高橋文哉&鶴嶋乃愛「この関係が一番の収穫」 『ゼロワン』で築いた唯一無二の信頼

インタビュー
2020年12月18日 06:30

■過酷な撮影中の支えは「視聴者の声」

――『ゼロワン』の出演を通し、ご自身の中で獲たものも大きいのではないでしょうか?

高橋:自分自身の成長はもちろんですが、それよりもイズをはじめ、共演者の方々との信頼関係を築けたことが一番の収穫でした。


鶴嶋:最初は台本通りだったのですが、お互いの関係が深まるにつれて、だんだんとギャグの相談とかもできるようになりました。現場でいろいろなことが試せるようになったよね。

高橋:そうだね。途中からは、僕がこうしたら「イズなら、こうしてくれるだろう」とか、「イズのこういう顔が見たい!」と思ってお芝居することもありました。そういうときは、モニターをチェックするのが楽しくて(笑)。こっちの想像をはるかに超える表情をしてくれていたときなんかは、本当に嬉しかったなぁ。


鶴嶋:こういう“阿吽の呼吸”のようなものって、やっぱり1年以上同じ役をやらせてもらえたからこそ味わえるものなのかなと思いました。私にとっては初めてのお芝居の現場だったのですが、共演者とこういう関係性を築けたということは、次の現場でも必ず活きると思っています。ありがたい経験です。

――もしお二人がヒューマギアになるなら?

高橋:演じてみたいのは迅か滅かな! 向こうから見たこちら側って、どんな感じなんだろう…というのはすごく興味があります。


鶴嶋:私は迅だな。サイコパス的であり無邪気な感じに惹かれます。文哉くんと同じで、あちら側から見た飛電側の景色ってどう見えるんだろう? というのは興味があります。

――“特撮シリーズ”というと、長丁場の撮影でも有名ですが、どうやってモチベーションを保っていたのでしょうか?


鶴嶋:一番は視聴者の方々の反響です。シリーズの放送前は「大丈夫かな」と不安もあったのですが、その後は毎週トレンドに上がるなど、皆さんの声が支えになりました。自分たちが頑張ったことが形になって視聴者に届いているんだと実感することで、もっと頑張れていたような気がします。

高橋:僕が一番大切にしていたことは、或人として、しっかり生きたいという思いでした。撮影中、大変なことは色々ありましたが、「役に対して失礼にならないように」という思いに突き動かされていたような気がします。

次ページ:高橋「二度とやれない」壮絶な撮影裏を吐露

2ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

イチオシ!

高橋文哉

鶴嶋乃愛

磯部正和(ライター)

仮面ライダー

映画

俳優

女優

インタビュー

あわせて読みたい

「クランクイン!」「クランクイン!トレンド」で働いてみませんか?
編集スタッフ/外部ライター/動画編集

おすすめフォト

行きたい!ランキング

欲しい!ランキング

イチオシ!ランキング