クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

アン・ボヒョン、日本作品初出演 共演のトリンドル玲奈に感謝「言葉の壁など感じない」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
(左から)アン・ボヒョン、トリンドル玲奈
(左から)アン・ボヒョン、トリンドル玲奈 クランクイン!

 俳優のアン・ボヒョンが14日、都内で行われた庄や50周年記念ドラマ『いつでも帰ってこれる場所』の公開記者発表会に共演のトリンドル玲奈と共に出席。ドラマの撮影を振り返り、トリンドルに感謝した。

【写真】アン・ボヒョン&トリンドル玲奈の全身カット

 本作は、コロナ禍の影響が続く中で50周年を迎える「庄や」が、すべての飲食店が「いつでも帰ってこれる場所」になってほしいという願いとメッセージを込め制作。ボヒョンは日本の作品初出演となる。

 ボヒョンはドラマ『梨泰院クラス』で主人公の敵役チャン・グンウォンを演じ、その怪演により注目を集めた。ボヒョンは本作が日本の作品初出演ということで「感謝の気持ちでいっぱいです。『梨泰院クラス』が日本でもとても人気で、私も愛していただいてありがたいです」と感謝し「私も居酒屋が好きで、出演を決めました」と口にした。

 ボヒョンは撮影について「私以外は俳優さんもスタッフさんも監督さんもみんな日本の方だったのでとても緊張していましたが、みなさんに良い雰囲気を作っていただいて緊張せずに撮影ができました」と回顧。トリンドルとの共演に関しては「トリンドルさんにとても優しくしていただいて、言葉の壁など感じないぐらい楽しく撮影できました」と明かし、ほほ笑んだ。

 さらにボヒョンは、『梨泰院クラス』をリメイクしたドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)を視聴したと告白。六本木にも実際に足を運んだそうで「梨泰院がどのように表現されたのか気になり、六本木に行ってみたかったんです。実際に行ってみてよかったです」と明かした。

 トリンドルはボヒョンの印象を「すごくお芝居が上手で、プロフェッショナルというイメージがあります。背も高いですし、顔が小さくて、お肌がきれいで、隣に並ぶの大丈夫かな?と思いました(笑)」と告白。トリンドルの絶賛にボヒョンは「ありがとうございます」と感謝した。

 最後にボヒョンは「日本のファンのみなさんにいつも優しくしていただいています」と話し「いつかファンミーティングができればいいなと思っています」とファンにメッセージを送った。

 庄や50周年記念ドラマ『いつでも帰ってこれる場所』は、11月15日7時より、大庄オフィシャルYouTubeチャンネル「庄Tube」内にて公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv