橋本マナミ、濃厚な“濡れ場”を熱演! 映画『光』より場面写真解禁

映画

  • twitter
  • facebook
橋本マナミ、映画『光』で井浦新の妻役を熱演
橋本マナミ、映画『光』で井浦新の妻役を熱演(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会

関連 :

橋本マナミ

大森立嗣

 三浦しをん原作、大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』より、最新の場面写真が到着。本作で主人公の妻を演じ、濃厚な“濡れ場”も見せる女優・橋本マナミのさまざまな表情が解禁された。大森監督は「物憂げな目線がいいんですよ。橋本は目線で語る。彼女はこれから、もっといい女優になっていくでしょうね」とその演技を高く評価している。

【関連】「橋本マナミ」フォトギャラリー

 本作は、25年前の殺人事件をきっかけに交錯する男女の沸きあがる愛情と憎悪に揺れる姿を描いたヒューマンドラマ。東京の離島・美浜島で壮絶な体験をした、信之(井浦)、輔(瑛太)、美花(長谷川京子)の幼なじみ3人。自然の力が島のすべてを消滅させてから25年後、バラバラになった彼らのもとへ“過去の秘密”が迫ってくる。

 解禁された場面写真に映るのは、信之の妻で、幼い子を持つ生活に疲れた主婦・南海子(橋本)の姿。電車や自宅前での物憂げな表情や、困惑するような顔で見つめるシーンが収められている。

 オファー時点から一気にその世界観へ引き込まれたという橋本は、役柄について「社会性を気にする普通の主婦ですが、それだからこそ時には怖い一面もあるかもしれません」と解説。本作のテーマの1つを“無意識の暴力”であると語り、「人って生きてると無意識に人を傷つけてしまうもので、この作品でも様々な思いがぶつかりあいます。胸が苦しくなる瞬間が何度もありました」と撮影当時の心境を振り返った。

 また劇中では、試写会でその熱演を絶賛する声が上がるほどの“濡れ場”にも挑んでいるが、大森監督は「橋本は精度の高い演技をするんです。日常を送りながら、自分の感情をどこで高ぶらせるかといったことをちゃんと計算し、ミスすると『監督、もう一回やっていいですか?』と自分から言う」と、橋本の演技に称賛のコメントを寄せた。

 映画『光』は、11月25日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access