『花燃ゆ』井上真央、内藤剛志に足蹴にされ「家なき子の気持ち」に

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『花燃ゆ』プレスミーティングに出席した井上真央
『花燃ゆ』プレスミーティングに出席した井上真央 クランクイン!

 吉田松陰の妹・文が激動の時代を生き抜いていく様を見つめるNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、先日から美和と名を改め毛利家の奥御殿で新たな人生を踏み出す “大奥” 編がスタート。女たちの園が舞台ということで、主演の井上真央が7月下旬に女性記者を集めた取材会を開催し、一風変わった取材会に井上の本音がポロリ飛び出した。

【関連】井上真央が出席した『花燃ゆ』取材会<フォトギャラリー>

 「ケーキも用意してあったら、さらにリラックスして話せるのに。ねぇ」と、井上の気さくな声掛けで始まった取材会。美和が大奥に入ることは史実に沿っているが、「どんな思いで入ったのだろうとすごく考えました」と振り返り、27話での内藤剛志演じる椋梨とのやりとりが大きかったと明かす。

 「『お前は無力だ』と足蹴にされるんですけど、ずっと『家なき子』を見ていたので、内藤さんのいじわるな顔を見ていたら、安達祐実さんの気持ちでしたね。でも、あのときの『無力だ』という言葉と悔しさを心のバネに変えることで、私自身、大奥に入る決心がつきました」。

 8月2日放送回には、大注目のシーンが登場。大沢たかお扮する伊之助への気持ちを、美和が吐露するのだ。試写を観た記者からも「言っちゃいましたね」との感想が出ると、「ね~! 男の人は気にならない場面かもしれないですけど、女の人は絶対に気になりますよね。ポロっと出ちゃったんでしょうね」と興奮気味に話した。

 また大奥の撮影初日には気を「吸い取られる」感覚があったそうで、「とにかくキャストの “圧” が凄いんですよ。対峙して話すシーンではみなさん目を逸らさない。逸らしたら負けだと思いながらも、怖かったですね(笑)」と述懐。女たちの戦いはもちろん、美和が出世するに従い変化していく、華やかな衣装にも目を奪われる大奥編が幕を開けた。

 『花燃ゆ』はNHK総合にて毎週日曜20時放送。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access