クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

坂の上の赤い屋根

【VODページ】『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』
『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』 (C)WOWOW
  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

桐谷健太主演! 真梨幸子原作の衝撃のダーク・ミステリーを衝撃の映像化

【作品情報/見どころ】
人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子原作のダーク・ミステリー。同著者の小説は映像化不可能ともいわれる衝撃作が多く、尾野真千子主演で話題を呼んだ『フジコ』(原作『殺人鬼フジコの衝動』)、同じ名前の女性たちが悪の渦に巻き込まれる『5人のジュンコ』に続いて3作品となる衝撃の映像化。
物語は、新人作家が18年前の“女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画を、出版社の編集者に持ち込んだことから始まり、やがて登場人物たちが抱える嫉妬、劣等感、孤独、過去など“黒い感情”の正体と事件の真実が明らかになっていく……。
主人公の轟書房編集者・橋本涼役はドラマ、映画、舞台、CM出演に加え歌手としても活躍する桐谷健太、新人作家・小椋沙奈役は倉科カナが演じ、橋本良亮、蓮佛美沙子、斉藤由貴らWOWOWの数々の傑作ドラマに出演してきた実力派俳優陣に加えて、Travis Japanの七五三掛龍也や工藤美桜らフレッシュなキャスト陣も話題に。登場人物たちの心理が交錯し、見る者をくぎ付けにする中毒性があるストーリーは秀逸。ドラマ版オリジナルの展開も加わり、サスペンスやミステリー作品に目の肥えた人々をうならせる珠玉のダーク・ミステリーとなっている。

閑静な住宅街にある赤い屋根の家――。18年前、この家で開業医の両親を殺害し遺体を切り刻んだのは、実の娘の青田彩也子(工藤美桜)と、その恋人・大渕秀行(橋本良亮)だった。世間を震撼させたこの事件の裁判中に、大渕は「早すぎた自叙伝」を出版し、過去に女子児童を手に掛けたことを告白。裁判では彼に洗脳された彩也子が凶行に及んだとされ、主犯の秀行は死刑、彩也子は無期懲役が確定した。それから数年後。「早すぎた自叙伝」を担当した轟書房の編集者・橋本涼(桐谷健太)のもとに、新人作家・小椋沙奈(倉科カナ)から事件をモチーフにした小説の企画が持ち込まれる。橋本と沙奈の2人は小説の連載を実現すべく、大渕死刑囚と獄中結婚した大渕礼子(蓮佛美沙子)や、大渕のかつての愛人で元敏腕編集者・市川聖子(斉藤由貴)ら関係者たちの取材を始めていくうちに、黒い感情に引きずり込まれ…。その先には誰も知らない衝撃の真実が待ち受ける。

  • [ADVERTISEMENT]

出演者
桐谷健太/倉科カナ/橋本良亮(A.B.C‐Z)/蓮佛美沙子/斉藤由貴/床嶋佳子/工藤美桜/七五三掛龍也(Travis Japan)/西村元貴/宮崎美子/渡辺真起子
クレジット
(C)WOWOW
外部リンク
「WOWOW」公式サイト

「坂の上の赤い屋根」に関するFAQ

Q.坂の上の赤い屋根はどこで配信されていますか?

A.「WOWOW(ワウワウ)」で配信されています。

Q.坂の上の赤い屋根の配信開始日はいつですか?

A.2024/03/03に「WOWOW(ワウワウ)」にて配信しています。

Q.坂の上の赤い屋根の見どころは?

A.人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子原作のダーク・ミステリー。同著者の小説は映像化不可能ともいわれる衝撃作が多く、尾野真千子主演で話題を呼んだ『フジコ』(原作『殺人鬼フジコの衝動』)、同じ名前の女性たちが悪の渦に巻き込まれる『5人のジュンコ』に続いて3作品となる衝撃の映像化。
物語は、新人作家が18年前の“女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画を、出版社の編集者に持ち込んだことから始まり、やがて登場人物たちが抱える嫉妬、劣等感、孤独、過去など“黒い感情”の正体と事件の真実が明らかになっていく……。
主人公の轟書房編集者・橋本涼役はドラマ、映画、舞台、CM出演に加え歌手としても活躍する桐谷健太、新人作家・小椋沙奈役は倉科カナが演じ、橋本良亮、蓮佛美沙子、斉藤由貴らWOWOWの数々の傑作ドラマに出演してきた実力派俳優陣に加えて、Travis Japanの七五三掛龍也や工藤美桜らフレッシュなキャスト陣も話題に。登場人物たちの心理が交錯し、見る者をくぎ付けにする中毒性があるストーリーは秀逸。ドラマ版オリジナルの展開も加わり、サスペンスやミステリー作品に目の肥えた人々をうならせる珠玉のダーク・ミステリーとなっている。

閑静な住宅街にある赤い屋根の家――。18年前、この家で開業医の両親を殺害し遺体を切り刻んだのは、実の娘の青田彩也子(工藤美桜)と、その恋人・大渕秀行(橋本良亮)だった。世間を震撼させたこの事件の裁判中に、大渕は「早すぎた自叙伝」を出版し、過去に女子児童を手に掛けたことを告白。裁判では彼に洗脳された彩也子が凶行に及んだとされ、主犯の秀行は死刑、彩也子は無期懲役が確定した。それから数年後。「早すぎた自叙伝」を担当した轟書房の編集者・橋本涼(桐谷健太)のもとに、新人作家・小椋沙奈(倉科カナ)から事件をモチーフにした小説の企画が持ち込まれる。橋本と沙奈の2人は小説の連載を実現すべく、大渕死刑囚と獄中結婚した大渕礼子(蓮佛美沙子)や、大渕のかつての愛人で元敏腕編集者・市川聖子(斉藤由貴)ら関係者たちの取材を始めていくうちに、黒い感情に引きずり込まれ…。その先には誰も知らない衝撃の真実が待ち受ける。

『坂の上の赤い屋根』の予告編

『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』本予告
  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

『坂の上の赤い屋根』を見た人におすすめの作品

『坂の上の赤い屋根』を配信している『WOWOW(ワウワウ)』のニュース一覧

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

あわせて読みたい


トップへ戻る