クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

アナと雪の女王 関連記事

  • 映画『アナと雪の女王2』日本語吹き替え版でアナ&エルサの母親イドゥナを演じる吉田羊

    『アナ雪2』アナ&エルサの母親イドゥナ役吹き替えに吉田羊 劇中で“子守歌”披露

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットしたディズニーのアニメーション映画『アナと雪の女王』の続編『アナと雪の女王2』の日本語吹き替え版に、女優の吉田羊が出演することが決定。吉田はアナとエルサの母親・イドゥナを演じ、劇中では子守歌も披露する。@@cutter 本作は、氷と雪を操る力を持つ姉エルサ、明るいキャラクターの妹アナの2人が、お互いを思い合い、最後に心を通わせ強い絆で結ばれる姿を描いた映画『アナと雪の女王』の6年ぶりとなる続編。日本版キャストとして、前作で大きな話題となった松たか子と神田沙也加の続投がすでに発表されている。  吉田が洋画アニメーションで声優を担当するのは今回が初。演じるイドゥナは、今は亡きアナとエルサの母親で、アレンデール王国の元王妃。姉妹を優しく見守る母親でありながら、アレンデール王国の王妃という気品にもあふれた一面も持ち合わせている難しい役どころだ。  前作で船の事故により命を落としてしまったと語られていたが、本作では回想シーンで登場し、幼いアナとエルサに子守歌を歌うことが明らかとなっている。先日公開された日本版本予告では、「なぜ私だけ魔法が使えるの?」という幼いエルサの問いかけに、「いつか答えが分かるわ」と答える吉田の声が披露されており、前作では明かされなかった“エルサの力の秘密”を知る重要なキャラクターとなる。  “アナ雪”の大ファンであることを公言している吉田は、声優決定を聞いたときの気持ちを「オーディションの合格通知をいただいたときは、びっくりしすぎて“ウソ!?”と言ってしまいました(笑)。ディズニーの作品はまさに“夢の世界”で、まさか自分がその世界の住人になれるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです」とコメント。また、実際にアフレコをしてみて「アレンデール王国の王妃という気品や気高さを意識して演じさせていただいたので、“私の声には聞こえないね”という風に言っていただけたら成功かなと思っています」とも語っている。  映画『アナと雪の女王2』は11月22日より全国公開。

  • 「Disney DELUXE 作品愛アワード2019」結果発表イベントに登壇した(左から)ダチョウ倶楽部、山寺宏一、神田沙也加

    神田沙也加、『アナと雪の女王』のアナ役で「人生変わった」

    映画

     歌手で女優の神田沙也加が25日、都内で「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」の結果発表イベントに山寺宏一、ダチョウ倶楽部とともに出席。笑いまじりのトークを展開し、ディズニー作品への愛を語った。@@cutter 本イベントは、ディズニーの公式エンターテイメントサービス「ディズニーデラックス」で視聴可能なディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの長編190作品を対象。約9万件のオンライン投票から、ファンに最も愛されているディズニー作品を選出した。  山寺は、お気に入りの作品を問われて「やはり『アラジン』『美女と野獣』『シュガー・ラッシュ』、それから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などなど声で出演させて頂いているので、軒並み投票させて頂いた」と明かした。中でも「イチオシは『アラジン』。今年、実写版も公開されて非常にたくさんの人に見て頂いた。アニメーション版の『アラジン』は、僕にとってターニングポイントとなった作品。これがやっぱり一番」と語った。  これまで数々のディズニー作品で声優をつとめてきたことにも言及し、「たくさんの数をやらせて頂いて、声優の方たちには『ズルい、ズルい』と言われてきた。本当に幸せなこと」と感慨深げに言った。  大ヒット映画『アナと雪の女王』でアナを演じた神田は、「小さい頃からどのディズニーのアニメーションも見させて頂いてきた。ミュージカルが自然に自分の血の中に息づいたきっかけ」とディズニー愛を吐露。「人生が変わったという意味で『アナと雪の女王』に投票しました」と述べた。  『アナと雪の女王』が総合第5位に入ったことが分かるや「10位以内に入れただけで嬉しい」とニコリ。「私は『リトル・マーメイド』も大好き。(『アナ雪』へ出演する)前は『パート・オブ・ユア・ワールド』をずっと歌っていた」と話した。  また、ダチョウ倶楽部の肥後が「『アナ雪』が大好き。だから沙也加ちゃんと一緒に出られて本当に光栄」と話すと、寺門は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を引き合いに「ダチョウ倶楽部もフォースでつながっていますから。熱湯で押すときも『どうぞどうぞ』のときも、フォースの気持ちで『だいたいこのへんだ』と分かる。普通の人間は分からないですから。おでんもフォースでつながっていますから」と“解説”した。  総合ランキングのトップ3を、ドミノ倒しの演出で発表する際には、最初のドミノを倒す大役を上島が担うことに。上島が「山寺さんや神田さんでしょ…」渋ると、出席者全員でダチョウ倶楽部の「どうぞ、どうぞ」で共演。山寺は「『どうぞどうぞ』に参加できて嬉しい」と言うと、神田も「私もです…!」と賛同した。 @@insert1  ドミノは、上島が「押すなよ、絶対に押すなよ!」のギャグで押される形でスタート。ドミノの雪崩の中から3作品のビジュアルが登場。第1位が『アラジン』(1992)、第2位が『美女と野獣』(1991)、第3位が『リトル・マーメイド』であることが明らかに。出演作がトップ3に複数入った山寺は、ジニーなどの声を発して喜びを表現した。 「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」最終結果 第1位:アラジン(1992) 第2位:美女と野獣(1991) 第3位:リトル・マーメイド 第4位:塔の上のラプンツェル 第5位:アナと雪の女王 第6位:リメンバー・ミー 第7位:アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー 第8位:トイ・ストーリー3 第9位:美女と野獣(2017) 第10位:ディセンダント

  • 宮崎駿監督作『千と千尋の神隠し』より

    ジブリ、ハリポタ、タイタニック…「平成の大ヒット映画」を振り返る!

    映画

     いよいよ平成が終わり、令和が始まる。平成の約31年間で、どんな映画が、どれほどの興行収入を打ち立てヒットしたのだろうか。そこで今回は、興行通信社が発表する「歴代興収ベスト100」を参考に、平成に日本国内で大ヒットを飛ばした作品を「平成ヒット映画」と定義し、振り返っていきたい。@@cutter■ 「ジブリ」「ハリポタ」が席巻  平成映画を語る上で欠かせないのが、スタジオジブリの存在だ。1985年の設立以降、『天空の城ラピュタ』(1986)、『となりのトトロ』(1988)、『火垂るの墓』(1988)など名作を生み出したが、平成に入ってもその勢いは止まらず。  その中でも最高のヒットとなったのが、少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語、『千と千尋の神隠し』だ。宮崎監督が手がけ2001年に公開された本作は、1年以上のロングラン公開を記録し、興収308億円を記録。ベルリン国際映画祭の金熊賞、米アカデミー賞の長編アニメ映画賞など、名だたる賞を受賞。平成のみならず日本の歴代興行収入1位に君臨し、その記録は今のところ破られる気配がない。 @@insert1  ほかにも、ジブリ映画では木村拓哉が声優を務めたことが話題となった『ハウルの動く城』(2004年公開、興行収入196億円)、『もののけ姫』(1997年公開、興行収入193億円)の2作品が平成映画のベスト10内にランクイン。それ以下も『崖の上のポニョ』(2008年公開、興行収入155億円)、『風立ちぬ』(2013年公開、興行収入120.2億円)が100億円以上を叩き出し、ジブリの存在感は圧倒的だ。  一方、洋画で存在感を示しているのが、『ハリー・ポッター』シリーズ。イギリスの作家 J・K・ローリングによる原作小説も世界的ベストセラーで、シリーズのファンを指す“ポッタリアン”という呼称が生まれた。満を持して公開された映画第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年公開、興行収入203億円)は日本でも記録的大ヒット。第2作『秘密の部屋』、第3作『アズカバンの囚人』も平成の興行収入トップ20に入っている。主人公のハリー役ダニエル・ラドクリフ、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンら子役は、同シリーズで大ブレイクを果たした。 @@insert2 ■ 『タイタニック』『アバター』…J・キャメロンによるエポックメイキングな2作  次に注目したいのが、ジェームズ・キャメロン監督の2作。まずは『千と千尋~』に抜かれるまで、日本の興行収入で1位の座を守り続けた『タイタニック』(1997年公開、262億円)。同作は1912年に起きた英国客船タイタニック号沈没事件を元に、貧しい青年ジャックと上流階級の娘ローズの悲恋を描いたラブロマンスで、米アカデミー賞11部門を受賞。日本では、若い女性を中心に大ヒットし、“レオ様”ことレオナルド・ディカプリオは、アイドル的人気を獲得した。 @@insert3  本作ではタイタニック号の一部描写にCGが使用され、船上の人物もCGで再現されたことに、言われるまで気づかなかった観客も多いはず。スティーブン・スピルバーグ監督が『ジュラシック・パーク』(1993年公開、128.5億円)で、絶滅した恐竜をまるで生きているかのようにCGで見事に再現し、観客の度肝を抜いたが、数年後、再び『タイタニック』のCG描写が観客を驚かせることになった。  『タイタニック』から約12年後、キャメロンはデジタル3D映画のエポックメイキング的作品『アバター』(2009年公開、156億円)も世に送り出した。この作品の大ヒット以降、日本でデジタル3Dに注目が集まり、一気に普及。その翌年、月刊誌「日経トレンディ」が選ぶ、「2010ヒット商品ベスト30」で「3D映画」が2位に選出された。@@separator■ テレビ局発の映画が続々 象徴的な『踊る大捜査線』シリーズ  アニメ、実写洋画がランキングを席巻する中、実写邦画で孤軍奮闘の状態なのがフジテレビの同名ドラマの映画化『踊る大捜査線』シリーズ。ランキングで8位に入った『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年公開、興行収入173.5億円)は、長らく実写邦画1位の座にあった『南極物語』(1983年公開、110億円)を抜き、現在の実写邦画歴代1位。俳優の織田裕二が演じた主人公のセリフ、「レインボーブリッジ、封鎖できません!」はあまりにも有名だ。  その5年前に公開された劇場版第1作『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998年公開、101億円)も、平成全体で29位にランクイン。『踊る』シリーズはスピンオフを含めてこれまでに計6作の映画が作られ、テレビ局発、テレビドラマ発の映画が多数作られた平成を象徴するシリーズとなった。 ■ “平成最後の大ヒット” 『ボヘミアン・ラプソディ』はどこまで伸びる? @@insert4  そして平成最後に大ヒットといえるのが、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」などの名曲で知られるロックバンド・クイーンの伝記映画、昨年公開の『ボヘミアン・ラプソディ』だ。リアルタイムで彼らの音楽に慣れ親しんだ世代から10代の若者まで、幅広い世代に熱狂的ファンを生み出している。昨年11月9日に公開され、4月12日現在興行収入は128.5億円。配信が開始した今なお劇場公開中で、今後ランキングでどこまで食い込めるかが注目だ。  以上、平成ヒット映画を振り返ってきた。令和はどんな時代になり、そしてどんなヒット作が生まれるのだろうか。(文:安保有希子)

  • 『アナと雪の女王2』メインカット

    『アナと雪の女王2』日米同時11.22公開決定  場面写真解禁

    アニメ・コミック

     世界中で社会現象となったディズニー・アニメーション『アナと雪の女王』の続編の邦題が『アナと雪の女王2』に決定し、11月22日に日米同時公開されることが分かった。あわせて、本作の場面写真も解禁となった。@@cutter 前作の『アナと雪の女王』は、国内において興行収入約255億円、観客動員約2000万人という驚異的な数字を積み上げ、日本の歴代興行収入第3位を記録。全世界興行収入は12億7648万335ドル(約1412億円)と、90年以上続く歴代ディズニー・アニメーション作品でも最大のヒット作となった。ミュージッククリップ再生回数の記録をうちたてた、劇中の代表曲である『Let It Go』の人気も相まって、世界中で“アナ雪ブーム”を巻き起こした。  約6年ぶりとなる続編『アナと雪の女王2』では、エルサ役にイディナ・メンゼル、アナ役にクリステン・ベルが続投することが決定。さらに、前作から引き続き監督はクリス・バックとジェニファー・リーが務める。オラフやクリストフといった人気キャラクターの再登場は分かっているものの、ストーリーについてはまだ明らかにされていない。  解禁された場面写真からは、秋らしく色づいた大地を見下ろすエルサやアナたち、そして、これから何か試練に立ち向かうような厳しい表情を見せる様子がうかがえる。前作では夏のアレンデールをエルサが魔法の力で冬に変えてしまったが、今回の舞台は秋となるのだろうか。眉をひそめるエルサたちの表情が一体何を意味するのか、アナ雪の新たな物語に期待が膨らむ写真となっている。  映画『アナと雪の女王2』は、11月22日より全国公開。

  • 『アナ雪』、神田沙也加&松たか子が声優続投! 新曲歌唱シーン解禁

    新作『アナ雪』、神田沙也加&松たか子が声優続投! 新曲歌唱シーン解禁

    アニメ・コミック

     新作『アナと雪の女王/家族の思い出』のアナ役に神田沙也加、エルサ役を松たか子とこれまでのシリーズ同様、2人の声優続投が発表された。また、アナとエルサが“家族の絆”を姉妹で歌う新曲『あなたといるだけで』の日本版歌唱シーンが初公開となった。@@cutter 『アナと雪の女王/家族の思い出』は、『リメンバー・ミー』と同じく“家族の絆”が描かれることから同時上映が実現した22分の新作。長く閉ざされていたお城の門が再び開かれてから、初めてアナとエルサが一緒に迎えるクリスマスの物語。作中では、どんな形でも“家族と一緒に過ごすことが一番大切”だと気付いた姉妹の気持ちを表現した、新曲『あなたといるだけで』を披露。長い間、クリスマスを一緒に過ごしたことがなかったアナとエルサだからこそ、一緒にクリスマスを過ごす喜びに溢れた幸せなシーンが描かれる。  日本版声優は前作に続き、アナ役の神田沙也加、エルサ役の松たか子、オラフ役のピエール瀧らが続投。今回、初公開となった歌唱シーンも含め、全4曲の新曲などが吹き替えられた。日本版の歌唱シーンを観た監督のスティービー・ワーマーズ=スケルトン監督は、「2人の歌声に圧倒されました。私たちは初めて日本版を観ましたが、本当に素晴らしいと思いました」と大絶賛。  さらに、本作でのアナとエルサについて「前作で描かれているのは夏のシーズンで、アナとエルサは和解し一緒に過ごしている。2人は今、オラフやクリストフも加わって大きな家族になっているんだ。この映画は、約6ヵ月後が舞台で、前作に続く次のホリデーシーズンを描いている。アナとエルサは初めて一緒に過ごすホリデーを祝う準備をしているんだよ」と明かした。  “アナ雪”最新作『アナと雪の女王/家族の思い出』は、3月16日より公開となる『リメンバー・ミー』と同時上映。

  • 『アナと雪の女王』新作、アナとエルサが歌う本編シーン公開!キュートなオラフの姿も

    『アナと雪の女王』新作、アナとエルサが歌う本編シーン公開!キュートなオラフの姿も

    アニメ・コミック

     『アナと雪の女王』シリーズの新作『アナと雪の女王/家族の思い出』から、アナとエルサが新曲「When We’re Together」を一緒に歌う様子や、キュートなオラフの姿を捉えた本編シーンが解禁となった。@@cutter ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』と同時上映される本作は、長く閉ざされていたお城の門が再び開かれてから、アナとエルサが初めて一緒に迎えるクリスマスを描く。姉妹はアレンデール王国の人々をパーティに招くが、人々はそれぞれの家族に受け継がれたクリスマスを過ごすため、早々に帰宅。自分たちのクリスマスを祝う“家族の伝統”を知らないことに気付いたアナとエルサが、どんな形でも“家族と一緒に過ごすことが一番大切”だと気付いた気持ちを表現したのが、新曲「When We’re Together」だ。  今まで同じ曲をそれぞれのパートに分けてデュエットすることはあっても、姉妹が同じ歌詞とメロディを一緒に歌うのはこの曲が初めて。『レット・イット・ゴー~ありのままで~』や『生まれてはじめて』などでは、アナとエルサは自分の気持ちを歌ってきたが、新曲『When We’re Together』はお互いが“家族”を思いやる気持ちが込められた歌。本編シーンでは、アナとエルサが手をつないで「どんなに遠くても 私は旅立つわ あなたがいるなら どこへでも行く」と一緒に歌い、エルサは「一緒にいられるなら そこが私の大切な場所」とアナを思う気持ちを熱唱している。  本作に登場する4つの新曲のうちの1つである『When We’re Together』について、ケヴィン・ディーターズ監督は「本作のテーマをとてもよく語っているんだ。重要なのは家族が一緒にいることだ、ということを繰り返しているんだよ」と明かす。一方、作曲家ケイト・アンダーソンは「アナとエルサのためにデュエットを書くのは素晴らしい経験だったわ。彼女たちが一緒に歌うのを聞くことで、誰もが本当にハッピーになると思う」とコメント。また「アナとエルサが歌うシーンは、歌に楽しさや快活さ、元気一杯な感じを持たせたかったの。それからエルサが歌う時には、感情がこもっているようにしたかった。私たちは、彼女たちの歌に美しいハーモニーがあるようにしたかったのよ」と意図を明かしている。  映画『リメンバー・ミー』と同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』は、 2018年3月16日より公開。

  • 『リメンバー・ミー』と同時上映作品『アナと雪の女王/家族の思い出』ポスタービジュアル解禁

    『アナ雪』新作、ディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』と同時上映

    アニメ・コミック

     これまで『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など、数々の感動的な物語を生み出してきたディズニー/ピクサーが贈る陽気でカラフルな“死者の世界”を舞台にした最新作『リメンバー・ミー』(2018年3月16日公開)。同作と共に、公開時に“アナ雪”旋風を巻き起こした『アナと雪の女王』の22分に及ぶ新作『アナと雪の女王/家族の思い出』も同時上映されることが明らかになり、両作のポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 『リメンバー・ミー』は、『トイ・ストーリー3』を手がけたリー・アンクリッチ監督がメガホンを取ったファンタジー作品。音楽が大好きな少年・ミゲルの一族には、過去の悲しいできごとがきっかけで「音楽禁止」の厳しい掟があった。しかし、伝説のミュージシャン・デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたミゲルは、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストへの出場を決断する。  同時上映となる『アナと雪の女王/家族の思い出』は、前作で“真実の愛”を見つけたエルサとアナの姉妹のその後を描いたストーリー。ポスタービジュアルには人気キャラクターである雪だるまのオラフやトナカイのスヴェンを中心に微笑む2人の姿が描かれ、どんな物語を見せてくれるのか、期待も高まる。  両作品のチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセターは、「『家族』というとても大切なテーマをこの 2作を通じて、日本の皆さまにも『家族の絆』と『家族の大切さ』を感じていただきたいです」と両作の魅力を伝え、「どうぞご家族や愛する人と一緒に、映画館で大いに楽しんでください。ドウモアリガトウゴザイマス」とコメントを寄せている。  『リメンバー・ミー』と同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』は、2018年3月16日より全国公開。

  • 『インディ・ジョーンズ』第5弾は2020年7月10日より全米公開予定

    『スター・ウォーズ』『アナ雪』『インディ…』、話題作の全米公開日が決定

    映画

     SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9や世界を席巻したアニメ『アナと雪の女王』の続編など、全世界が待望視するディズニーやルーカスフィルムの話題作の全米公開日が続々と発表された。E!Newsなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 2015年に公開された新三部作の第1弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続き、今年12月15日に世界公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。その後に続くエピソード9は、2年後の2019年5月24日に全米公開の見通しとなった。監督を務めるのは映画『ジュラシック・ワールド』(15)のコリン・トレヴォロウ。2016年12月に急死したキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナ将軍は当初、主要キャラクターの1人として登場する予定だったが、実現しなくなったという。  ハリソン・フォードがタイトル・ロールに返り咲く『インディ・ジョーンズ』第5弾は、2020年7月10日の全米公開に。当初の公開予定日が2019年7月19日だったため、約1年先にずれ込む形になった。監督はスティーヴン・スピルバーグが務めるとあり、黄金コンビの復活に期待は高まるばかりだ。  アナとエルサの姉妹愛が再びスクリーンを賑わせるのは2019年11月27日。アメリカでは2013年11月、日本では2014年3月に公開された1作目から約6年後となり、どんな新しい物語が展開するのか、待ちきれないファンも多いはず。また、映画『アイアンマン』(08)のジョン・ファヴロー監督がメガホンを取る、アニメ『ライオン・キング』の実写版は、『アナと雪の女王』続編より2ヵ月早い2019年7月19日の全米公開が予定されているという。

  • “ディズニー・プリンセス”にインスパイアされたビキニ ※「Enchanted Bikinis」インスタグラム

    この夏はディズニー・プリンセスに変身! インスパイアされたビキニが海外で発売

    気になる

     白雪姫や『アナと雪の女王』のエルサなど、ディズニー・プリンセスからインスパイアされたデザインのビキニが発売され、ネットを中心に話題を呼んでいる。海外メディアUs Weeklyが報じた。@@cutter 同サイトによれば、「Enchanted Bikinis」(魅惑のビキニ)と名付けられた水着のラインは、ディズニーとの公式なコラボレーションを行ったものではないそう。しかし、モデルたちが身に着けている水着からは、白雪姫、アリエル、ジャスミン、ベル、ポカホンタス、ラプンツェルにインスパイアされたデザインであることが伺える。  気になるお値段だが、Enchanted Bikinisサイトによると、トップスは45ドル、ボトムスは35ドル。水着のほかにも、人魚をイメージしたスカート、貝殻の形をしたハンドバッグやスマホケースなどがラインナップされており、それぞれ30ドルかそれ以下の値段で販売されている。 引用:https://www.instagram.com/enchanted_bikinis/

  • 新海誠監督、『君の名は。』制作に『アナ雪』を参考 「作り手の意思が見える」

    新海誠監督、『君の名は。』制作に『アナ雪』を参考 「作り手の意思が見える」

    アニメ・コミック

     アニメーション作家・映画監督の新海誠が15日、TBSのブックバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』に出演。今年大ヒットを記録したアニメ映画『君の名は。』を手掛けた経緯の裏話や、劇中の思い入れのある場面などを語った。@@cutter この日は新海が自ら執筆し、『君の名は。』制作中の2年間はほぼ毎日つけていたという制作日誌の一部を披露。その中でディズニーアニメ『アナと雪の女王』に感銘を受け、映画制作に生かしたという記録が記されており、新海は『アナと雪の女王』から物語を語るテンポ感とか、ギャグの配分を『君の名は。』の参考にしたことを明かし、「観客を大事にしようという作り手の意思が見えるし、見習わなきゃと思いました」と語る。  また、『君の名は。』のストーリー設定でこだわったポイントは、ヒロインの三葉が神事の場で作っていた「口噛み酒」(酒を造るための米を口に含み、唾液で発酵させて作る酒)だと明かした新海。新海曰く、「口噛み酒」はキスのメタファーであり「唾液って、十代の男の子のフェチ要素としてはたまらないものなんじゃないかと」と、こだわった理由を告白した。  加えて、そのイメージとなった発端を「男の子って、好きな女の子の縦笛をこっそり舐めていたような子ととかいたでしょ?」と言い、すかさずMCの稲垣吾郎は慌てたように「僕はやっていないですけど…」と返答、新海は「何か声が裏返っていますね」とツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

  • 『アナと雪の女王』の新短編アニメでアナやエルサがレゴ風に!

    『アナと雪の女王』新短編アニメ、アナやエルサがレゴ風になって登場!

    アニメ・コミック

     ディズニー史上最大の記録的ヒットとなり、日本でも大旋風を巻き起こしたアニメ『アナと雪の女王』。劇場公開予定の続編とは別に、新たなオリジナルストーリーのTVアニメ短編と本がリリースされるという。PeopleやJust Jaredなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 米ディズニーより発表があったという新シリーズ『Frozen Northern Lights(原題)』。「アナ、エルサ、オラフ、クリストフ、そしてもちろんスヴェンが、オーロラを取り戻す大冒険に乗り出す新しいストーリーになります」と、オラフのボイスキャストを務める俳優ジョシュ・ギャッドが公開された動画で語っている。それぞれのキャラクターの声は、映画版のボイスキャストが続投するそうだ。  4話構成の短編アニメシリーズはレゴブロックでお馴染みのLEGO社とのタイアップとなり、今秋に米ディズニーチャンネルで放送される予定とのこと。本シリーズは1冊目が『Disney Frozen Northern Lights:Journey to the Lights(原題)』のタイトルで米ランダムハウスより出版されるという。同書ではリトルロックという新しい主役が登場するそうだ。

  • 『ちいさなプリンセス ソフィア』最新エピソードが日本初放送

    『プリンセス ソフィア』にオラフ登場! 日本初放送エピソードでソフィアと初共演

    アニメ・コミック

     爆発的人気を誇るTVアニメ『ちいさなプリンセス ソフィア』の日本初放送エピソードに、映画『アナと雪の女王』のオラフが登場することがわかった。現在、同作を放送中の「ディズニー・チャンネル」にて6月18日に放送する。@@cutter 『ちいさなプリンセス ソフィア』は、ディズニーチャンネルで放送中の人気アニメ。母親の結婚をきっかけにプリンセスとなった普通の女の子・ソフィア。かわいい動物に助けられながら、本物のプリンセスになっていくソフィアの毎日を描くアニメシリーズ。    6月18日放送予定の日本初放送エピソード『ひみつのとしょしつ オラフと ネトルのものがたり』では、調子がおかしくなってしまったペンダントによって、プリンセスではなく、無邪気で人懐っこい不思議な雪だるまのオラフを呼び出してしまうソフィア。オラフは映画と変わらず、今回のエピソードでも大活躍。おなじみのセリフが飛び出すなど、『アナと雪の女王』の要素が多数登場する点も見逃せない。  また、ディズニー・チャンネルでは3ヵ月連続『アナと雪の女王』を大特集。今回、スタ‐トを飾る6月は特別編成「アナ雪がいっぱい フローズン・サマー」と題し、『ちいさなプリンセス ソフィア』から、雪や氷がきらめくエピソード全6話を、6月18日10時より、3時間に渡って放送予定。ソフィアが『眠れる森の美女』のオーロラ姫や『プリンセスと魔法のキス』のティアナなど、ディズニーのプリンセスと銀世界の中で出会うエピソードも必見。  オラフが登場する、日本初放送エピソード『ひみつのとしょしつ オラフと ネトルのものがたり』は「ディズニー・チャンネル」にて、6月18日12時30分より放送。

  • 『アナ雪』ブロードウェイ・ミュージカル、2018年春に開幕

    『アナと雪の女王』ブロードウェイ・ミュージカル化 2018年春に開幕

    アニメ・コミック

     日本を含む世界中で社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなったディズニー・アニメ『アナと雪の女王』。ミュージカル版がブロードウェイで2018年春に開幕することが明らかになった。米ディズニーの舞台制作担当幹部トーマス・シューマッハより正式に発表があったと、DeadlineやJustJaredなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 『アナと雪の女王』はアンデルセン童話『雪の女王』をモチーフに、アレンデール王国の王女、姉のエルサと妹のアナの姉妹愛を描き、世界興行収入127億ドル(約1452億円)以上を叩き出す空前の大ヒットとなった。ミュージカル版は2018年春にブロードウェイで開幕する前の2017年夏に先行上演される予定とのこと。どの都市になるかは後で発表になるそうだ。  ミュージカル版の音楽を担当するのは、映画版の主題歌『Let It Go』を作詞作曲したクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス夫妻。脚本は映画版の監督・脚本を手掛けたジェニファー・リーとなる。ディズニー小説『ピーターと星の守護団』のブロードウェイ版を手掛けたアレックス・ティンバーズが演出を務める。振り付けはミュージカル『ビリー・エリオット』のピーター・ダーリングが担当。キャストはまだ発表されておらず、詳細が待たれるところだ。  ようやく熱が収まってきたところだったが、2017年には再び『アナと雪の女王』旋風が巻き起こりそうな気配だ。米ディズニーではABC局で2017年のホリデーシーズンに、『アナと雪の女王』特番の放送を予定している。内容は不明だが、同作には映画版のボイスキャストを務めたアナ役クリステン・ベル、エルサ役イディナ・メンゼル、オラフ役のジョシュ・ギャッドが再集結するという。

  • テイラー・スウィフト&イディナ・メンゼルが共演

    テイラー・スウィフト、『アナ雪』オラフ仮装でイディナ・メンゼルと共演

    セレブ&ゴシップ

     人気歌手テイラー・スウィフトが米フロリダ州タンパで開催されたコンサートに、歌手のイディナ・メンゼルがスペシャルゲストとして登場。ディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌『レット・イット・ゴー』を2人で熱唱しファンを喜ばせた。@@cutter テイラーは先月31日、ハロウィンにあわせて『アナと雪の女王』の雪だるまのキャラクター“オラフ”に仮装し、エルサ風のドレスをまとったイディナと登場。  自身がツイッターにアップした動画では、イディナが熱唱し「少しも寒くないわ」のパートをファンが大合唱した直後に、テイラーがオラフの仮装を剥ぎ取りセクシーなスパンコールのセクシードレス姿に早着替えする様子が映し出されている。  これを見たファンからは「こんなに素晴らしいもの見たことない」「2人とも大好き」「最高なスペシャルゲストだね」「とっても幸せな気分になった」と絶賛のコメントが寄せられている。

  • 映画『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』に出演しているジョシュ・ギャッド

    『アナ雪』オラフ声優、今度は引きこもりのオタク役に!! ヒゲ面ぽっちゃり姿披露

    映画

     海外ドラマ『Scrubs~恋のお騒がせ病棟』出演する俳優であり、初監督作『終わりで始まりの4日間』が、インディペンデント・スピリット賞新人作品賞をはじめ各賞を受賞したザック・ブラフが監督・脚本・主演を務める『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』(6月12日公開)。本作に、『アナと雪の女王』オラフ役の声優を務めたジョシュ・ギャッドが、引きこもりのオタク役として出演している。@@cutter 本作は、家庭を持ちながら夢をあきらめ切れずに役者として鳴かず飛ばずの生活を送っていたエイダン(ザック)が、父親がガンになったことをきっかけに、悩み模索しながら人間として成長する姿をユーモアたっぷりに描いたヒューマンコメディー。仕事がなく、子どもたちの授業料を払えないエイダンは、妻の勧めもありホームスクールで自ら子どもたちを教育しようと試みる。彼なりの方法で人生について教えようとするが、それはエイダン自身の自分探しの旅でもあった…。  引きこもりでオタク、ひげ面で太り気味という主人公・エイダンの弟・ノア役のギャッドは、演劇スクールを卒業後、自らコメディグループを結成。その後、コメディ俳優として映画やTVドラマに数多く出演した。『スティーブ・ジョブズ』(13)では、アップル・コンピュータ共同設立者のスティーブ・ウォズニアックを演じ注目を集めた。オラフ役を務めた際には第41回アニー賞声優部門を受賞。また、舞台でも活躍し2011年に『サウスパーク』のクリエイターによる大ヒットブロードウェイミュージカル『The Book of Mormon』で、トニー賞にノミネートされ、Outer Critics Circle Award (外国批評家サークル賞)のミュージカル主演男優賞も受賞している。今後も、『ピクセル』(9月19日公開)、エマ・ワトソン主演の実写版『美女と野獣』などが待機している。  初監督作『終わりで始まりの4日間』以来、ブラフの大ファンだというギャッドは「監督として彼が引き出す俳優の演技に圧倒されるんだ。この映画は今まで経験したことない自己発見の探求になった」と語っている。  『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』は絶賛上映中。

  • 『アナ雪』新作一番くじ登場!

    『アナ雪』新作一番くじ登場! オラフぬいぐるみ、“新キャラ”マスコットも

    アニメ・コミック

     新作短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』の公開を記念して、“ハズレなしのキャラクターくじ”「一番くじ」の最新作「一番くじ アナと雪の女王 ~エルサのサプライズ~」(1回520円/税込)が6月中旬より全国のセブン‐イレブン店舗などで販売される。@@cutter 本商品は、『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』を題材に、8等級全17種+ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクターくじ”。「アナ」の誕生日パーティをめぐる物語の世界観や、可愛らしいキャラクターたちをポップな色彩でデザインしたアイテムが勢揃いしている。  A賞は、アナへの誕生日プレゼントを持って駆け付けた、キュートなオラフのぬいぐるみ。B賞では、新キャラクターの小さくて可愛い雪だるま・スノーギースのマスコット2体セットが登場。  続くC賞は、食事が楽しくなりそうなオラフのダイカットプレート、D賞では様々な用途に使えるガラス瓶がラインナップ。その他、オラフやスノーギース型の氷やお菓子が作れるシリコントレイやハンドタオル、小皿、アクリルキーホルダーなど、実用的で可愛らしいアイテムをバリエーション豊かに取り揃えている。  さらに「ラストワン賞」は、ひまわりを抱えたアナとエルサを表面に、裏面にはオラフがデザインされたクッション。くじ購入1枚につき1回応募が可能な 「モバイルチャンスキャンペーン」 では、100名にコードレスハンディーサイクロンクリーナーが当たる。

  • 神田沙也加&松たか子、“姉妹”の歌声再び!

    神田沙也加&松たか子『アナ雪』短編で声優続投、歌声再び披露

    アニメ・コミック

     実写映画『シンデレラ』と2本立てで4月25日より同時上映される短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』の日本版声優が決定。神田沙也加と松たか子がアナとエルサの姉妹役を、ピエール瀧が雪だるまのオラフ役を続投することがわかった。@@cutter 本作は、世界を席巻した大ヒットアニメ『アナと雪の女王』のその後を描いた物語。エルサとクリストフがアナの誕生日のためお祝いをしようと計画するが、エルサの魔法の力がパーティーを危険にさらす…という展開。全編に渡りミュージカル仕立てになっており、キャストは再び美しい歌声を披露する。  神田は「いつかアナの声を演じることが出来たらいいなとは思っていましたが、まさか翌年来るとは思いもしませんでした、本当にびっくりしました!」と再演の喜びを語り、新作で描かれる姉妹について「エルサはすごく心を開いてくれて、それによってアナは甘えん坊になれた感じがします。何といってもエルサが普通に姉として朝、起こしに来てくれるんですよ!それだけで泣けてしまいますね」とファン心をくすぐるシーンを明かした。  また、「Let It Go」でアカデミー賞歌曲賞を受賞したロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が書き下ろした新曲を歌い終えた松は「今回も難しいですね、リズムも変則的で。でもすごくいい曲で面白いです」と絶賛。映画について「アナの方がお姉さんみたいな感じで、可愛いエピソードだと思います。やっとここに来て初めて打ち解けられて、姉妹らしい関係になれました」と再び描かれる姉妹愛に期待が高まるコメントを寄せた。

  • 『アナ雪』小さな雪だるまの名前が遂に発表!

    『アナ雪』新キャラ“スノーギース”誕生! エルサのくしゃみから生まれる雪だるま

    アニメ・コミック

     大ヒット映画『アナと雪の女王』のその後の物語を描いた短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』が、4月25日より映画『シンデレラ』と同時上映される。本作で、エルサのくしゃみから生まれた小さな雪だるま“スノーギース”が、人気者揃いの『アナ雪』キャラクター達に仲間入りする。@@cutter アナの誕生日のために、これまでで最高のお祝いをしようと張り切って計画するエルサとクリストフ。しかし、エルサは風邪をひいてしまい、魔法の力が普段のように使えずパーティーは思わぬ展開になってしまう…。  先日解禁された予告編で、一足先にその姿をお披露目した小さな雪だるま達。彼らは、風邪をひいたエルサがくしゃみをするたびに生まれる“スノーギース”というキャラクターであることが遂に明かされた。  ディズニーでは、主役級のキャラクターと同じく、人気を誇る名脇役たちが多数。過去にも『ピノキオ』のジミニー・クリケットや『アラジン』のジーニーなど作品の枠を超えて人気のあるキャラクターが生まれてきた。  『アナと雪の女王』では、雪だるまのオラフという人気キャラターが誕生。そのオラフが、今回小さな雪だるま“スノーギース”達の可愛さに夢中になる…というほほえましい姿も本作のみどころのひとつだ。  『シンデレラ』同時上映:短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は4月25日ロードショー。

  • 『アナと雪の女王』続編の製作が決定!

    ディズニー『アナ雪』続編、製作決定!『スター・ウォーズ』スピンオフも始動

    映画

     世界的に大ヒットしたディズニー・アニメの傑作『アナと雪の女王』(14)の続編の製作が決定した。また2016年に公開予定の人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』のスピンオフのタイトルが『Rogue One(原題)』に決定し、女優フェリシティ・ジョーンズが出演することが明らかになった。Us WeeklyやE!Onlineなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 米ディズニーより正式発表された『アナと雪の女王』続編では、引き続きクリス・バックとジェニファー・リーが監督を務め、オラフの声を務めた俳優ジョシュ・ギャッドの続投が明らかになったという。公開予定日は未定。  他のキャストについては発表されなかったとのことだが、アナ役のクリステン・ベルは自身のツイッターに、ICE(氷)と書かれた市販の砕氷の袋を枕にして寝そべっている写真を投稿し、「夢って本当に実現するのね」とコメントした。しかし後に「拒否された。『アナと雪の女王2』発表写真」と意味深なツイートを発している。  一方、『スター・ウォーズ』スピンオフについては、タイトルが“ならず者”を意味する『Rogue One(原題)』に決定し、ヒロイン候補として名前が挙がっていた映画『博士と彼女のセオリー』(15)のフェリシティ・ジョーンズの出演が発表されたという。  『Rogue One(原題)』は「柱となっている『スター・ウォーズ』巨編の域を超える登場人物たちと事象を描く」とのことだ。監督は映画『GODZILLA ゴジラ』(14)のギャレス・エドワーズ、脚本は映画『シンデレラ』(15)のクリス・ワイツが務める。本作は2016年12月16日全米公開予定。今夏よりロンドンで撮影が始まると見られている。  またこの発表と共に、映画『LOOPER/ルーパー』(13)のライアン・ジョンソンが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の後に公開される予定の『Star Wars:Episode VIII(原題)』の監督と脚本を担うことが正式に発表されたそうだ。本作は2017年5月26日全米公開予定となっている。

  • 第1巻『愛されるエルサ女王』書影

    『アナと雪の女王』後日譚が小説に! オラフ、クリストフ登場の一部公開

    アニメ・コミック

     3月15日に発売される大ヒット映画『アナと雪の女王』の後日譚が描かれる長編小説より、この度、ストーリーの一部が初公開。女王エルサの新しい日常が描かれる第1巻『愛されるエルサ女王』と、映画の中で消されてしまった幼い頃の記憶を取り戻そうとするアナが描かれた第2巻『失われたアナの記憶』から、気になる一部が抜粋された。@@cutter 4月25日に実写映画『シンデレラ』と同時上映される短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』が話題を呼んでいる中、発表された初の小説。  映画でお馴染みの、雪だるまのオラフ、アナの恋人クリストフ、トナカイのスヴェンなど、人気キャラクターも再び活躍するほか、映画で登場した場所やアイテムなども再登場。さらに、描き下ろしの挿絵もふんだんに使用。『アナと雪の女王』の世界をさらに掘り下げ、より楽しめる内容となっている。  特に2巻の『失われたアナの記憶』は、映画の中でアナとエルサの運命に深く関わったあのキャラクターも登場し、映画を観た人なら誰しも気になる展開が描かれる。

  • 『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は実写映画『シンデレラ』と同時上映!

    『アナと雪の女王』短編、本編映像がついに解禁! おなじみキャラが大集合

    アニメ・コミック

     『アナと雪の女王』待望の新作短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』の本編映像が初解禁となった。エルサ、クリストフ、オラフなどおなじみのキャラクターが勢揃いする心温まる映像となっている。@@cutter 『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は、『アナと雪の女王』から数ヵ月後を描いた物語。エルサとクリストフがアナの誕生日のために、最高のお祝いをしようと張り切って計画するが、風邪をひいてしまったエルサは魔法の力を普段のように使えなくなり、パーティーが思わぬ展開になってしまうというストーリー。  映像では、「Let It Go」でアカデミー賞を受賞した作曲家ロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻の作詞・作曲による明るくアップテンポな新曲が流れる中、アナとエルサの姉妹愛、オラフのおとぼけなシーンや可愛い新キャラクターも登場。美しい氷の世界を彩る。  『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は、ディズニーが約半世紀の歳月を経て実写化に挑んだ映画『シンデレラ』の同時上映作品として、4月25日に全国公開される。

  • “現代の女性像”を描いたディズニーの新作、2本同時上映!

    『アナ雪』短編映画、場面写真が初公開! 寝癖アナと微笑むエルサの印象的なシーン

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットを記録した『アナと雪の女王』のその後を描いた短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』の場面写真が初公開された。寝癖だらけで気持ちよさそうに寝ているアナを、エルサが優しく起こす微笑ましい1枚だ。@@cutter ディズニーが贈る実写映画『シンデレラ』と同時上映される本作は、エルサとクリストフがアナの誕生日のために、これまでで最高のお祝いをしようと計画するが、エルサの魔法の力がパーティーを危険にさらしてしまうという物語。  今回解禁された場面写真は、サプライズパーティー当日の朝の様子で、映画にもあった幼少期のアナがエルサを起こし雪だるま作りに誘うシーンともリンクする。本作では、映画ではあまり観ることのできなかった姉妹の仲睦まじい様子がどのように描かれるのか、期待が高まる。  『アナと雪の女王』では今までのディズニーになかった姉妹の愛をテーマに、現代の女性像を描き脚光を浴びた。そしてディズニーが約半世紀の時を経て実写化を実現した『シンデレラ』では、アニメではあまり描かれなかった父、母との絆が描かれていることから、“新しいディズニー”を垣間見ることが出来る。  『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は実写版『シンデレラ』と同時上映で4月25日ロードショー。

  • 大雪のため臨時休校になったことを『アナ雪』レリゴー替え歌パロディ動画でお知らせ

    猛吹雪で臨時休校、校長が「レリゴー」パロディ動画で生徒に告知

    気になる

     公開から1年以上経った今も冷めやらぬ『アナ雪』旋風。世界中で大ヒットした主題歌『レット・イット・ゴー ~ありのままで~』が未だに各所で歌われている中、米ロードアイランド州の私立校の校長が、東海岸を襲った記録的な寒波、猛吹雪の“JUNO(ジュノ)”によって学校が臨時休校になることを『レット・イット・ゴー』の替え歌パロディ動画で生徒たちに通知し話題になった。@@cutter YouTubeにアップされた動画は投稿から約3日間で200万回以上の再生回数を記録。ニット帽とマフラー、ミトンを身に着けノリノリでパフォーマンスを繰り広げる校長がいるのは、ロードアイランド州のキリスト教クエーカー系私立校Moses Brown Schoolだ。  「雪が95号線を白くしてタイヤ跡ひとつ見えない」  「君たちを学校に来させることもできるけど、それって意地悪なだけだよね」  「除雪車がフル稼働してるけど車は滑りっぱなし」  「だから学校には来ないで、屋内に居なよ」    「ここMB(Moses Brown)には来ないで。今日、雪のおかげで君たちは自由だ。本当だよ休校だ。家に居なさい」  「家に居ていいんだよ」  サビの部分に入ると、 「学校は休みだ。休校だ。だって昨晩たくさん雪が降っちゃったからね」 「学校は休みだ。休校だ。だから家でじっとしてなさい」 「屋内にいるか、外で遊ぶか。僕はソリを取ってこよう。少しも寒くないさ」 といった感じで続く。  吹雪の予報を受け、事前に動画を作ることを思い付いたようだ。Mail Onlineによると、学校の広報責任者が作詞を担当し、実際には合唱部のディレクターが歌っているという。動画には、校庭で喜んでいるエキストラの生徒達や雪の結晶のフラクタルを説明している先生なども登場し、楽しい課外授業プロジェクトのようだ。  実際に休校となった日は、学校から生徒の親達に電話連絡が行き、動画のリンク付きのEメールが送られたらしい。

  • リー・ミシェル、『レリゴー』熱唱中にまさかのハプニング

    米女優リー・ミシェル、『レリゴー』熱唱中に嘔吐

    セレブ&ゴシップ

     米女優リー・ミシェルが海外ドラマ『glee/グリー』の撮影時、映画『アナと雪の女王』の主題歌『レット・イット・ゴー』熱唱中に嘔吐したという。リーは、その時の状況について「すごく緊張していたの。その日は良い始まりじゃなかったわね」と振り返っている。@@cutter リーは嘔吐した理由について「撮影の時、雪が降っていたから幻想的で美しい雰囲気をだそうとして雪を見上げながら歌っていたら、雪をのどに詰まらせてしまって、嘔吐するはめになっちゃったわけ」と説明。「その様子をスローモーションで撮影されてしまったわ。ただ撮影クルーのスタッフたちの数人は、彼らの子供たちを撮影現場につれてきたから、私は『ああ、やっちゃった』ってな感じだったわ」と赤っ恥をかいたという。  不安と共にパフォーマンスが始まったリアだったが、『glee/グリー』でリー演じるレイチェル・ベリーの母親シェルビー・コークラン役であり、『アナと雪の女王』のエルサ役として『レット・イット・ゴー』を歌うイディナ・メンゼルがツイッターを通じてエールを送った。    トーク番組に出演したにリーは、「プレッシャーが大きかったのよ。イディナやデミ・ロヴァートたちがその歌を歌っているでしょ。不安がいっぱいだったわ。だから『たくさんの人たちがこの歌を歌ったんだから。でも大丈夫、私はイディナから応援してもらったのよ』って自分にいってあげたのよ」とイディナに感謝していた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access