【漫画】イケメン御曹司でも急に結婚は無理!? アラサー女子の恋愛観&婚活の苦悩がリアル

カルチャー
2023年11月28日 07:30
【漫画】イケメン御曹司でも急に結婚は無理!? アラサー女子の恋愛観&婚活の苦悩がリアル
『その結婚、正気ですか?』

 35歳を過ぎて未婚。最後に恋愛をしたのは約3年前だけど、決して結婚に興味がない訳じゃない。そんなときにタイミングよくイケメン&玉の輿がどうしても結婚したいと迫ってきたら、どんなに好条件でも思わず「正気か?」と突っ込みたくなってしまうかもしれない。今回は、アラサー女子のリアルな恋愛観&婚活の苦悩が描かれたコミック『その結婚、正気ですか?』(ソルマーレ編集部)の見どころを紹介したい。


■アラサー女子×イケメン社長の格差婚ラブコメ

 今回紹介する『その結婚、正気ですか?』は、ズボラなアラサー女子・篠原奏音と、イケメン社長・城咲真の格差婚を描いたラブコメ。累計500万ダウンロードを超える人気コミックで、2023年7月に夏ドラマとして実写化され、奏音を岡本玲が、城咲を長妻怜央(7ORDER)が演じたことでも話題を集めた。

 本作のヒロインである奏音は、それなりに恋愛も経験してきたが、なかなか結婚にはたどり着かないまま35歳を迎えたアラサー女子。20代のころと違い“普通に恋愛をする”ことが難しいと悟り、平日は設計士として仕事に明け暮れ、休日はズボラスタイルで清酒を煽る日々をおくっていた。

 しかしある日、将来に不安を感じて参加した婚活パーティーで出会った、冴えない男性・城咲とのやり取りが奏音の人生に変化をもたらす。長い前髪、分厚い眼鏡、どこかもっさりした雰囲気ただよう城咲。実は彼、大手メーカーの御曹司社長で、真の姿は黒塗りの高級車を颯爽と乗りこなすクールなイケメンだったのだ。

会って1日でプロポーズ この社長できる
 しかもこのイケメン社長、「あなたと結婚したい」と会って1日でプロポーズまで! かくして奏音は、イケメン社長・城咲との華々しい結婚生活を迎える…と思いきや、そうトントン拍子で進まないのが本作の見どころであり、30代女性のリアルな心境を描いたポイントでもある。

次ページ:「私もう夢を見れる年齢ではないんです」奏音の等身大の思いがぐっとくる

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

コミック(漫画)

特集・レポート

カルチャー

あわせて読みたい

[ADVERTISEMENT]

Hulu | Disney+ セットプラン

おすすめフォト

【行きたい】今読まれている記事

【欲しい】今読まれている記事

【イチオシ】今読まれている記事