後藤久美子 関連記事

  • 『男はつらいよ お帰り 寅さん』ティザーポスター

    『男はつらいよ』最新作、東京国際映画祭オープニング作品に

    映画

     故渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が、10月28日から開催される第32回東京国際映画祭のオープニング作品として上映されることが決まった。12月27日の公開より一足先に、同映画祭で世界に向けてお披露目となる。@@cutter 1997年公開の第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来、22年ぶりとなる今作は、車寅次郎(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そして「くるまや」を囲む人々の今が描かれる。  山田洋次監督は「寅さんシリーズの第50作となる『男はつらいよ お帰り 寅さん』が東京国際映画祭オープニング作品に選ばれたことを嬉しく思います。先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんの台詞にあるように『生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ』と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、一人でも多くの観客の“心の希望”となることを切に願います」とコメントしている。  久松猛朗・東京国際映画祭フェスティバル・ディレクターは「この映画のエンドロールを観ながら自然と涙がこぼれました。毎年お盆とお正月にこのシリーズの最新作をどれほどワクワクしながら待ちわびたことでしょう。正に国民的映画シリーズであったと思います。そして、振り返ってみると、日本の女優史でもあったことに気づきました。そのシリーズが山田洋次監督の魔術で新作として蘇りました。この映画を第32回東京国際映画祭のオープニング作品として世界にお披露目できることを心より嬉しく思います」と話している。  映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

  • 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』追加発表された出演陣

    『男はつらいよ お帰り 寅さん』松野太紀&富田望生ら新キャスト発表

    映画

     故・渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり、50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』に、新たに松野太紀、富田望生、倉島颯良、中澤準、田中壮太郎の5名が出演することが発表された。いずれもシリーズ初参加となる。@@cutter 1997年公開の第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』以来となる本作では、寅さんこと車寅次郎(渥美)の甥・満男(吉岡秀隆)と、満男がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)のその後の物語が描かれる。  物語は満男の妻の七回忌の法要から始まる。柴又の帝釈天の参道に昔あった「くるまや」の店舗は新しくカフェに生まれ変わり、その裏手には、昔のままの住居が残っている。満男は長いサラリーマン生活の合間に書いた小説が認められ小説家になっていた。ある日、満男は、自身のサイン会場で、一度は結婚の約束までした初恋の女性、イズミと再会。ヨーロッパで生活している彼女は仕事で来日し、偶然サイン会に参加したのだった。満男はイズミを小さなJAZZ喫茶に連れて行き、20年以上前に奄美大島で会った寅の恋人・リリーと会わせ、みんなで寅さんのことを思い返す。その夜イズミは「くるまや」を訪れることになるのだが…。  松野と田中は近年、山田洋次監督の映画や舞台に出演している山田組の常連。松野はアニメ『金田一少年の事件簿』の金田一一役や、『スポンジボブ』のスポンジボブ役などの声優としても知られ、田中は俳優だけでなく、舞台の演出家として多方面で活躍している。  また、ドラマ『3年A組』(日本テレビ系)で存在感のある演技を見せた富田や、アイドルグループ・さくら学院を卒業し女優として活動をスタートさせた倉島、子役出身の中澤はオーディションを経ての出演となった。  別々の人生を生きてきた満男とイズミの2人を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)など、くるまやを囲む人々が登場する本作で、シリーズ初参加組がどのように登場し、お馴染みのキャストたちと絡んでいくのか注目だ。  映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

  • (左から)桑田佳祐、山田洋次

    桑田佳祐、『男はつらいよ』新作で主題歌担当&オープニング出演決定

    映画

     故・渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズの22年ぶり50作目となる最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』(12月27日公開)で、サザンオールスターズの桑田佳祐が主題歌『男はつらいよ』を歌うほか、オープニングに出演もすることが発表された。@@cutter 本作は、1969年に第1作が公開された山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズの50周年、50作目の節目となる作品。車寅次郎(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)と満男がかつて思いを寄せていたイズミ(後藤久美子)のその後の物語を軸に、さくら(倍賞千恵子)や博(前田吟)、そしてくるまやを囲む人たちの今が描かれる。  山田監督は、テレビ番組で『男はつらいよ』を歌う桑田の映像を目にして「実にうまい!」と感激。桑田のこの歌へ寄せる思いも感じられ、それが脳裏から離れずにいたという。今作の製作にあたり、監督自ら「是非、新しい寅さんの幕開けをあの素晴らしい桑田さんの『男はつらいよ』で始められないか。出来れば出演もしていただき、華を添えてもらえないだろうか」と提案。桑田に手紙で思いを伝えた。  もともと桑田は、かつて自身のテレビレギュラー番組に『音楽寅さん』というタイトルをつけるほど寅さんや山田監督のファン。主題歌の『男はつらいよ』もAct Against AIDSのステージや、映像作品『THE ROOTS ~偉大なる歌謡曲に感謝~』の中でも披露してきている。そんな桑田は熱い山田監督の気持ちを受け取ると即座に承諾し、実現へと至った。  山田監督は「桑田佳祐という人と渥美清さんは、心情において深く重なっているのではないか」との見方を示した上、桑田の歌う『男はつらいよ』について、「人を優しい気持ちにさせ、元気づけてくれる。『まあ、こんな私でもなんとか生きていけるんじゃないかな』、観客の背中をポンと押してくれるような素晴らしい主題歌となり、記念すべき50作目のオープニングを飾るに相応しい名シーンとなりました」と絶賛している。  桑田は「渥美清さん演ずる『寅さん』には、あの方ならではの男の色気で、恋することのもどかしさ、家族や人間同士の絆、生きることの脆さ、儚さ、せつなさ、そして渥美さんご自身の『粋な口上』の数々や、お上手な歌などもたくさん教えて頂き、私も渥美清さん演じる『寅さん』を、どこかファンのひとりとして、真似をしながら生きて来たような気が致します」と明かした上、山田監督について「撮影スタジオでは、主題歌を歌うシーンで、私のおぼつかない『演技』に、暖かく御指導をいただきましたことは、一生の思い出です」と話している。  映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日より全国公開。

  • 22年ぶり、50作目の最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)製作会見にて

    『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)後藤久美子が23年ぶり銀幕復帰

    映画

     故渥美清主演の人気シリーズ『男はつらいよ』の22年ぶり、50作目となる最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)の製作会見が10月31日、東京・世田谷の東宝スタジオにて行われた。製作会見で山田洋次監督は、今作では寅さん(渥美)のおい・満男(吉岡秀隆)とその初恋相手イズミ(後藤久美子)の二十数年ぶりの再会を物語の主軸に据えるという構想を明かした。@@cutter 本作は1969年に劇場公開されたシリーズ第1作から50周年を迎える来年の公開に向け、10月20日にクランクイン。渥美の出演シーンを旧作の映像から抜き出して、主役の寅さんを登場させるというユニークな試みも話題になっている。  山田監督は「満男が思春期から大人へ成長する中で、寅さんというおじさんがいたことでどんなに救われたか分からないし、おじさんの役割や大切さを今にして思う。そういう思い出をスクリーンの中に展開できれば」と語った。また、『男はつらいよ』シリーズは「人間はいかに自由であることが素晴らしいのか、あらゆるものから解放されてのんびり生きることがどんなに大切か」をテーマにしてきたと話し、「今回集大成となる映画にできればと思います」と抱負を示した。  寅さんの妹・さくら役の倍賞千恵子は「またさくらに会えるとは思っていなかったですし、まさかと思いました。ただ、きょう衣裳を着けてセットに入って本当にちょっとホっとしました。これからどうなるのかが楽しみです」と語った。  本作で23年ぶりの銀幕復帰となるイズミ役の後藤久美子は「また山田組に呼んでいただけたのはとても光栄で、うれしい気持ちでいっぱいです。敬愛する大好きな渥美清さんに思いをはせながら、思い出話を咲かせながら、撮影を続けております」と話し、寅さんが最も思いを寄せたマドンナ“リリー”こと浅丘ルリ子は「私はまたリリーさんをやれると思っておりました。ずーっとリリーさんは仕事をしながら寅さんを思いながらずっと一人でいるんだって。2日間撮影をさせていただいて、しばらくぶりに皆さんにお会いできて、とても懐かしいです」と、それぞれの思いを語った。  製作会見には前田吟、吉岡秀隆、夏木マリも出席した。  映画『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)は2019年12月27日より全国公開。

  • 『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP』より

    今夜!後藤久美子、13年ぶりバラエティ出演で娘・エレナと親子共演

    エンタメ

     女優の後藤久美子が、今夜放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP』(フジテレビ系/8月8日21時)で、13年ぶりにバラエティ番組に出演。娘のエレナ アレジ 後藤と“最初で最後の”親子バラエティ共演が実現する。@@cutter 俳優でタレントの梅沢富美男が、楽屋で聞いたうわさ話を直接本人に聞いて確かめるというトークバラエティー『梅沢富美男のズバッと聞きます!』。2時間スペシャルとなる今夜のゲストは、日本での活動を開始したエレナ アレジ 後藤。番組では、彼女の映像ディレクターとしての初仕事に密着。この独占密着ロケには、母である後藤久美子も登場し、今回が最初で最後だというバラエティ番組での親子共演が実現する。  さらに、スタジオではMCの梅沢が、エレナに「父の総資産は400億円って本当?」など、セレブな彼女にまつわるさまざまなうわさ話を本人に質問していく。  また番組には、ドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系/毎週木曜22時)から、主演の山崎賢人と、上野樹里、藤木直人、戸次重幸が登場。梅沢に代わって、平成ノブシコブシの吉村崇が撮影現場に出張し、山崎の恋愛観や、上野の結婚生活に切り込んでいく。  ほかにも、現在は台湾で“とある仕事”で大成功を収めている、ディーン・フジオカの妹で元アイドルの藤岡麻美や、ブライダルデザイナーの桂由美、突然の休養を宣言したピーターらが登場し、トークを展開する。  『梅沢富美男のズバッと聞きます!SP』はフジテレビ系にて今夜8月8日21時放送。

  • 後藤久美子が自身のプライーベトを語る。

    後藤久美子、夫・子育て・美の秘訣を語る! 一番大切なものは「家族」

    エンタメ

     女優でモデル、そして3児の母でもある後藤久美子。元F1レーサーのジャン・アレジを夫に持ち、いつまでも美しく、そして海外での生活を続けている彼女に憧れる女性は多いのではないだろうか。そんな彼女が、家族について、そして美の秘訣を語った。@@cutter 現在は、スイスに住み、CMやモデルとしての仕事を中心に活動している後藤の美貌は健在だ。「水分は多くとりますね。たぶん1日4リットルくらいは飲んでいると思う。それ以外にもお茶とかハーブティーとかも飲んでいる」。後藤は美しさ、そして元気の秘訣を話してくれた。  さらに、一番大切なものを聞かれた後藤は、「家族ですね。私が欲しくてつくったものだから、責任をもってみないと」ときっぱり。  子育ても、「あまり心配しないでエンジョイした方がいいと思っています。たとえば反抗期も、その年その年でなければいけないんですよ。年齢にあった反抗をしないできた子たちって、遅咲きの狂い咲きする場合もあるから、それはそれは大変なことになる。といっても反抗期をそのままにしておくのもよくないですね。時々喝を入れて止めておかないと、どんどんリミットなしに反抗されるとちょっとそれは大変かな」と語っており、後藤らしいどっしりと構えた姿勢がうかがえた。  今なお輝き続ける後藤。そんな後藤がCMキャラクターを務める資生堂「ザ・コラーゲン 女っぷり、ぷりっぷり。」キャンペーンが10月1日よりスタート。キャンペーンでは、後藤のように“女っぷり”に磨きをかけたい女性を応援するため、南フランス・ニースの旅や後藤夫妻がオーナーであるワイナリーで製造した特製赤ワインなどが当たる。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access