クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『貞子vs伽椰子』山本美月主演で映画化 2大最恐キャラがスクリーンで対決

映画

  • twitter
  • facebook
『貞子vs伽椰子』まさかの映画化実現
『貞子vs伽椰子』まさかの映画化実現(C)2016「貞子vs伽椰子」製作委員会

関連 :

山本美月

白石晃士

 『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子というジャパニーズホラーの2大最恐キャラクターが共演・対決する映画『貞子vs伽椰子』が、山本美月を主演に迎えて公開決定。2015年4月1日に、1日限りのエイプリルフールネタとして世間を騒がせた同企画が、『コワすぎ!シリーズ』『ある優しき殺人者の記録』の白石晃士監督によって映画化が実現する。

【関連】「山本美月」フォトギャラリー

 映画『貞子vs伽椰子』は『リング』シリーズのKADOKAWAと、『呪怨』シリーズのNBCユニバーサル・エンターテイメントが映画会社の枠を超えて強力タッグを組んだJホラーの歴史に残る超大プロジェクト。今最も旬な実力派若手女優の一人・山本美月が、貞子と伽椰子に挟まれる主人公の倉橋有里役に扮する。

 ホラー好きを公言している山本は、「歴史ある2作品に両方出られるなんて、なんてお得でラッキーなんだろうと嬉しかったです。ホラー映画はもともと好きで、高校生の時にハマって白石監督の『ノロイ』も拝見したことがありました」とホラー映画初主演の喜びを明かし、「私が演じる倉橋有里は、正義心の強い存在感のある子。はっきりと人間性を出して演じていきたいと思います。また今回はアクション性もある作品に仕上がっているので、お楽しみにしてください!」と気合十分だ。

 『パラノーマル・アクティビティ』に通じるモキュメンタリー・ホラーの第一人者として国内外に多くのファンを持つ白石監督も「Jホラーを代表する貞子と伽椰子が対決するという、間違いなくJホラーの歴史に名を残すことになる本作のメガホンを取ることができ光栄です」とコメントを寄せ、「本作のテーマは『衝突』。最恐のキャラクター同士が衝突したら果たしてどうなるのか―、そしてそこに蠢く人間ドラマ。乞うご期待下さい」と作品の見どころを語っている。

 絶叫・スリル・興奮全てを体感できる進化型ジャパニーズ・ホラーとして4DXでの上映も決定している『貞子vs伽椰子』は2016年6月公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access