クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『しあわせの記憶』渡辺謙、北川景子の前でパンツ一丁に… ダメ男ぶりに不安を吐露

エンタメ

  • twitter
  • facebook
MBS新春特別ドラマ『しあわせの記憶』現場撮影会の様子
MBS新春特別ドラマ『しあわせの記憶』現場撮影会の様子 クランクイン!

関連 :

渡辺謙

北川景子

二階堂ふみ

麻生祐未

 俳優の渡辺謙が、主演を務めるMBS新春特別ドラマ『しあわせの記憶』の現場撮影会に出席し、共演の北川景子、二階堂ふみ、麻生祐未とともに見どころを語った。渡辺は、自身が演じるのは「現代版の寅さん」とも言えるダメ男で、娘役を演じる北川の前でパンツ一丁になったことも明かし、照れ笑いを浮かべた。

【関連】MBS新春特別ドラマ『しあわせの記憶』現場撮影会フォトギャラリー

 本作は、現代の家族の姿をユーモアまじりに描くホームドラマ。借金を抱えて離婚し、家族を去った「風来坊」が、別れた妻の再婚や二人の娘の生活に首を突っ込み、波乱を巻き起こしていく。

 太郎役の渡辺は本作について「現代版の寅さんみたいだ」と表現。脚本を読んだときに「こんなダメ男の話でいいんかいな」とやや不安に思ったという。それでも「ドラマを作り上げていく段階で、もしかしたら家族というのは、いわゆる一つのキチッとした形ではなくて、色んな形態の家族が世の中にはもう存在しているかもしれない。逆にリアリティーを感じるような気がしています。ある種の孤独感や寂寥感がありつつも、家族が見えない糸でつながっている不思議な形のドラマ」と解説した。

 太郎と純子(麻生)の間の長女・夏波役を演じる北川は撮影は時系列に沿って進行するため「徐々に距離感が詰まっていく感じは、自然に撮影しながらできた」と話すも、撮影初日はいきなり渡辺の浮気現場を発見する「最悪な別れ」のシーン。「(離婚時の)お父さんの最後の姿」を話し出すと、渡辺が「とんでもなくオレはパンイチで」と補足。照れ笑いを浮かべた。

 北川はまた、次女・冬花役の二階堂との初共演が決まった際は「二階堂さんと共演できるんだ!」と嬉しかったという。「ぜんぜんタイプが違うから、(撮影の)合間で話してても楽しい。『私はふみちゃんの顔がカワイイ。こんなにパッチリした目で外国人みたいな顔が良かった』と言ったら『北川さんみたいにシュッとした顔が良かった』と言われた」と姉妹さながらの会話について語るも、二階堂は美人でしっかり者の姉を持つと「こういう気持ちになったりするのかな。妹は“お姉ちゃんが全部やってくれる”と甘える気持ちになるのかな」と話して報道陣の笑いを誘った。

 MBS新春特別ドラマ『しあわせの記憶』は、TBS‐MBS系全国ネットにて2017年1月8日放送。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access