クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

乃木坂46・堀未央奈、初主演映画の初日に“涙”

映画

堀未央奈、映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』公開記念舞台挨拶に登場

堀未央奈、映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』公開記念舞台挨拶に登場 クランクイン!

関連 :

堀未央奈

清水尋也

板垣瑞生

間宮祥太朗

桜田ひより

上村海成

山戸結希

 乃木坂46の堀未央奈が28日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲にて行われた映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』初日舞台挨拶に出席。映画初主演となる堀が、同作の公開に感極まり、涙を流した。

【写真】堀未央奈、泣き顔を両手で覆った

 相原実貴の人気少女漫画を実写映画化した本作では、堀演じる女子高校生・成田初の3つの初恋が描かれる。映画『溺れるナイフ』の山戸結希監督がメガホンを取った。

 イベントには堀のほか、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、山戸監督が出席した。

 堀は、ロケ地としても使用していた都内・豊洲にて同イベントが行われたことを受けて「豊洲で撮影したシーンがほとんどだったので、初としても私自身としても思い入れのある場所です。個人的にも遊びにきたりする場所なので、そんな場所で初日を迎えることができてうれしいです」と笑顔。すると清水も「不思議な気持ちですね。毎日、瑞生と帰っていたので『あ、あの橋!』みたいな」と懐かしんだ。

 また今回の共演によって、堀と桜田は親交を深めたようで、堀は「妹みたいな感じで、合うたびに手をつないでました」と仲の良さをうかがわせていた。

 イベント後半には、この映画で伝えたい思いを一文字で表現したという書き初めを披露する一幕も。

 “瞳”という一文字を披露した間宮は「この作品は、目が印象的だなと思っていて。言葉が多くない役なので、言葉じゃなくて目でっていうのは監督からの演出でも多かった気がするので、瞳」と説明。それに対して堀も「3人とも瞳の中の色というか温度が違って、すてきでした」と同調した。

 一方、堀が選んだのは“叫”の一文字。その理由について「心の叫びみたいなものを言えなくて苦しんでる方の、背中を後押しできる映画になっているんじゃないかな。そんな叫びが届いたらいいなと思ってこの字にしました」と語った。

 板垣は“光”の一文字を発表したが、清水に「積み木にしたら、よく立ってるなっていう字」と指摘され、堀にも「“光”っていう字がアンバランスでちょっと気になりますね」といじられ、会場は笑いに包まれた。

 最後にコメントを求められた堀は、感情が高ぶり涙。「変な顔になるから使わないでください...」と顔をおさえるも、気を取り直し「これからたくさんの女の子や男の子が観ると思うんですけど、私も10代のときに出会いたかったなっていう作品です。愛を込めて、心の底からセリフを言って作ったので、この映画を観てよかったなっていう風に思ってもらえたらいいなって思います」と言葉を絞り出し、イベントを締めくくった。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access