クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

タロウのバカ 関連記事

  • 『タロウのバカ』完成披露上映会にて

    菅田将暉、俳優デビューのYOSHIに「発言にパンツ履いてね」

    映画

     俳優の菅田将暉が26日、都内で行われた映画『タロウのバカ』完成披露上映会に共演のYOSHIと仲野太賀、大森立嗣監督と共に出席。本作で俳優デビューとなるYOSHIの破天荒なキャラクターを「新人類」と称した。@@cutter 本作は、『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などを手掛けた大森監督によるオリジナル脚本。社会からはじき出された3人の少年の、純粋で過激な疾走を描いた作品で、生まれてから一度も学校に通ったことがない主人公・タロウを本作で俳優デビューとなるYOSHIが演じる。  キャストの3人と監督は、同作のポスターでも身につけている馬・パンダ・ウサギ・ペンギンの覆面を被って登場。順に覆面を外していくと、会場に大きな歓声があがった。  16歳の新人・YOSHIは、先輩である菅田や仲野を「将暉」「太賀」と呼び捨て、大森監督を「たっちゃん」と呼ぶ。菅田と仲野は、YOSHIと初めて出会ったときの感想を聞かれると「絶句です」と声をそろえた。  続けて菅田が「でも、この一年で(YOSHIは)すっごく大人になった。洋服着てるしね。ずっと裸だったしお前は」と話すと、YOSHIは「フルチンだったからね」と同調。すると菅田は「発言にパンツ履いてね」とYOSHIを叱り飛ばし、「新人類ですよ」とため息をついた。  また菅田は、撮影中に行われたYOSHIのアドリブを振り返り「『お、台本超えてきた。いいぞ』と思いながら、イラッとしたんでしょうね。ブチギレしたんですよ。速攻でひれ伏せさせて。もちろん演技でですよ。その瞬間にYOSHIの眼が変わって。『ここは集中しなきゃいけないんだ』と」と、撮影の中でYOSHIの成長を感じられた出来事を告白。YOSHIも「涙がブワーって出てきた」と、菅田の剣幕に感じるものがあったということだった。  映画『タロウのバカ』は、9月6日よりテアトル新宿ほか全国公開。

  • 『タロウのバカ』メインビジュアル

    菅田将暉×仲野太賀×YOSHIが疾走! 『タロウのバカ』本予告解禁

    映画

     モデルのYOSHIが映画初主演を務める大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』より、YOSHI、菅田将暉、仲野太賀の演じる3人の少年が暴走していく衝撃的なカットが連なる本予告が解禁された。@@cutter 本予告には、YOSHI、菅田、仲野が演じる、タロウ、エージ、スギオの3人の少年が、10代という一瞬にも永遠にも感じる特殊な時間をもがきながら疾走する姿が映し出されている。タロウ(YOSHI)は生まれてから一度も学校に通ったことがない。母親の恵子(豊田エリー)は滅多に自宅のマンションに帰ってこなく、いつもひとりぼっちのタロウは都心と郊外の中間にぽっかりと空いたような川沿いの町を野生動物のようにうろついている。  そんなタロウに高校生のエージ(菅田)とスギオ(仲野)という仲間ができ、タロウの人生が動き始める。エージは柔道のスポーツ推薦で今の高校に進学したが、膝を壊して周囲の期待を裏切り、柔道部の顧問の教師から「社会のすみっこで生きてけ!」と罵られている。将来のことがどうでもよくなり自暴自棄になっていくエージ。ごく普通の中流家庭で育ったスギオは、同級生の洋子(植田紗々)に一方的に思いを寄せている。ただ、彼女から相手にされず、自身のふがいなさにもいら立ち、もがいている。ネットで出会った男たちに体を売っている洋子に対して「売りなんか やめろよ!」と怒声を浴びせる場面も。  そんな、社会からはじきだされた3人の少年は、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた厳しい現実と向き合うことに。予告編の終盤、「生と死の狭間を駆け抜ける 純粋で過激な問題作」のテロップとともに、3人が暴走していく衝撃的なカットが連なっていく。タロウは女性に拳銃をつかませ、「撃てよ!撃てよ!」とわめきちらし、エージは金属棒で何者かを思い切り、殴りつけている。しかし、どんなに過酷な試練が待ち受けても、3人でいる時だけは笑顔でいられ、心が解放され、自由でいることができた。  予告編に流れるパワフルで異様な楽曲は、インドの弦楽器シタールで演奏された、音楽家・大友良英による劇伴。  メインビジュアルには、第1弾ティザービジュアルの覆面を外した3人の姿が写し出されている。タロウの手には拳銃、エージは金属棒を振り上げていて、ただならぬ緊張感と何かが起こりそうな空気感をまとうビジュアルとなっている。  映画『タロウのバカ』は9月6日より全国公開。

  • 映画『タロウのバカ』追加キャスト

    『タロウのバカ』豊田エリー、國村隼ら追加キャスト&菅田将暉、太賀の劇中姿公開

    映画

     モデルのYOSHIが映画初主演を務める大森立嗣監督の最新作『タロウのバカ』より、追加キャストとして奥野瑛太、植田紗々、豊田エリー、國村隼が出演することが発表された。併せて、これまで役柄が明かされていなかった菅田将暉と太賀のキャラクター写真も解禁となった。@@cutter 本作は、映画『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』の大森監督が、15年余り温めてきたオリジナル脚本による最新作。  主人公の少年タロウ(YOSHI)は生まれてから一度も学校に行ったことがない。自分の年齢すら知らない。母親、家族、社会、誰からも振り向かれない。それでも自由に生きている。そんなタロウは年上の少年エージ(菅田)、スギオ(太賀)と出会い、初めて「世界」を知ることになるが…。  今回新たに4人の追加キャストが発表された。  タロウたちと対峙する半グレ集団のリーダー吉岡役には、映画『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の奥野。エージ、スギオと同じ高校に通う、援助交際を繰り返す洋子役には、映画『日日是好日』の植田がオーディションで選ばれた。タロウを育児放棄している母親・恵子を演じるのは映画や舞台で幅広く活躍する豊田。元ヤクザで吉岡と共に裏ビジネスを生業とする小田を、映画『地獄でなぜ悪い』『哭声/コクソン』の國村が扮する。  さらに、これまで発表されていなかった菅田と太賀の役柄も明らかに。菅田は、やるせない悩みを抱え暴力に走ってしまう高校生のエージを、太賀はエージの親友で、理性的で臆病な高校生のスギオを演じる。  解禁となった菅田と太賀のキャラクター写真には、金髪に白Tシャツとカジュアルな格好で、はしゃぐような表情を見せる菅田と、制服姿で呆然と立ちつくしている太賀を写したものとなっている  映画『タロウのバカ』は今秋全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access