『SUPER RICH』“優”赤楚衛二が、結婚を決めた理由を考える

カルチャー
2021年11月26日 19:00
『SUPER RICH』“優”赤楚衛二が、結婚を決めた理由を考える
春野優(赤楚衛二) 『SUPER RICH』第7話より  (C)フジテレビ

 幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求める社長・氷河衛(江口のりこ)のジェットコースターのような半生を描くテレビドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系/毎週木曜22時)。本作は、仕事一筋で生きてきた衛が、貧乏な専門学生・春野優(赤楚衛二)と出会うことで、新たな価値観を見出していく物語だ。11月25日(木)に放送された第7話は、衛と優の婚約が成立?  宮村空(町田啓太)と今吉零子(中村ゆり)の切ない恋心にもスポットが当たった。(文=菜本かな) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください


■優が、結婚を決めた理由を考察

 白無垢(むく)姿で、猛ダッシュする衛。『SUPER RICH』第7話は、1996年放送の大ヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)を彷彿とさせるカットで幕を開けた。会社にたどり着いた衛は、「うそやろ。まさか、あなたが裏切るん?」と一言。そこから一気に時間が巻き戻るのが、本作の“お約束”である。

氷河衛(江口のりこ)&春野桜(美保純) (C)フジテレビ
 優のプロポーズで、二人は晴れて婚約者となった。空への借金が完済できたら、結婚する。恋人を飛ばして結婚…かなりスピード感があるが、衛は心から幸せそうだ。もしかすると、彼女は優のような存在に出会うのを待っていたのかもしれない。幼い頃に両親を亡くし、祖母からは虐げられてきた衛。だからこそ、“無償の愛”を求めていたのだろう。

 大人になるほど、ストレートに思いを伝えることは難しくなってしまう。でも優は、とことんまっすぐだ。そこまで言うの?  と笑ってしまうほどに。そんな彼だからこそ、臆病な衛も一歩踏み出すことができたのだと思う。

 優が結婚を決めた理由も、またいい。おそらく彼は、衛が祖母の葬儀を一人で執り行っていたところを見て、“支えたい”と感じたのではないだろうか。祖母を亡くしても、「大したことないよ」と気丈に振る舞う衛に、「大したことです。こういう時に、一人なのが大したことだって言ってるんです」と返した優。プロポーズの時に、「衛さんが、一人で大変な目に遭わないようにしたい」と言っていたのが、そのシーンに重なった。どんな時も、一番そばで支えられる存在になれるように。優は、“家族”になる道を選んだのかもしれない。

次ページ:【ネタバレあり】一方で衛に片思いする二人の思いが切ない

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

SUPER RICH

菜本かな(ライター)

江口のりこ

赤楚衛二

町田啓太

矢本悠馬

菅野莉央

志田未来

中村ゆり

戸次重幸

古田新太

松嶋菜々子

国内ドラマ

カルチャー

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング