クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

窪田正孝、ハードな肉体作りも二重跳びができず「三池さんに殴られました(笑)」

映画

 俳優の窪田正孝が主演を務め、三池崇史監督が完全オリジナルストーリーで挑む2020年公開予定の映画『初恋』が第72回カンヌ国際映画祭2019「監督週間」で上映された。主演映画のワールドプレミアのため初カンヌ入りしながらも「自分とは全然縁のないものだと思っていました」と謙遜する窪田に、自身の役柄や役作りについて話を聞いた。

【写真】フォトブックで肉体美を披露した窪田正孝

 負けるはずのない相手にKO負けを喫したことから人生の歯車が狂ったボクサー・葛城レオを主人公に、アンダーグラウンドの世界で巻き起こる人生で最高に濃密な一晩を描いていく本作。窪田演じるレオは、たぐいまれな才能を持つプロボクサーという設定だ。

 これまでさまざまな役柄をこなしてきた窪田だが、プロボクサー役の身体作りについて「特別身体を大きくしようとか思っていたわけではなく、毎日ひたすらトレーナーの方とボクシングの打ち込み練習をしていたりしたのですが、筋肉痛を超えるくらいやればいいかといった程度で考えていましたね」とコメント。毎日しっかりとトレーニングし、食事もキチンととっていたとのことで「撮影時はあまり思わなかったのですが、完成した作品を観て、思っていたより自分の身体が大きくなっていたのでびっくりしました(笑)」と、身体作りの成果に笑顔を見せる。

 さらにボクサーならではの動きについて「縄跳びなんかは結構入念にやりました」と語ると「ただ、二重跳びはできなくて…できないと打ち明けたら三池さんに殴られました(笑)」と撮影時のエピソードを明かした。ハードなトレーニングは肉体的なしんどさもあったようだが、「体力的に厳しい部分はありましたが、その肉体的な疲労が、撮影では精神的な面とリンクする部分があったと思います」と演技への好影響につながったようだ。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv