クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『知ってるワイフ』“沙也佳”瀧本美織、“モンスター化” 「怖い」「かわいそう」両方の声

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『知ってるワイフ』第6話 場面写真
ドラマ『知ってるワイフ』第6話 場面写真(C)フジテレビ

 俳優の大倉忠義が主演を務め、女優の広瀬アリスと共演するドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第6話が11日に放送。大倉演じる元春の行動に沙也佳が(瀧本美織)“モンスター化”。視聴者から沙也佳の行動にさまざまな声が集まった。

【写真】傷ついた沙也佳(瀧本美織)は上原(小関裕太)と飲みに行く 2人の関係はどうなる? 『知ってるワイフ』第6話より

 自分の選択と愚かさを反省した元春は、澪と津山(松下洸平)の恋路を応援し、現在の妻・沙也佳を大切にしようと決心する。早く帰宅すると沙也佳に約束していた帰り道、元春は、偶然澪を発見し、いなくなってしまったという澪の母・久恵(片平なぎさ)を見つける手伝いをする。沙也佳のことを気にしながらも元春は会社の飲み会だと嘘をついていた。

 久恵が無事に見つかり、帰宅する元春。沙也佳は、久恵から元春に電話がかかってきたことや、ドライブレコーダーの記録によって元春と澪が一緒にいたことを知ってしまう。責められた元春は「放っておけなくて」とつぶやく。話したいことがあったため、元春の帰りをずっと待っていた沙也佳は「私のことは放っておいて…一体彼女とどういう関係なの?」と怒るが、元春は澪とは何もないと主張する。しかし、沙也佳が澪のことを責めると、元春は「俺が一緒に探しただけだから」と澪をかばってしまう。

 傷ついた沙也佳は家を飛び出し、偶然出会ったフラワーショップ店員・上原邦光(小関裕太)とバーへ。酔って帰ってくると、悪口や恋愛ネタまで載っているという“裏掲示板”を使って「建石澪の本性」というタイトルで何かを書き込み始めるのだった…。元春の行動で“モンスター化”してしまった沙也佳に、ネット上では視聴者から「沙也佳それはあかん」「怖すぎる」などの声のほか、「沙也佳をここまで不安定にさせたのは元春」「沙也佳ちゃんがかわいそう」など同情の声が集まっていた。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv