『恋マジ』松村北斗の“キスの手の位置”が話題! 「添え方や角度が素晴らしい」と称賛の声

カルチャー
2022年5月10日 20:00

■40秒超えキスシーンに反響!

 見栄と虚構が渦巻くSNSに踊らされることなく、自分の目で見たものだけを信じる。本来、純はそういう考えを持っているはずだ。しかし、恋をしてしまったから、相手の周囲にいる女の影が気になって仕方がない。「その手のインスタは、偽装も多いから」と言われても、何度もひな子の投稿を開いてしまうのだ。何かの間違いのはずだ…と自分を安心させるために確認しているのに、不安ばかりが募っていく。

 意を決して柊磨に聞いてみても、「いや、泊めてないね」とどこか釣れない返事。ただ、“誰かに取られるかもしれない”という不安は、恋を加速させるもの。柊磨は、それを分かっていて、わざとひょうひょうと返したのかもしれない。彼の思惑通り、恋する気持ちがマックスになった純は、ひな子に直接対決を挑む。「恋なんて、時間の無駄遣い」と言っていた彼女が、面倒くさい三角関係に自ら巻き込まれにいくなんて…。

 「こういうことなんだね、人を好きになるって。嫉妬むき出しで、人を蹴散らして、醜くて、カッコ悪くて、どうしようもない」

 初めて本当の恋を知った純は、「こんな自分、嫌いだよ。なのにやめられないの、好きでいるの」と大粒の涙を流す。彼女の冷めた恋愛観を知っている柊磨は、心を動かされたのだろう。だから、純の腕をつかんだのだと思う。来る者拒まず、去る者は追わずで生きてきた彼が、去っていく人を初めて追いかけた瞬間だったのかもしれない。

 ひな子がいる前での40秒を超える、純と柊磨のキスシーンには、「キスシーンで初めて叫んだかもしれん」「キスするって分かってても絶叫しちゃったよ」とSNSなどで多くの反響を集めた。また、柊磨の完璧な手の位置には、「キスもさることながら、手の添え方や角度が大変素晴らしい」「柊磨の右手が最高です。形やら、角度やら!」と絶賛の声が上がっていた。

真山アリサ(飯豊まりえ)&内村克巳(岡山天音) (C)カンテレ・フジテレビ
 この二人以外にも、清宮響子(西野七瀬)と岩橋要(藤木直人)、アリサと内村克巳(岡山天音)とそれぞれの恋がじわじわと進んだ第4話。次回の放送が待ちきれない!

2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

恋なんて、本気でやってどうするの?

菜本かな(ライター)

広瀬アリス

松村北斗

西野七瀬

飯豊まりえ

岡山天音

小野花梨

戸塚純貴

古川雄大

香椎由宇

藤木直人

SixTONES

ジャニーズ

国内ドラマ

カルチャー

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング