佐藤健の“朝ドラ”とのギャップに驚きの声 『義母と娘のブルース』7話

エンタメ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『義母と娘のブルース』制作発表に出席した佐藤健
ドラマ『義母と娘のブルース』制作発表に出席した佐藤健 クランクイン!

 女優の綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が21日に放送された。佐藤健が演じるキャラクター・麦田が、同じく佐藤がNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で扮する律の役柄と180度違うことに視聴者から「全然雰囲気違う」「ギャップが面白い」「誰かわからなかった」などの反響が寄せられた。

【写真】佐藤健、『半分、青い。』律とのギャップがすごい

 「ベーカリー麦田」に再就職した亜希子(綾瀬)は、経営に無頓着な店長・麦田(佐藤)を尻目に、キャリアウーマン時代の知識を総動員し、立て直しプランを考える。一方のみゆき(上白石萌歌)は、再会した大樹(井之脇海)から、突然告白をされて戸惑う。“受験勉強に専念したい”という理由で断るみゆきだが、大樹から“家庭教師をする”と提案され、一緒に過ごす時間が増えていく。

 みゆきは、仕事で忙しい中でも、何事も完璧にこなす亜希子に対して、複雑な感情を覚えていた。“亜希子の本当の娘なら、亜希子に似た立派な人になれていたのでは…”と考えてしまうみゆきは、亜希子に自分の葛藤をぶつけてしまい…。

 今回、視聴者から最も関心を集めたのが佐藤演じる麦田のキャラクター。真面目に働かないどころか、亜希子の名前を「宮本」ではなく「岩本」と間違えたり、一般的な言葉を知らないなど、『半分、青い。』で佐藤が演じている、賢くて思慮深い律とは正反対のキャラクター。視聴者からも「律と全然雰囲気違う」「キャラクターのギャップが面白い」「律のイメージが強すぎて誰かわからなかった」などの声がSNSに殺到した。

 さらに「まったく被らないキャラだけど...どっちも好き!」という声や、「佐藤健くん上手ですね」など彼の演技力を称賛するツイートも寄せられていた。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access