高橋文哉&鶴嶋乃愛「この関係が一番の収穫」 『ゼロワン』で築いた唯一無二の信頼

インタビュー
2020年12月18日 06:30
高橋文哉&鶴嶋乃愛「この関係が一番の収穫」 『ゼロワン』で築いた唯一無二の信頼
『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』に出演した、高橋文哉&鶴嶋乃愛にインタビュー  クランクイン!

 令和最初の仮面ライダーシリーズとして、「夢」と「情熱」の素晴らしさをメッセージとして伝えてくれた『仮面ライダーゼロワン』。今年8月末に最終回を迎えた本作が、12月18日(金)から、『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』としてスクリーンに復活します。そこで、長期に渡り主人公・飛電或人と、秘書・イズとして作品を盛り上げた、高橋文哉、鶴嶋乃愛の両名に、集大成となる劇場版への熱い思いを聞きました。(取材・文=磯部正和/写真=松林満美)


■「次元が違う」エス・伊藤英明に戦々恐々


――劇場版の公開おめでとうございます。テレビシリーズと本作で、なにか違いを意識したことはありましたか?

鶴嶋:映画のイズは、“もともとのイズ”ではないので、その時点で違いは意識しました。そして劇場版の中でも、最初と最後で「イズは変わったな」と思っていただけるように演じたので、楽しみにしていてほしいです。

高橋:テレビシリーズで演じていても、或人はすごく成長したなと感じていたのですが、劇場版の台本を読ませていただいたとき、「さらに或人は成長しているな」と思ったんです。その伸びしろの背景をしっかりと考えて演じました。


――劇場版の大きな見どころの一つは、テレビシリーズの最終回に登場した、伊藤英明さん演じるエスとの対峙だと思いますが、ご共演されていかがでしたか?

高橋:次元が違うというか…、迫力がすごかったです(笑)! 至近距離でお芝居するシーンがあったんですが、段取りとかテストの段階で「怖いな」と思ってしまっていたら、英明さんが「本番ではビビらないで頑張れよ!」と言ってくださったので、全力でいきました。


鶴嶋:私は二人のお芝居を見守る立場だったのですが、伊藤さんと文哉くんのシーンは本当に二人の圧がすご過ぎて、圧倒されまくっていました(笑)。

高橋:表現が難しいのですが、大先輩の英明さんや(飛電是之助役の)西岡徳馬さんが纏う周りの空気って、色が違うんです。緊張感もあるし和ませてもくれるし…。いるだけで雰囲気がガラッと変わる。リハから本番まで、毎回すごく新鮮な気持ちで演技をさせていただいて、役者としてとても勉強になりました。

次ページ:撮影を通して二人が得たもの

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

高橋文哉

鶴嶋乃愛

磯部正和(ライター)

仮面ライダー

映画

俳優

女優

インタビュー

あわせて読みたい

行きたい!最新ニュース

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング