菊池桃子 関連記事

  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する(上段左から)今野浩喜、葉山奨之、菊池桃子、(下段左から)伊武雅刀、山口馬木也、岡田浩暉

    『ストロベリーナイト・サーガ』、葉山奨之&菊池桃子ら追加キャスト発表

    エンタメ

     女優の二階堂ふみとKAT‐TUNの亀梨和也がダブル主演を務める4月スタートのドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)に、俳優の葉山奨之、菊池桃子、今野浩喜、伊武雅刀、山口馬木也、岡田浩暉、坂東龍汰、猪征大が共演することが発表された。@@cutter 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化、さらに2013年公開の映画では興行収入21.5億円のヒットを記録した。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。  二階堂演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事。直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。  葉山が演じるのは、蒲田西署刑事課に勤務する若手巡査・葉山則之。過去のある事件によりトラウマを抱え、心の弱さを克服しようと自分を追い込む傾向があるキャラクターだ。周囲から距離を置き、共に捜査する刑事たちとも深く関わろうとしないが、蒲田で起きた殺人事件をきっかけに、玲子たちと捜査に当たる。名前の漢字が一文字違いの役を演じる葉山は「すごく運命を感じています。今回、初の刑事役ということで緊張もしていますが、この運命的な出会いを信じて、全力でお芝居をしたいと思います」と意気込みを語っている。  菊池が演じるのは、玲子の母親・姫川瑞江。事件現場や捜査一課でシリアスなシーンが続く中、玲子が刑事から娘に戻れる姫川家で登場する。今野が担当する井岡博満は、玲子にほれ込み冷たくあしらわれる一方、仕事に関しては独特の嗅覚を発揮し、窮地に立たされた玲子をさりげなく助けることもある神出鬼没な中年巡査だ。  伊武が扮するのは、東京都監察医務院の監察医・國奥定之助。“不自然死”のエキスパートであり、鋭い観察眼と長年の経験で監察医の第一人者として医務院に君臨し、玲子とは年の離れた友達のような関係性を築いている。山口が演じる、玲子が所属する殺人犯捜査第十係係長(警部)・今泉春男は、玲子の捜査能力を高く評価し、捜査を援護する良き理解者。岡田が担当する警視庁捜査一課管理官(警視)の橋爪俊介は、直感に頼った捜査を繰り返す玲子のことを面白く思わず馬鹿にしており、玲子にとって“目の上のたんこぶ”のような存在の上官だ。  木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』は、フジテレビ系にて4月11日より毎週木曜22時放送(初回21時より2時間スペシャル)。

  • 杉咲花

    杉咲花「子どもは欲しい」「一目惚れしやすい」と恋愛観を自己分析

    エンタメ

     女優の杉咲花が20日、『ぴったんこカン・カン』(TBS/毎週金曜20時)に出演。自身の恋愛観や将来を自己分析する一幕があった。@@cutter 現在放映中のドラマ『花のち晴れ』でヒロインを演じている杉咲。この日、番組では劇中で杉咲の母親を演じている菊池桃子へ会いに行くことに。司会の安住紳一郎と杉咲が向かったのは、都内にある戸板女子短期大学。菊池は現在、女優業のかたわら母校でもあるこの大学で、客員教授として教鞭を取っているのだ。  菊池が授業をしている教室に安住と杉咲が潜入。二人に気付いた教壇の菊池が「遅刻してきた人はお名前を教えてください」と声をかけると、受講中の学生も二人の存在に気づいたようで、安住と杉咲に大きな歓声が上がった。チェックのワンピース姿で真面目に自己紹介する杉咲には、教室中から「カワイイ~」の声が。  授業では、菊池が日本の出生率と人口問題の解説の真っ最中。安住が丙午(ひのえうま)の年である1966年の出生率が下がっていることを指摘すると、話題は丙午にまつわる迷信に。次回の丙午が2026年であることから、菊池が杉咲に「(丙午の年でも)子どもは欲しい?」と質問すると、「私は子供を欲しいと思うからなかなか難しい問題だなと思いますね」と答える一幕もあった。  続いてゼミ形式の授業では、“自己分析” に挑戦。他人から見た自分のイメージをグラフにしていく作業の中で、安住が杉咲に「人を好きになる回数は多い?」と聞くと「一目惚れしやすいかもしれないです」と回答。さらに安住が「ケンカは?」と質問すると、杉咲は「小さい頃はよくケンカして男の子に勝っていました」と意外な過去を明かした。

  • 反町隆史、『花のち晴れ』に杉咲花の父親役で出演決定

    反町隆史、新ドラマ『花のち晴れ』出演決定 杉咲花の父親役に

    エンタメ

     俳優の反町隆史が、4月17日にスタートするドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時)に、杉咲花が演じる主人公・江戸川音の父親役で出演することが明らかになった。@@cutter 神尾葉子による漫画『花より男子』の新章『花のち晴れ~花男 Next Season~』(集英社)を実写化する本作は、落ち目になった英徳学園を舞台に、主人公の江戸川音をはじめ、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達の姿を描く学園ドラマ。反町は音の父で大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」の社長・江戸川誠に扮する。今回、江戸川家の家族写真も初公開され、菊池桃子が演じる妻・由紀恵と共に、娘・音の成長を見守る誠の笑顔は幸せそのものだが、やがて「エド・クオリティ化粧品」は倒産し、これが音の運命を大きく狂わせていく…。  撮影に臨んだ反町は「現場はすごくいいチームワークで、スタッフと出演者が真摯にドラマを作っている様子は画面からも伝わるんじゃないかな?」とコメント。また、所属事務所の後輩でもある杉咲の父親を演じることについては「すごく幸せな家族で、親子関係もいい。そんな江戸川家と音が今後どうなっていくか楽しみなんですが、見ている方にもそのあたりをぜひ楽しみにして頂けたらと思います」と語っている。  “花男”シリーズの新章に出演することに関しては「前作も見ていました。どこかファンタジーな部分がありながら、主人公をはじめキャラクターの個性が強くて、すごく際立つドラマだという印象がありましたね」と明かし、「今回もその要素はふんだんに盛り込まれているので、たくさんの方に見ていただいて、一緒にドラマを盛り上げて頂けたらうれしいです」とも語った。  新ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』は、TBS系にて、4月17日より毎週火曜22時放送。

  • 伊野尾慧、山本美月のパンチラに胸キュン?「パンツ選んだので」山本も自信

    伊野尾慧、山本美月のパンチラに胸キュン?「パンツ選んだので」山本も自信

    映画

     伊野尾慧が、山本美月、永野芽郁、真剣佑、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督と共に、20日に都内で実施された映画『ピーチガール』の完成披露試写会に出席。胸キュンしたシーンを聞かれた伊野尾は、山本のパンチラシーンを振り返り、「同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思います」と語った。@@cutter ギャル風な外見ながら中身は超ピュアな女子高生の安達もも(山本)が、中学時代から片思いをしているとーじ(真剣佑)、高校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない小悪魔・沙絵(永野)と織りなす恋模様を描く本作。最も胸キュンしたシーンを聞かれた山本は、「とーじと下校してて、カイリがちょっかいかけてきて、とーじが引っ張って『俺のだから!』って言うところが、キュンキュンです」とにっこり。  これを受けた伊野尾は、そのシーンの撮影がクランクアップの日だったことを振り返り、「最後の最後でとーじに取られて、映画の撮影自体が終わった。個人の気持ちとしてはちょっと寂しかったです」と悔しさを滲ませ、「個人的には、ももちゃんのスカートがバッとめくり上がるシーンが。同世代の男子は、めっちゃキュンキュンすると思いますよ」ともコメント。これを聞いた山本は「私、ちゃんとパンツ選んだんで。私初めてパンチラしました」と続けて会場を沸かせていた。  一方、永野は「ちょっと変えていいですか(笑)」と前置きし、楽しんだというシーンを紹介。「伊野尾さん演じるカイリに、めちゃくちゃ暴言を吐くんですけど…めっちゃ楽しかった(笑)」と明かし、「すごい不愉快だろうなと思いながらも、『こんなこと言えること、なかなかない!』と思って(笑)。いっぱい言わせていただきました。気持ち良かった」と笑顔で振り返っていた。  映画『ピーチガール』は5月20日より全国公開。

  • 映画『ピーチガール』場面写真

    山本美月、『ピーチガール』伊野尾慧&真剣佑の狭間でキュン死寸前!? 予告編解禁

    映画

     女優の山本美月、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧のW主演に、さらに真剣佑、永野芽郁と若手実力派が出演する、人気コミックの実写化映画『ピーチガール』(5月20日より全国公開)にて本作の予告編と本ビジュアルが解禁、併せて本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子ら追加キャストも発表された。@@cutter 本作は、累計発行部数1300万部を超える上田美和原作の人気漫画の実写化映画。元水泳部で日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生・安達もも(山本)。彼女にはとーじ(真剣佑)という中学時代からずっと片思いをしている相手がいた。ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)にあるきっかけでキスをされ学校中の噂に。  色白で男ウケ抜群。しかし本性は欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない小悪魔タイプのクラスメイト・沙絵(永野)は、ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなもものピンチを救ってくれたのは、ももの内面を好きになったカイリ。かくして2人の間で気持ちが揺れ動くもも。最後に選ぶのは…?  そして今回、山本、伊野尾、真剣佑、永野の主要キャスト4人に加え、追加キャストとして本仮屋、水上、升、菊池ら4人の名が発表。本作を支える豪華な顔ぶれが揃った。  また解禁された予告映像では、先日発表された歌手カーリー・レイ・ジェプセンによる主題歌「コール・ミー・メイビー」が披露されており、主人公・ももがカイリととーじの二人の間で揺れる、健気な乙女心を切なく描いた世界観がイメージに合うということで起用された。  さらに山本の顔面白塗り姿や伊野尾によるウィンク、可愛すぎる女装、永野の白目むき出しの演技など、ユーモアあふれる場面も満載。合わせてビジュアルも、それぞれの性格を表したコピーと、ポップな背景が描かれたものとなっている。  映画『ピーチガール』は5月20日より全国公開。

  • 菊池桃子、今後は「シニア婚活」に意欲

    菊池桃子、“仕事がしづらかった”過去を吐露 今後は「シニア婚活」に意欲

    エンタメ

     東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『ノンママ白書』(8月13日放送開始)に出演する女優の菊池桃子、鈴木保奈美が7日、トーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に中井美穂とともに出演。子育てをしながら、現在も女優業を務める菊池と鈴木は、出産、子育てと芸能活動に対する思いなどを語った。@@cutter 現在20歳の息子と、中学3年の娘とともに過ごしている菊池は、息子の出産の際には「周りから『プロなのに…』『やめるんだ…』とか言われ、とても仕事がしづらい空気になっちゃって…そういう時代でしたね」と当時の苦労の様子を振り返る。  さらに、娘が乳児期に脳梗塞にかかり、仕事をセーブせざるを得ない時期があったことを明かしながら、現在は元気に過ごしていることを明かす。また、かつて菊池が結成したバンド「ラ・ムー」について子供は興味津々で「あれ、何なの?って関心を寄せてくれている」と、少し恥ずかしそうな表情で語っていた。  3人の娘を出産した鈴木は「産まれるものは育てないと」と、深く考えず出産を機に一時芸能界を引退。しかし自分が子育てに明け暮れていた日々の中で、唯一の楽しみがテレビドラマだったことで「助けられた」と振り返り、改めて女優業の大切さを感じたことを明かしていた。  また鈴木が「最近、好きなタイプの男性が変わってきた。昔は『エースで四番』みたいなスポーツマンが好きだったのに、今では文科系で草食系のほうが…みたいな」と、男性のタイプを語ると、菊池は「むしろ自分のほうに興味が向いているので、あまりそういうところに目が向かない」と恋愛に興味がないことを明かしながらも「子供がみんな独り立ちしたら、シニア婚活もいいかも。それ、ありだよ!」とアラフィフでの恋愛の可能性を匂わせていた。

  • 連続ドラマ『ノンママ白書』で主演を務める鈴木保奈美

    鈴木保奈美、18年ぶりの連ドラ主演に充実感「ステキなホルモン点滴受けてる気分」

    エンタメ

     女優の鈴木保奈美が4日、フジテレビの連続ドラマ『ノンママ白書』の制作発表会見に出席。18年ぶりの連ドラ主演を飾る本作の撮影についてや共演者の印象などを語り、「ステキなホルモンの点滴を受けてる気分」だと充実感をにじませた。@@cutter 本作は、子供を生まない選択をした「ノンママ」にスポットを当てた現代ドラマ。 “バツイチ・子無し”で広告代理店勤務の49歳・土井玲子が社会で奔走する姿を描く。会見には、鈴木を始め、共演者の菊池桃子、渡辺真起子、濵田崇裕(ジャニーズWEST)、三浦祐太朗が出席した。  50歳の“アラフィフヒロイン”をつとめ、キスシーンもあるという本作について鈴木は「とても良い。ステキなホルモンの点滴を受けてる気分」と率直な気持ちを明かす。会社で働く場面ではいじめられるシーンの連続だが「部下は面白くて、素晴らしい俳優さんたち。辛いシーンだけど楽しくやらせてもらっています」と充実感を口にする。  自身の役柄について「土井は広告代理店のクリエイターで、かなり自由に“ファッションを楽しんでいい”ということで、部下から『先輩オシャレですね』と言われ、上司から『お前、どういう格好してるんだ』と言われないギリギリの線を狙っています。自分もまわりも楽しめるようなファッションにしていこうと思っています」と説明。また「初めて、ドラマのためにネイルサロンに行きました」と告白した。  劇中で同じくノンママに扮する菊池と渡辺について、「渡辺さんは頼りになる姉さんという感じ。現場のムードの盛り上げ役で、おかげですぐに打ち解けることができました。桃子ちゃんは、20年……ぶりくらいにお目にかかりました。過去からワープしてきたかのように全く変わらない。見るだけで癒されます」と称賛していた。  50回目の誕生日を迎える初回放送は「たぶん家でパジャマで(本作を)観てます」と語ると「まさか誕生日をそういう風に迎えることになると予想していなかったです。面白い人生だなあ。不思議な縁を感じてありがたい」と微笑み、視聴者に向けて「私たちの女子会に参加する気分でゆったり遊びに来てもらえれば」とPRした。  連続ドラマ『ノンママ白書』は8月13日23時40分スタート。

  • ドラマ『ノンママ白書』土井玲子役の鈴木保奈美

    鈴木保奈美『東京ラブストーリー』から25年、50歳バツイチ・子無しヒロインに!

    エンタメ

     女優の鈴木保奈美が土曜夜の新ドラマ『ノンママ白書』(フジテレビ系)に、バツイチ、“子無し”の独身女性管理職役で主演することが決定した。連ドラ主演は、98年放送のドラマ『ニュースの女』以来、18年ぶりという鈴木は、「主演ということに関して、突き詰めると具合が悪くなりそうなので、あまり考えないようしています(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、鈴木演じる中堅広告代理店に勤める49歳、バツイチ、子無しの主人公・土井玲子が、子どもを産まない選択をした“ノンママ”として、働き、苦悩し、孤独と闘い、そして恋もするアラフィフヒロイン。役柄と同じく、現在49歳であり、今夏に50歳を迎える鈴木は「私自身50歳になるタイミングでお話をいただき、不思議なご縁を感じました」と明かす。「土曜の夜遅く、お風呂上りにパジャマを着て、ビール片手に土井たちと一緒に飲んでいる感覚でチャンネルを合わせてくださったらいいな、と思っています」とアピールした。    共演には、主人公・玲子と同期の大野愛美役に菊池桃子、既婚・ノンママでフリールポライターの葉山佳代子役に渡辺真起子、玲子の部下で新米ワーママ(ワーキングマザー)の野村佳奈役に内山理名、 玲子の同期でバツイチの本城司役として高橋克典が出演。さらに、南沢奈央、ジャニーズWESTの濱田崇裕、三浦祐太朗、坂本充広、増田修一朗、近藤芳正、佐戸井けん太らが出演する。    鈴木のほか、同作出演陣も本作についてコメントを寄せており、「同世代にエールを送れるように頑張ります」(菊池)、「このドラマを通して、自分自身と向き合いなおしてみたりして、やわらかく磨きなおせたら、と思っています」(渡辺)、「働く女性としてとても興味深い内容のドラマですのでいいメッセージを残せるよう頑張りたいと思います」(内山)と、それぞれが持つ女性の目線で意気込みを語った。    ドラマ『ノンママ白書』はフジテビ系にて、8月13日より毎週土曜23時40分より放送スタート。

  • デビュー30周年を迎えた菊池桃子

    菊池桃子、自身の歌声が嫌いだった時も… デビュー30年を振り返る

    エンタメ

     1984年にデビューすると、またたく間にトップアイドルに上り詰めた菊池桃子。今なお、ファンから高い支持を受ける菊池が、今年、デビュー30周年を迎える。自身のヒット曲をセルフカバーした「青春ラブレター~30th Celebration Best~」が4月30日に発売されたばかりだが、記念イヤーとなる今、30年の活動を振り返った。@@cutter 優しく甘く、どこかはかなげなウィスパーボイスが復活する。30周年を記念した本アルバムでは、デビュー曲「青春のいじわる」を含む全11曲を新しく録音。菊池にとっては、実に23年振りの新作アルバムとなる。  「そんなに長く出していないとは思っていなくて、自分でも驚きました」。菊池は今も変わらない可愛らしい笑顔で話すと「節目となる年にアルバムの発売やコンサートが用意されていて、すごくうれしいです」と、今の気持ちを率直に語った。  アルバムには、作詞を鈴木おさむ、作曲をつんくが手がけた書き下ろし曲「青春ラブレター」も収録。実は、この豪華コラボレートは、2人がデビュー当時からの菊池のファンだったことから実現した。菊池自身も、「ファン代表のお2人なので、昔からのファンの方たちを裏切らない曲を作ってくださると思っていました」と絶大な信頼を寄せた。そして、「この曲はデビュー曲『青春のいじわる』のアンサーソングなんです。『青春のいじわる』では、青春時代の思いを歌っているのですが、30年経って、あの頃はどんな思いだったんだろうと振り返っているのがこの曲なんです」と、うれしそうに説明してくれた。  30周年に合わせて、27年振りになるというコンサートも開催。当初は2公演の予定だったがチケットは即完売。追加公演も決まった。「今、コンサートしても、来て下さる方がいるのかなというのがすごく心配だったんです。でも、すぐにチケットが売れたということを聞いて、すごいなと他人事のように驚いて、またうれしく思いました。追加公演も決まったので、張り切ってやりたいなとうれしく思います」。 @@separator デビューから30年という長い間、第一線で活躍し続けた菊池。芸能生活を振り返り、印象的だった出来事を聞いてみると、鈴木雅之とデュエットした「渋谷で5時」に参加したことをあげた。「実は、音楽の世界で自分の声を使うことが嫌になった時期があるんです。もともと声量がないので、伴奏に自分の声が負けちゃって、私、歌わない方がいいのかなって思ってたんです。そんなときに、鈴木さんに誘っていただきました。実は一度、お断りしているんですよ。鈴木さんはたっぷりとした声量を持ってらっしゃる、実力派シンガーで、どう考えても私なんか必要じゃないって思って。それでも、大丈夫だからって何度も誘っていただいて、やってみることにしました。自分の声を褒めてもらえて、必要だって言ってもらえたってことは、私にとって、ターニングポイントだったのかなと思います」。  菊池桃子を作る魅力のひとつだと多くの人が認識しているであろう、彼女の「歌声」が、実は自身ではコンプレックスだったというのだ。「自分の声、好きですかって聞かれたら、皆さん、嫌いだって言いますよね(笑)。私自身ももっと憧れる声ってありましたよ。でも、これが私のオリジナルなので、大切にしたいなと今年は特に思っています」。  最後に、デビューから30年経っても当時と変わらない可愛らしさと若さを保っている菊池に、美の秘訣を聞いてみると、「眠ること」という言葉が返ってきた。「私はたくさん寝ると、寝るだけ元気が出る人なので、家に帰ってからの時間を、いかに効率よくして睡眠時間を確保するかということを心がけています。朝は早く起きてお弁当作っているんですよ。だから、夜は、なるべく早く寝ようと思ってます」。  変わらない可愛らしさ、そしてチャーミングさ。記念イヤーを迎えた菊池桃子の活躍に再度注目だ。(取材・文:嶋田真己)  30周年ベストアルバム「青春ラブレター~30th Celebration Best~」は絶賛発売中。30周年記念ライブ「青春ラブレター」は5月24日、25日に東京・品川ステラボールにて全3公演開催。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access