<AJ2019>梶裕貴、『進撃の巨人 Season3』Part.2のアフレコは「楽しみで仕方ない」

アニメ・コミック

  • twitter
  • facebook
AnimeJapan2019『進撃の巨人 Season3』スペシャルステージの様子
AnimeJapan2019『進撃の巨人 Season3』スペシャルステージの様子(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

関連 :

梶裕貴

石川由依

井上麻里奈

神谷浩史

 声優の梶裕貴が3月24日、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan2019」にて、出演アニメ『進撃の巨人 Season3』のスペシャルステージに、共演の石川由依、井上麻里奈、神谷浩史らと登壇。4月より放送されるPart.2のアフレコについて、エレン役の梶は「役者としては楽しみで仕方ない。メチャクチャになりたい」と意気込みを語った。

【写真】AnimeJapan2019『進撃の巨人 Season3』スペシャルステージ&ブースの様子

 イベントはまず、通常のエンディングとは異なる映像が差し込まれ、話題となったSeason3 Part.1の最終回の話からスタート。Part.2で放送されるであろう、リヴァイに対しエレンとミカサが衝突する衝撃の場面が流れたことに対して梶は「色んな所でお話はしてますけど、『テレビが壊れたのかな』という意見をたくさん頂いた(笑)。監督たちの遊び心といいますか、原作の展開を知っててもあの演出は驚いたと思いますけど、今あのシーンを絶賛アフレコ中です」とコメント。

 またSeason3は「エレンに限らず、他のキャラクターも胸が締め付けられる展開が多い」と梶。「いろんな役をやらせてもらってますが、エレンは自分とシンクロしてしまう役。でも神谷さんの胸ぐらはつかめないので、アフレコ後の食事の時、自分を切り替えないと」とのこと言葉に「“巨人”後の食事はいつもガラ悪いよね」と神谷、続いて「いらいらしてるよね」と井上も暴露する一幕も。

 イベントの最後には、Part.2への意気込みを語った4人。神谷は「最初、リヴァイという役のプレッシャーに押しつぶされそうになっていて、スタジオに行くのが怖かったし億劫だった。でも年数を重ねてきてスタッフさんやキャストとの信頼関係が出来上がってきて、この人達と一緒だったら自分が思ってもないところにたどり着けるに違いないと思うように。このメンバーと一緒に最後まで頑張っていきたい」とコメント。

 梶は「この後のシーンをやるのが怖いと先程言いましたが、それは僕本人として。役者としては楽しみ以外の何物でもない。メチャクチャになりたいです。自分がどうなるのかわからないけどその感覚をすごく求めてますし、そうなる自分が楽しみです」と語った。

 アニメ『進撃の巨人 Season3』Part.2は、NHK総合にて4月28日24時10分より放送。

関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access