セイジ・スタローン、『クリード』出演依頼は“たまらなく悲痛だった”と告白

映画

『ロッキー5/最後のドラマ』で親子共演を果たしたシルヴェスター・スタローンとセイジ・スタローン
(C) AFLO

 出世作となった『ロッキー』シリーズから40年、『クリード チャンプを継ぐ男』で再びロッキー・バルボア役に返り咲いたシルヴェスター・スタローン。第73回ゴールデン・グローブ賞では助演男優賞を獲得。日本時間2月29日に開催される第88回アカデミー賞でも助演男優賞候補に選出されたが、監督のライアン・クーグラーに出演を依頼された当初は、実の息子セイジ・スタローンが急死したこともあり「やりたくなかった」とCloser Weekly とのインタビューで明かした。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access