神山健治 関連記事

  • フル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』草薙素子ビジュアル公開(イラストレーション:イリヤ・クブシノブ)

    『攻殻機動隊』新作、キャラクターデザイン&草薙素子ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画などで知られる『攻殻機動隊』。この度、現地時間11日、フランスで行われた「アヌシー国際アニメーション映画祭」にて、最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを、ロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブが担当することが正式発表された。併せて、主人公・草薙素子のイメージビジュアルがお披露目となった。@@cutter 『攻殻機動隊』は、1989年に「ヤングマガジン増刊 海賊版」(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表。以来、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画など、さまざまな作品群が構成され世界中に驚きと刺激を与え続けてきた。  最新作となる『攻殻機動隊 SAC_2045』は、『攻殻』史上初のフル3DCGアニメーション。『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズを手掛けた神山健治と、荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品だ。  今回、同映画祭でのNetflixによるパネル<スタジオ・フォーカス・セッション>には神山と荒牧が登壇し、会場ではロシア人イラストレーターのイリヤ・クブシノブがキャラクターデザインを担当することが正式発表された。  イリヤは 「日本のアニメを好きになったのは、6歳の頃に見た押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』がきっかけです。『こういう素敵な作品を作りたい!』という思いから、日本で活動することを決めました。私にとって大切な作品の新シリーズ版に参加させていただいて、本当に光栄です。素子たちのデザインは、私の中にある『攻殻機動隊』への恋と尊敬の気持ちを込めて描いています」とコメントを寄せており、公開されたイメージビジュアルは、ファンである彼が描いた、新たな『攻殻機動隊』の幕開けを感じさせる1枚となっている。  フル3DCGアニメーション『攻殻機動隊 SAC_2045』は2020年、Netflixにて全世界独占配信(中国本土を除く)。

  • 「東京コミコン2017」『ULTRAMAN』制作発表にて

    大ヒットコミック『ULTRAMAN』、神山健治&荒牧伸志でフル3DCGアニメ化決定!

    アニメ・コミック

     累計発行部数260万部を突破する大人気コミックス『ULTRAMAN』のフル3DCGアニメーション製作が決定し、1日に「東京コミコン2017」内の特設ステージで発表された。ステージには、本作の監督を務める神山健治と荒牧伸志、原作者の清水栄一と下口智裕が登壇し、アニメ化への思いを語った。@@cutter 原作は、初代ウルトラマンであったハヤタ・シンの息子、早田進次郎がウルトラマンスーツを身にまとって戦う「等身大ヒーロー」としてのウルトラマンを描いた作品。アニメ化にあたっては、ビジュアル面でも「誰も見たことのないウルトラマン」を目指し、『攻殻機動隊S.A.C』シリーズや『ひるね姫~知らないワタシの物語~』で知られる神山と『APPLESEED』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧がタッグを組んで監督を務める。  この日の発表会では、公式ティザーPVも公開された。モーションキャプチャーを使って描かれたウルトラマンが躍動感たっぷりに動く姿が映し出されると、会場からは大きな歓声が上がった。  モーションキャプチャーを使うのは初めてだという神山は、「ウルトラマンの質感もさることながら、モーションはモーションキャプチャーで撮られたものを使い、アニメーション的なケレン味を(PVから)さらに足していく」と本編についての構想を明かす。また、「原作は、特撮のウルトラマンにはなかった、どうやってこれからヒーローになっていくかというドラマの部分も重要だと感じているので、キャラクターのドラマを意識して作っていきたい」とストーリーについても言及。さらに、本作の見どころの一つでもあるウルトラマンのスーツについては、「硬い表現ができるのがCGの良さだと思います。セルよりもメタルの感じを出していきたいと思っています。(スーツについては)完成を楽しみにしてもらっていいと思います」と話した。  一方、日本における3DCGアニメーションの第一人者でもあり、モーションキャプチャーを使った撮影も数多く経験している荒牧は、「月並みな言い方ですが、テレビアニメで今までに観たことのない絵になると思います」と自信をのぞかせる。そして、「モーションキャプチャーで描くということは、中に人間が入っている感じがする(映像になる)と思います。モーションキャプチャーは、役者の演技力や感情をデジタル化する装置であって、撮影現場で役者と僕らがその場でシーンを作り上げていくことになります。この作品は、『デジタル時代の特撮』になんじゃないかなと思います」と説明した。  また、本作の原作を手がける清水は「もともと、両監督の大ファンなので、単純に新作として楽しみにしています」と期待を寄せ、下口も「撮影を見学させてもらいましたが、それを見て、観たこともない映像になると期待がわきました」と語った。  本作の公開は2019年を予定。作品内容、出演キャストなどの最新情報は、順次、公式サイトで公開予定だ。

  • 『攻殻機動隊』新作アニメ制作決定! 神山健治×荒牧伸志がW監督に ※『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)ビジュアル

    『攻殻機動隊』新作アニメ制作決定! 神山健治×荒牧伸志がW監督に ファン大興奮

    アニメ・コミック

     『攻殻機動隊』の新作アニメーションが制作されることが、7日、アニメプロダクションのProduction l.Gの公式サイトにて発表された。神山健治監督と、荒牧伸志監督がW監督を務めることも明らかとなり、SNSでは早くも大きな話題となっている。@@cutter 『攻殻機動隊』は、近未来の世界を舞台に全身義体(サイボーグ)となった主人公・草薙素子率いる内務省公安9課の個性的な面々が、様々なサイバー犯罪に立ち向かう姿を描くSF作品。本日4月7日に、スカーレット・ヨハンソン主演による同作のハリウッド実写作品『ゴースト・イン・ザ・シェル』も公開された。  士郎正宗による同名漫画が原作の同シリーズは、これまで押井守監督の劇場版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『イノセンス』。神山監督の『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』。黄瀬和哉監督の『攻殻機動隊ARISE』、『攻殻機動隊 新劇場版』が制作されている。今回神山監督とタッグを組む荒牧監督は『アップルシード』、『アップルシード アルファ』などを手掛けている。  今回の新作発表には、ツイッター上で「絶対面白くなるわあ!」「いやはや吉報」「攻殻機動隊めっちゃ盛り上がってるな。。。。新アニメ楽しみだな~」「攻殻機動隊の新作アニメとか嬉しすぎる。しかも神山監督だし。楽しみ」「新しいアニメだとぉーん!?やっふーい!」と映画公開とともに、新作発表に湧き上がる声が多く上がっている。 引用:https://www.production-ig.co.jp/

  • 高畑充希、夢診断の結果に「“ドM”なんですかね?」と自ら告白

    高畑充希、夢診断の結果に「“ドM”なんですかね?」と自ら告白

    アニメ・コミック

     女優の高畑充希が27日、都内で開催されたアニメ映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の完成披露試写会に出席。主人公の声を務める高畑と共に、共演の満島真之介、江口洋介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、神山健治監督らが登壇し、映画への思いやアフレコ当時のエピソードを明かした。また、作品にかけてキャスト陣が見たという夢をもとにした“夢診断”の結果も披露された。@@cutter 本作は、神山監督初の劇場オリジナルアニメーションで、東京オリンピックを迎える2020年を舞台に、夢と現実を行き来する壮大で不思議な旅を描いたストーリー。主人公・ココネ(高畑)は、岡山県倉敷市に住む平凡な女子高生。ある日、父親の逮捕をきっかけに幼なじみの大学生・モリオ(満島)と共に一念発起で東京へ向かう決意をするが…。  本作では、ココネと共に、彼女の夢に登場するハートランドの王の娘・エンシェンの一人二役に挑戦した高畑。ふだんの芝居とは違い、ブース内で「相手がいないまま演じるのは、妄想に慣れていないのもあり難しかった」とアフレコ時を回想。父親・モモタロー役の江口とも当日に「初対面です」と告白した一方、掛け合いながら演技をしたという満島は「相手がいないままと言われたけど、一緒にアフレコをしたのに、いなかったことになったのがちょっと悲しい」と明かす場面も。  さらに、会場では心理コンサルタントによるキャスト陣の夢診断の結果も発表。「稽古中だった舞台を本番直前に降ろされる」「ひたすら水を飲まされ続ける」といった追い立てられるような夢を見るという高畑は、「自虐的で打たれ強い」と分析。コンサルタントから「辛いことを経験しながら頑張り続ける人」と評されると「“ドM”なんですかね?」と返しながら、「ひょうひょうとしているように見られるし、緊張していてもなかなか気づいてもらえないかもしれない」と素顔を覗かせるエピソードを披露していた。  映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、3月18日より全国公開。

  • 流行語大賞ランクイン「聖地巡礼」、『君の名は。』に続く2017年作品は…

    流行語大賞トップ10入り「聖地巡礼」、『君の名は。』に続く2017年作品は…

    アニメ・コミック

     2016年新語・流行語大賞にトップ10入賞をした「聖地巡礼」。映画やドラマなどのロケ地や舞台となった場所を実際に訪れることを指す。一部のファンの間では以前から行われていたため、とりわけ珍しいことではないが、新海誠監督の映画『君の名は。』の大ヒットとともに、登場した場所に人々が多くつめかけ、再び「聖地巡礼」という言葉が脚光を浴びた。そんな聖地巡礼の魅力を、先日、関係者向けの試写会が行われた、次なる“聖地”注目作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』に登場するシーンと共に紹介しよう。@@cutter 2016年、聖地巡礼について語るのであれば、『君の名は。』に触れないわけにはいかないだろう。舞台となっている糸守町のモデルは岐阜県の飛騨市といわれている。さらに東京都内にある「聖地」もすでに特定され、多くの人が足を運んでいるという。実際に訪問した人々は、ブログやツイッターに、映画に登場した景色と同じ風景写真を投稿して楽しんでいる。  2017年公開作品で、聖地巡礼作品として注目されそうなのは3月18日公開の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。『攻殻機動隊S.A.C.』や『東のエデン』の神山健治監督による初の劇場オリジナル作品だ。神山監督自身が、プライベート旅行で訪れた岡山県倉敷市児島を映画の舞台にしたいと強く思ったことがきっかけとなり、物語の中心舞台として描かれている。また。主人公のココネを高畑充希が演じることでも話題となっている。@@separator 実際の作中のシーンでは、美しい瀬戸内海とどこまでも続く雄大な瀬戸大橋、歴史ある白壁の町並みや、豊かな自然が美しいタッチで描かれる。試写を観て“聖地巡礼”の一つに数えられると感じた印象的なシーンがいくつかあった。その一つに、主人公ココネが当たり前のように日々を過ごす町並みがある。ココネが、生い茂った緑に半ば侵食されるように立つ電柱と漆喰の壁の横を歩く。少し舗装にガタがきているアスファルトに足を取られながら、出会う人に挨拶をかわし、学校への坂道を下りていく。そうこうしているうちに視界が開け、眼前に広がる穏やかな瀬戸内海と、瓦葺の家々。そして町をまたぐように悠然と伸びる巨大な瀬戸大橋。  同描写を観ると、実際にココネと同じ道のりを歩いてみたいと思うほど美しく描かれている。作中に登場する瀬戸大橋は、とても雄大で、写真や映像で観るものとは趣が異なり、改めて実物を見に現地を訪れてみたいと感じる。  おそらく作品の中に登場した場所を訪れると、作中では描かれていない登場人物の日常生活の“余白”を想像することができるのではないだろうか。作品の舞台を訪れることで、自分自身が作品の登場人物の一人になったような気分が味わえる。それは最高の体験だ。だから僕らは大好きな作品の聖地巡礼をするのかもしれない。  2017年、『ひるね姫~知らないワタシの物語~』が次なる『君の名は。』と呼べる“聖地巡礼”作品になりそうである。  映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月18日より全国公開。

  • 高畑充希、主演映画『ひるね姫』で“澄んだ”歌声を披露

    高畑充希、主演映画『ひるね姫』で“澄んだ”歌声を披露! 名曲カバーに不安も吐露

    アニメ・コミック

     『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』などを手がけた神山健治が、原作・脚本・監督を務める『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の予告編が解禁となった。公開された映像には、主人公の声を担当する女優の高畑充希が歌う主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」も流れている。@@cutter 本作は、家でも学校でもつい居眠りをしてしまう一人の少女が、今より少し先の未来を舞台に、夢とリアルをスリリングに行き来するロードムービー。  女子高生・森川ココネ(高畑)は、いつもその夢の中に、ある一つのイメージを見ていたが、それが何か分からないまま気になっていた。しかし2020年に東京で開催されるオリンピックを3日後に控えたある夏の日に、父が突然逮捕される。その事件の真相を追う中で、事件解決の鍵が、いつも見る夢の中にあることに気づくのだが…。  主題歌は、1967年に発表されたバンド・モンキーズのオリジナルナンバーで、日本では忌野清志郎さん率いるロックバンド、タイマーズがカバーした名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」。今回その曲を、高畑が”森川ココネ”名義で歌う。予告編では、ミュージカルとは異なる高畑の澄んだ声が、主題歌をポップに奏でる。  映像では、ごく普通の日常が映し出される前半から一変、後半は父親のモモタローが突然警察に逮捕されたり、海中から突如、異形の怪物が姿を現したりと、次々と起こる現実世界の出来事が、夢とつながっていることに気づくココネ。すべてを知り、父親を助けるために眠るココネ。彼女は夢の中で何かを発見、その先に見えるものは・・・?  自身が声優を務める作品で、主題歌を担当するのもはじめてという高畑は「清志郎さんの素敵なイメージが未だに鮮やかで、カバーするには勇気が必要だと思いましたし、不安な気持ちはありました」と当初不安があったことを明かしながら「清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました」と振り返った。  映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月18日より全国公開。

  • 映画『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』009/島村ジョー:河本啓佑、003/フランソワーズ・アルヌール:種田梨沙 、001/イワン・ウイスキー:福圓美里、002/ジェット・リンク:佐藤拓也

    『サイボーグ009』新作、ゼロゼロナンバーサイボーグ声優全キャスト発表!

    アニメ・コミック

     『サイボーグ009』映像化50周年を記念した、フル3DCGアニメーション映画『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』にて、主人公の島村ジョーらゼロゼロナンバーサイボーグ達を演じる豪華声優陣情報が解禁となった。@@cutter 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』は、数々のヒーローを生み出した漫画家・石ノ森章太郎が生み出した永遠のヒーロー『サイボーグ009』を、フル3DCGアニメーションという新たな姿で再誕(リボーン)させた作品。太古より人類の歴史を陰ながら操ってきた異能者達「ブレスド」の野望に対し、サイボーグ戦士達が再び立ち上がり熾烈な戦いに挑む姿を描く。  本作の総監督は『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズを手がけた神山健治。神山は2012年に『サイボーグ009』を原作とした映画『009 RE:CYBORG』を監督している。監督は『009 RE:CYBORG』(演出)、『蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐』(助監督)を手がけた柿本広大。キャラクターデザインは『楽園追放 ‐Expelled from Paradise‐』『キャプテン・アース』の齋藤将嗣が担当する。  今回、ゼロゼロナンバーサイボーグ達として、009/島村ジョー役を河本啓佑、003/フランソワーズ・アルヌール役を種田梨沙、001/イワン・ウイスキー役を福圓美里、002/ジェット・リンク役を佐藤拓也、004/アルベルト・ハインリヒ役を日野聡、005/ジェロニモ・ジュニア役を乃村健次、006/張々湖(ちゃんちゃんこ)役を真殿光昭、007/グレート・ブリテン役を佐藤せつじ、008/ピュンマ役を石谷春貴がそれぞれ務める。  島村ジョー役の河本は「幅広い世代の皆様から愛され、歴史を刻んできている作品ですので、今回この作品に関われることを誇りに思います」と、本作への出演に期待を膨らませている様子。フランソワーズ役の種田も「アニメで何度も親しんできた作品だったので、今回自分が重要な役で関わることができ、大変光栄です」と出演に誇りを感じているようだ。    『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』全3章は、11月25日より順次2週間限定公開。第1章は11月25日より、第2章は12月2日より、第3章は12月9日より公開。

  • 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』、ビジュアルが解禁!

    神山健治最新作『ひるね姫』2017年3月公開! 高畑充希演じるヒロインビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に出演中の女優・高畑充希が声優を務めるアニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の公開が、 2017年3月に決定。それに合わせ、高畑演じるヒロインが気持ちよさそうに眠るポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』を手掛けた神山健治監督の最新作。岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のふもとにある穏やかな町にたった二人で暮らす父と娘。夢と現実がリンクするスリリングな物語と、そこですべてが明かされる知られざる家族の絆。お互いを想う親と子に寄り添うような温かな物語を描く。    この度解禁されたポスターでは、犬のぬいぐるみを抱きかかえ、ロボット・ハーツの腕の中で気持ちよさそうに眠る女子高生・森川ココネの姿と、「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」というコメントが書かれている。主人公がみる温かく、不思議な夢の中での物語に、期待してしまう仕上がりとなっている。    主人公ココネの声を担当する高畑は、本作が自身初のアニメーション映画への参加となり、劇中では岡山弁を披露。「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と、10月からのアフレコの意気込みをコメントした。    『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、2017年3月全国ロードショー。

  • 高畑充希、神山健治監督の最新作『ひるね姫』主人公ココネ役の声優に!

    高畑充希、神山健治監督の最新作『ひるね姫』主人公ココネ役の声優に! 映像も解禁

    アニメ・コミック

     高畑充希が、『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』を手掛けた神山健治監督の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の主人公、森川ココネ役の声優を務めることがわかった。高畑がアニメ映画の声優を務めるのは本作が初であり、声優発表と併せて特報映像も解禁された。@@cutter 高畑は、これまでテレビアニメーションには2度出演の出演経験があるが、アニメーション映画は初挑戦。本作のオファーについて「表情は自分じゃないのでとても難しいです。オファーを受けた時は嬉しかった半面、私は自分の声はクセが強いように感じているので『私でいいんだろうか』とも思いました」と、少しだけ不安がよぎった様子。だが「神山監督が丁寧にキャラクターを伝えてくださったので、できるだけ監督のイメージに合うように、何度でもトライしたいと思います」と出演に対しての意気込みを語る。  岡山県倉敷市児島を舞台にしていることから、高畑は本作で岡山弁を披露することなる。「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と、方言の難しさは口にするもののやる気十分。自身の声が収録された特報映像については、「ココネちゃんはみんなが愛せる、“かわいすぎない”キャラクターで親近感があります。舞台となる岡山の風景も美しくて、行ってみたくなりました」とコメント、本作に魅了されたようだ。  特報映像では美しいピアノの旋律の中、瀬戸大橋のふもと、岡山県倉敷市児島で自動車整備工を営む父親と二人暮らしをする主人公・森川ココネが、授業中の居眠りで先生に叱られ、みんなの笑いものになるところから始まる。そのココネが最近いつも見る不思議な夢が、自身の家族の秘密につながるというイメージを、高畑のナレーションとともに描かれている。  映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年全国公開。

  • 神山健治監督の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』2017年公開決定

    『攻殻機動隊』神山健治監督、最新作『ひるね姫』公開!『ベイマックス』スタッフ参加

    アニメ・コミック

     『攻殻機動隊S.A.C』シリーズや『東のエデン』『精霊の守り人』など、革新的なアイデアとディテールにこだわった作品を発表し、ヒットを連発してきたアニメーション監督・神山健治の最新作『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が2017年に全国公開されることがわかった。@@cutter 本作の舞台は2020年の東京オリンピックを目前とした岡山。その岡山県児島が描かれた背景美術、さらに主人公・森川ココネが描かれたキャラクターデザイン画も公開された。  キャラクター原案は、『猫の恩返し』の森川聡子、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案は『ベイマックス』のコヤマシゲトが担当している。  神山監督は、「重苦しい現実と対峙していかなければならない時代に、アニメーション映画がやるべきことは何か? 自問自答していたある日、『自分の娘に観せたい映画を作ったらどうだ』と言われふっと天真爛漫な女の子とお父さんの物語が浮かんできました。でもこれがなかなか一筋縄でいかずどうしたら娘に観てもらえるかを考えながら奮闘する毎日でした。この物語は、あるミニマムな個人の想いに寄りそった『父と娘の物語』です」と作品への思いを語った。  どのような物語が広がるのか。公開された「ハーツ」がどのように物語に絡んでくるのか。近日発表されるという続報を待ちたい。  『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年全国ロードショー。

  • 「009 RE:CYBORG」

    「009 RE:CYBORG」の脚本は「押井さんへのラブレター」神山健治監督が明かす押井守への思い

    アニメ・コミック

     石ノ森章太郎の代表作にしてSFヒーローアクションの最高峰「サイボーグ009」が、3Dアニメーション「009 RE:CYBORG」として生まれ変わった。監督・脚本は「攻殻機動隊」シリーズや「東のエデン」で名を馳せた神山健治。未完のまま終わった原作を元にオリジナルのストーリーを生み出し、現代のヒーロー像に迫った監督のインタビューが「TV Bros.」11/7発売号(東京ニュース通信社刊)に掲載されている。@@cutter 物語の舞台は2013年。高層ビルを狙った同時多発爆破事件が世界各地で発生し、島村ジョーら9人のサイボーグ戦士たちは“姿なき敵”に立ち向かうことになる。「僕は『攻殻機動隊 S.A.C.』からいままで、必ず“正義とは何か”ということを考えてきた。なぜかというと、やはり子ども時代からの刷り込み、石ノ森先生の影響が大きいと思うんです」と語る神山監督。原作の「地下帝国“ヨミ”編」にオマージュを捧げたというラストには、その“理想のヒーロー像”が詰め込まれているそうだ。「009は自己犠牲を厭わないヒーローたちで、それこそが石ノ森的ヒーロー像だと思うんです。今の時代は、自分さえよければOKで、問題を背負い込みたくない人たちばかり。そういう考えをいかに正当化するかが、今の人たちの正義になっているような気がする」。  実は本作、当初は押井守が監督を務め、神山は脚本だけを担当する予定だった。その名残なのか、物語やディテールには押井的な要素がちりばめられている。「押井色が強いといわれるのは、僕的には本望ですね。というのもこれ、押井さんのために書いた脚本ですから。製作委員会の方にも押井度が強すぎるんじゃないかとか、もっと薄くしたほうが企画は通りやすいとか、いろいろ言われたけれど、これは僕が押井さんへのラブレターのつもりで書いた脚本。押井的なるものを薄めることはしなかった。そこは譲れなかったんですよ」と明かした神山監督。ほかにも、押井との監督交代の経緯や企画当初のキャラ設定など裏話が満載なので、要チェックだ。 「TV Bros.」11/7発売号では他に、テレビブロスが番組化!『TV Bros.がTVになったよ。』現場リポート、『映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」特集、007TV放送吹替DVD発売記念「あなたの知らない吹替の世界」、「コーラ、ワイン化計画」、マックス・ツンドラインタビューなども掲載。

  • 「009 RE:CYBORG」で009:島村ジョーを演じた宮野真守

    宮野真守が欲しいのは「セクシーさ」と「加速装置」、映画「009 RE:CYBORG」裏側を語る

    アニメ・コミック

     石ノ森章太郎によるSF・サイボーグ漫画の傑作「サイボーグ009」が、「攻殻機動隊 S.A.C」シリーズ、「東のエデン」の神山健治監督の手により「009 RE:CYBORG」として甦る。今回、新たにゼロゼロナンバーサイボーグ最強のリーダー、009こと島村ジョー役を担当した声優・宮野真守に、現代に甦った本作についてインタビューを行った。@@cutter 「“オーディションを受けられる”と思っただけでとても嬉しかった」と振り返った宮野。オーディションをして、島村ジョー役に決まった宮野は、最初のアフレコ時は、ただただ感動したという。「神山監督が作る絵の美しさと迫力に圧倒されながらアフレコをして、その世界観に引き込まれて…」と神山監督が作る世界観にすっかり心を奪われたようだ。  本作について、宮野自身のイチオシは「“加速装置”というセリフが言えたこと」と満面の笑みを浮かべる。「言った自分自身が震えたと言いますか、名セリフなので(笑)」とのこと。しかし、この“加速装置”というセリフ、実は本編よりCMスポット映像の収録の方が早かったと明かす。「本編を演じる前の“加速装置”はどのように言ったらいいのか、落ち着いて言うのか張り上げて言うのか、もっとヒーローっぽく言うのか…など何テイクも重ねてCMスポットになったんです」と宮野自身の“イチオシ”ではあるが、意外な苦労があったことを告白した。  今回の009こと島村ジョーは、映画冒頭、ゼロゼロナンバーサイボーグとしての記憶を失っているという難しい設定。演じるにあたり宮野は、神山監督がしっかりと演出してくれたと述懐する。「冒頭は、自分の存在すら考えてしまう繊細なところやナイーブなところを、記憶が甦った後は、正義にまっすぐ向かっていける力強さを出してほしいという演出があって…。“なるほど”と思いましたね。やはりジョーは正義に向かっていくんだなと」。  また、9人のサイボーグが持つ特殊能力の中でどの能力が欲しいか?と定番の質問を尋ねると「加速装置ですね」と即答。「使ってみてとても便利だったので(笑)宮野真守にも欲しいですね」とのこと。さらに、ジョー以外を演じるとしたら?との質問には「フワンソワーズですね(笑)あのセクシーさが欲しい」と明かした。  最後に、「『RE:CYBORG』という名にふさわしいチャレンジをしている映画だと思います。ストーリーもそうだし、映像としての見せ方もそう。この映画でしか観れない009があると思います。正義とは何か、悪意とは何か、観た人それぞれが感じられる部分が沢山あると思うので、ぜひじっくり観ていただける嬉しいです」とアピールした。(取材・文・写真:鈴木沙織)  「009 RE:CYBORG」は2012年10月27日(土)より2D/3D全国公開

  • 映画「009 RE:CYBORG」×宅麺.com コラボラーメン発表試食会見

    アニメ「009」の30%はラーメンで出来ている? コラボラーメン試食発表会見

    アニメ・コミック

     10月27日に公開される「009 RE:CYBORG」と、宅麺.comとコラボが決定。劇中で登場する9人のサイボーグ戦士にちなみ、行列のできるラーメン9店舗でオリジナルコラボレーション商品を展開することになり、その試食発表会見が開催された。@@cutter 今回「009 RE:CYBORG」とコラボするのは、「麺や維新」(横浜)、「無鉄砲」(京都)、「龍旗信」(大阪)、「蟹専門けいすけ北の章」(東京駅)、「せたが屋」(駒沢)、「本格中華麺店光麺」(池袋)、「らーめんダイニングど・みそ」(京橋)、「富山ブラック麺家いろは」(富山)、「一風堂」の9店舗。  9人のサイボーグ戦士の一人、006張々湖が世界的な中華料理チェーンのオーナーという設定や、本作の監督・神山健治がかなりのラーメンフリークという事もあり、今回の企画が実現した。  神山監督は、「今回の9種類ともすごく美味しそう。ラーメンのエピソードは、映画制作中は昼、夜、食べられない時があり何を食べよう? 美味しいものを食べたいなと思うとふっとラーメンになる。今回の009もラーメンなくしては出来なかった作品です。音楽を担当した川井(憲次)さんの事務所が品川、スタジオが三鷹と行ったりきたりしている途中に二代目けいすけ“がありよく利用していました。今回の映画『009』はラーメンで出来ているかも?30%はそうかな?」とラーメンにまつわる意外なウラ話を告白。  映画「009 RE:CYBORG」は、石ノ森章太郎が終わらせることが出来なかった未完の傑作を神山健治監督が、日本最高峰のスタッフと共に、完全オリジナルストーリーのアニメーション映画に挑むSF・サイボーグ漫画の原点を長編劇場化する大型プロジェクト。

  • ボイスキャスト決定!

    神山健治監督最新作・石ノ森章太郎原作「009 RE:CYBORG」注目のボイスキャストがついに決定!

    映画

      単行本発行部数1000万部を超えるSF・サイボーグ漫画の原点であり故・石ノ森章太郎の代表作「サイボーグ009」が、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの神山健治監督の手によって「009 RE:CYBORG」として生まれ変わる。200人を超えるオーディションの末、注目のボイスキャストがついに決定した。 @@cutter  1964年に連載がスタートし、長きに渡って人気を集めた「サイボーグ009」。しかし1998年に原作者・石ノ森章太郎が60歳という若さで他界し、「サイボーグ009」は未完のまま終わっている。この前代未聞の傑作を、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズや「東のエデン」などで知られる神山健治監督が、日本最高峰のスタッフと共に、完全オリジナルストーリーでアニメーション映画化に挑んだのが本作「009 RE:CYBORG」だ。   10月27日公開(予定)を前に注目されていたのがキャラクターに命を吹き込む声優陣。200人を超える応募者が集まったオーディションでは、名前を伏せた“ブラインド・オーディション”が実施され、ついに監督がイメージする声質・演技力・表現力を兼ね備えた、トップクラスの猛者たちが決定した。   去る6月27日、新宿バルト9にて行われた作品プレゼンテーションにおいて、200人の中から抜擢された9人のゼロゼロナンバーサイボーグ達のボイスキャストがお披露目となった。   以下が発表されたキャスト陣。 009:島村ジョー役、宮野真守(「DEATH NOTE」夜神月役、「ウルトラマンサーガ」ウルトラマンゼロ役) 001:イワン・ウィスキー、玉川砂記子(「東のエデン」、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ) 002:ジェット・リンク、小野大輔(「宇宙戦艦ヤマト2199」古代進[29]) 003:フランソワーズ・アルヌール、斎藤千和(「黒子のバスケ」相田リコ、「魔法少女まどか★マギカ」暁美ほむら) 004:アルベルト・ハインリヒ、大川透(「戦国BASARA」シリーズ徳川家康) 005:ジェロニモ・ジュニア、丹沢晃之(「ナイトライダーネクスト」マイク・トレーサー) 006:張々湖、増岡太郎(「ぜんまいざむらい」十万屋万之助) 007:グレート・ブリテン、吉野裕行(「あらしのよるに」ガブ) 008:ピュンマ、杉山紀彰(「NARUTO-ナルト」うちはサスケ)   物語の舞台は、2013年の現代。かつて世界を数々の危機から救った9人のゼロゼロナンバーサイボーグは、その役目を終え、各々の国へと戻っていた。世界中で勃発した同時多発爆破事件をきっかけに、生みの親であるギルモア博士によって集められたゼロゼロナンバーサイボーグたち。一方、リーダーである009こと島村ジョーは、全ての記憶を失い高校生として東京・六本木で暮らしていた。ジョーの記憶が呼び覚まされた時、ゼロゼロナンバーサイボーグ達の、新たな戦いが始まる!   映画「009 RE:CYBORG」は2012年10月27日(土)全国公開予定

  • 009こと島村ジョーのビジュアルが解禁!(C)2012『009 RE:CYBORG』製作委員会 原画・仕上げ:植高正典 Masanori Uetaka 監修:鈴木大介 Daisuke Suzuki

    「009 RE:CYBORG」島村ジョーの詰襟・学ラン姿が解禁!公開日&漫画連載も決定

    映画

     今秋公開映画の中で最大の話題作である「009 RE:CYBORG」(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ) 。このたび、ナンバーサイボーグのキャラポスターが001から解禁され、ナンバーサイボーグの中でも高い人気を誇る009こと島村ジョーの学ラン姿のポスターが解禁された。また、注目が集まっていた映画公開日も10月27日(土)に決定した。 @@cutter 「009 RE:CYBORG」は、全てのサイボーグマンガ・アニメーションの原点といえる石ノ森章太郎原作「サイボーグ009」を「攻殻機動隊 S.A.C.」、「東のエデン」の神山健治監督が映画化。散り散りになっていたゼロゼロナンバーサイボーグたちが再結集し、2013年の現代を舞台に活躍するという物語である。ゼロゼロナンバーサイボーグのリーダー的存在で、特殊能力である≪加速装置≫によって、音速での行動が可能な島村ジョー。彼は現在、東京・六本木において、高校生としての日常生活をおくっていた──。  本作は、9媒体のウェブサイトで一斉に個々のキャラクターを解禁するという前代未聞の試みを実施中。そのため、“001”から順に新ビジュアルを1時間ごとに解禁しており、“009”である島村ジョーが大トリを務める。  そして、特典付前売券第1弾の発売に合わせて、ティ・ジョイ系の5劇場でカフェやコンセッションに「009 RE:CYBORG カフェ」がオープン。00ナンバーサイボーグのイメージカラーをモチーフにした2種類のオリジナルドリンクも販売。期間中、カフェへ来店すると、もれなく9人勢ぞろいのポストカードが手に入る(数量限定)。更に限定ドリンクを注文した客の中から各劇場1名ずつ、この9連ポスターと第2弾ポスター10枚セットを抽選でプレゼントする。  また、「009 RE:CYBORG」のコミカライズも決定。映画同様に神山健治監督によるストーリーで、作画はキャラクターデザインの麻生我等自らが担当している。5月25日発売の「月刊コミックガンガン」Vol.06から連載が開始され、ファンにとっては映画だけでなく、漫画の中でも神山健治監督による「009 RE:CYBORG」の世界を体感出来る事になる。  「009 RE:CYBORG」は、2012年10月27日(土)より全国公開

  • ビジネスの場で活躍する正社員サイボーグ003

    美形アニメキャラが人材派遣スタッフサービスと広告契約!「正社員サイボーグ003」誕生

    映画

     劇場アニメーション作品「009 RE:CYBORG」から“サイボーグ003”ことフランソワーズ・アルヌールが総合人材サービス会社スタッフサービスとの単独広告契約を結んだことが明らかになった。サイボーグ003が出演する動画は、本日よりWEB、シネアドなどで上映される。 @@cutter     9人いるキャラクターの中から“サイボーグ003”が単独の契約となった理由とは? サイボーグ003は目と耳がいいという特徴があり、長時間のPCワークや会議での議事録作成などの事務処理作業に向いていると判断したこと、さらに自分が産んだ子ではない001(イワン・ウイスキー)に対する優しさがスタッフサービス宣伝担当の心を打った。  さらにスタッフサービスのサイトでは、003以外の候補について採用に至らなかった理由を下記のように挙げている。 001:赤ちゃんなので、まだ仕事するには早いと判断。 002:既に北米の某特殊機関と専属契約が結ばれていた為、契約不可。 004:体内に重火器を抱えているため契約を見送り。ちなみに当社ビルは火器厳禁。 005:あまりに大き過ぎて、エレベーターに乗れるか不明だった。 006:「中華飯店 張々湖」という一大中華料理チェーン店のオーナーである為、専属契約が不可能。 007:イギリスに帰国しており、日本における長期業務は不可能と判断。 008:考古学者として国立大学で教鞭をとっており、一般企業で勤める事が出来ない。 009:イケメン過ぎて、女性社員が多い当社社員が、仕事が手につかなくなる。  宣伝担当者は「個人的に『サイボーグ009』のファン。冷戦が終わって、自由な時間ができた彼らに、新たな活躍の場として、ビジネスの現場を提供したかった」と、人材サービス会社ならではの視点で語る。また今回の広告では、映画版の神山健治監督本人が手がけるスペシャル動画も話題の一つ。スタッフサービスのサイトでは、神山監督のスペシャルアニメーション「正社員サイボーグ003」など2作品が配信中となっている。  なお、CMの中でサイボーグ003は、“とある日本企業で正社員として働いている”という設定となっているが、映画「009 RE:CYBORG」撮影の合間を縫って大企業で頑張る、必要以上に事務処理能力の高い正社員・フランソワーズの勇姿をぜひご覧頂きたい。

  • 原作の島村ジョー(右)と今回初解禁となったサイボーグスーツ姿(左)(c)石森章太郎プロ、(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会

    「009 RE:CYBORG」島村ジョー、かっこよすぎるサイボーグスーツ姿を世界初解禁!

    映画

     今年10月4日に製作が発表された「009 RE:CYBORG」(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)。その主要キャラクターであるゼロゼロナンバーサイボーグたちのビジュアルがついに解禁された。サイボーグスーツに身を包んだ姿としては今回が世界初公開となる。 @@cutter 日本SFマンガの金字塔であり、全てのサイボーグマンガ・アニメーションの原点といえる石ノ森章太郎原作「サイボーグ009」。今回の「009 RE:CYBORG」は、製作発表と同時に公開されたプロモーション映像が55万回の再生を記録、さらに米・ヴェラエティ紙での速報など、日本のみならず世界的に注目を浴びている話題作。「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ、「精霊の守り人」、「東のエデン」の神山健治監督が自ら脚本・監督を手がけ、2013年というリアルタイムな現代を舞台に全く新しい物語を生み出した。  公式なビジュアルとして9人がサイボーグスーツに身を包んだ姿を披露するのは世界初…しかしなぜかビジュアルは1人しか見当たらない。というのも、今回は散り散りになっていたゼロゼロナンバーサイボーグたちが再結集し、2013年の現代を舞台に活躍するという物語の内容にちなみ、9媒体のウェブサイトで一斉に個々のキャラクターを解禁するという前代未聞の試みを実施中なのである。  各ウェブサイトが解禁するキャラクターは、公平を期すため事前にくじ引きで決定。ハリウッドチャンネルでは日本人の母と外国人の父をもつ主人公「009:島村ジョー」をお披露目することとなった。女性ファンを虜にするそのイケメンぶりは原作に勝るとも劣らない。  どのウェブサイトがどのキャラクターを公開しているのか? 果たしてあなたはこの広大なネットの中で全てのナンバーサイボーグ達を発見できるか!? ゼロゼロナンバーサイボーグたちのキャラクター名称は以下の通り。 001:イワン・ウイスキー 002:ジェット・リンク 003:フランソワーズ・アルヌール 004:アルベルト・ハインリヒ 005:ジェロニモ・ジュニア 006:張々湖 007:グレート・ブリテン(G・B) 008:ピュンマ 009:島村ジョー  「009 RE:CYBORG」(ゼロゼロナイン リ・サイボーグ)は西暦2012年秋 全国公開予定

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access