関連記事

  • シルヴェスター・スタローンがロッキー役の引退宣言(※映画『クリード 炎の宿敵』場面写真)

    シルヴェスター・スタローン、『クリード2』でロッキー役にさよならか

    映 画

     日本では来年1月11日公開予定の映画『ロッキー』スピンオフシリーズ第2弾『クリード 炎の宿敵』。本国アメリカでは感謝祭前の11月21日(現地時間)に公開されたが、俳優シルヴェスター・スタローンが同作でロッキー役が最後になることを示唆して、ファンに大きな衝撃を与えている。@@cutter ロッキーのよきライバルで友人だったアポロ・クリードの息子アドニスが、真のプロボクサーに成長する姿を描く『クリード』シリーズ。『クリード 炎の宿敵』では、ロッキーに師事したアドニスが、リングの上で父を倒し死に至らしめたドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子と対戦する。  スタローンは『クリード 炎の宿敵』の撮影中に録画されたと思われる動画を自身のインスタグラムに投稿。「『ロッキー』ファミリーを40年以上応援してくれた世界中の皆さんに感謝する。この有意義なキャラクターを創造し、演じることができたのは究極の名誉だった。考えると心が痛むが、悲しくも全ての事に終わりが来る。心優しく寛大なみんなが大好きだ。何が最高かって、ロッキーは永遠に不滅だということだ。みんなの心の中で生き続けるからね」と綴っている。スタローンは動画の中でも、スピーチを促されると、「僕がこの役を演じるのは、恐らくこれが最後だ」と切り出している。  現時点で『クリード』第3弾の制作は発表されていないが、スタローンのコメントを受けて、ファンからは「ロッキーのいない『クリード』なんて意味がない…。スタローンが出演しているから観に行くのに」「『ロッキー』シリーズを終わらせないでくれ」「歴代の映画シリーズの中でも群を抜いてる。スライ、君が去るなんて悲しい。頼むから、もう1作」といったコメントがあふれている。 引用:https://www.instagram.com/officialslystallone/

  • 歴代ボクシング映画北米興行収入1位:『ロッキー4/炎の友情』

    歴代ボクシング映画、北米興行収入1位は『ロッキー4/炎の友情』

    映 画

     2018年にも様々なジャンルやテーマの映画が公開されたが、シルヴェスター・スタローンをスターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズのスピンオフ第2弾『クリード 炎の宿敵』もその1つ。日本では1月11日公開だが、その第2弾に再登場するドラゴがアドニス・ジョンソンの父アポロを倒した『ロッキー4/炎の友情』は、歴代ボクシング映画の北米興行収入1位に輝いている。@@cutter The Wrapが『クリード 炎の宿敵』の北米公開を記念してまとめたランキング。アカデミー賞作品賞に輝いたシリーズ第1弾を差し置いて、1位になった『ロッキー4/炎の友情』の北米興行収入は約1億2780万ドル(約144億6000万円)だ。ソ連のボクサー、ドラゴが、ロッキーのライバルであり親友のアポロと対戦し、アポロは帰らぬ人に。ロッキーがドラゴの挑戦を受け、リングでアポロの無念を晴らすというストーリーだった。『クリード 炎の宿敵』では、息子たちに因縁の対決が引き継がれている。  『ロッキー』以外のボクシング映画といえば、ロバート・デ・ニーロに2つめのオスカーをもたらした1980年の『レイジング・ブル』や、日本でも大ヒットした感動作『チャンプ』などがあるが、北米興行収入では『ロッキー』シリーズが圧倒的な強さを見せている。  続く2位は、チャンピオンになったロッキーが新人ボクサーに破れ、死んだミッキーに代わってトレーナーを務めるアポロと共に再起をかけて戦う『ロッキー3』がランクイン。北米興行収入は約1億2500万ドル(約141億4300万円)。3位は約1億1720万ドル(約132億6800万円)で『ロッキー』という結果になっている。  歴代ボクシング映画、北米興行収入トップ10は以下のとおり。(Box Office Mojoより現地時間11月25日現在) 1位 『ロッキー4/炎の友情』/約1億2780万ドル(約144億6000万円) 2位 『ロッキー3』/約1億2500万ドル(約141億4300万円) 3位 『ロッキー』/約1億1720万ドル(約132億6800万円) 4位 『クリード チャンプを継ぐ男』/約1億970万ドル(約124億1200万円) 5位 『ミリオンダラー・ベイビー』/約1億40万ドル(約113億6000万円) 6位 『ザ・ファイター』/約9360万ドル(約105億9600万円) 7位 『リアル・スティール』/約8540万ドル(約96億6800万円) 8位 『ロッキー2』/約8510万ドル(約96億2900万円) 9位 『ロッキー・ザ・ファイナル』/約7020万ドル(約79億4700万円) 10位 『シンデレラマン』/約6160万ドル(約69億7000万円)

  • 映画『クリード 炎の宿敵』場面写真より

    11月21日は<ロッキーの日>  制定記念『クリード 炎の宿敵』特別映像到着

    映 画

     11月21日が、日本記念日協会より<ロッキーの日>に公式制定されたことを記念して、映画『クリード 炎の宿敵』よりキャストや監督のコメントが満載の特別映像が公開となった。@@cutter 俳優のシルヴェスター・スタローンが主演・脚本を務めた『ロッキー』初公開から42年となる11月21日は、シリーズの新章として公開され大ヒットした『クリード チャンプを継ぐ男』の続編『クリード 炎の宿敵』の全米公開日。11月14日(現地時間)に行われたワールドプレミアにて、ロッキーの宿敵イワン・ドラゴを演じたドルフ・ラングレンは、記念日の制定を受け「日本には何度も行ったことがあるけれど、日本が本当に恋しい! 極真空手もあるしね。すぐにまた行けることを願っているよ」とコメントを寄せた。  『クリード 炎の宿敵』では、主人公アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)とその師匠ロッキー(シルベスター・スタローン)の前に新たな最強の宿敵が登場する。アドニスに挑戦状を突きつけるのは、1985年の『ロッキー4/炎の友情』でアドニスの父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子ヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)だ。  このたび公開された特別映像では、ロッキー最愛の亡き妻の名を付けたレストラン・エイドリアンズで、ロッキー(スタローン)とかつて親友アポロの命を奪ったドラゴ(ドルフ)が再会するシーンから始まる。ロッキーに敗北したことで全てを失い、復讐のために息子を連れて現われたドラゴは、ロッキーをにらみつける。  キャスト陣や監督のインタビューでは、アドニスを演じるマイケルが登場し「イワン・ドラゴと息子ヴィクターが登場する。彼らの過去と敵意が、物語をさらに強烈にする」とコメント。ロッキーが過去を振り返るシーンでは、同シリーズの生みの親であるスタローンが登場し「ロッキーの過去がアドニスにまとわりつく。ロッキーにとって最悪の思い出だ。アポロは彼の代わりにドラゴと戦い死んだ。今、アドニス・クリードが父親の復讐をしようとしている」と語る。  さらに、スティーヴン・ケイプル・Jr監督は「アポロ・クリードを殺した男だ。彼の再登場は、ある意味新鮮で新しい」と興奮気味に話し、ドラゴを演じるドルフは「イワンはオリンピックチャンピオンで、ソビエト連邦の英雄だった。だが33年前、ロッキー・バルボアに敗れた。今、彼は失った人生を取り戻そうとしている」と解説。最後は再びスタローンが登場し、「新世代のドラゴ、クリードに引き継がれていくなんて最高だよ」と笑顔で締めくくっている。  映画『クリード 炎の宿敵』は2019年1月11日より全国公開。

  • 『クリード チャンプを継ぐ男』続編がクランクイン!(※『クリード チャンプを継ぐ男』場面写真)

    『クリード2』、『ロッキー』の故郷フィラデルフィアで撮影開始

    映 画

     大物俳優シルヴェスター・スタローンの出世作『ロッキー』シリーズのスピンオフ『クリード チャンプを継ぐ男』。その続編の撮影がシリーズの本拠地フィラデルフィアで始まったことを、ロッキー役で続投するスタローンがインスタグラムで明かした。@@cutter スタローンは投稿した動画の中で「『クリード2』の初日だ」と宣言。「ロッキー」と書かれた紙がドアに貼ってある控え室用トレーラーをチラ見せして、第2弾のクランクインを報告した。また、キャプションには「昔からよく“まるで昨日のことのようだ”と言うが、本当にそうだね。クリード2の撮影の準備が進んでいて興奮するよ」と綴っている。  ロッキーの盟友アポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)が主人公の『クリード』シリーズ。1作目の監督ライアン・クーグラーは製作総指揮を務め、映画『The Land(原題)』で2016年に長編監督デビューしたスティーヴン・ケープル・Jr.がメガホンを取る。脚本はスタローンが執筆。スタローンは当初、メガホンを取る予定だったが、テーマに合わせて若い監督に譲った。  2作目は、『ロッキー4/炎の友情』においてリング上でアポロを死に追いやったイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)が登場する。アドニスがドラゴの息子ヴィクトル・ドラゴと対決する可能性が高く、そのヴィクトル役はルーマニア出身のボクサー、フローリアン・ムンテアヌが演じる。  『クリード』続編は現地時間11月21日より全米公開。

  • 『クリード』続編の監督に決まったスティーヴン・ケープル・Jr

    『クリード』続編、スタローンが監督降板 29歳の新人監督を起用

    映 画

     俳優シルヴェスター・スタローンの出世作『ロッキー』シリーズのスピンオフとなる『クリード チャンプを継ぐ男』。続編の制作が決まり、スタローンが10月に監督することを発表していたが、新しい世代にバトンを渡すべく監督を降板し、29歳の新進スティーヴン・ケープル・Jrが抜てきされた。@@cutter スタローンは自身のインスタグラムに『クリード チャンプを継ぐ男』シリーズの主人公アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)とロッキー・バルボア(スタローン)のビジュアルを投稿。「アドニス・クリードは彼の世代を反映するキャラクターだ。僕は監督がその世代の者であることが重要だと考えているから、スティーヴン・ケープル・Jrという若くて才能溢れる新鋭が監督を引き受け、共感の持てるストーリーにしてくれることを幸運に思っている…。彼とマイケル・B・ジョーダンが傑作にしてくれるだろう!」と語っている。  続編にはリングの上でアポロを死なせ、ロッキーの宿敵になった『ロッキー4/炎の友情』(86)のドラゴ(ドルフ・ラングレン)が登場するが、スタローンは「大きな試練はさまざまな形で現れる! ところでこれはノリで。ドラゴの息子は新人が演じるよ…」ともコメント。ハッシュタグで米プロレスラーのブロック・レスナーの名前を添えるという意味深な行動に出て、ネットをざわつかせている。  スティーヴン・ケープル・Jr は米経済誌「Forbes」の今年の「30アンダー30」にも選出された新進気鋭の監督だ。短編映画やテレビドラマの監督を務めつつ、2016年に日本未公開の映画『The Land(原題)』で長編監督デビューを果たした。  Varietyによると、撮影は2018年春に始まる予定。スタローンとマイケルの他に、ビアンカ役の女優テッサ・トンプソンが続投するという。現地時間2018年11月21日より全米公開予定。

  • シルヴェスター・スタローンが『クリード チャンプを継ぐ男』続編で監督(※『クリード チャンプを継ぐ男』場面写真)

    『クリード』続編、シルヴェスター・スタローンが監督を務めることを発表

    映 画

     自身の出世作『ロッキー』シリーズ初のスピンオフとなる2015年の映画『クリード チャンプを継ぐ男』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた俳優シルヴェスター・スタローンが、続編の監督を務めることを自身のインスタグラムで発表した。@@cutter スタローンは1作目の主役アドニス・ジョンソンを演じた俳優マイケル・B・ジョーダンとのツーショット写真を投稿。「来年、才能あふれるマイケル・B・ジョーダン主演の『クリード2』で監督と製作を務めることを楽しみにしている…。もう1ラウンドだ!」と綴り、脚本だけでなくメガホンも取ることに決まったと伝えた。  去る9月には続編の撮影が2018年に始まることを示唆していたスタローン。その時点で同作を手がける大手スタジオMGM側は、撮影が始まることを肯定するコメントを出さなかったが、晴れて話がまとまり発表できる段階に来たようだ。  今回のインスタグラムのコメントでは、スタローンがアドニスの良きメンターとしてロッキー役を続投することは明言されていない。続編には『ロッキー4/炎の友情』(86)でロッキーの宿敵だったドルフ・ラングレン演じるドラゴが登場し、彼の息子がアドニスとリングの上で戦うことになるという憶測も出ているが、果たしてどうなるのか。キャストに関する続報にも期待したい。

  • 『クリード チャンプを継ぐ男』続編が始動か(※『クリード チャンプを継ぐ男』場面写真)

    『クリード』続編、2018年撮影をシルヴェスター・スタローンが示唆

    映 画

     映画『ロッキー』シリーズのスピンオフ『クリード チャンプを継ぐ男』(15)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた俳優シルヴェスター・スタローンが、同作の続編について自身のインスタグラムで言及。来年2018年に撮影が始まることが予想されるとVarietyが伝えた。@@cutter スタローンは自身のインスタグラムに『クリード チャンプを継ぐ男』から自身が演じるロッキーとマイケル・B・ジョーダン演じる主人公のアドニス・ジョンソンがトレーニングに励んでいるスチール写真を投稿。キャプションには「パワーアップ中!!!2018」と綴り、「#Creed」「#Rocky」といったタグをつけて紹介した。  Varietyが製作の米MGMに問い合わせたところ、同社は「『クリード』の続編に向けて企画開発を続けている段階です」とコメントし、続編について明言することを避けたという。  1作目の脚本は映画『フルートベール駅で』(13)で監督・脚本を務めたライアン・クーグラーと、アーロン・コヴィントンが担当。続編については、スタローンが7月に手書きのノートを写した写真をインスタグラムに投稿し、439ページの手書き原稿から120ページの脚本にまとめたことを明かした。タグには「#drago」と記し、『ロッキー4/炎の友情』(86)でロッキーの宿敵だったドルフ・ラングレン演じるドラゴが登場することを示唆していた。  スタローンが言うように2018年に『クリード』続編で動きがあるのか、続報がまたれるところだ。

  • 『ロッキー5/最後のドラマ』で親子共演を果たしたシルヴェスター・スタローンとセイジ・スタローン

    S・スタローン、『クリード』出演依頼は“たまらなく悲痛だった”と告白

    映 画

     出世作となった『ロッキー』シリーズから40年、『クリード チャンプを継ぐ男』で再びロッキー・バルボア役に返り咲いたシルヴェスター・スタローン。第73回ゴールデン・グローブ賞では助演男優賞を獲得。日本時間2月29日に開催される第88回アカデミー賞でも助演男優賞候補に選出されたが、監督のライアン・クーグラーに出演を依頼された当初は、実の息子セイジ・スタローンが急死したこともあり「やりたくなかった」とCloser Weekly とのインタビューで明かした。@@cutter スタローンは2012年7月に36歳だった息子セイジを心臓発作で亡くしている。監督からオファーを受けた後だったため、「しばらく時間がかかった。本当にやりたくなかった。たまらなく悲痛で辛いことだ。区切りがつかない。何の施しようもない」と当時を振り返ったスタローン。しかし演技に救われたという。「演技というのは、演技することで解放されるという素晴らしさがある。演技することで慰みを得ることが出来る」と語っている。  セイジへのトリュビュートとなっている『クリード チャンプを継ぐ男』。セイジはシリーズ第5弾『ロッキー5/最後のドラマ』(90)でロッキーの息子ロッキー・ジュニアを演じており、『クリード チャンプを継ぐ男』では写真で登場。ロッキーの口からバンクーバーに移り住んだことが語られた。

  • 世界の男たちを魅了する「ロッキー」シリーズ7作目の『クリード チャンプを継ぐ男』

    人生のセコンドには『ロッキー』がいた 生誕40周年&新作公開、シリーズを総ざらい

    映 画

     みなさん、いよいよ待ちに待ったエピソード7の公開です。え、『フォースの覚醒』? バカヤロー、「人生ほど重いパンチはない(第6作)」んだ! ということで、『クリード チャンプを継ぐ男』で7作目…世界の男たちを魅了してやまない映画史に残る金字塔『ロッキー』シリーズをご紹介。観れば心の生卵、ロッキーがいつもあなたのセコンドとして人生を支えてくれる名シリーズです。@@cutter アメリカ東部の旧都フィラデルフィアで戦うしがないボクサー、ロッキー・バルボアの物語が始まったのは76年。そう『スター・ウォーズ』の1年先輩、来年でシリーズ生誕40年となるのです。エイドリアーン!!  すみません、取り乱しました。街のアイコンとして銅像が建てられるまでに至る大河ドラマは、30歳にしてうだつが上がらないボクサー・ロッキーと、彼が想いを寄せるペットショップの店員エイドリアンを中心に展開されます。いま観ると2人のイケてない感じ、明らかに学校ではスクールカーストの上位でなかったであろう雰囲気がたまりません。だからこそ逆に応援したくなるのです。  エイドリアンの兄であり、後にロッキーの義兄となるポーリー。ロッキーを指導する老トレーナーのミッキーといった周囲の人たちもそれぞれスピンオフ作品ができていいぐらいに味があります。特にポーリーは飲んで暴れたり、ロッキー家の金を使い込んだりととかくダメな奴なのですが、ままならない人生の厳しさと難しさを知る、『ロッキー』シリーズもう1人の主人公と言うべきキャラクターです。@@separator ロッキーはこうした人たちに支えられ、天才アポロ・クリード、凶悪クラバー・ラング、ソ連の結晶イワン・ドラゴといったライバルたちと戦っていきます。最初の名前にピンと来たあなたはご名答、戦いを通じ友情が芽生え、敵対する側から同じコーナーへ回ることになるアポロこそ、新作『クリード』の主人公アドニスのお父さんであるのです。もはや神話を思わせる、めくるめくストーリー。  このように、なにせ40年に及ぶ長寿作品ですから、人生におけるあらゆることをロッキーが経験していきます。エイドリアンとの恋は愛と実ってやがて結婚へ至り、人生と誇りを懸けたアポロとの決闘、子どもの誕生、迷いと決断、勝利の栄光、慢心と挫折、別れ、友情、死、再起、許し、親子の愛、そして苦悩、和解、再生…それらが『ロッキー』に描かれています。ですから実人生でそうしたことに見舞われる度シリーズへ立ち返り、「ロッキーはどうしたか?」と考えれば、自ずと進むべき道が見えてきます。  『ロッキー』シリーズとはそんな人類が共有できる世界的文化遺産。いったん心に入れれば最新作『クリード』よろしく、いつでもロッキーがあなたを支え、導いてくれるでしょう。そう、「人は変われる!(第4作)」のです。ですが、『ロッキー』の道は1日してならず。まずは『クリード』を観ることからその道を歩んでいきましょう。(文:「しるべ寿太郎」こと しべ超二)  映画『クリード チャンプを継ぐ男』は現在公開中。

  • 全米映画評論員会賞の2015年作品賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

    全米映画評論委員会賞、作品賞は『マッドマックス 怒りのデスロード』

    映 画

     来年1月に入ると米アカデミー賞のノミネートが発表されるが、そのアカデミー賞の前哨戦と言える全米映画評論員会賞が現地時間1日に発表され、トム・ハーディが新生マックスを演じたジョージ・ミラー監督作『マッドマックス 怒りのデスロード』が2015年の作品賞に選出された。映画『クリード チャンプを継ぐ男』(12月23日日本公開)でロッキー役に返り咲いたシルヴェスター・スタローンは、助演男優賞を獲得した。@@cutter 荒廃した砂漠の世界を舞台に、妻子を亡くした元警官マックスが女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)と共に独裁者に立ち向かうアクション大作『マッドマックス 怒りのデスロード』(15)。製作時にはトラブルが続き公開が遅れたが、蓋を開けてみると観客、批評家ともに評価が高く、アカデミー賞を狙えると囁かれている。  監督賞は火星に独り取り残された宇宙飛行士のサバイバルを描くSF大作『オデッセイ』(2016年2月5日日本公開)のリドリー・スコットが受賞。同作からはほかに、主人公マークを演じたマット・デイモンが主演男優賞、ドリュー・ゴダードが脚色賞に輝いている。  脚本賞は全米公開前だが、異色西部劇『The Hateful Eight(原題)』のクエンティン・タランティーノ監督が受賞。同作からは、ジェニファー・ジェイソン・リーが助演女優賞を獲得した。  全米映画評論員会賞の授賞式は現地時間2016年1月5日に開催予定。主要受賞作品・受賞者は以下の通り(抜粋)。 作品賞:『マッドマックス 怒りのデスロード』 監督賞:リドリー・スコット『オデッセイ』 主演男優賞:マット・デイモン『オデッセイ』 主演女優賞:ブリー・ラーソン『Room(原題)』 助演男優賞:シルヴェスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男』 助演女優賞:ジェニファー・ジェイソン・リー『The Hateful Eight(原題)』 脚本賞:クエンティン・タランティーノ『The Hateful Eight(原題)』 脚色賞:ドリュー・ゴダード『オデッセイ』 最優秀アニメーション賞:『インサイド・ヘッド』 最優秀演技賞:エイブラハム・アッター『ビースト・オブ・ノー・ネーション』&ジェイコブ・トレンブレイ『Room(原題)』 外国語映画賞:『サウルの息子』 最優秀アンサンブル賞:『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

  • 『クリード(原題)』 12月23日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国お正月ロードショー

    『ロッキー』40周年、スタローンのロッキー再び! 盟友アポロの息子のトレーナーに

    映 画

     ボクシング映画の金字塔『ロッキー』シリーズの新たなゴングを鳴らす最新作『クリード(原題)』が12月23日より日本公開されることが決定した。シリーズ誕生から40年…シルヴェスター・スタローンが、ボクサーを引退したロッキー役として再び主演を務め、永遠のライバルでもある盟友アポロの息子をトレーナーとして育てていく様子を描く。@@cutter 世界的に有名なヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードの息子アドニス・ジョンソンは、父がタフな無名のボクサーと伝説的な死闘を繰り広げた地フィラデルフィアへ向かう。当時、その相手を務めたロッキー・バルボアを見つけ出したアドニスはトレーナーを依頼。ボクシングから完全に手を引いたロッキーは一度は断るも、アドニスからアポロと同じ強さと決意を見出し、鍛え始めることに。ロッキーを味方につけたアドニスは、まもなくタイトル戦への切符を手に入れるのだが…。  全世界で大ヒットを記録した『ロッキー』シリーズ誕生から40周年。新たな一章を描く本作で、スタローンが再びロッキー役を熱演。また、新伝説の鍵となるアドニス役は、2014年公開『フルートベール駅で』の鮮烈な演技が高く評価されたマイケル・B・ジョーダンが務める。  また、『フルートベール駅で』で数多くの賞に輝いた新進気鋭のライアン・クーグラーが監督・脚本を担当。さらに、アドニスと関わりを持つようになる地元のシンガーソングライター、ビアンカ役としてテッサ・トンプソン、アポロの未亡人メアリー・アン・クリード役としてフィリシア・ラシャド、チャンピオンの“プリティ”・リッキー・コンラン役としてABA(イングランド/アマチュア・ボクシング協会)ヘビー級チャンピオンに3度輝いた現役プロ・ボクサーのアンソニー・ベリューの出演も決定している。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access