クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

Matt、「野球の才能はあった」 黒柳徹子とのMatt化ツーショットも公開

エンタメ

  • twitter
  • facebook
(左から)Matt、黒柳徹子
(左から)Matt、黒柳徹子 クランクイン!

関連 :

Matt

黒柳徹子

 元プロ野球選手・桑田真澄の次男で、タレント・ミュージシャンのMattが20日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系/月曜〜金曜12時)に出演。小学校の6年間は野球をしていたことを明かし「才能があった」と言い放つ一幕があった。

【写真】“美の2ショット” 黒柳徹子のMatt化

 番組初登場にして初対面となるMattについて、司会の黒柳徹子は開口一番「いやぁ…ほんとに独特な、お特異な美貌で」と表現。番組収録直前には2ショットも撮影したとのことで、Mattと“Matt化”された徹子の姿が写真で公開されるという展開に。

 黒柳の“Matt化”についてMattは「全然、変わらないんです徹子さん!どこを直せばいいんだろうと思って」とコメント。さらにMattは「こんな2ショットが撮れると思わなくて、すごく嬉しいです」とその喜びを言葉にした。

 黒柳はMattの父がプロ野球選手として活躍した桑田であることに触れると、Matt自身の野球の経験について質問。これにMattは「小学校6年間やりまして」と答えるものの「野球あんまり好きじゃなくて」と振り返った。Mattは「同時に音楽もやっていて、ピアノとバイオリンをやっていたので」と語ると「中学に上がる時に、父から“音楽と野球どっちにする?”と質問されたので、僕はすぐに“音楽”と答えて、その道に進むことになりました」と語った。

 これに黒柳は「野球をやってみてどうでした?」と質問すると、Mattは「すごい才能があったんですけど」とキッパリ答え、「足も速くて、運動神経もいい方だったんですけど、魂的には音楽をやりたいという方が強くて、スポーツにはいかなかったですね」と話した。さらにMattは幼い頃から絵が得意でアクリル画を描いていたことも明かし「その筆が今、顔にきた感じで、縁を描いている感じです」と語った。

 芸能活動をスタートさせて3年がたつMattは、これまでは美容の仕事が中心だったが、今後は音楽を中心に活動していきたいと話し、さらにピアノとの出会いは、幼少期に父が肘のリハビリでピアノを弾いていたことがきっかけだったことも明かしていた。

引用:「Matt」インスタグラム(@mattkuwata_official2018)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access