クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『エルピス』最終回 “斎藤”鈴木亮平「君は事故か病気で出れなくなる」に視聴者恐怖(ネタバレあり)

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』最終回より
ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』最終回より(C)カンテレ

関連 :

眞栄田郷敦

長澤まさみ

 女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦、鈴木亮平が共演するドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(カンテレ・フジテレビ系)の最終回が26日に放送された。真実の報道をめぐってかつての恋人である恵那(長澤)と斎藤(鈴木)がついに対峙(じ)。斎藤の口から放たれた言葉に、視聴者から「今年聞いた言葉の中でいちばん怖かった」「怖すぎてちびった」といった声が寄せられた。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】恵那(長澤まさみ)の提示した“交換条件”に対して“誰か”と相談する斎藤(鈴木亮平)

 大門副総理(山路和弘)の娘婿・亨(迫田孝也)が死んだ。拓朗が、大門のレイプ事件“もみ消し”疑惑についての重要な証言を亨から引き出した直後のことだった。

 亨を死なせてしまった責任感と、何もできなかった無気力にさいなまれる拓朗を前に、恵那は自身がキャスターを務める報道番組「NEWS8」でその証言VTRとその内容を報じる決意を語る。同期の同僚・滝川(三浦貴大)にも大反対され、「フライデーボンボン」のときのようにゲリラ的に報道する覚悟を決めた恵那。そんな彼女がいる放送直前のスタジオに現れたのは、テレビ局を辞めたはずの斎藤だった。険しい表情の斎藤は、恵那の報道を止めようとやってきたのだ。

 真実を報道したいという恵那の覚悟と、この国を思うからこそ報道を止めようとする斎藤の覚悟が交錯する。恵那はここで、副総理のスキャンダルを報じない代わりに、元々追っていたえん罪事件の真犯人について報じさせてほしい、警察が逮捕に動くことを止めないでほしい、という“交換条件”を斎藤に提示する。

 この交渉に乗った斎藤が携帯電話で“誰か”と相談した後、恵那に向かって大門副総理と真犯人との関係性を伏せた上で、という条件付きで「今夜のトップニュースで出して構わない」と了承するのだった。しかし、その後に斎藤は「明日まで待つと、君は事故か病気で出れなくなるよ」と冷たく言い放ち、交渉成立の証のように恵那に手を差し出し、握手するのだった。

 最後にさらっと出た斎藤の「君は事故か病気で出れなくなる」という言葉には「事故か病気で出れなくなるよって 今年聞いた言葉の中でいちばん怖かった」「怖すぎてちびった」といった声が寄せられていた。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv