クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

国際アニメ映画祭8冠 新進クリエイターが1人で作った『Away』12.11公開 美しい予告映像も

アニメ

 国際アニメ映画祭で8冠を達成したアニメ映画『Away』が、12月11日より全国順次公開されることが決定。併せてポスタービジュアルと予告映像が解禁された。

【写真】映画『Away』を1人で作り上げたギンツ・ジルバロディス監督

 本作は、ラトビア人新進クリエイターのギンツ・ジルバロディスが、3年半をかけて1人で製作・監督・編集・音楽全てを作り上げた長編デビュー作。飛行機事故で島に不時着した少年がさまざまな土地をオートバイで駆け抜ける美しい冒険の旅を、全編セリフなしでつづる。哲学的なメタファーによって監督の個人的な思いが込められており、見ている人の感性を刺激する世界観が映し出される。

 世界最高の権威と最大級の規模を誇るアニメーションの国際映画祭「アヌシー国際映画祭」において、2019年に新設された実験性・革新性のある長編作品を対象とするコントルシャン賞で初代グランプリを受賞。これを皮切りに、世界中の映画祭で8冠を達成、2020年第92回アカデミー賞長編アニメーション部門の最終候補32作品に選ばれ、同年第47回アニー賞でも『アナと雪の女王2』(2019)や『トイ・ストーリー4』(2019)とともにベストミュージック部門にノミネートした。

 公開された予告編は、少年が飛行機事故から落下するシーンからスタート。たった1人生き残った少年は、森の中で地図を見つけ、自然と共生しながら出会った飛べない小鳥と共にバイクで冒険の旅に出る。“黒い影”と呼ばれる謎の存在から逃げ、絶望、不安、孤独と戦いながらも、旅の途中で目にする美しい風景や生き物たち、そして見出す希望。セリフなき深淵な世界を描いた本作の、革新的かつ独創的な表現の一端を見ることができる。

 ギンツ・ジルバロディス監督は日本公開にあたり、「『Away』は私にとって非常に個人的な映画なので、世界中の観客に本作が届けられたことを知って、私はとても恐縮しつつ興奮しています。私に多大な刺激を与えてくれた場所、ここ日本で公開されることを本当にうれしく思っています」とメッセージを寄せた。

 アニメ映画『Away』は、12月11日より全国順次公開。

映画『Away』予告映像

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access