クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『仮面ライダーBLACK SUN』制作決定&2022年春始動 監督は白石和彌

ドラマ

  • twitter
  • facebook
『仮面ライダーBLACK SUN』制作決定
『仮面ライダーBLACK SUN』制作決定(C)石森 プロ・ADK EM・東映

 仮面ライダー生誕50周年を記念し、仮面ライダーシリーズの中でも金字塔作品と言える『仮面ライダーBLACK』が、白石和彌監督の指揮のもと『仮面ライダーBLACK SUN』として新たに制作され、2022年春にスタートすることが決まった。

【写真】『仮面ライダーBLACK SUN』の監督を務める白石和彌

 1971年にテレビ朝日系にて放送を開始した『仮面ライダー』(原作・石ノ森章太郎)。以来、令和仮面ライダー2作目であり現在放送中の『仮面ライダーセイバー』に至るまで、子どもから大人まで楽しめる数々の仮面ライダーが登場し、半世紀にわたって愛され続けてきた。そして2021年に仮面ライダーシリーズは50周年を迎える。

 1987年に放送された『仮面ライダーBLACK』は、歴代仮面ライダーシリーズの中でも原作『仮面ライダー』への原点回帰をコンセプトとし、過酷な運命を背負った主人公の悲哀に満ちたストーリーが魅力的な人気作。これを30年以上の時を経て新たにリメークする。作品ロゴは書道家・武田双雲の書き下ろしで、本作の世界観が美しく、壮大に表現されている。監督を務めるのは、『凶悪』や『孤狼の血』などの大ヒット作品を数多く手掛けてきた名匠・白石和彌。

 白石監督は「仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!」とのコメントを寄せた。

 『仮面ライダーBLACK SUN』は、2022年春始動。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv