は、吹き替えでマーベルヒーローになるのが夢だったといい、「マーベルの中でもスパイダーマンが好きなのですが、日本にもスパイダーマンファンが沢山いると思います。そう思うと…嬉しい感情の後は物凄いプレッシャーが押し寄せてきました」とコメント。声優界でも先輩の宮野については「いつも面白いしカッコいい、僕にとってはお兄さん的存在」と話し、「パーカーをどういう風に演じられているのかとても楽しみにしています」。残念ながら一緒に収録できなかったが、「宮野さんならこういう風に演じるかなと想像しながら楽しく収録させていただきました」という。  その宮野は「あのピーター・パーカーを演じる日が来るなんて思っても見なかったので、すごく驚きましたし、とても光栄です。しかしながら、みなさんのよく知るピーターとは、ちょっと雰囲気が違うかもしれないのです…」。主人公マイルスの師匠という役どころに「ついに僕も、こんな大人の役をやるようになったのかと…」と感慨深げな様子だった。  グウェン役の悠木は「いつか子供が生まれたら『お母さん、本当はスパイダーグウェンなんだ』と真実を明かしたいと思います」と話し、スパイダーマンの魅力を「赤と青の全身タイツなのにかっこいいとか反則じゃないですか? はぁ、好き。足首が特に好きです。グウェンはフードがだいぶ好きです」としている。  映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日より全国公開。

  • 『あした世界が終わるとしても』キャスト写真

    『あした世界が終わるとしても』梶裕貴&内田真礼ら主要キャスト発表

    アニメ・コミック

     アニメ『イングレス』(フジテレビ系/毎週水曜24時55分)などで知られる、クラフタースタジオが手がけるオリジナル長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』の主要キャスト6名が発表。主人公・狭間真役には梶裕貴、ヒロイン・泉琴莉役は内田真礼に決定した。@@cutter 本作の制作は、独自のアニメーション技法「スマートCGアニメーション」など、最新のデジタル技術を活用したアニメを制作するクラフタースタジオが担当。監督・脚本を務めるのは17日から放送がスタートしたアニメ『イングレス』でテレビシリーズ初監督を務める櫻木優平。本作が、櫻木監督初のオリジナル長編アニメーション映画となる。主題歌と挿入歌は、シンガー・ソングライターのあいみょんが担当し、アニメーション映画の主題歌を初めて手がける。  物語の主人公は心を閉ざしがちな真と、彼をずっと見守ってきた幼なじみの琴莉。2人が高校3年生になり、ようやく一歩踏み出そうとしていた矢先、もう1つの日本から、もう1人の「僕」が現れることから始まる。  キャストには主演の梶、内田に加え、人気・実力共にトップを走る声優陣が集結。「もうひとつの日本」からやってきた「僕」=ジン役に中島ヨシキ、琴莉に瓜二つの公女・コトコ役に千本木彩花、謎の少女・ミコ役に悠木碧、リコ役として水瀬いのりの出演が決定。未だ多くの謎に包まれたキャラクター達の続報に期待が高まる。  映画『あした世界が終わるとしても』は、2019年1月25日公開。

  • AnimeJapan 2018『ペルソナ5』スペシャルステージにて

    <AJ2018>福山潤、宮野真守、水樹奈々ら登壇 『ペルソナ5』SPイベント開催

    アニメ・コミック

     TVアニメ『ペルソナ5』のスペシャルステージが25日、AnimeJapan 2018内にて開催。福山潤(雨宮蓮役)、宮野真守(坂本竜司役)、水樹奈々(高巻杏役)、大谷育江(モルガナ役)、杉田智和(喜多川祐介役)、佐藤利奈(新島真役)、悠木碧(佐倉双葉役)、戸松遥(奥村春役)、保志総一朗(明智吾郎役)に加え、プロデューサーの足立和紀が登壇。さらに本作の最新PVと新ビジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、全世界累計出荷本数200万本を突破した同名ゲームのアニメ化。大都会“東京”を舞台に高校生として日常を送りながらも、放課後は“怪盗団”として暗躍する主人公たちの姿が描かれる。制作にはこれまでも数多くのペルソナシリーズのアニメーションを担当したA‐1 Picturesが手掛ける。  今回、原作ゲームからお馴染みの超豪華声優らが“奇跡”の集結。足立によりアフレコも順調に進んでいると明かされると、声優陣により収録時のエピソードや裏話が語られた。  会場ではPV第2弾が初公開。原作の名シーンや名言の数々がアニメで描かれた迫力あるPVには声優陣も大興奮。また、PVでは歌手・Lynが歌う『BREAK IN TO BREAK OUT』が初解禁。本作の主題歌となることが明らかになった。  さらに、新規書き下ろしとなる、キャラクターの私服姿とSDキャラクターが公開。中々見ることのできないSDキャラだが、デフォルメされてもあまり変わらないモルガナの姿には会場から笑い声が響いた。これら新規イラストは現在グッズ化が企画中とのこと。4月ごろに開始する109とのコラボショップで販売が予定されている。  また、3月28日には本作の第1話冒頭の6分強が、福山も出演するAbemaTV『PERSONA5 the Animation 純喫茶ルブラン屋根裏放送局』第2回にて放送されることが明らかになった。番組には佐藤のゲスト出演が決まっており、声優陣からエールが送られた。  TVアニメ『ペルソナ5』は、4月7日より放送開始。

  • 『僕のヒーローアカデミア』ヒーローダイヤル声優陣

    『僕のヒーローアカデミア』人気声優総出演! お悩み相談専用ダイヤル開設

    アニメ・コミック

     「週刊少年ジャンプ」(集英社)連載の大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』。コミック14巻発売(6月2日発売)を記念して、人気のヒーローたちに電話で直接お悩み相談ができる専門ダイヤルが期間限定で開設される。@@cutter 専門ダイヤルでは、新宿駅の地下通路の壁面に掲出されたビジュアルや本作14巻の帯に意味深に記載された番号(05‐7005‐1314)にダイヤルすると、No.1ヒーローオールマイト(CV:三宅健太)から開口一番「ヒーローダイヤルに私が来たー!」と、お馴染みの言い回しで電話を受けてくれる。さらにオールマイトに“お悩みフレーズ”を伝えると、そのフレーズに相応しいヒーローに電話を回し、そのヒーローが悩み事から助けてくれるという。  本作の舞台は人類の8割が何かしらの超常能力・“個性”を持つようになった超人社会。“個性”を悪用する者を、圧倒的な力で勇敢に人を救ける職業“ヒーロー”は皆の憧れであり、今回のヒーローダイヤルに研修の一環として選ばれた6人は “ヒーロー”を目指し、ヒーロー輩出の名門・雄英高校に通う生徒たちだ。ヒーローダイヤルでは、実際にアニメでもキャラクターを演じている声優陣がキャラクターの声を担当し、ヒーローとして真摯に相談を受けている。  緑谷出久役の山下大輝は「恋愛や人生とかの相談よりは、夢や憧れなんかの相談をしてくれた方に、デクらしく精一杯答えてくれるでしょう」とコメントをしており、爆豪勝己役の岡本信彦は「真っ向勝負を望む男らしいキャラクターなので、良い答えがでるかも」と示唆。麗日お茶子役の佐倉綾音は「お茶子さんならきっと、間口を広く構えてくれているはずなので、恋のお悩みからお金のご相談まで、ぜひ忌憚なくどうぞ」とアピールしており、轟焦凍役の梶裕貴は「アニメ本編で今ちょうど、轟くんが父や母との間にある心の壁を乗り越えようとしている所なので、家族関係で悩んでいる方は彼に相談してみるといいかもしれません」と推奨。蛙吹梅雨役の悠木碧は「彼女にはしょうもないことを相談して『仕方ないわね』って言われたいです」と話している。  TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』は読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット毎週土曜17時30分から放送中。

  • 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』スペシャルステージにて

    『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』5月に配信開始

    アニメ・コミック

     スマートフォンアプリゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』のスペシャルステージが25日、東京ビッグサイトで開催されたAnime Japan 2017のオープンステージで行われ、アプリの配信時期を「5月中に開始予定」と予告した。@@cutter 同ゲームは2011年に放送され、社会現象を巻き起こした人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の外伝という位置づけ。神浜市(かみはまし)を舞台に展開されるメインストーリーでは、主人公の環いろはが妹のういを探しに奮闘する物語が紡がれる。アニメでおなじみのキャラクター・暁美ほむらも、幾度も時間を遡る中で神浜市へたどり着き、神浜市の魔法少女と出会う。  ジャンルは“魔法少女☆RPG”と題した、ターン型コマンド選択バトルゲーム。新たに登場する魔法少女のキャラクター原案は引き続き蒼樹うめが担当したほか、劇団イヌカレーやシャフトがゲーム内に登場するアニメを制作するというファン垂涎の内容。リリース時の魔法少女の数は30以上で、蒼樹が手がけたキャラクター以外にも「まんがタイムきらら☆まぎか」などからも登場する。魔法少女の変身シーンはすべてのキャラクターに存在し、この日は環いろはの変身シーンが公開された。  ステージには、環いろは役の麻倉もも、深月フェリシア役の佐倉綾音、鹿目まどか役の悠木碧、開発プロデューサーの外山裕介、サプライズゲストに蒼樹も登壇。司会は吉田尚記アナウンサーが務めた。

  • 映画『聲の形』松岡茉優 アフレコ風景

    松岡茉優、『聲の形』主人公の小学生時代を熱演!「声優と俳優に繋がる架け橋見えた」

    アニメ・コミック

     ベストセラーコミックの映画化『聲(こえ)の形』(9月17日公開)にて女優の松岡茉優が、主人公・石田将也の小学生時代の声優を担当することがわかった。自身としては3回目の声優チャレンジとなる松岡のアフレコ現場写真が届いた。@@cutter 原作は、「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、第19回「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞、まっすぐに「いま」と向き合う少年少女の姿を等身大に描いた、大今良時の漫画『聲の形』。 小学校時代、ガキ大将の小学生・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子とのある出来事がきっかけで、周囲から孤立。5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長した二人が“ある出来事”をきっかけに失われた時を戻そうとする姿を描く。  監督はTVアニメ『けいおん!』で初監督を務め、『たまこラブストーリー』にて文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門新人賞を獲得した山田尚子。 主題歌はaikoの新曲「恋をしたのは」。 主人公・石田将也を入野自由、ヒロインの西宮硝子を早見沙織が担当、二人が初めて出会った小学生時代の将也役を、松岡が演じる。その他のキャストにも悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行と豪華声優陣が名を連ねている。  松岡は、今回の出演に関し「一番リアルに近かった作品で、普段実写でやっている役作りをしてみようと思いました」と役作りへの試みを明かしている。  またその試みに対して「自分自身にとっても新しい試みで、はじめは声だけに演技を乗せるのがこんなに大変なのかとすごく悔しかったですが、 徐々に山田監督との信頼関係も築けたと思います」と苦労を重ねながらも「声優と俳優というお仕事に繋がる架け橋の兆しが見えた気がして、 本当に光栄です。将也君は私にとってかけがえのない少年になりました」と新たな道を開き、自身の糧を得たようだ。

  • 梶裕貴、『逆転裁判』は記念受験だった!? 「異議あり!」言えて大満足

    梶裕貴、『逆転裁判』は記念受験だった!? 「異議あり!」言えて大満足

    アニメ・コミック

     新作アニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!』の取材会が都内のスタジオで行われた。人気シリーズとしてゲームや実写映画、舞台への展開もみせる作品。当日は主人公・成歩堂龍一役の梶裕貴、ヒロインの綾里真宵を演じる悠木碧、成歩堂のライバル・御剣怜侍役の玉木雅士らキャスト陣。そして、監督を務める渡辺歩、原作ゲームのディレクターである巧舟ら制作陣も顔をそろえた。@@cutter 原作は主人公・成歩堂龍一をはじめ、個性溢れるキャラクターたちが法廷劇を中心に事件を解決していく人気ゲーム。これまでも様々なメディアミックスが展開されてきたが、このたびファン待望のアニメ化となった。  2001年から続く人気シリーズも今年で15周年を迎える。自身もシリーズの熱烈なファンであったという梶は「アニメ化に驚きました」と感想を話すと共に「(原作の決め台詞)『異議あり!』を言えたのでオーディションは記念受験のつもりでした」と、笑みを交えて裏話を明かす。  悠木は「原作ではしっかりした印象でした」とキャラへの思いを語るが、「現場での指示によりおっとりした一面にも気づけました」と、イメージの変化を話す。今回、アニメのレギュラーとオーディション合格を人生で初めて勝ち取ったという玉木は、「御剣は愛されすぎているのでプレッシャーもありました」と本音を口にする一方、「演じるたびに『もっとクールに』『もっとキザに』と求められて、不安なままではキャラにも失礼」と自身の成長についても語る。  開発当初、原作内で成歩堂の声を担当した巧は「わりと声質が近かったのかもしれませんね。イメージ通り」と梶の演技に太鼓判を押し、「プロは違うなと思いました」と感想を話す。渡辺は「キャラの幼少期にも迫り、原作での物語も補完されています。ぜひゲームをプレイしながら楽しんでほしい」とアピールした。  アニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!』は4月2日からスタート。毎週土曜日17時30分から、読売テレビ・日本テレビ系にて放送。

  • 『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』 新たなキービジュアル解禁

    TVアニメ『逆転裁判』4月2日放送開始 正式タイトルは『その「真実」、異議あり!』

    アニメ・コミック

     梶裕貴、悠木碧ら人気声優が出演するぶ読売テレビ系TVアニメ『逆転裁判』の放送開始日が、4月2日に決定。さらに、新キービジュアルの解禁と共に、正式タイトルが『逆転裁判 その「真実」、異議あり!』になることが明らかとなった。@@cutter 原作『逆転裁判』は裁判を題材に、2001年の発売以来シリーズ累計販売本数560万本を突破するカプコンの人気アドベンチャーゲーム。プレイヤーは弁護士の成歩堂龍一(ナルホドウリュウイチ)となり、奇想天外な事件に巻き込まれ無実の罪を着せられた依頼人を助けていく内容だ。  アニメ化にあたり、主人公・成歩堂龍一役に梶裕貴、綾里真宵役に悠木碧、御剣怜侍役に玉木雅士、綾里千尋役に中村千絵、糸鋸圭介役に岩崎征実、矢張政志役に奈良徹らの出演が発表されていた。  これまで、成宮寛貴、斎藤工、桐谷美玲らが出演した実写映画版や、宝塚歌劇での舞台版など、様々な展開をみせてきた『逆転裁判』だけに、今回のTVアニメにも大きな注目が集まっている。

  • トヨタ「プリウス」部品が二次元キャラに

    花澤香菜&悠木碧ら、“車の部品”に!トヨタ「プリウス」擬人化プロジェクト始動

    気になる

     トヨタ新型プリウスによる新プロジェクト「PRIUS!IMPOSSIBLE GIRLS」が18日よりスタートした。これは、同車種の部品を擬人化したコンテンツを展開するというもので、サイト上で部品にまつわるセリフ、それぞれのキャラクターの性格と、符号する部品の説明を公開。各キャラクターの声を花澤香菜、悠木碧、井口裕香ら人気声優が務める。@@cutter 新型プリウスは、「もっといいクルマづくり」を徹底的に追求し、TNGA(Toyota New Global Architecture)の第1号車として、クルマづくりをゼロから見直しつくりあげたクルマ。本プロジェクトは、最大熱効率40%を実現したエンジンや悪路でも快適な乗り心地をもたらすダブルウィッシュボーン・サスペンション、空気抵抗を調整することで燃費改善に貢献したグリルシャッターなど、新型プリウスを支える各部品がキャラクターになることで、同車種のさらなる魅力を実感してもらうのが目的だ。  花澤、悠木、井口のほかにも日高里菜、種田梨沙、茅野愛衣、鬼頭明里、久野美咲、タカオユキ、大森日雅ら声優陣がキャラクターボイスを担当。24人の有名クリエイターが作り上げた全40種類の中から10キャラクターに命を吹き込む。  今回、“2ZR‐FXEエンジン”に声を当てる花澤は、「こうやってひとつひとつの部品を、職人さんとか開発の方が愛情をこめて作ったものを、みんなにわかりやすく届けるためには“確かに擬人化するといいよね”ってすごく納得しました!」と、本企画への感想をコメントしている。  なお、1月19日よりテレビCM「プリウス PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」篇をオンエアするほか、2月1日より文化放送のネット・ラジオ『井口裕香のむ~ん』でラジオCMがスタート。2月8日にはサンプリングイベントを実施するなど、今後もさまざまなコンテンツを展開する。

  • 『逆転裁判』TVアニメ化決定!

    『逆転裁判』2016年4月TVアニメ化決定!梶裕貴&悠木碧ら人気声優が出演

    アニメ・コミック

     カプコンが贈る大ヒットゲーム『逆転裁判』が、2016年4月よりTVアニメ化することがわかった。主人公の弁護士・成歩堂龍一役を務める梶裕貴を始め、綾里真宵役に悠木碧、御剣怜侍役に玉木雅士、綾里千尋役に中村千絵、糸鋸圭介役に岩崎征実、矢張政志役に奈良徹…と、豪華声優陣の出演も決定している。@@cutter 『逆転裁判』は裁判を題材に、2001年の発売以来シリーズ累計販売本数560万本を突破する人気アドベンチャーゲーム。プレイヤーは弁護士の成歩堂龍一(ナルホドウリュウイチ)となり、奇想天外な事件に巻き込まれ無実の罪を着せられた依頼人を助けていく内容だ。アニメ版では、成歩堂が新人弁護士として法曹界に足を踏み入れるところから物語が始まる。  アニメの見せ場は、何といっても個性的なキャラクター達がぶつかり合う法廷バトル。成歩堂はライバル検事に絶体絶命のピンチに追い込まれながらも、判決が下るまでは決して諦めず、そして「異議あり!」の言葉とともに反撃を開始する。発想の逆転と依頼人を信じる心で戦い抜き、最後には事件の真相を暴いて無罪を勝ち取るという爽快感を描き出す。  これまで成宮寛貴、斎藤工、桐谷美玲など豪華俳優陣が名を連ねた実写映画。宝塚歌劇にとって初となるゲームコラボ舞台。そして謎解きイベントや東京ジョイポリスでのアトラクション化など、幅広い展開をみせてきた『逆転裁判』の待望のTVアニメ化に注目が集まる。  TVアニメ『逆転裁判』は、読売テレビ系にて4月より毎週土曜日17時30分~放送。

  • TVアニメ『僕だけがいない街』 土屋太鳳&満島真之介が2人1役で声優初挑戦

    土屋太鳳&満島真之介、アニメ声優初挑戦 「ノイタミナ」で“主人公を2人1役”

    アニメ・コミック

     女優・土屋太鳳と俳優・満島真之介が、TVアニメ『僕だけがいない街』にて、“2人1役”で主人公を演じ、アニメ声優に初挑戦することがわかった。本作は、「マンガ大賞」や「このマンガがすごい!」にランクインし、藤原竜也主演で実写映画化も決定している人気同名コミックを原作に、2016年1月7日よりフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送される。@@cutter 本作の主人公は、突如自分だけの時が巻き戻る現象“再上映(リバイバル)”に悩まされる漫画家志望の青年・藤沼悟。ある日、小学校時代に巻き戻った彼が、同級生・雛月加代も被害にあった連続誘拐殺人事件と向き合う姿を描く。土屋は10歳の悟、満島は29歳の悟として、2人1役で声優に初挑戦する。  土屋はこの決定を受け、「嬉しいと同時にとても緊張しています。今は二次元の世界で生きる悟を追いかけようと必死ですが、背中はあまりにも遠く、焦るばかりです」と不安げな様子をみせるも、「必要なテクニックなどを教えていただきながら、悟のように全力で、あきらめず食らいついていきたいと思います」と力強く宣言。  一方の満島は「オファーを頂いたときは、率直にうれしかったです。声だけで表現する世界にとても興味があるので、ワクワクしています」と胸を躍らせる。また、原作を読み「何の変哲もないどこにでもいるような青年を主人公に、ここまで繊細な愛情溢れるサスペンス作品を造る原作者・三部けい先生に驚かされました。素敵なスタッフ、共演者の方々と共に力を合わせて、心に響く作品を届けたいと思います」と意気込みを語った。  また本作では土屋と満島のほか、雛月加代役として悠木碧、片桐愛梨役として赤﨑千夏、白鳥潤役として水島大宙、藤沼佐知子役として高山みなみら人気声優陣の出演決定も発表された。

  • 『ワンパンマン』 10月よりテレビ東京ほかにて放送決定

    『ワンパンマン』10月よりテレ東ほかアニメ放送開始! 主要メンバーのコメント到着

    アニメ・コミック

     3月にTVアニメ化を発表した『ワンパンマン』が、10月よりテレビ東京ほかにて放送が決定した。また、原作コミックス第9巻(8月4日発売)同梱のドラマCD収録を終えたキャスト陣からのコメントも届いた。@@cutter 本作の主人公は、趣味でヒーローを始め、3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた男・サイタマ。だが、あまりにも強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。「圧倒的な力ってのは、つまらないもんだ」と、情熱と毛髪を失った平熱系ヒーローの前に、今日も新たな敵が現れる…。  サイタマ役には古川慎、ジェノス役には石川界人、音速のソニック役には梶裕貴、戦慄のタツマキ役には悠木碧、無免ライダー役には中村悠一、シルバーファング役には山路和弘、キング役には安元洋貴、ゾンビマン役には櫻井孝宏、タンクトップマスター役には小西克幸…と、人気声優が勢揃い。コミックス第9巻同梱のドラマCDでは、まさかのスピンオフ「桃太郎」を演じている。  ドラマCDのアフレコを終えた古川は、「収録ではサイタマ、ジェノスの他、力強い先輩方とご一緒できるとのことで前日から緊張しっぱなしでした!」と胸中を明かし、「今回はキャラクター紹介を兼ねたお話になっているので、各キャラクターを良く知らない人でも楽しめるオーディオドラマとなっております!」とアピール。  また、櫻井は「初ゾンビマンはセルフパロディでした。なんと!あの桃太郎をワンパンマンテイストでお送りします。なんというか…ワンパンかましたようなドラマでとても楽しかったです!」とコメント。中村も「まだアニメ本編の収録に参加していませんが、現場の空気を少し感じることができ、楽しかったです」と、これからのアニメ収録への期待を寄せた。

  • 悠木碧の早口言葉がすごすぎる!「ダッシュエックス文庫」のCMメイキング映像公開

    悠木碧、プロの技を見せつけるメイキング映像解禁! 1秒間に11文字話す超早口に挑戦

    アニメ・コミック

     2014年末に新創刊し、人気を博しているライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」のCMで、人気声優・悠木碧が見せたナレーションがすご過ぎると評判になっている。まさにプロというべきこのCMのメイキング映像が解禁となった。@@cutter CMは、本レーベルから初のアニメ化作品となる『六花の勇者』(山形石雄 イラスト/宮城)の放送開始を記念して制作されたもの。同作でヒロインのフレミーを演じる悠木が、30秒間に330文字もの量を音読し、本レーベルの最大の強みである“魅力的なキャラクター”を伝える。  この30秒間に330文字というのは、プロにとってもかなりの早口だ。ナレーションや話し方のプロとされるアナウンサーでは、1分間に300文字(30秒で150文字)が基本とされているという。そのため、その倍以上の文字量、さらに抑揚を付けてナレーションをしなければならない同CMには、“早口言葉が得意”だという悠木にとっても「これはマズイぞ、普通に5、6回間違えるかもしれないですね」というチャレンジなのだ。  メイキング映像では、練習で間違え苦笑する悠木の姿が映される。とはいえ、本番ではたった1回のチャレンジでOKテイク。完璧なナレーションを披露しており、まさにプロ中のプロといった妙技を見せつけている。ぜひともそのすご技を確認してもらいたい。  悠木がヒロインを演じる『六花の勇者』は、ダッシュエックス文庫らしい、出会ったことのないキャラクターの魅力が光る作品。地上最強を自称する少年アドレットは、『六花の勇者』に選ばれ、約束の地へと赴いた。しかし、そこには六人のはずの勇者が七人揃ってしまった。それは、一人が偽物かつ、敵であることを意味するのだ。  悠木は、本作について、「それぞれキャラクターの見た目と本当の姿とのギャップが凄く魅力的で、面白い作品です! 私が演じる勇者フレミーは一見ミステリアスな少女です。孤独な役柄で声のトーンも低いですが、話が進む毎に彼女の本当の気持ちも分かってきて、最初に抱いた印象と全く変わってくるのがまたいいんです!」とコメントを寄せた。  「伝えたいことが多すぎる!ダッシュエックス文庫!!」CMは、7月4日より順次放送開始。

  • TVアニメ『妖怪ウォッチ』 新たに登場する主役級妖怪・USAピョンを演じる重本ことり(Dream5)

    アニメ『妖怪ウォッチ』今夏より新展開! 新キャラでDream5 重本ことりが声優に

    アニメ・コミック

     レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2015 ‐THE BEGINNING‐」が7日に行なわれ、人気コンテンツ『妖怪ウォッチ』の新展開を発表。“セカンドシーズン”と称し、TVアニメでは7月より、新たに女性主人公・未空イナホと主役級妖怪・USAピョンが登場することが発表された。またイベントには、両キャラクターの声優として悠木碧と重本ことり(Dream5)が登壇した。@@cutter 『妖怪ウォッチ』はゲーム・アニメ・映画・玩具・楽曲・まんがなど、クロスメディア展開用に作られた企画。「時代と共に変化する」というキーワードと共に、イベントでは『妖怪ウォッチ』セカンドシーズンへの移行が大々的に発表となった。  7月より登場するもうひとりの主人公・未空イナホは、あらゆるところが普通な男性主人公・天野景太と異なり、“宇宙人との接触”を望むちょっと変わった女の子。宇宙交信用のアイテムと間違えて「妖怪ウォッチU プロトタイプ」を手に入れたことにより、新妖怪・USAピョンと出会い物語が展開していく。  ステージに登壇した未空イナホ役の悠木は「たくさんの子ども達が楽しみにしてくれることにドキドキしながら、イナホちゃんとUSAピョンと一緒に頑張っていきたいと思います」とコメント。USAピョン役の重本は「このような大役を与えて頂き感謝しています。声優の仕事は初めてですが、精一杯がんばります」と、意気込みを語った。  また、同ステージでは重本が所属するユニット・Dream5による「ようかい体操第二」(5月からのEDテーマ)、キング・クリームソーダによる「人生ドラマティック」(7月からのOPテーマ)。そして、重本がメインを務めるコトリ with ステッチバードによる「宇宙ダンス!」(7月からのOPテーマ)も披露された。

  • 『七つの大罪』Anime Japan2015ステージイベントの様子

    <アニメジャパン>梶裕貴、 福山潤のダジャレにフルカウンターで応戦!

    アニメ・コミック

     東京ビッグサイトで開催中の「Anime Japan2015」のBLUEステージにて21日、アニメ『七つの大罪』のスペシャルトークイベントが開催。梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、宮野真守の豪華声優陣が顔をそろえ、会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、鈴木央によるファンタジー漫画を原作に、“七つの大罪”と呼ばれる最強の騎士団を探す旅に出た王女・エリザベスと、酒場の主人を名乗る少年・メリオダスの壮大な冒険を描く物語。3月22日放送の23話、29日放送の24話と、残すところあと2話の放送となる。ステージでは、エリザベスが倒れているシーンの先行カットが公開され、クラマックスには衝撃的な展開が待ち受けている様子だ。    また、7月25日、26日に舞浜アンフィシアターで開催される「七つの大罪 FES」についての概要も発表された。25日昼の部には「メリオダス生誕祭」、夜の部には「聖騎士の夜(ホーリー☆ナイト)」、26日昼の部は「マイハマ喧嘩祭」、夜の部は「大☆団☆円(グランドフィナーレ)」と題したイベントが行われる。    キャスト陣がイベントに向けての企画案を練ることとなったが、福山は「振るカウンター」と名付けたコーナーを提案。ステージの大型ビジョンに「何かわからないけど、実際に梶君に何かの魔力的なサムシングをぶつけてみて、フルカウンターで返してもらう。そしてその返されたものに対してリアクションを取る。間違いなく寒い」と福山の案が映し出されると、会場も大爆笑。どのような内容になるのかを実践することになった。  どんなサムシングをぶつけるかと思いきや、梶に向かってダジャレを炸裂させた福山。すると梶はフルカウンターで応戦。続けて、福山が倒れこむほどのオーバーリアクションを見せると、再び会場は大爆笑。ステージのゴミがジャケットにつくほど、思い切って倒れこんだ福山だが、そのゴミを宮野がはらい落とす一幕もあり、息の合ったキャスト陣の様子に会場からは笑いが絶えなかった。

  • 『終わりのセラフ』放送日決定!

    『終わりのセラフ』放送日決定! 主題歌はOP&ED共に澤野弘之ボーカルプロジェクト

    アニメ・コミック

     「ジャンプSQ.」(集英社)にて連載中の人気コミックを、アニメ『進撃の巨人』で国内外から高い評価を得たWIT STUDIOによって制作される『終わりのセラフ』が、TOKYO MXほかにて4月4日より2クール(4月~6月/10月~12月)で放送決定。さらに、悠木碧&鈴村健一の出演と、OP&EDテーマが澤野弘之のボーカルプロジェクトが手掛けることが明らかとなった。@@cutter 『終わりのセラフ』の舞台は、未知のウイルスにより滅び、子どもだけが生き残った世界。その子どもたちも、地の底より現れた吸血鬼たちに支配され、家畜同然の扱いを受けていた。そんな扱いに耐えかねた百夜優一郎はミカエラや幼い孤児たちと外の世界へと脱出を図るが…。そして4年後、優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊し、恐るべき吸血鬼たちとの戦いに身を投じていく。  これまで、優一郎役の入野自由、ミカエラ役の小野賢章、一瀬グレン役の中村悠一、フェリド・バートリー役の櫻井孝宏、柊シノア役の早見沙織ら豪華声優陣の出演が明かされて話題になってきたが、この度、新たに悠木碧&鈴村健一の出演が決定。悠木は吸血鬼の女王クルル役、鈴村は名古屋を支配する吸血鬼の貴族クローリー役を演じる。  また、本作の音楽プロデュースを手掛ける澤野弘之によるボーカルプロジェクト「SawanoHiroyuki[nZk]」が、アーティスト史上初めて、アニメのOPテーマとEDテーマを両方同時に手掛けることも決定。OP「X.U.」には新人女性ボーカリストGemie、ED「scaPEGoat」にはロックバンド「Survive Said The Prophet」のYoshをボーカリストとして起用し、両楽曲を1枚にまとめて5月20日にCDリリースとなる。

  • 「キュゥべえまん」は11月4日よりローソンにて販売開始

    『まどマギ』キュゥべえモチーフの麻婆肉まん登場 憎しみを込めて喰いちぎれ!

    アニメ・コミック

     社会現象を巻き起こした人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場するキャラクター“キュゥべえ”をモチーフにした中華まんが、11月4日からローソンにて発売決定。さらに発売記念企画として、声優・悠木碧(鹿目まどか役)のサイン入りフィギュアが当たるツイッター連動キャンペーンも実施される。@@cutter 「キュゥべえまん」は、本格的な麻婆味の辛い肉まん。見た目の可愛らしさとから想像できない中身とのギャップが味わえるという、まさにキュゥべえの本質を忠実に再現した逸品である。多くの原作ファンから憎まれているキュウべえを、憎しみ(?)を込めて食してみてはどうだろうか。無くなり次第終了となる商品なので、早めにチェックして欲しい。  また、11月4日~6日の期間に、ツイッターアカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」による対象のつぶやきをリツイートすると、抽選で1名に鹿目まどか役・悠木碧のサイン入り「ローソン描き下ろしまどかフィギュア」がプレゼントされる。なお、「ローソン描き下ろしまどかフィギュア」は11月15日より一部ローソン店舗でも数量限定・先行発売となる。  「キュゥべえまん」は11月4日よりローソンにて発売開始。

  • 『アップルシード アルファ』荒牧伸志監督も絶賛する音楽を制作した中田ヤスタカ

    <TIFF2014>小松由佳&諏訪部順一『アップルシード』は日本語版作る気持ちで

    映画

     28日、東京・TOHOシネマズ六本木にて行われた第27回東京国際映画祭特別招待作品『アップルシード アルファ』の舞台挨拶に、ボイスキャストを務めた小松由佳、諏訪部順一、悠木碧、高橋広樹と、監督の荒牧伸志、およびメインテーマ楽曲を手掛けた中田ヤスタカが登壇し、完成した作品に対してのそれぞれの思いを語った。@@cutter 本作の制作にあたり、荒牧監督は「メインキャラクターであるデュナンとブリアレオスの関係にフォーカスしたいと思いこだわりました。結果としてこの設定には自分のわがままを通した格好にはなりましたが、スタッフやキャストの協力でこのような形にできたことを感謝したいと思っています」と、作品が思い描いたものになった充実感を感じている旨を語った。  「普段のアーティストへの楽曲提供とは違い、画に音がどう乗るかが重要だと思いました」と語るのは音楽を担当した中田。「この作品は、重量感たっぷりのメカが軽々と動くような重さが、見えてくる印象としては大きいので、その質感を意識しました」と楽曲制作の意図を明かす。その音楽に対して荒牧監督は「音楽が乗ることで画の印象が変わるという興味深い経験をしましたが、自分の期待以上のものになったと思います」と、その出来ばえに非常に満足している様子だった。  日本語の吹き替えを担当したキャスト陣、特に小松と諏訪は“吹き替え”ではなく、“日本語版”を作るという意識でアフレコを行ったそう。悠木は声優陣全員が絶賛の仕上がりになっていると本作をアピールした。  また、今回は合わせて青文字系モデルのゆらが、劇中のキャラクターであるデュナンのコスチュームにて登場、ブリアレオスと共に、作品の日本初公開に華を添えた。  『アップルシード アルファ』は2015年1月17日より新宿バルト9、梅田ブルク7ほかにて全国23館で公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access