マキタスポーツ 関連記事

  • 『きのう何食べた?』第10話場面写真

    今夜『きのう何食べた?』、内野聖陽は西島秀俊から一通の封書を受け取り…

    エンタメ

     俳優の西島秀俊と内野聖陽がダブル主演で恋人同士を演じるドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の第10話が今夜放送される。第10話では、賢二(内野)が史朗(西島)からある封書を受け取るのだが…。@@cutter 本作は、「モーニング」(講談社)連載中で単行本累計発行部数500万部を超える、よしながふみの同名コミックを実写ドラマ化。2LDKのアパートで同居する、料理上手できちょうめんな倹約家の弁護士・史朗と、その恋人で人当たりの良い美容師・賢二を主人公に、彼らの毎日の食卓を通して浮かび上がる男2人暮らしの人生の機微や、ほろ苦くてあたたかな日々を描く。  ある日賢二は三宅祐(マキタスポーツ)から、美容室の2階を改装し、妻・レイコ(奥貫薫)のためにエステルームにしたいという相談を受ける。仲良さげな2人を見て、浮気問題で心配していた賢二はホッとするが、そんなほのぼのした空気は長続きしなかった…。  翌朝、賢二は史朗から一通の封書を受け取る。それは千葉市市役所から届いた、生活保護を受ける父親(内田文吾)の扶養照会の書類だった。  『きのう何食べた?』第10話は、テレビ東京系にて今夜6月14日24時12分放送。

  • 『駅までの道をおしえて』出演キャスト

    新津ちせと笈田ヨシが76歳差共演で友達役 『駅までの道をおしえて』

    映画

     アニメーション監督・新海誠の娘としても知られる子役の新津ちせが映画初主演を務める『駅までの道を教えて』の公開日が10月18日に決定。また、パリを拠点に活躍するベテラン俳優の笈田ヨシが、主人公のサヤカ(新津)と心を通わせる孤独な老人の役で共演することが発表された。@@cutter 本作は、直木賞作家・伊集院静による同名小説が原作。愛犬ルーを亡くしたショックから立ち直れない少女・サヤカを主人公に、彼女と幼い息子を亡くした老人との出会いと、二人の心の交流を温かい筆致で描いていく。主演には一般公募のオーディションを経て、映画『3月のライオン』やミュージカル『美少女戦士セーラームーン』への出演で注目を集める新津を抜てき。撮影は1年間かけて時系列で進め、彼女の成長がリアルタイムで感じ取れる作品となっている。  パリを拠点に俳優・演出家として活躍し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 ‐サイレンス‐』でも強烈な印象を残した笈田が演じるのは、主人公サヤカと出会い、心を通わせることになる孤独な老人・フセ役。サヤカとフセの年の離れた友情が映画の見どころの一つとなるが、新津と笈田の年齢差は実に76歳。共に犬好きなこともあり、本物の友達のように仲むつまじく撮影に臨んでいたという。  また、サヤカを温かく見守る家族として、両親役を坂井真紀と滝藤賢一、近所で暮らす親類役をマキタスポーツと羽田美智子、祖父母役を市毛良枝と塩見三省が演じる。さらにサヤカを取り囲む重要人物として、柄本明が動物病院の院長役、余貴美子が病院の婦長役と、豪華ベテラン俳優陣が集結している。  映画『駅までの道をおしえて』は10月18日より全国公開。

  • 『きのう何食べた?』に出演する(上段中央より)梶芽衣子、志賀廣太郎、(下段左より)佐藤仁美、マキタスポーツ、MEGUMI

    美容室店長はマキタスポーツ 『きのう何食べた?』追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優の西島秀俊と内野聖陽がダブル主演で恋人同士を演じる4月スタートのドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、女優の梶芽衣子、志賀廣太郎、お笑い芸人のマキタスポーツが共演するほか、佐藤仁美とMEGUMIが第1話のゲストを務めることが発表された。@@cutter 本作は、「モーニング」(講談社)連載中で単行本累計発行部数500万部を超えるよしながふみの同名コミックを実写ドラマ化。2LDKのアパートで同居する、料理上手できちょうめんな倹約家の弁護士・筧史朗(西島)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(内野)を主人公に、彼らの毎日の食卓を通して浮かび上がる男2人暮らしの人生の機微や、ほろ苦くてあたたかな日々を描く。  筧史朗は街の小さな法律事務所で働く雇われ弁護士。史朗の日課といえば、定時に事務所を出た後に近所の安売りスーパーへ向かい、吟味した食材で夕食を作ること。食卓に並ぶ料理を見ながら充実感に浸っているところへ、美容師の矢吹賢二が帰宅する。幸せな食卓を囲み、和やかな時を過ごす2人は、“シロさん”“ケンジ”と呼び合う恋人同士。史朗はこの事実を職場でカミングアウトしていないが、ある日、賢二が客にベラベラしゃべっていることを偶然知ってしまう。偏見を持たれることが嫌な史朗は賢二に激怒する―。  梶は、息子に同性の恋人がいることを知り、理解しようとするが完全には受け入れられていない史朗の母・筧久栄を、志賀が、食道がんにより長時間に及ぶ大手術を受けることになる史朗の父・筧悟朗を演じる。  マキタスポーツが扮する三宅祐は、賢二が所属する美容室「フォーム」の店長で妻子持ち。賢二とは美容学校時代の同級生で、仕事の合間に互いの家庭の話をする仲でもある。  第1話で、佐藤が演じるのは、史朗の依頼人で、一方的に離婚され息子に会えない日々を送る今田聖子役。MEGUMIは、賢二の常連客で、既婚にも関わらず賢二を食事に誘おうとするが、彼氏がいると知ってしまう千石さん役を務める。  『きのう何食べた?』は、テレビ東京系にて4月5日より毎週金曜24時12分放送。

  • BS時代劇『立花登青春手控え3』試写会に登壇した溝端淳平

    溝端淳平、主演ドラマ最終章に「これで終わるんだ」と寂しさを告白

    エンタメ

     俳優の溝端淳平と女優の平祐奈が28日、都内で開催されたBS時代劇『立花登青春手控え3』試写会に出席した。本作がシリーズ最終章となることについて、溝端と平は「寂しいな、これで終わるんだっていう思いでクランクインしました」などと寂しさを募らせていた。@@cutter 藤沢周平による時代劇小説シリーズ『獄医立花登手控え』を映像化する本作は、正義感が強く柔術の腕も抜群の若き牢医者・立花登(溝端)が、医者としての経験を積みながらさまざまな事件を解決する姿を描く。第3シリーズでは、登の将来にかかわる出来事が…。この日は共演するマキタスポーツ、そして制作統括の後藤高久(NHKエンタープライズ)、原克子(松竹)も出席した。  溝端は本作がシリーズ最終章と位置づけられていることについて「3作目ともなると、スタッフさんとも本当に気心が知れて、『あぁ帰ってきたぞ』という雰囲気で京都の撮影が始まって…」と回想。寂しさを募らせたものの、それが吹き飛ぶほど暑かったと明かし、「汗だくになりながら(笑)。楽しい撮影現場でしたね」と振り返った。  一方、登のいとこ、ちえに扮する平は「最初17歳だったので、毎年(撮影に)行くたびに、京都の方々が『お帰り』って、実家のように温かく迎えてくださって」と述懐。「前回に比べてすごく撮影日数が少なくて、毎回行き来するたびに、これだけで終わっちゃうんだって…寂しかったです」と心境を明かした。  現在19歳の平は、11月12日に20歳の誕生日を迎えることについて「20歳になったら炭酸とコーヒーが解禁です」とニッコリ。これを受け、溝端はかつてマキタにカフェの利用券をプレゼントしたことを思い出して、トークのネタにした。実は当時、コーヒーが大嫌いだったというマキタは「ありがた迷惑でした」とジョークを飛ばしつつ「おかげで今、コーヒー大好きですよ」と、溝端のおかげでコーヒー好きになったことを明かしていた。  BS時代劇『立花登青春手控え3』は、BSプレミアムにて11月9日より毎週金曜20時放送。

  • 映画『そらのレストラン』本ポスター

    仲間や家族との絆&色とりどりの食材が登場『そらのレストラン』特報公開

    映画

     俳優の大泉洋主演の映画『そらのレストラン』から、主人公たちが1日限りのレストラン開店に向けて奮闘する姿を活写した特報映像と本ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 2012年の『しあわせのパン』、2014年の『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作は、北海道道南にある“せたな町”が舞台となり、海が見える牧場で作り出されるチーズとさまざまな食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。大泉のほか、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、小日向文世、眞島秀和らが出演。映画『神様のカルテ』の深川栄洋がメガホンを取る。  公開された特報映像は、チーズ工房を営む亘理(大泉)、こと絵(本上)、娘の潮莉の家族3人が食卓を囲み、気持ちのいい声で「いただきます!」とあいさつするシーンから開始。チーズ職人の大谷(小日向)が突然意識を失って倒れ込むという劇的な場面を確認できる一方で、5人の仲間たちがうまく出来た料理に「いいねぇ~」と喜び合う姿や、大豆農家の石村(マキタ)が「亘理はアホですけど、俺たちが付いてますんで!」と叫ぶ姿を通じて、彼らの間の熱い絆も感じ取ることができる。  また、亘理の「そらのレストラン、開店です!」という宣言とともに、1日限りのレストランの食卓に、北海道で育まれた野菜、肉、魚からなる色とりどりの料理がずらっと並ぶ光景も捉えられ、味わい深さのある人間ドラマが垣間見られる内容となった。  本ポスタービジュアルでは、遠くまで広がる青空を背景に、亘理らが笑顔で緑豊かな牧場に立ち、笑顔をのぞかせる姿をピックアップ。「笑顔も 涙も おいしいも ひとつに とけあい 分かち合う」というキーフレーズにある通り、仲間と助け合い分かち合って生きることの大切さをにじませたものとなっている。  また今回、大泉とともに人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)を盛り上げた「ミスター」こと鈴井貴之の友情出演も発表された。  映画『そらのレストラン』は2019年正月第二弾全国公開。

  • オリジナル連続ドラマ『ミライさん』完成発表会に登場したのん

    のん、女優復帰作でニートの革命家に!「今まで演じた中で一番クズ」

    エンタメ

     女優ののんと俳優の本郷奏多、女優の堀内敬子が22日に東京都内で行われたLINE NEWSオリジナル連続ドラマ『ミライさん』完成発表会に出席した。主演を務めるのんは、2016年に「能年玲奈」から「のん」に改名して以来の女優としての出演で、本作が待望の復帰作。「本当に楽しいドラマができました」と笑顔で意気込んだ。@@cutter 本作は、LINE NEWSが提供する、スマートフォンファーストの動画コンテンツプロジェクト「LINE NEWS Experimental Project」の第1弾となるオリジナル連続ドラマ企画。今よりちょっとだけ未来を生きる家族のささやかな日常を描く。  本作でのんが演じるのは、ニートで自称革命家、毎日ジャージ姿でゲームばかりしている「ミライさん」。のんは、自身の役柄について「革命家なのに何もしないでだらだらしているっていう変な役だったので、こういう役が来たのが新鮮だった」とニッコリ。さらに、「今まで演じさせていただいた役の中で、一番クズだなって思う役だった」と話して会場を沸かせた。  一方、妹のミライさんを信じてサポートする兄で、ちょっと抜けている研究者のトモロウを演じる本郷は、酷暑厳しい時期に一軒家を借り切って行われた本作の撮影で、セーターを着ていたにもかかわらず汗をかかなかったというエピソードが明かされた。  本郷は「汗だくになってメイクさんや衣装さんの直しが入ったら、場にいる何十人というキャストさんやスタッフさんを待たせることになるので…それだったら(汗を)止めた方がいい」と持論を展開。  会場からは驚きの声も上がったが、そんな本郷でも汗を止められなかったほど暑い日があったそうで、本郷は「僕も人間なので、限界を超えちゃいました」と苦笑いを浮かべていた。  『ミライさん』は9月8日より毎週土曜20時に「LNE NEWS」で配信。

  • 『中学聖日記』に出演する(上段左から)夏川結衣、有村架純、町田啓太、吉田羊、(下段左から)マキタスポーツ、夏木マリ、友近

    有村架純主演『中学聖日記』、共演キャストに町田啓太&吉田羊

    エンタメ

     女優の有村架純が主演する10月期新ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)で、ヒロインの婚約者役を町田啓太が演じることが分かった。併せて物語を彩る共演者として、吉田羊、夏川結衣、夏木マリ、友近、マキタスポーツら実力派キャストの出演も発表された。@@cutter 本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックが原作。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に 心惹かれていく女教師・末永聖(有村)の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。  町田が扮する川合勝太郎は、聖の大学時代からの恋人で、婚約者であるエリート商社マン。遠距離恋愛中の聖へのプロポーズが成功し、幸せの絶頂の中、予想外の出来事に惑わされていく。聖の一番の理解者であり、聖と晶の恋の最大の障壁となる“大人の男”を演じる町田は、「中学・高校生の頃、ラブストーリーのドラマをたくさん観て育ったこともあって、憧れを抱いていた作風に挑戦できることにワクワクしています」と意気込みを明かしている。  吉田が演じる原口律は、勝太郎の会社の先輩で、帰国子女のバリキャリ女子。毒舌家で、女性との恋愛経験もあるバイセクシャルであるが、後に勝太郎に惹かれていき、積極的にアプローチし始め、聖や勝太郎を翻弄していく。  “禁断の初恋”に落ちてしまった息子・晶を案じるシングルマザー・黒岩愛子に夏川、その会社の部下であり友人の上布茂にマキタスポーツ。聖の勤務する中学校の教頭で、新米教師である聖を厳しく指導する塩谷三千代に夏木マリがキャスティングされた。友近は、ドラマオリジナルのキャラクターで、聖のよき相談相手・丹羽千鶴を担当する。  火曜ドラマ『中学聖日記』は、TBS系にて10月より毎週火曜22時放送。

  • 映画『そらのレストラン』ティザービジュアル

    『そらのレストラン』、マキタスポーツ、眞島秀和ら追加キャスト決定

    映画

    大泉洋主演の映画『そらのレストラン』に、マキタスポーツ、眞島秀和、小日向文世らの出演が発表された。合わせてどこまでも広がる北海道の青空を大きく用いたティザービジュアルも解禁となった。@@cutter 2012年の『しあわせのパン』、2014年の『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作は、北海道道南にあるせたな町が舞台となり、海が見える牧場で作り出されるチーズと様々な食材が仲間と家族の心を繋ぎ、絆を強めていく様を描く。大泉のほか、本上まなみ、岡田将生が出演。監督は『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』の深川栄洋が務める。  北海道せたなで父親から引き継いだ海が見える牧場で亘理(大泉)と妻の潮莉(本上)、東京からやって来た牧羊を営む若者の神戸(岡田)らは牛を育てながらチーズ工房を営んでいた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。   追加キャストとして発表されたのは、亘理と共にレストラン開店に向けて奔走する大豆農家・石村役にマキタのほか、亘理と同級生のトマト農家・富永役をNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演する高橋努、漁師・野添役を、『アズミ・ハルコは行方不明』での好演も記憶に新しいミュージシャンの石崎ひゅーい。   加えて、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で武川政宗役を演じた眞島秀和が、レストラン開店に欠かせない存在のカリスマシェフ・朝田役を務める。大泉と同じ北海道出身の小日向文世が亘理にチーズ作りを教えるチーズ職人・大谷に、風吹ジュンがその妻に扮する。  公開されたティザービジュアルでは、どこまでも広がる北海道の青空の下、亘理らが花咲く美しい牧場に集合し、皆で笑顔を浮かべる姿をフィーチャー。「笑顔と出会うたび、人生はおいしくなる気がする」というコピーも加わったことで、本作で描かれる温かさを感じ取ることができる。  映画『そらのレストラン』は2019年初春全国公開。

  • ドラマ『青い鳥なんて』に出演する飯豊まりえ

    飯豊まりえ、「ドラマ甲子園」大賞作品に主演 女子高校生が脚本・監督を担当

    エンタメ

     女優の飯豊まりえが、高校生を対象にしたCS放送フジテレビONE/TWO/NEXTの脚本・演出家才能発掘プロジェクトである第4回『ドラマ甲子園』大賞作品を実写化したドラマ『青い鳥なんて』で主演を務めることが決定した。@@cutter 『青い鳥なんて』は、夏休み最後の日を舞台に、彼氏への想いに悩む女子高校生のヒロインを描く青春ラブストーリー。飯豊は恋人への想いに悩む女子高校生の主人公・麻寺夏恋愛(あさでら・かれあ)を演じる。そしてひょんなことから主人公と一緒に青い鳥を鳥の病院まで届けに行くことになる、学年一の秀才男子高生に杉野遥亮、関谷に想いを寄せるお嬢様高校生に中村ゆりか、キーパーソンとなる路上ミュージシャンにマキタスポーツが起用されている。  第4回『ドラマ甲子園』大賞を受賞した『青い鳥なんて』は、東京都在住の高校2年生・栗林由子の作品。同年代の若い世代が脚本、監督する作品に関して飯豊は「高校を卒業してからまだ1、2年なので、高校生は遠い昔の話ではなく、年齢の近い同世代の方が作品を作るというのは企画自体、面白いと思いました。その作品に携われるのは純粋にうれしく思いました」とコメントを寄せている。  また脚本について「今まで恋愛ものの作品はいくつかやらせていただきましたが、リアルな高校生の書く内容がすごくピュアというか純粋で真っ直ぐと感じたのは、特に台詞です。自分の感情が台詞になっていて新鮮でした。なかに妄想チックな台詞があって、高校生が考える青春ものはこういうものなんだなと感じましたし、構成も面白いなと思いました」とその独特の感性に対する感想を明かす。  さらに栗林監督と直接対面し「栗林監督は思い入れが強く、夏恋愛ちゃんに対しても愛が強かったので、私自身も向き合って、今回の作品では意見を出させていただきながら一緒に作ってサポートできたらいいなと思いました」とその印象を語っている。

  • マキタスポーツ、監督業に強い関心「圧倒的な存在を撮ってみたい」

    マキタスポーツ、監督業に強い関心「圧倒的な存在を撮ってみたい」

    映画

     お笑い芸人であり、ミュージシャンという一面も持つマキタスポーツ。近年では、俳優として数々の作品に出演し、存在感を示しているが、そんなマキタが出演している映画『忍びの国』が公開中だ。本作で織田軍の武将・長野左京亮を演じているマキタが、俳優という仕事への考え方や、興味を持っているという監督業について語った。@@cutter 人気作家・和田竜が、織田軍と伊賀の忍者たちの戦い「天正伊賀の乱」をモチーフに描いた同名小説を、『殿、利息でござる!』の中村義洋監督で映画化された本作。マキタは織田軍の家臣・長野左京亮という武将を演じているが「伊賀の忍者たちはもちろん、(伊勢谷友介演じる)大膳のような超人的な人たちのなか、左京亮は振り切った人格でもなく、腹のなかにずるさも持っている。ある意味で人間くさい役柄だったので、現代にも通じる人物だなと思ったんです」と役へのアプローチ方法を語る。  マキタの言葉どおり、とかくヒーロー然としている戦国武将が描かれることが多いなか、コンプレックスを抱えているような人柄には感情移入しやすい。劇中も見せ場はあるものの、その行動は現実的だ。「甲冑や脇差などをすると、スイッチを押される部分が多く、見栄を切りたくなるのですが、強調しすぎないように意識しました。僕は剣道をやっていたのですが、剣道はリアルな世界で、派手なパフォーマンス的なことをすると怒られたんです。その癖か、あまりお芝居を大きくせず、リアリティを意識したんです」。  キャラクターを捉えるしっかりとした目、そして安定感のある演技。出演作も多く、着実に俳優としてのキャリアを積んでいる印象を受けるが「自分では『俳優業はこうだ』という答えを決めていないんです」と、俳優という仕事に対して、特別構えて臨んでいるわけではないと明かす。  それでも「僕はライブとかもやり続けていますが、俳優の仕事をする前は『自分のまんまでやるんだ』なんて意識があったのですが、俳優の仕事をし始めてから『嘘つけ! ライブで人前に出るときだって、演じているじゃねーかよ』と気づいたんです。そこからは、ライブでお客さんの前に出るときとかも『状況に合わせて、きっちりマキタスポーツという人間を演じてやろう』と思うようになり、より振り切ったマキタスポーツを演じることができているような気がします」と俳優業をやったことによる変化を語る。@@separator さらにマキタはミュージックビデオなどの監督を務めることもあるが「映画監督にはとても興味があります。現場監督もそうですが、僕は編集に興味があるんです」と語ると「すべての監督が等しく感じていることだと思いますが、天然の存在感を持っている人に惹かれますよね。すごく緻密に計算されたお芝居をされる人も大切ですが、圧倒的な存在を撮ってみたいという欲望はあります」と明かす。  「撮ってみたいジャンルは?」という問いに「コメディ」と答えたマキタ。お笑い芸人から映画監督という存在では、北野武監督が思い浮かぶが「たけしさんはたけしさん。ちょっと特殊な方で比類するものがない存在です」と述べていた。  劇中に登場する伊賀忍者は「欲にまみれた虎狼の族」と表現されているが、マキタにとって現在もっとも強い“欲”を聞くと「子どもを思い通りにしたいという欲ですかね」と回答。「いま長女は高校1年生でまさに思春期。もちろん恋もすると思うのですが、僕の知らないところで付き合って欲しくないとか、そういう思いが強いんです。もちろん、僕も子どものころ、そういう親の管理に抵抗してきたのですが、実際親になってみると、管理したくなる。親のエゴなんですけれどね」とユニークな“欲”を披露してくれた。(取材・文・写真:磯部正和)  映画『忍びの国』は全国公開中。

  • 門脇麦主演『世界は今日から君のもの』場面写真

    門脇麦、おどおどサバゲー姿に胸キュン!? 『世界は今日から君のもの』映像解禁!

    映画

     引きこもりという社会派なテーマをガーリーな世界観で描いた、門脇麦主演による映画『世界は今日から君のもの』の最新ビジュアルと一部本編映像が解禁された。主演の門脇のほか、三浦貴大、比留川游が、それぞれの個性溢れる“サバゲーファッション”を披露している。@@cutter 本作の主人公・小沼真実(門脇)は高校生から引きこもり、好きな漫画やイラストの模写で現実逃避しながら生活していた。そんなさなか、父・英輔(マキタスポーツ)のすすめでゲーム会社で“バグ出し”の仕事を始めた真実。ある日、その会社に勤める矢部遼太郎(三浦)が担当するゲームのイラストに手を加えたことから、転機が訪れることに…。  今回、解禁された最新ビジュアルは2点。真実がほのかに恋心を寄せるサバゲー愛好者の上司・遼太郎に誘われ、初体験を前に銃口を覗き込むシーン。そして、さながらアンジェリーナ・ジョリーやミラ・ジョボビッチを思わせるような、サバゲーが似合う女性・恵梨香を演じる比留川游によるスタイリッシュなカットも公開されている。  また、ビジュアルと共に解禁された映像は、遼太郎の華麗な銃さばきから一転、真実と恵梨香による女性2人華麗な勝敗が気になる対決シーン。さらに、コメディエンヌとしての門脇の新たな一面が垣間見える。  映画『世界は今日から君のもの』は、7月15日から全国ロードショー。

  • 石原さとみ、『忍びの国』ジャパンプレミアにて

    大野智、石原さとみから大絶賛「『スゴいね』と言わせてくれないスゴい人」

    映画

     嵐の大野智が31日、6年ぶりに主演を飾った映画『忍びの国』のジャパンプレミア舞台挨拶に登壇。共演者らと軽快なトークを展開し、ヒロイン役の女優・石原さとみにはアクションやセリフ回しを飄々とこなす様を「『スゴいね』と言わせてくれないスゴい人」とベタ褒めされた。@@cutter 本作は、和田竜の同名小説を原作とするアクション時代劇。戦国の世を舞台に、織田軍と伊賀忍び軍の戦いを描く。今回の舞台挨拶には大野や石原のほか、伊勢谷友介、鈴木亮平、立川談春、知念侑李、マキタスポーツ、満島真之介、中村義洋監督が出席した。  “無類の怠け者”にして伊賀最強の忍者・無門を演じた大野は、舞台挨拶冒頭で、床下から飛び上がって登場するポップアップを披露して黄色い悲鳴を浴びるも、「難しいっすよね…」と本音がポロリ。「ライブなら嵐5人で登場。一人じゃないんで紛れるじゃないですか。(本作の共演者の)皆で飛びたかったすよ」と話して会場を笑わせた。  無門の妻・お国役の石原は「殺陣と聞くと男臭くなりがちだけど、これだけポップに描いているアクション映画はなかなか見たことない。“アクションってこんなバリエーションがあるんだ”と思って、(アクションシーンに)出演していないから普通にお客さんとして見ていた」と今作の感想を述べ、大野のアクションを「とんでもない動きをする。スゴいしなやか。ものスゴい跳躍力があるというか、スゴい飛ぶ」と褒めちぎる。  石原は、大野について続けて「『スゴいね』と言わせてくれないスゴい人。努力をしてるというのを見せない方。『できることが当たり前』という感じで飄々としている。ハラハラせずに安心して見ていられる」と信頼感を口に。また過密スケジュールにもかかわらず「セリフ、完璧だった」と褒め称えた。  織田信雄役の知念も開口一番、「オープニングの大野くん、めちゃくちゃカッコよかったですね。後ろ姿だけでもカッコよくて、相変わらず僕は惚れてましたね」とニコリ。自身の役どころに話が及ぶと「運動神経を買われて“忍者やらせていただけるんだろうな!”と思っていたら、まさかの、映画で一番動かない王様の役」と肩を落とした。さらに「鎧かぶと、すっごいデカイのをつけてた。めちゃくちゃ重かった」と撮影当時の苦労を漏らしていると、石原が「でも私、信雄のシーンで初めて泣きました。スゴくいいシーンでした」と告白。知念はそれを聞いて笑顔をこぼし、こぶしを力強く握っていた。    映画『忍びの国』は、7月1日より全国公開。

  • 映画『忍びの国』ビジュアル

    大野智主演『忍びの国』、上海国際映画祭コンペ部門に出品決定! 邦画では唯一

    映画

     嵐の大野智が主演を務め、『のぼうの城』の和田竜が原作を手掛ける映画『忍びの国』が、6月17日から26日に開催される第20回上海国際映画祭のコンペティション部門<ジャッキー・チェン・アクション映画週間>へ出品されることが決まった。邦画では唯一の出品となる。@@cutter 『忍びの国』は、史実・天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナミックに描く、戦国エンターテインメント大作。大野が演じる主人公・無門は、普段は“無類の怠け者”だが“伊賀最強”の忍びという役どころ。無門の妻・お国に石原さとみ、そのほか伊勢谷友介、鈴木亮平、知念侑李、マキタスポーツ、立川談春、國村隼など豪華キャスト陣が集結、監督は『予告犯』、『殿、利息でござる!』の中村義洋監督が務める。  <ジャッキー・チェン・アクション映画週間>は上海国際映画祭のレギュラー部門として、アクション映画への優れた貢献を称えるとともに、新たな才能を発掘する場。ジャッキー・チェンをはじめとする著名スターがセレモニーに参加し、投票で選ばれた各賞が発表される。  上海国際映画祭選出担当者は、「忍者を題材にした非常に独特な日本映画で、アクションシーンは驚きに満ちた仕上がりでした。予想もつかない撮影アングルと編集により、魅力的なシーンの数々が仕上がっておりました。ジャッキー・チェン・アクション映画週間のコンペティションで上映するのに非常に適した作品です」とコメントしている。  また本作は、アメリカ・ニューヨークのジャパン・ソサエティが主催する北米最大の日本映画祭、第11回JAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ!(7月13日~23日開催予定)での上映も決定している。  『忍びの国』は7月1日より全国公開。

  • 門脇麦、不器用な引きこもり女子を熱演! ガーリーな青春映画で主演

    門脇麦、不器用な引きこもり女子を熱演! ガーリーな青春映画で主演

    映画

     門脇麦が不器用な引きこもり女子を熱演した映画『世界は今日から君のもの』が、7月15日より劇場公開されることが決定した。本作は、人と接することが苦手で引きこもりになった主人公・小沼真実が、新しい人との出会いや社会との触れ合いを通して、少しずつ自分らしい一歩を踏み出していく姿を、ガーリーな視点で描いた物語。@@cutter 同作の主人公・小沼真実は、高校の頃から5年間引きこもりとなり、自分の部屋で好きな漫画やイラストをひたすら正確に模写することで、現実逃避をしていた。父の英輔と母の美佳は離婚し、真実は父との二人暮らし。心配性の父のすすめでゲーム会社のバグ出しの仕事を始めるが、ひょんなことからそのゲーム会社に勤める社員・矢部遼太郎が、担当するゲームのイラストに手を加えたことで真実の絵の才能が認められる。  ある日、遼太郎から「自由に描いていいから」とゲームキャラクターのイラストを頼まれ、彼への仄かな恋心もあり、遼太郎の役に立ちたいと描くことに向き合おうとするのだが…。  主演は、話題作『愛の渦』をはじめ『二重生活』『太陽』などの映画やドラマ、舞台でも躍進を続ける女優・門脇麦。その他、三浦貴大、比留川游が主人公と関わっていく周辺人物を、真実の父をマキタスポーツ、母をYOUが演じる。  監督は『結婚できない男』『梅ちゃん先生』『お迎えデス。』『特命係長・只野仁』などのTVドラマや、映画『g@me』『天国からのエール』の脚本を手掛けた人気脚本家の尾崎将也。脚本も自ら手掛けたオリジナルストーリーで、『ランデブー!』に続く監督2作目となる。  映画『世界は今日から君のもの』は7月15日より全国公開。

  • 映画『忍びの国』ティザービジュアル

    大野智主演『忍びの国』映像解禁! キャストビジュアルも公開

    映画

     嵐の大野智主演に迎え、作家・和田竜の人気時代小説を原作とした映画『忍びの国』にて、劇中ビジュアルが初解禁、合わせて公式サイトにて特報映像が公開された。@@cutter 本作は、豪華俳優陣が共演する戦国エンターテインメント超大作。戦国の世で影として生きる伊賀忍者であり、一族最強の腕を誇る半面、金の亡者、怠け者の無門を中心に、織田軍と伊賀忍び軍団の大合戦をダイナミックに描く。  原作を手掛ける和田竜の作品は、従来の時代小説とは異なり明瞭で痛快なストーリーと血湧き肉躍る合戦シーンで、全く新しい歴史小説の到来を告げたデビュー作『のぼうの城』が実写映画化され興行収入28.4億円の大ヒットを記録。『村上海賊の娘』は、2014年本屋大賞を受賞するなど、常にその圧倒的なスケールと緻密な人物描写で読者を戦国の世界へ誘う作品を発表し続けている。  本作で演出を手掛けるのは『映画 怪物くん』、『予告犯』、『殿、利息でござる!』を手掛けたトップクリエイター中村義洋監督。そして、主人公・無門を演じるのは、中村監督との念願の再タッグで時代劇映画初主演となる大野智。また、大野とは映画初共演となる石原さとみが、無門の頭の上がらない妻、お国を演じ、その他にも伊勢谷友介、鈴木亮平、知念侑李、マキタスポーツ、平祐奈、國村隼、立川談春など豪華俳優陣が集結している。  公開されたビジュアルには「我が名は無門。嫁さん以外は怖いもん無し。」というキャッチコピーが付けられ、伊賀最強の忍び姿の大野が全面に描かれる。また、本編映像が初公開となる特報では、豪華キャスト陣の扮装姿とともに、伊賀一の忍びといわれる無門の姿が登場、最強織田軍との決死の戦いの様子が切り取られたシーンが映し出されている。  映画『忍びの国』は7月1日より全国公開。

  • 池松壮亮主演『銀と金』に原作者・福本伸行が出演

    池松壮亮主演『銀と金』、原作者・福本伸行が出演決定

    エンタメ

     今月7日から放送がスタートする池松壮亮の初主演ドラマ『銀と金』(テレビ東京)に、同ドラマの原作者にしてギャンブル漫画の第一人者である福本伸行の出演が決定した。『賭博黙示録カイジ』『アカギ~闇に降り立った天才~』の代表作を筆頭に、緻密な心理描写でカリスマ的人気を誇る福本が、本作の何話にどんな役どころで登場するかは、今のところ明らかになっていない。@@cutter ドラマ『銀と金』は、何事もうまくいかず、ギャンブルに逃げていた森田鉄雄(池松)が、“金がすべて”の裏社会を仕切る大物フィクサー・平井銀二(リリー・フランキー)との出会いをきっかけに、欲望に踊らされる悪の紳士たちを、経済的にも精神的にも粉砕する姿を描く魑魅魍魎のブラックエンターテインメント。  キャストには、池松、リリー・フランキーのほか、警視庁OBでかつての人脈を使い銀二をサポートする安田巌役をマキタスポーツ、元新聞社で銀二たちが出入りするバーを切り盛りしている巽京子役に臼田あさ美、元特捜部検事で切れ者の船田正志役には村上淳が担当する。  土曜ドラマ24『銀と金』はテレビ東京系列にて、2017年1月7日より毎週土曜24時20分から放送。

  • 映画『忍びの国』に石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李ら豪華キャスト集結

    石原さとみ、『忍びの国』大野智の妻役で初共演! 鈴木亮平、知念侑李も出演

    映画

     時代劇映画初主演となる嵐の大野智と中村義洋監督のタッグによる、人気小説を原作とした実写化映画『忍びの国』(2017年に全国公開)にて、石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李ら豪華実力派キャスト陣が発表された。@@cutter 本作の原作は『のぼうの城』『村上海賊の娘』など、スケール感豊かな戦国時代小説を描き続けている小説家・和田竜の人気同名小説。戦国の世で影として生きる伊賀忍者の一人で、伊賀一の腕を誇るも、普段は金の亡者で無類の怠け者・無門(大野)を中心に、織田信長の軍と伊賀忍び軍団が、壮絶な大合戦に突き進んでいく様を描く。  新たに発表されたキャストとして、無門の妻・お国役を石原さとみが務める。今回主演の大野智とは初共演。伊賀・下山家の嫡男・下山平兵衛役には鈴木亮平。伊賀の国に攻め込む織田信長の次男、織田信雄役にはHey!Say!JUNPの知念侑李が担当する。  さらに立川談春、マキタスポーツ、平祐奈、國村隼、伊勢谷友介、でんでん、満島真之介、きたろうなど実力派キャストも集結。  石原は今回の出演に関して「初めて大野さんがセリフを発した瞬間、皆が…無門だ!!と驚き鳥肌立ちました」と現場での驚きを語りながら「幅広い世代の方に楽しんで頂ける作品になるよう最後まで丁寧に演じていきたいと思います」と撮影への意気込みについてコメント。    大野が所属する事務所後輩の知念は「主演が大野くんということで、個人的に念願叶っての共演でしたので、出演が決まったときは本当に嬉しかったです」と先輩との共演を喜びながら「新しい自分を楽しみつつ、悔いが残らないよう、撮影に臨みたいなと思います」と出演への思いを語っている。

  • ドラマ『「闇金ウシジマくん3』

    帰ってきたドラマ『闇金ウシジマくん』“最もヤバいストーリー” 特別映像解禁

    エンタメ

     7月にTVドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』、秋には映画『闇金ウシジマくん Part3』及び映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』と映画版2作連続公開で復活することが先日発表された人気シリーズ『闇金ウシジマくん』。今回、新作ドラマ「Season3」の、過激な取り立て&“エロ”アリな2分間の特別映像が解禁された。@@cutter 今回ドラマ化されるのは、原作史上“最もヤバいストーリー”といわれている「洗脳くん編」。実写化を発表するや否や、「ドラマ楽しみだけど、洗脳くん編ってやっても大丈夫なのw」、「洗脳くん中村倫也がやるの!? ヤベーそれはヤベーよ」との声がネットで飛び交う事態になっている。  冒頭にはウシジマ(山田孝之)が「いちばんタチが悪いのは、自分で手を下さないヤツだ」と戌亥(綾野剛)に語る通り、洗脳という“見えない”敵との戦いを予見し、本当の敵は誰なのか、一瞬たりとも油断できないスリルある世界観を表している。  さらにウシジマの借金を踏み倒そうとする強面のヤクザにはまり、転落する女性編集者・上原まゆみ(光宗薫)の苦悶の表情と婚約者・神堂(中村倫也)の怪しい笑顔、母娘セットでウリをするはめになった家出少女・美奈(佐々木心音)の姿、映画Part2から登場したウシジマの宿敵・女闇金の犀原(高橋メアリージュン)と部下・村井(マキタスポーツ)の取り立てを予感させるシーンなど、過激な映像となっている。  一方でウシジマらしさも健在。柄崎(やべきょうすけ)、高田(崎本大海)のレギュラーメンバーに新たな受付嬢役・エリカ(久松郁実)が加わり、ドSっぷり全開でシリーズ名物の“可愛いものしりとり”に興じる姿や、引きこもりのニート・小瀬(本多力)が下着美女の髪を洗う姿など、ワラいもエロも満載となっている。  さらに、新ドラマ「闇金ウシジマくん Season3」が、動画配信サービスのdTV・UULA・ビデオパス・ゲオチャンネルの4サービスで7月21日24時より同時に配信されることも決定。放送中の連続ドラマがこの4サービスで同時配信されるのは史上初となる。  ドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』はMBS・TBSほかにて7月より放送開始。映画『闇金ウシジマくん Part3』、映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は2016年秋全国公開。

  • 『闇金ウシジマくんSeason3』ウシジマを演じる主演・山田孝之

    山田孝之主演『闇金ウシジマくん』ついに完結 新ドラマ&映画2作が公開

    エンタメ

     人気漫画作品の実写シリーズ『闇金ウシジマくん』が、ドラマと映画で復活することが発表された。7月にテレビドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』が放送スタート、そして秋には『闇金ウシジマくん Part3』&『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』という映画版2作が連続で公開される予定だ。@@cutter 本作で描かれるのは、冷静沈着、冷酷非道なカリスマ社長・ウシジマが運営するヤミ金「カウカウファイナンス」を軸にしたハードな人間ドラマ。放送が決定したドラマ『Season3』では、これまで実写版シリーズを大ヒットに導いてきた山口雅俊監督と、『Season1』以来、演出として復帰する川村泰祐がタッグを組む。  社長のウシジマこと丑嶋馨(うしじま・かおる)役の山田孝之を筆頭に、おなじみのメンバーが登場。情報屋の戌亥(いぬい)役に綾野剛、カウカウファイナンスの社員・高田役に崎本大海、柄崎役にやべきょうすけ、さらに映画第二作に登場した女闇金・犀原茜(さいはら・あかね)役の高橋メアリージュン、犀原の右腕・村井役のマキタスポーツも本シリーズではレギュラーメンバーとして登場するほか、新キャストに、女性向け雑誌編集部で働く上原まゆみ役にモデル・女優として活躍する光宗薫、そのまゆみにマインドコントロールを仕掛け翻弄する謎の男・神堂役を中村倫也が務め、実写化不可能といわれた原作エピソードに挑む。  主演の山田は「この作品で生きるために考えるべき多くの物事を知り、そして提示できたと思っています。これからも闇金ウシジマくんが皆さんの人生に必要な作品であり続けることを信じています」とコメント。また、山口監督も「原作で絶対タブー、絶対実写化不可能、絶対やめとけ、と言われたエピソードに取り組み、ドラマシリーズとしてひとつの到達点に達することができました」と、その出来をアピールしている。  ドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』はMBS・TBS ほかにて7月より放送開始、映画『闇金ウシジマくん Part3』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』は2016年秋に公開。

  • 『みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブ・ウォーズ~』配信記念イベントに登場した真野恵里菜

    真野恵里菜、マキタスポーツに「レッドカード出してください!」セクハラ発言に反撃

    エンタメ

     オリジナルドラマ『みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブ・ウォーズ~』の配信記念プレミアイベントが19日、都内にて行われ、染谷将太、真野恵里菜ら出演者が浴衣姿で登壇した。パンチラやセクシーシーン連発で話題の本作。イベントでも、マキタスポーツを中心に、そのノリのままのエロ発言が続発した。@@cutter 本作は、園子温監督、染谷将太主演で人気のドラマ『みんな!エスパーだよ!』の映画化(9月4日公開)を記念して制作されたオリジナルドラマ。映像配信サービス「dTV」で19日より配信がスタートした。  この日のイベントで女性キャストたちは超ミニの浴衣姿で登場。真野は「こんなに丈が短い浴衣は初めて。ちょっと恥ずかしいです」と照れる。そんな真野に次々とセクハラ発言していたのがマキタスポーツ。露骨なセクハラ発言の連発に、真野は「もぉ嫌だ!レッドカード出してください!」とたじたじ。最後に「今日のマキタさんの発言は舞台上だから許されるけど、楽屋でだったらもう帰ってると思います」と非難した。  本作でオリジナルヒロインをつとめた小島梨里杏も撮影ではパンチラの洗礼を浴びたよう。だが「セクシーなシーンもたくさんありましたが、体当たりで挑戦しました」と初々しく語った。  最後に染谷はこの作品について、「一人ひとりのキャラクターが愛おしく見える、熱いドラマになっています。その勢いを感じたまま劇場に来てください。映画版ではもっとぶっとんだ青春が待ってます!」とアピールした。舞台挨拶には、深水元基、神楽坂恵、綾部真弥監督も登壇した。  ドラマ『みんな!エスパーだよ!~欲望だらけのラブ・ウォーズ~』は、映像配信サービス「dTV」で全3話配信中。超能力に目覚めエスパーとなった高校生・嘉郎(染谷)。そのエスパー仲間・輝光(マキタ)が営む喫茶店に突然「アルバイトをしたい」 という女性・明日香(小島)が現れる。すると、エスパー仲間の榎本(深水)が明日香に一目惚れし…。

  • マキタスポーツ初主演ドラマ『PANIC IN』ビジュアル

    マキタスポーツ、連ドラ初主演!アクション映画へのオマージュに「肉体的にもハード」

    エンタメ

     お笑い芸人のマキタスポーツが、4月10日からスタートする BSスカパー!オリジナル連続ドラマ『PANIC IN』で主演を務めることがわかった。マキタスポーツは、本作で連ドラ初主演を務め、主題歌もマキタスポーツがヴォーカルを務めるFly or Dieが担当する。@@cutter 本作は、『プロジェクトA』や『スピード』、『エイリアン』などさまざまなパニック・アクション映画のオマージュを散りばめた1話完結ドラマ。番組は、ドラマ本編約30分(全10話)と各監督をゲストに迎えた撮影裏話、オマージュされた関連作品の紹介番組(約15分)で編成される。  43歳独身の主人公・車田寅雄(マキタスポーツ)は職を転々とする冴えない男。その上、バスジャックや未確認生物、テロリストなどに遭遇してしまう。しかし、そんな事態に陥ってしまいのに、なぜか極限にかわいいマドンナと出会う。車田はマドンナにもてたい一心で、非常事態を打破しようと奮闘する。  大スケールのCGを駆使し、緊迫感のある迫力の映像を演出する本作。『うさぎドロップ』のSABUや『ヨーロッパ企画』の永野宗典、 ドラマ『みんな!エスパーだよ』の鈴木太一らが各回の脚本・監督を担当する。  マキタスポーツは「今回初の“連ドラ初主演”で、肉体的にもハードな撮影でしたが、車田寅雄43歳を精一杯演じきりました」と振り返る。見どころは「ヒーローになりきれない、情けない、独りよがりな寅雄、自分自身と重なるところもあるかと。あとは、数多くの映画作品をオマージュしているという視点での映画愛あふれるドラマとしてお楽しみいただけます」とアピールした。  主題歌は、ダークネス(マキタスポーツ)率いるビジュアル系ロックバンドFly or Dieが担当。3月下旬には楽曲が決定する予定で、マキタは「主題歌は絶賛制作中、お楽しみに」と話している。  連続ドラマ『PANIC IN』(毎週金曜21時)は、BSスカパー!にて4月10日放送スタート。

  • 千葉雄大、『戦う!書店ガール』でまゆゆに言い寄られ、稲森いずみに特別な感情を抱く書店員に

    千葉雄大、まゆゆ&稲森いずみと三角関係に!?『書店ガール』“文学青年”な書店員役

    エンタメ

     渡辺麻友(AKB48)&稲森いずみのW主演ドラマ『戦う!書店ガール』で、渡辺からは想いを寄せられ、自身は稲森に特別な感情を抱く…という書店員役として千葉雄大の出演が決定した。@@cutter 本作は書店を舞台に、20代と40代の働く女性が、世代間や境遇のギャップから互いにぶつかり合いながらも、仕事や恋の困難に果敢に挑んで、自分自身に足りなかったものや忘れていたものに気づき、互いに成長していくウーマンライフドラマ。  千葉が演じるのは書店員の三田孝彦。物静かな文学青年風な雰囲気の中に、他人の良いところも、悪いところも見抜いてしまうがために人々との間で一定の距離を保とうとする、不器用な性格の持ち主。  本作への出演に対し、千葉は「書店が舞台ということで、普段自分が通っている本屋さんより一歩踏み込んだところを経験できることをすごく楽しみにしています。見ている方が前向きな気持ちになれるよう、一生懸命頑張ります」と意気込みを語る。  渡辺、稲森については「自分から話しかけるのは苦手なのですが、共演させていただく渡辺さん、稲森さんとは、同じ書店員として、楽しく働かせていただけたらと思っています」と話し、苦手克服を決意した。  千葉のほか、マキタスポーツ、濱田マリら個性派俳優も脇を固める本作。マキタスポーツは、理子が行きつけの沖縄料理店の店主。濱田は、理子のよき話し相手であり一番の理解者である子持ちの書店員を演じる。    ドラマ『戦う!書店ガール』は、関西テレビ・フジテレビ系にて4月より毎週火曜22時放送。

  • 宇多丸&マキタスポーツ、『WOOD JOB!』のぶっちゃけトークを炸裂!

    染谷将太はおっさんで伊藤英明はやんちゃ坊主? 宇多丸&マキタスポーツ 爆笑トーク連発

    映画

     人気監督・矢口史靖の最新ヒット作『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』の、ブルーレイ&DVD発売(11月19日)に向け、音声コメンタリーの収録が行われた。映画の中では “もともと現地(森)にいた男?”かと見まがうほどのなりきり演技を見せつけたマキタスポーツと、作品に一切タッチしていないにも関わらず矢口監督から直々に指名された宇多丸(ライムスター)が参加した。@@cutter 宇多丸は、自身のラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で映画評論コーナーを持ちマニアックな映画ファンからの支持も高い。そんな宇多丸のラジオ番組にマキタスポーツがゲストに出たりと以前から交流があるという二人が軽妙なやりとりを繰り広げた。  直木賞作家・三浦しをんの小説を映画化した本作は、ヘナチョコ都会青年の勇気(染谷将太)が、林業研修の募集パンフレットの表紙に写る美人(長澤まさみ)に一目ぼれしたことがきっかけで、携帯も繋がらずコンビニもないド田舎の村に就職することになり…という矢口監督らしい笑いを織り交ぜた成長物語。  宇多丸は映画の序盤から「染谷くんが都会で歩いているシーンとか映像がスパイク・リー監督っぽいんですよ」と“通”な分析を展開。その後も、「矢口監督のウェルメイドさとバッドテイストが絶妙なバランスで仕上がっている」など鋭い指摘を次々と繰り出し「なるほどね~」とマキタを唸らせた。  「染谷くんって、これまでこういう軽薄な都会の少年っぽい役とかしたことがないですけど、普段の染谷くんにはこういう一面もあったりするんですか?」との宇多丸の問いにはマキタが「いや、全然チャラくないね。染谷の心の中にはハゲたオッサンがいる(笑)もう同年代の感覚だよ~」とぶっちゃけトーク。  一方、村の野生的で凶暴な先輩・ヨキを演じた伊藤英明については「やんちゃ坊主、丸出し」とマキタ。しかし同時に「この作品のヒデアキはヒデアキ史上、最高のヒデアキ」と断言。伊藤がものすごい勢いで走ってきて走行中のトラックの荷台に飛び乗るシーンの撮影で、伊藤が「トラックを追い越し(!)」てしまいNGを出したというエピソードには「俺たちのヒデアキ、サイコー!」とふたりで大盛り上がりしていた。  宇多丸は、矢口監督から「遠慮しないで思いっきり辛口コメントを言って欲しい」とM願望たっぷりのリクエストを受けていたそうで、「矢口作品の中にも正直言うと好き嫌いがないわけではないんです。でもこの作品は細かいところまで本当によくできている大好きな映画で文句を言うのは難しいんですよ…」と妙な恨み節をこぼしつつも、持ち前の“辛口”は途中きっちりと披露。そしてクライマックスの“奇祭”のシーンまで見守ったマキタと宇多丸は、「大オチ、キター!!」と画面に向けて拍手を送っていた。  矢口監督×染谷将太ほかのオーディオコメンタリーやメイキング集、カラーブックレットなどが付いた『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ ブルーレイ豪華大木エディション』(7500円・税別)、スタンダードエディションは11月19日発売。レンタルは11月5日開始。(取材・文:望月ふみ)

  • 『怪しい彼女』7月に日本公開を控え、シム・ウンギョンが来日!

    『怪しい彼女』シム・ウンギョン来日!堀ちえみが「若返りたくない」過去を暴露

    映画

     70歳のおばあさんオ・ドゥリが、毒舌のおせっかいキャラはそのままで突然20歳に若返り、若い頃に抱いた「歌手になる」という夢に向け周囲を巻き込みながら突き進む、という斬新な設定で韓国で大ヒットしたハートフルコメディ『怪しい彼女』。主演女優のシム・ウンギョンが14日、来日し堀ちえみとお笑い芸人のマキタスポーツを交え、トークイベントを行なった。@@cutter 『サニー 永遠の仲間たち』や『王になった男』で日本でも知られる主役のウンギョンは、弱冠19歳ながら中身と外観が異なるキャラクターを演じきったばかりではなく、見事な歌唱力まで披露。  スクリーンでの姿とは一変し、ミニのワンピース姿で登場したウンギョン。「おばあさんのオ・ドゥリ役のナ・ムニさんと何度も台本を読み合わせ、歩き方や話し方も観察しました。私なりの考えも加えて、体は20歳、心は70歳というオ・ドゥリの役作りをしました」と、19歳とは思えない役者魂を披露。  更に、「劇中の歌うシーンについて、当初は吹き替えの予定だったのですが、自身が歌ったほうが感動を伝わるという私の意見を受け入れてもらえました」と作品の裏話も語った。  このイベントには、ウンギョンが主演を務めた『サニー 永遠の仲間たち』以降、彼女を猛プッシュしているマキタスポーツと、昭和歌謡のアイドル・堀ちえみも登場。  もし20歳に戻ったら何をやりたいか?というトークテーマに対し、「こういうことにならないように毛髪のケアをしっかりやりたいです」と帽子を脱いだマキタスポーツは真剣な表情。  一方の堀は、「人生、ここにくるまですごく長かったから、戻りたくないですね。アイドルの頃は毎日2、3時間しか寝ていなく眠かったので、もっとイキイキとした表情で丁寧に仕事をやりたかったです」と過去を暴露。これを聞いたマキタスポーツは、「あの頃、僕等は眠い人を見ていたんですか!」と複雑な表情を浮かべた。  終盤では、今月20歳の誕生日を迎えるウンギョンへのプレ誕生日シークレットセレモニーも。バースデーケーキとクラッカーでのお祝いに、「予想していなかったので、何と言っていいのか分かりませんが、とても感動しています。良い思い出をありがとうございました」と笑顔で語った。  『怪しい彼女』は、7月11日からTOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access