『進撃の巨人』dTVオリジナルドラマ、配信日決定!和楽器バンドが主題歌書き下ろし

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』場面写真
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』場面写真(C)諫山創・講談社/BeeTV

 人気漫画の実写版映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と完全連動したdTVオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』が、8月15日より配信されることが決定。さらに本作の主題歌を、和楽器とロックバンドを融合した新感覚ロックエンタテインメントバンド・和楽器バンドが担当する事が分かった。

【関連】『進撃の巨人』dTVオリジナルドラマ場面写真<フォトギャラリー>

 全3話の同ドラマでは、ハンジの“巨人研究”に隠されたある秘密、立体機動装置の発明秘話など、映画を見る上でも欠かせないエピソードを描く。兵器隊長・ハンジを演じる石原さとみをはじめ、実写版映画にも出演する豪華キャスト陣が再集結するほか、平岡祐太が演じる新キャラクター・イズルの登場も見どころだ。

 そんな世界観をさらに盛り上げるのが、箏や津軽三味線など“和”を取り入れた斬新なサウンドが、国際的に高い評価を得ている和楽器バンド。メンバーが皆作品のファンであると話すボーカルの鈴華ゆう子は「主題歌のお話を頂き、最初に聞いた時はひっくり返るかと思いました(笑)」と明かし、「どのように世界観を作り出す事ができるか、改めて作品についてメンバーと熱く語ったものです。作品に対する8人の愛を込めて表現しました」と作品への熱い想いを語った。

 ギターの町屋は「多少の試行錯誤もしましたが、作品の世界観が身体に染み付いているので、自然と作曲することが出来ました。和楽器と軽音楽にクラシカルなアレンジやサウンドを取り入れた新たな発想が生まれたのではないかと思っています」と自信をのぞかせた。

 映像配信サービスdTVでは、TVアニメシリーズをはじめ、マンガをコマ割りして動かしお馴染みの豪華声優陣がセリフを吹き込んだオリジナル作品『Beeマンガ 進撃の巨人』や、『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』のレンタル(個別課金)も配信中だ。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access