クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

るろうに剣心 最終章 The Final 関連記事

  • 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』解禁スチール

    佐藤健『るろうに剣心 最終章』初映像解禁! 前作越えの超絶アクション 最恐の敵・縁と激突

    映画

     俳優の佐藤健が主演する、大ヒットシリーズの最新作『『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』より、本作初の特報映像が解禁された。@@cutter 和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化した本作。激動の幕末を戦い抜き、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代の幕開けとともに斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち、仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の生き様を描く。  主演の佐藤のほか、武井咲、青木崇高、蒼井優、江口洋介が続投し、新田真剣佑がシリーズ最恐の敵・縁役で、大西利空が神谷道場の仲間・明神弥彦役で出演する。  このたび『るろうに剣心 最終章 The Final』の特報映像が解禁。シリーズの代名詞ともいえる超絶アクションシーンは本作でも健在で、冒頭から、全力疾走、壁走り、高速回転アクションが展開する。そして、神谷薫(武井)、相楽左之助(青木)、高荷恵(蒼井)、明神弥彦(大西)ら、おなじみの神谷道場の仲間たちと幸せそうな表情を見せる剣心と、頬の十字傷から血を流し、悲壮感漂う表情を見せるカットが連続して映し出される。  続いて、「抜刀斎の頬に、まだ十字傷はあるのか」と語る、剣心の“十字傷の謎”を知る男・縁が登場。剣心に強烈な恨みを持ち、剣心だけでなく剣心と関わるものすべて、そして剣心が作り上げた新時代をも破壊するために、<人誅>を仕掛けてくる縁は、異国の狂気を身にまとい、いまだかつてないほどの危機を伴い剣心たちに襲いかかる。  「すべては拙者への復讐」と悟る剣心。剣心と縁の過去に秘められた因縁とは? 映像のラストには、壮絶な戦いを予感させる剣心と縁の超絶バトルシーンの一端を垣間見ることができる。  2014年の前作(京都大火編/伝説の最期編)の公開から6年。製作陣は、「剣心にとって最も大事なエピソード。最終章を撮らないと、るろうに剣心が終わらない」と覚悟を決め、「作るなら一番良いものを届けたい」と前作超えを誓って並々ならぬ思いで実写化に挑んだ。  主演の佐藤も、自身の「代表作」と語る『るろうに剣心』の緋村剣心役を再び演じるために、クランクイン前のアクション練習などの準備期間を含め、一年以上本作と向き合い、剣心を演じ切ることを追求した。  映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は7月3日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は8月7日より全国公開。

  • 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で斎藤一役を続投する江口洋介

    『るろうに剣心 最終章』、斎藤一役・江口洋介が続投 鋭い眼光のビジュアル解禁

    映画

     俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズの最終章として2作連続公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』に、シリーズ1作目から出演する斎藤一役、江口洋介の続投が決定した。江口は『The Final』、『The Beginning』両作へ出演する。@@cutter 和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化した本作。激動の幕末を戦い抜き、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代の幕開けとともに斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち、仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の生き様を描く。  『るろうに剣心 最終章 The Final』では、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていた<シリーズ最恐の敵・縁>の戦いを活写。そして、映画はこれまで語られることのなかった<十字傷>の謎に迫る『るろうに剣心 最終章 The Beginning』へと続いていく。  江口が演じる斎藤は、元新選組三番隊組長として、最大の宿敵である剣心と共に幕末の動乱を生き抜き、明治という新しい時代を迎え警官となり「悪・即・斬」の正義を信念に持つ男。剣心との因縁が残るまま新たな時代で別々の道を歩み始めるが、新たな脅威を前に再び剣心と共に戦いに身を投じていく。  江口は、「同じ役を長年やり続けるということはそうないことなのでとても光栄です。その反面、今まで作り上げてきたキャラクターだからこそ逃れられないですし、自由にはできないところが大変でもありましたね」と振り返り、「幕末から明治という新時代になり、剣心や斎藤も世の中の流れとともに変化する様は見所です。その振り幅は、2作品を続けて観ると相当な見応えがあると思います」とアピールした。  解禁された江口扮する斎藤の場面写真は、新田真剣佑が演じるシリーズ最恐の敵・縁を列車の中で探索するシーンを切り取ったもの。鋭い眼光で煙草をくわえ、刀に手をやる姿からはただ事では無い雰囲気が醸し出され、再び脅威が訪れる予感を与える写真となっている。  映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は7月3日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は8月7日より全国公開。

  • 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で“縁”役を演じる新田真剣佑

    『るろうに剣心 最終章』、史上最恐の敵・縁は新田真剣佑 狂気をまとったビジュアル解禁

    映画

     俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズの最終章として2作連続公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で、シリーズ史上最恐の敵・縁(えにし)役を俳優の新田真剣佑が演じることが発表された。@@cutter 和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化した本作。激動の幕末を戦い抜き、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代の幕開けとともに斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち、仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の生き様を描く。  『るろうに剣心 最終章 The Final』では、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていた<シリーズ最恐の敵・縁>の戦いを活写。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心たちは、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業で、目的は何なのか。それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。  そして、映画はこれまで語られることのなかった<十字傷>の謎に迫る『るろうに剣心 最終章 The Beginning』へと続いていく。  新田が演じる縁は、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていた男。剣心に強烈な恨みを持ち、剣心だけでなく剣心と関わるものすべて、そして剣心が作り上げた新時代をも破壊するため、<人誅>を仕掛けてくる。  シリーズ初参戦となった新田は、ハードだった撮影を振り返り、「何日も撮影が続き身体も悲鳴をあげていましたが、すごく良い経験になりました。また、セットも巨大で大規模な撮影でしたので、毎回驚いていました」と語った。さらに「冒頭からすごいアクションがあります。そして、剣心と縁が出会うシーンや、剣心との闘いを繰り広げるシーンを、身を削りながら撮影したので是非見てもらいたいです」と、作品の出来に自信をのぞかせる。  大友啓史監督は、2年前に新田に初めて会った時の印象を「縁という役に不可欠な、圧倒的な若さと凄味。そして、その底に潜む狂気のような純粋さと繊細さ。大きな可能性とスケール感を体現した存在として、彼は僕の目の前に現れました」と語った上、「その時の直感に間違いはなかったことを、今ひしひしと感じています。縁のトレードマークである白髪とオレンジの衣装、それらを着こなす彼の身体や感性はまさに日本人離れしたもので、剣心を脅かす存在として、そのとてつもないポテンシャルが十二分に発揮されています。彼の新鮮な魅力が、間違いなく新シリーズの牽引力になっている」と絶賛している。  併せて解禁されたビジュアルでは、縁は黒いサングラスの奥からわずかに見える狂気の眼、不気味なほど白い髪の色など、異国の狂気を身にまとった強烈な存在感を見せている。  映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は7月3日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は8月7日より全国公開。

  • 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』ティザービジュアル

    令和2年は“るろ剣イヤー”! ついに迎える最終章 小岩井宏悦P「とにかく観て驚いてほしい」

    映画

     令和2年を迎えた日本。夏にはなんといっても世紀のビッグイベント・東京オリンピックが控える。そんな中、時期を同じくして、邦画屈指のアクション大作『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』が満を持して2作連続で公開される。4月にはマンガ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の誕生25周年を記念した展覧会「るろうに剣心展」の初開催も決定しており、今年は“るろ剣イヤー”でもある。いよいよヴェールを脱ぐ最終章は、果たしてどのような結末を迎えるのか。シリーズを手掛けてきた小岩井宏悦プロデューサーに手応えを聞いた。@@cutter 『るろうに剣心 最終章 The Final』では、志々雄真実との死闘を終え、神谷道場で平和に暮らしていた剣心たちに再び危機が訪れ、シリーズ最恐の敵・縁(えにし)との因縁の戦いへと展開。そして、映画はこれまで語られることのなかった剣心の壮絶な過去を描く『るろうに剣心 最終章 The Beginning』へと続いていく。 ――2020年夏、最終章がいよいよ2作連続で公開されます。しかし、東京オリンピックも同じ時期に開催です。話題性を考えたときに、同時期の公開を避けるという選択肢もあったかと思いますが、あえて夏に公開をぶつけた狙いは? 小岩井P:2020年オリンピックイヤーの夏に公開できるということを、大変誇りに思っています。明治という新しい時代を作るために戦った維新の志士たちと、日の丸を背負って戦うオリンピックアスリートたちの姿が被り、お客さんの鑑賞意欲にもつながると信じています。  訪日外国人にも観てもらえるチャンスでもありますし、昨年、平成から令和に元号が代わり、まさに江戸時代から「明治」に変わった時代感もシンクロして、どこか運命的なタイミングだと思っています。 ――『The Beginning』は、アニメの「追憶編」にあたります。「追憶編」は、剣心の十字傷のカギを握る女性・雪代巴との出会い、そして逆刃刀を持つ前の暗殺者時代の剣心を描き、異色の映像と演出で非常に高い人気を誇っている作品です。実写化することへの重圧はありましたか? 小岩井P:「剣心と巴の物語を描く」というのは、剣心という人間を描くために第1作目から必ず出て来たアイデアで、「ようやっとその時が来た」という喜びの方が大きく重圧はありませんでした。  『The Beginning』は、 時代背景や剣心の背負っているものも違いますが、「他人のために生きる」というシリーズに通底するテーマは同じです。剣心が持つのは逆刃刀ではなく真剣なので、アクションもより生々しく、よりパワフルになっており、「るろうに剣心」としてのスピリットは同じです。@@separator――実写『るろうに剣心』は、アクションも大きな見どころとなっています。今回新たに剣心役の佐藤健さんをはじめ、役者さんたちが挑戦されたことはありますか? 小岩井P:アクションチームや健くん始め俳優部は、常に「前作を超える」をテーマにしており、今回もまたすべてが新たな挑戦でした。とにかく観て驚いてほしいです! ――2作品の出来栄えについて、自信のほどをズバリ教えてください。 小岩井P:長きにわたって人気を誇ったコミック『るろうに剣心』のメインエピソード「東京編」「志々雄編」「人誅編」をすべて実写映像化し、その前日譚となる「追憶編」までも描くことができました。  ここまで原作コミックをリスペクトした実写化映画は初めてですし、何より「緋村剣心」と言うキャラクターを描き切ったという自信があります。  また、これまでの全作品を同じキャスト、スタッフで作ってきたと言うのは我々にとっての最大の財産で、作品を追うごとに我々の中に『るろうに剣心』スピリットと撮影のノウハウが蓄積して今回の『最終章 The Final/The Beginning』に結実しています。  しかも今回は、“抜刀斎時代の剣心の非道(The beginning)”と、15年の時を経て、そのすべてに決着を付けなくてはいけない“剣心の壮絶な最後(The Final)”という「時を隔ての二部作」という邦画初の試みですから、面白くないはずがありません。ぜひご期待ください。  映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は7月3日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は8月7日より全国公開。

  • 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』ビジュアル

    『るろうに剣心 最終章』武井咲&青木崇高&蒼井優が続投 明神弥彦役は大西利空

    映画

     俳優の佐藤健が主演する、大ヒットシリーズの最新作『『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』に、女優の武井咲、俳優の青木崇高、女優の蒼井優が再び出演することが発表され、彼らがそろったキャラクタービジュアルが解禁。さらに、今までのシリーズの名場面で構成されたダイジェスト映像も公開された。@@cutter 和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化した本作。激動の幕末を戦い抜き、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代の幕開けとともに斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち、仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の生き様を描く。これまでの3作品の累計興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破。海外でも100ヵ国以上で配給されている。  最新作となる本作では、“シリーズ最恐の敵”となる縁(えにし)との戦いが描かれるが、このたび、剣心を支える神谷道場に集う仲間たちのキャストが発表され、神谷薫役の武井、喧嘩屋の相楽左之助役の青木、女医の高荷恵役の蒼井の続投が決定。さらに明神弥彦役には、200人以上が参加したオーディションを勝ち抜き、映画『3月のライオン』で桐山零の子供時代を演じ、『キングダム』では信の子供時代を演じ話題となった大西利空が初参加することも発表された。解禁されたビジュアルには、そんな彼らの神谷道場でのワンシーンを切り取った、まさに“家族写真”のような姿が写し出されている。  1作目を17歳で演じ、今作では5年ぶりに薫役を演じる武井は、「大友監督が、最終章では剣心の過去を知って薫が成長していく姿は、今の私の年齢だから演じることができる、とお話してくださり、とても安心しました。これまでとは違うスタンスで、新たな『るろうに剣心』の現場を楽しめたと思います」とコメント。青木は神谷道場のメンバーについて「一作目から変わらず、命を張ってでも守りたい仲間です」と熱く語り、蒼井は「帰ってきたというより、タイムスリップした感覚でしたね。前回のエンディングから続きが始まったように感じました」と続投を喜んだ。  併せて公開されたダイジェスト映像には、大迫力のアクションシーンだけでなく、吉川晃司や香川照之、藤原竜也、神木隆之介、福山雅治といったシリーズを彩ってきたキャラクターが多数登場し、思わず胸が熱くなる映像となっている。  映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は2020年7月3日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は同年8月7日より全国公開。

  • 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』ティザービジュアル

    『るろうに剣心 最終章』タイトルは『The Final/The Beginning』 公開日決定&ビジュアル解禁

    映画

     俳優の佐藤健が主演を務める映画シリーズ『るろうに剣心』の最終章のタイトルが、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』に決定。併せて公開日が決定し、『The Final』が7月3日、『The Beginning』が8月7日より公開されることが発表された。@@cutter 和月伸宏の漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社ジャンプコミックス刊)を大友啓史監督が実写化した本作。激動の幕末を戦い抜き、かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられながら、新時代の幕開けとともに斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち、仲間たちと穏やかな生活を送る伝説の男、緋村剣心の生き様を描く。これまでの3作品の累計興行収入は125億円以上、観客動員数は980万人を突破。海外でも100ヵ国以上で配給されている。  『るろうに剣心 最終章 The Final』では、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人であり、武器や軍艦を送り込み志々雄真実を操っていた<シリーズ最恐の敵・縁(えにし)>の戦いを壮絶なアクションとドラマで活写。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心達は、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業で、目的は何なのか。それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。  そして、映画はこれまで語られることのなかった<十字傷>の謎に迫る『るろうに剣心 最終章 The Beginning』へと続いていく。  今回明らかになったティザービジュアルは、目を閉じ逆刃刀を手にする剣心、頬には<十字傷>、そして剣心カラーの赤い着物。これから始まる最終章の壮大な物語の始まりを感じさせるビジュアルとなっている。  2019年5月まで約7ヶ月以上に渡る撮影で、京都・奈良・滋賀・三重・兵庫・熊本・広島・栃木・埼玉・静岡など全国43か所で大規模なロケ撮影を実施。作品の完成は2020年を予定している。  映画『るろうに剣心 最終章 The Final』は2020年7月3日より、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は同年8月7日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access