中村優一 関連記事

  • 映画『踊ってミタ』主演の岡山天音、共演の武田玲奈、中村優一

    岡山天音主演、“踊り”で地方再生めざす『踊ってミタ』 共演に武田玲奈&中村優一

    映画

     俳優の岡山天音が主演し、映画『ポエトリーエンジェル』の飯塚俊光監督がメガホンを取る、地方再生型ヒューマン・ダンスムービー『踊ってミタ』が、来年春に公開されることが発表された。共演に武田玲奈と中村優一を迎える。@@cutter 本作は、幅広い役で評価を高め、ドラマ『I’s』(スカパー)、『ゆうべはお楽しみでしたね』(MBS)、『週休4日でお願いします』(NHK)など主演作が相次ぐ岡山の主演映画最新作。飯塚監督とは、主演を務めた2014年の短編映画『チキンズダイナマイト』、2017年に公開された『ポエトリーエンジェル』に続き、今回3作目のタッグとなる。本作の脚本は飯塚監督が手掛け、完全オリジナル作品となる。  意識高い系の映像作家になる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となるが、夢を諦め切れずにいる三田。そんな彼の元に、2週間で町を活性化しろとの町長から命が下る。しかし、観光名所も何もない町で画期的な案があるはずもなく、苦肉の策で市民参加の「踊り」によるPR映像を制作することに。そこから三田の悪戦苦闘の日々が始まり…。  岡山が主人公の三田を演じ、三田の同僚で観光課職員・真鍋役を『ポエトリーエンジェル』で岡山とダブル主演した武田、町の活性化を主人公に命じる若手町長・丸山役を『仮面ライダー電王』の中村が務める。中村はこれまでのイメージを覆す役を演じるという。  作品のキーとなる“踊り”を彩る音楽には、ボーカロイド初の『NHKみんなのうた』へ起用されたボカロ・プロデューサー「40mP」(よんじゅうメートルぴー)を起用。振付をニコニコ動画「踊ってみた」カテゴリで絶大な人気を誇り、DJとしても活躍する踊り手・めろちんが担当する。  主演の岡山は「飯塚監督が描いた三田というおかしな男の挫折と再生。思う存分楽しみながら演じたいと思います」とコメント。「生きる事は楽じゃありませんが、この映画が観てくれた誰かの優しい友達になってくれる事を願っています」とメッセージを寄せている。  映画『踊ってミタ』は2020年春に全国公開。

  • 『仮面ライダージオウ』より

    中村優一が“響鬼”に!? 『仮面ライダージオウ』響鬼編スタート

    エンタメ

     平成仮面ライダーシリーズ最終作『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/毎週日曜9時)では、平成から令和への変わり目となる第33話(4月28日)と第34話(5月5日)に、シリーズ第6作『仮面ライダー響鬼』(2005年1月~2006年1月)で仮面ライダー響鬼/ヒビキの弟子となった桐矢京介役の中村優一と、仮面ライダー轟鬼/トドロキ役の川口真五が友情出演。それぞれ当時の役を演じ、シリーズ中でも異色だった楽器を使う“音撃戦士”たちが復活する。@@cutter 未来の自分=“最凶最悪の魔王”オーマジオウと肩を並べようとするソウゴ(奥野壮)と、そんな彼を支援するゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)。一方、オーマジオウが支配する世界ではない違う未来を構築しようと平成仮面ライダーのライドウォッチを狙うスウォルツ(兼崎健太郎)、ウール(板垣李光人)、オーラ(紺野彩夏)のタイムジャッカーたち。そんな2組の戦いの中に現れるのが、京介(中村)とトドロキ(川口)だ。  かつて「鬼になりたい」と言っていた小学校の同級生がいたことを思い出したソウゴは、彼の師匠がヒビキという鬼=仮面ライダー響鬼であることを知り、ゲイツと共に彼を訪ねることに。そこへ突如アナザー響鬼に襲われ、二人は迎え撃つが、響鬼ライドウォッチを持たない二人はアナザー響鬼に苦戦。そんな二人を救うのが、古代から続く力で人々を守る鬼・トドロキ。トドロキは仮面ライダー轟鬼に変身、アナザー響鬼を追い詰めるが…。  ソウゴとゲイツは轟鬼を響鬼と誤認するが、そんな誤解を解くのが、新たに現れた京介。そして自らを「俺は桐矢京介。響鬼だ」と名乗る。ソウゴらは京介に響鬼ライドウォッチを手に入れるための協力を申し出るが、京介は交換条件としてソウゴらに鬼になるための厳しい特訓を要求する。その中には太鼓を叩く訓練も。ライドウォッチのためならと特訓に励むソウゴ、ゲイツ、そしてウォズ。さまざまな謎を絡ませつつストーリーは進行、そして轟鬼によるギターを使った“音撃”など『仮面ライダー響鬼』の世界が2019年によみがえる。  京介役の中村は「桐矢京介として約13年ぶりに再び出演することができ、とても嬉しいです。監督は『響鬼』の時に僕の登場回を撮られた諸田敏監督で、すごいご縁を感じました」とコメント。  轟鬼/トドロキ役の川口は「41歳にして轟鬼に変身させていただけたことは、非常に感慨深いものがありました。ただ、少しだけアクションがあったのですが、せっかくアクション監督の宮崎さんが格好良く付けて下さったのに、わたしは老いを感じるだけでした(笑)」と話す。  『仮面ライダージオウ』はテレビ朝日系にて、第33話「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」が4月28日9時、第34話が5月5日9時放送。

  • 『恋のしずく』場面写真

    小野塚勇人&中村優一が元ライダー対決!? 『恋のしずく』新カット解禁

    映画

     女優の川栄李奈が映画初主演を務め、劇団EXILEの小野塚勇人、中村優一らが出演した映画『恋のしずく』より、新場面写真が解禁となった。場面写真には、ともに『仮面ライダー』シリーズ出身である小野塚と中村が、競い合って酒を飲む姿や、一緒にバイクにまたがる姿などが収められている。@@cutter 本作は、日本酒が苦手なリケジョの大学生・詩織(川栄)が、日本酒造りを通じて人生の出会いや別れを経験しながら成長していく姿を描き出す。小野塚は180年続く酒蔵・乃神酒造の息子・莞爾に扮し、中村は有重酒造の蔵元で酒造会のホープ・有重一紀を演じた。  解禁となった新場面写真では、聖地・東映にて行われた舞台挨拶でも話題になった小野塚、中村という仮面ライダー出身俳優2人が、男の意地をかけて日本酒を飲み競う姿や、バイクに2人でまたがる様子などが収められている。東京から広島・西条の街へやって来た詩織は、この2人と出会うことで、日本酒の素晴らしさ、そして人との出会いの素晴らしさを知っていく。  そんな本作には、乃神酒造の蔵元・乃神輝義を演じ2月に急逝した大杉漣さん、乃神酒造の杜氏・坪島泰淳役で小市慢太郎、詩織をサポートする農家の娘・高宮美咲役で宮地真緒も出演している。  映画『恋のしずく』は、10月13日より広島県先行公開。10月20日より全国公開。

  • 映画『恋のしずく』完成披露舞台挨拶イベントに登壇した川栄李奈

    川栄李奈、亡き大杉漣さん偲ぶ「一番気を配ってくださった」

    映画

     女優の川栄李奈、劇団EXILEの小野塚勇人、俳優の中村優一、瀬木直貴監督が、25日に都内で開催された映画『恋のしずく』完成披露舞台挨拶に出席した。川栄は本作で共演し、今年2月に急逝した大杉漣さんについて「大杉さんとしても役としても、周りに一番気を配ってくださったので、それがすごくうれしかったです」と語った。@@cutter 日本酒が苦手なリケジョの大学生・詩織(川栄)が、日本酒造りを通じて人生の出会いと別れを経験しつつ成長していく姿を描く本作。小野塚は酒蔵の息子・莞爾に扮し、中村は酒造会のホープ・有重一紀を演じた。  本作で映画初主演を務めた川栄は、役柄が「普通の女の子、普通の大学生だった」としたうえで「皆は広島弁だったりお酒造りを学ぶのにすごく苦労されたと思うんですけど、何も知らない状態でお酒を学びに行くという、川栄李奈としても学びに行くような感覚だったので、すごくいろいろと学ばせていただきました」と撮影を述懐。  一方の小野塚は、本作で乃神酒造の蔵元・乃神輝義を演じ、2月に急逝した大杉さんについて、不仲という設定上、大杉さんが意図的に距離を置いていたことを聞いたと明かし「背中で語っていただいたというような感じですね」としみじみ。川栄は一緒に日向ぼっこなどをしていたと笑顔を見せ「自分のことよりも、人のことを気にかけてくれるのがすごく印象的で。大杉さんとしても役としても、周りに一番気を配ってくださったので、それがすごくうれしかったですね」と振り返った。  当日は、本作の内容にちなみ、またヒットを祈願して、登壇者が鏡割りを行う一幕もあった。改めてマイクを握った川栄は、ロケ地となった東広島の豪雨被害に触れ「東広島の綺麗な風景だったり、皆さんの温かさや、その方たちの思いがスクリーンを通して皆さんに伝わればいいなって思います。この作品に込めたスタッフさん、監督、私たちキャスト、そして大杉さんの思いが、本当にスクリーンから伝われば」と思いを明かしていた。  映画『恋のしずく』は、10月13日より広島県先行公開。10月20日より全国公開。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』囲み取材の様子

    本郷奏多、『ダンガンロンパ』再演に自信!「絶対良くなっています」と断言

    アニメ・コミック

     俳優の本郷奏多が、『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』の公開ゲネプロと囲み取材に出席。主人公・苗木誠を再び演じる本郷は「演出がかなり変わって、前回見て頂いた方にも楽しんで頂けると思う。(前作よりも)絶対より良くなっています」と自信をのぞかせた。さらに、「最後大きく変わっているところが1箇所ある。ダンガンロンパが好きな人だったら『おぉ』と唸ってしまう変更点になっている」とも明かした。@@cutter 本作は、シリーズ累計80万本以上を販売する人気ゲームの初舞台化作品『ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~』(14)の再演。囲み取材には、本郷のほか、神田沙也加、岡本玲、中村優一、七木奏音、松風雅也、山崎静代(南海キャンディーズ)が出席した。  江ノ島盾子役の神田は「自分史上、最難・最強の役。どんなにお稽古しても時間が足りない。本当にもう初日になってしまうのかという気持ちがある」と現在の心境を吐露。本シリーズとの関わりについて問われると、「ファンですね」と回答。「ゲームからやり込んで新作を心待ちにして、アニメシリーズに興奮して、グッズをいっぱい買って、ガチャガチャして。江ノ島盾子というキャラクターがファンとして好きで、舞台化されるときに自分がその大好きな存在になれることは、非常に特別なこと。私にとってシンデレラストーリーを頂いた気持ち。だからこそ責任をもって、ファンとして最後までやり遂げたい」と“ダンガンロンパ愛”をにじませた。  大神さくらに扮するしずちゃんは今回、セーラー服で格闘シーンにチャレンジする。「この格好でやるのでパンティーが見える。それが何回見えるのかが見どころ」と話して会場を沸かせ、全身筋肉の特別衣装を着た上からスカートをめくって報道陣にサービスする一幕も。そして「今まで舞台の上で山ちゃんを殴ってきたことをどんどん活かしていきたい」と語った。  舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日~26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日~2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日~10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日~16日上演。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~ 2016』公開ゲネプロの様子

    舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』公開ゲネプロ<フォト特集>

    アニメ・コミック

    2016年6月16日より上演予定の、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』公開ゲネプロの様子を写真でお届けします。

  • 本郷奏多、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』制作発表会見

    本郷奏多、南キャン・しずちゃんの“超高校級マッチョ姿”に「スゲー」感動

    アニメ・コミック

     本郷奏多が26日、舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』の制作発表会見に、総勢19名の共演者、演出家の田尾下哲とともに登場。発表会見で初披露された南海キャンディーズ・山崎静代扮する大神さくらのビジュアルが公開されると、その“超高校級のマッチョ姿”に「スゲー」と圧倒された様子を見せた@@cutter 本作は、2014年に好評を博した『ダンガンロンパ THE STAGE』の再演作。今回は全国4都市でツアーを実施することが決定しており、新キャストとして中村優一、南海キャンディーズ・山崎静代らが出演する。制作会見では、舞園さやか役に選ばれた元アイドリング!!!の後藤郁の出演が発表されている。  苗木誠を演じる本郷は「再演できて非常にうれしい」と喜びをコメント。「2016年は新しいアニメシリーズが始まって、“V3”という新作ゲームソフトも出ます。ダンガンロンパの年になると思います」と宣言する。    “超高校級のギャル”の江ノ島盾子役として再出演する神田沙也加は、「久々に生身として舞台に帰ってくることができました。不安な気持ちもあり、“またダンガンロンパ始まるぞ!”という気持ちもあります」と本音をのぞかせ、「彼女(江ノ島)が超高校級のギャルなので、強気に“腕が鳴る”くらいに言いたい。年代的にはもう、最後の制服姿になるかもしれませんね」と笑みをこぼした。  初出演の山崎は、“超高校級の格闘家”である大神さくらを演じる。「ボクシングをやっていたのでそれをちょっとでも活かせたら」と話し、「ムキムキでものすごく強いけど、心は優しくて乙女な部分を持っている。どこかで乙女感を出せれば」と抱負を述べた。  イベント最後に山崎の山神姿が披露されると、本郷は「スゲーなと思う。しずちゃんさんにピッタリだと思っていた。大きいし強いし、女性的なところもあって。非常に楽しみにしている」と期待を寄せた。  舞台『ダンガンロンパ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は、6月16日のZeppブルーシアター六本木の東京公演を皮切りに、全国4都市で公演予定。

  • 『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE』中村優一インタビュー

    中村優一、「俳優を続けていきたい」 強く意識させた休業後の変化

    映画

     幕末を舞台に新選組の男たちとひとりの少女によるストーリーを展開させ、人気を博した恋愛アドベンチャーゲーム『薄桜鬼』。スピンオフとしてキャラクターたちを現代に移し、こちらも女性たちをトリコにしたゲーム『薄桜鬼SSL ~sweet school life~』が実写化された。ドラマ版、舞台版と展開されたプロジェクトが映画版にて完結を迎える。シリーズを通して主人公の土方歳三を演じた中村優一が、作品にかける思いとシャイな素顔を覗かせた。@@cutter 薄桜学園で教鞭を取りながら、唯一の女子生徒として入学してきた雪村千鶴(大野未来)に好意を抱く土方。だが、それは周りの男たちも同じで…。土方を演じるにあたり、原作のゲームを意識したという中村。「やっぱり原作ありきですから。ゲームの土方さんにどこまで寄せられるか、難しいですけれど、でもそのことは常に頭に置いていました。土方のクセとか、声をやられている三木(眞一郎)さんのしゃべる雰囲気を意識しましたね。家でゲームをやるときにもイヤホンをして、なるべく三木さんの土方を近くで感じられるようにしていました」。  映画版ストーリーの軸になるのはバレンタイン。「ドラマ版のときとは違って、みんな千鶴ちゃんへの思いをガンガン表に出してきます(笑)。土方の千鶴ちゃんへの心情も出てくるので、楽しみにしてほしいです。女の子が恋に対していろいろ心が動く姿を描くものって多いと思うんですけど、この作品は教師を含めて男全員が色めき立ってますから(笑)。そこはおもしろいんじゃないかな」。  ひとりの女性にイケメンたちがそれぞれのアプローチを仕掛ける本作。中村自身は、染谷俊之演じる斎藤一に近いと分析しながら次のように思い直した。「僕は『またライバルが増えた』とかって心の中でつぶやいているような、どちらかというと斎藤一タイプかな。自分からガンガンはいけないですね。でも友達と同じ人を好きになっちゃったら。うーん。バトルにはならないな。何も言わず引きますね。斎藤は諦めないから、そうなると斎藤とも違うか。僕は心の中で思ってて、そのまま諦めるパターンです」。@@separator ちょっと弱気な発言の中村にとって好きな女性のタイプは「自分を誘導してくれる人」だという。「僕、すぐ脱線していっちゃうんですよ。だから、それを『違うから!』って正してくれる力強い子がいいです」と照れ笑い。  後悔気味のバレンタインの思い出も告白した。「幼稚園のときに好きだった子からチョコをあげるって言われたんです。でも僕、恥ずかしくて、いらないって言っちゃったんですよね。最終的には受け取ったんですけど、せっかく好きな子からもらえるというときに、なぜか何度も断っていたことを覚えています。嬉しいのにかっこつけちゃって。小学校のときからはある程度の期待を持って学校に行ってましたけど(笑)」。  総じてシャイな中村だが、役者業への思いは強い。「1回休業していることもありますけど、仕事に対しての取り組み方が変わってきたというのはありますね。もちろん若いときも精一杯やってきたんですが、でも今のほうが考えることが細かくなってきていますし、自分自身の甘いところに負けたくないです。とにかく経験を積んで、いろいろ培っていけたらと思っています。何がやりたいとか、どうなりたいとかじゃなくて、俳優を続けていきたい」と真剣なまなざしで語った。(取材・文・写真:望月ふみ)  映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE』は2月6日より全国ロードショー。

  • 『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』に出演する山崎静代

    南キャン・しずちゃん、舞台『ダンガンロンパ』に出演! 最強女子高生・大神さくら役

    アニメ・コミック

     大ヒット人気ゲームの舞台化『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山崎静代が“超高校級の格闘家”大神さくら役を務めることが分かった。山崎は「改めて、大きく生まれて良かったな、格闘技をやってて良かったなと感じております」と喜びを明かしている。@@cutter 全公演ソールドアウトになるほどの大好評を博した舞台化第2弾『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~』(主演:横浜流星)の千秋楽にて、同作を主演・本郷奏多の続投で全国4都市での再演決定を発表。このたび“超高校級の御曹司”十神白夜役にドラマ『仮面ライダー電王』『もやしもん』『薄桜鬼SSL』の中村優一、“超高校級の格闘家”大神さくら役に山崎が新たに発表された。  山崎は「決められた範囲の中でのサバイバルをするという、まさに私の好きな設定」とアマチュアボクシング選手だった自身と役どころをリンクさせ「しかもめっちゃムキムキで強いのに、とても心優しい女性という理想的な役をやらせていただけるのがありがたいです」と感激。  初演を見てキャストの熱に圧倒されたという中村は「今回出演出来る事がすごく嬉しい」とはずむ気持ちを語り、「中村優一版、十神白夜を楽しみにして頂けたらと思います。精一杯頑張ります」と力を込めた。  共演には岡本玲、七木奏音、松風雅也、長田庄平(チョコレートプラネット)、松尾駿(チョコレートプラネット)、雨野宮将明、池端レイナ、宮下雄也、村田充、杉江大志らが並ぶ。  『ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』は東京・Zeppブルーシアター六本木にて6月16日から26日、名古屋・東海市芸術劇場(ユウナル東海)にて7月1日・2日、大阪・サンケイホールブリーゼにて7月7日から10日、神奈川・関内ホール 大ホールにて7月14日から16日上演。

  • 映画『薄桜鬼SSL~sweet school life~ THE MOVIE』完成披露イベントに登壇した中村優一

    中村優一、染谷俊之からの呼び捨てに胸キュン「『薄桜鬼』を感じました」

    映画

     映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE』の完成披露イベントが1日、都内にて行われ、主人公・土方歳三役の中村優一をはじめ、イケメンキャストたちが登壇した。中村は「“薄桜鬼”のドラマや舞台版でもキュンキュンやドキドキシーンがあったのですが、劇場版ではかなりキュンキュン、ドキドキのレベルが上がっていますので、それを楽しんでください!」とアピールした。@@cutter 大ヒットゲーム『薄桜鬼』のスピンオフ『薄桜鬼SSL ~sweet school life~』の実写版映画となる本作。『薄桜鬼』のキャラクターはそのままに、激動の幕末から平和な現代に舞台を移したスピンオフゲームを実写化している。魅力的かつ個性的な男子ばかりの“私立薄桜学園”に入学したたった一人の女子生徒・雪村千鶴をめぐって、部活や友情、勉強、そして恋愛を謳歌するさまが繰り広げられる。  舞台挨拶のトークでは、斎藤一役の染谷俊之とのプライベートでのエピソードを紹介した中村。「ドラマと舞台の時には染さま(染谷)から『優一くん』と呼ばれていたんですね。それでこの間、染さまが出ている舞台を観に行ったんですけど、その日の夜に染さまとメールのやりとりをしたら、『そういうふうに“優一”から言ってもらえてうれしいよ」という返事が!」。いきなりの呼び捨てに驚いたという中村は、「女の子は、好きな男性から急に“さん”や“ちゃん”なしで呼ばれるとキュンキュンすると思うんですけど、そこで『薄桜鬼』を感じました」と意味ありげに笑った。実はそれは単に染谷が“くん”をつけ忘れただけだったようだが…。  トークテーマが“理想のバレンタインのシチュエーション”に移った時には、中村が話し始めようとすると、染谷が「じゃ俺、女の子役やるわ」と立候補。「ごめん優一くんお待たせ!」とまさに女の子のように話しかけると、原田左之助役の稲垣成弥も「優一くんは私が呼び出したのよ!」とこれまた女の子役で参戦。「何よ、私よぉ」と中村を取り合う女子二人という寸劇がスタート。そして中村の「俺は染子が好きだ!」で“チャンチャン”に。それを横で観ていた宮下健作監督は「いい茶番ですね」と苦笑いしていた。  このほか舞台挨拶には、沖田総司役の木村敦、藤堂平助役の石渡真修、風間千景役の井深克彦、雪村千鶴役の大野未来も登壇した。映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE』は2月6日より全国公開。

  • 『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』番組イベント「ラジレンまつり2015」が8月18日に開催

    鈴村健一・神谷浩史「ラジレンまつり2015」開催! 今年のテーマは“特撮ソングライブ”

    アニメ・コミック

     鈴村健一・神谷浩史がパーソナリティを務める、文化放送・ラジオ福島・ラジオ大阪で大好評放送中の特撮の、特撮による、特撮のためのラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』が、今年の夏も「ラジレンまつり 2015」を開催することを発表。今年のテーマは、ラジレンプロデュースの「特撮ソングライブ」だ。@@cutter 開催が決定した「ラジレンまつり 2015」では、同番組のパーソナリティである鈴村、神谷はもちろんのこと、番組アシスタントを務めるKAMEN RIDER GIRLS、そしてゲストにMoJo、サイキックラバー、伊勢大貴、大西洋平の出演も決定。ステージでは、彼ら豪華なゲストとともに、鈴村&神谷が歌うシーンが見られるかもしれない。  さらに、本イベントでは番組の公開録音も行われる。ゲストは、仮面ライダーゼロノス・桜井侑斗役で知られる中村優一。特撮にまつわる話を繰り広げる。追加ゲストも予定されており、こちらも期待したい。  内容盛りだくさんの『仮面ラジレンジャー』の祭典。イベントの詳細は番組ホームページで確認。  『 東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』ラジレンまつり 2015は、8月18日に東京国際フォーラムで開催。

  • 薄桜鬼SSLがテレビドラマ化&舞台化決定!

    乙女ゲーム『薄桜鬼SSL』TVドラマ化&舞台化決定! 若手注目俳優陣が出演

    エンタメ

     大ヒット恋愛アドベンチャーゲーム『薄桜鬼〜新撰組奇譚〜』のスピンオフとして製作されたゲーム『薄桜鬼SSL~sweet school life~』が待望の実写テレビドラマ化&舞台化されることがわかった。@@cutter 本作は、新撰組隊士たちと鬼の仲間の女の子を軸とした悲恋ストーリーである『薄桜鬼』の役柄をそのままに、ただ一人の女生徒が入学した薄桜学園を舞台とした現代ものラブコメディ。2014年3月にゲームが発売されると、続いて公式ファンブック、ストーリーブックが出版され、各種グッズも販売された絶大な知名度を誇るコンテンツだ。  テレビドラマ化&舞台化に際しては豪華キャスト陣が集結した。土方歳三役は『仮面ライダー電王』で知られる中村優一、斎藤一役はミュージカル『テニスの王子様 2nd』に出演した染谷俊之が決定した。ほかにも、木村敦、石渡真修、稲垣成弥、井深克彦ら人気若手俳優が並ぶ。また、『湯けむりスナイパー』などTV・舞台で活躍中の大野未来が雪村千鶴役を務める。  本作は新たな出逢いを祝福する季節‐春から物語が始まる。こんな時代だからこそ誇り高き武士であれ、という、いささか時代の流れに逆らった教育方針を掲げる私立高校「私立薄桜学園」の門戸をひとりの少女が叩こうとしていた。少女の名は、雪村千鶴。しかし、今年から共学となったとはいえ、去年までは男子校だったこの学園に入ろうという女子がそう何人もいるわけはなく、結果的に入学した女子は千鶴ただひとり。学園唯一の女生徒となった彼女の慌ただしくもほんのり甘い1年が始まろうとしていた。  『薄桜鬼SSL~sweet school life~』は今秋TVドラマ化、今冬舞台化決定。

  • 『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』完成披露イベントに登壇した及川光博

    及川光博、“仮面ライダー3号”姿を披露 40代での変身に感動「夢って叶うんだな」

    映画

     映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』に出演するテレビ版レギュラーの竹内涼真、稲葉友、内田理央、劇場版ゲストの中村優一、半田健人、天野浩成、高田延彦、倉田てつをが2日、都内の劇場で開催された完成披露イベントに登壇。イベント後半には、仮面ライダー3号の黒井響一郎役を演じる及川光博も登場して会場を盛り上げた。@@cutter 本作が俳優復帰第1弾となる仮面ライダーゼロノス役の中村優一は「電王の本編が終わって8年経ちます。大好きなライダーの映画に出れるのは嬉しく、ゼロノスをまた演じれて幸せです」とコメント。仮面ライダー555役の半田健人は「去年、約10年ぶりに呼んで頂いた『仮面ライダー大戦』に引き続き、またいい変身ができました」と凛々しい表情でコメント。  及川は、劇中で演じる仮面ライダー3号の姿で登場。劇中でも披露する“マスクオフ”の状態に「もう、スーツを着たらね、ミッチーじゃいられない」と胸の高まりを吐露しながらも「10分経つと汗が出てきます。半田君のおしゃべりが長くてどうしようかと思った」と会場を沸かせた。憧れのライダースーツを着た感想について「(マスクオフの状態は)昭和の男子諸君の憧れ。今回のお話を頂いたときに、想像もしていませんでした」と驚きを明らかに。  作品について及川は「冒頭から衝撃の展開。衝撃の展開続き。ラストが泣けるんですよ。私も40代半ばでライダーに変身できて…」と語り、感慨深げに「夢って叶うんだな」と2回繰り返す一幕も。「最新のライダーシリーズはもちろん歴代のライダーも登場して闘いまくる迫力の作品です。ちびっこはもちろん、ミッチー的にはお母さんにアピールしたい。そして私と同世代のお父さん、男子諸君にも胸を熱くして観てほしい」とコメントして再び会場を沸かせた。  映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』は、3月21日より全国ロードショー。

  • 仮面ライターの歴史を覆し、3号対V3直接対決が実現!

    3号対V3の対決が実現!『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』予告編解禁

    映画

     仮面ライダーシリーズの最新映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(3月21日公開)の予告編映像とポスターが解禁された。待望の予告編では、仮面ライダー3号役の及川光博の姿も披露されている。@@cutter 壮大な歴史上あるはずのなかった“3号”と、“3人目”のライダーとして広く知れ渡り長年親しまれている仮面ライダーV3の直接対決が実現した本作。予告編映像は、“悪役”と思しき仮面ライダー3号が、1号・2号を完膚なきまでに倒す場面から始まる。驚くべきは、正義のヒーローとして活躍を続けているはずの仮面ライダードライブがその3号と行動を共にしており、すべての仮面ライダーの前に敵として立ちはだかる。  及川をはじめ、ブラック将軍を演じる髙田延彦、本作が俳優復帰第1弾となる中村優一、仮面ライダー作品に久々の登場を果たす半田健人ら豪華キャストも次々に登場。彼らの決意に満ちた表情が揃い、ショッカーフラッグがゆらめく禍々しさと、ドライブが乗るトライドロン、そして3号の愛車トライサイクロンがいまにも飛び出してきそうな疾走感が共存した本ポスターも完成した。  さらに、本作入場者プレゼントのメモブックには、ARのシステムを利用しスマートフォンで特別映像が見られる仕掛けが施されている。この特別映像は仮面ライダー3号ver.と仮面ライダードライブverの2種類で、デザインが2種類あるメモブックそれぞれで見られる映像が異なる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access