森永悠希 関連記事

  • 『小さな恋のうた』記者会見より

    『小さな恋のうた』主演に佐野勇斗 共演に森永悠希&山田杏奈ら

    映画

     映画『小さな恋のうた』の完成披露会見と舞台挨拶が13日に行われ、主演を俳優の佐野勇斗が務めることが発表された。@@cutter MONGOL800の同名の楽曲を題材とする本作は。フェンスを隔てて一つの土地に日本とアメリカが存在する沖縄の小さな町を舞台に、プロデビューが決まった高校生バンドが、米軍基地内に暮らす孤独な少女のために『小さな恋のうた』を届けようとする様を描く。メガホンをとったのは、『雪の華』の橋本光二郎監督。  主人公の真栄城亮多役を、『ちはやふる‐結び‐』『3D彼女 リアルガール』『凜‐りん‐』などに出演し、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野が演じる。亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎には、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でドラムを習得した森永悠希。唯一の女性バンドメンバー・譜久村舞を演じるのはロッテ・ガーナミルクチョコレートのCMに出演中の山田杏奈。舞の兄にして亮多の親友である譜久村慎司には、本作が役者デビューとなる眞栄田郷敦。同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝に、MEN’S NON‐NOモデルであり、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に生徒役で出演した鈴木仁が扮する。注目の若手俳優陣が集結し、本編中では「小さな恋のうた」はもちろん、「DON’T WORRY BE HAPPY」「あなたに」など、MONGOL800の名曲を半年以上ものトレーニングを経て披露している。  完成披露会見で、佐野は「半年前から作品に向けて準備したことはないし、本編で実際に楽器を弾いて歌うのも初挑戦。練習期間があったからこそ、バンド感が映画にも出た。実のある濃い時間でした」と手応え十分な様子。楽器経験はリコーダー程度だったといい、「ベースを弾いて歌うのが僕の中での課題であり壁だった。でも大好きなMONGOL800さんの歌をうたうので失礼のないよう、死に物狂いでやろうと思った」と意気込みを明かした。  橋本監督は「演じる彼らが楽器を覚えなければいけないという苦労もあったけれど、その準備期間があったからこそ、自然と築かれた関係性があった。バンドの成長を見守れたのは嬉しいことだし、まるで自分の子供を見守るような感があった」と思い入れを明かした。  舞台挨拶では、「完成した作品をはじめて観たときは、内容もキャストも芝居も凄くて感動した。学校の屋上で歌うシーンは演じていても、観ていても気持ち良くて感情移入できた」と見どころをアピールした佐野。「大自信作です!」と公開に向けて胸を張っていた。  完成披露会見と舞台挨拶にはほかに、出演が発表されたトミコクレア、世良公則も出席した。  映画『小さな恋のうた』は5月24日より全国公開。

  • 『トクサツガガガ』第2回場面写真

    今夜『トクサツガガガ』、小芝風花は“オタバレ”の危機に!

    エンタメ

     女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『トクサツガガガ』(NHK総合/毎週金曜22時)の第2回が今夜放送。今回は、 叶(小芝)が母親の訪問を受けるほか、“オタバレ”の危機に陥ってしまう。@@cutter 丹羽庭による同名コミックをドラマ化する本作は、特撮をこよなく愛するオタク、通称“特オタ”でありながらも、それを周りにひた隠しにして暮らしているOL・仲村叶(小芝)の日常を、コミカルに描いていく。  第2回では、叶の母(松下由樹)が突然会いに来る。特オタであることを隠している叶は、母親から結婚について聞かれたり、ショッピングに付き合わされたりして、振り回されることに…。気を取り直した叶は、休日にヒーローショーに出かけると、探していた年上の女性(倉科カナ)と再会。  特撮オタクという共通点から意気投合する二人。するとそこに、会社の同僚のチャラ彦(森永悠希)が現れ、叶はオタバレの危機に陥ってしまう…。  ドラマ10『トクサツガガガ』第2回は、NHK総合にて今夜1月25日22時放送。

  • 『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』出演キャスト

    真木よう子主演『よつば銀行』、塚本高史&柳葉敏郎ら共演キャスト解禁

    エンタメ

     女優の真木よう子が銀行員に扮する1月クールのドラマBiz『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に、塚本高史、寺脇康文、古谷一行、柳葉敏郎ら、豪華キャストが出演することが決定した。@@cutter 本作は、周良貨・夢野一子のコミック『この女に賭けろ』を原作に、どんな相手にも臆せず正論を吐き、お客様第一の銀行員として、管理職として、真木演じる原島浩美が、真っ当に仕事を進めていく姿を痛快に描くストーリー。浩美と同じよつば銀行台東支店営業課に勤める銀行員・加東亜希彦役を関ジャニ∞の丸山隆平が務める。  今回、テレビ東京連続ドラマ初出演となる塚本が演じるのは、浩美や加東と同じ営業課勤務の矢野修。加東を慕っているがゆえに浩美を疎ましく思う役どころだ。塚本は、「僕の演じる矢野は、出てくる人物の中で1番僕にあっていると思う。最初は浩美を認めていなかったりするけど、すごさを目の当たりにして矢野自身にも変化があって。。。楽しみですね」とコメント。そして、「テレ東の連ドラ初めてという印象がないですが、初なんですね(笑)初めて! だからではなくいつも通りに頑張ります」と意気込む。  寺脇は、業績不振の台東支店を立て直すために奮闘している支店長の山田太平に扮する。「演じる山田には“牙を抜かれた男”というイメージを持っています。牙を抜かれているとはいえ『できる男』であると思っています。そんな山田がいつ牙を取り戻すかご期待ください!」とアピールした。  ほかに、台東支店で人事を任されており支店長のコバンザメ、副支店長の奈良敬三役に三宅弘城、よつば銀行の頭取・最高権力者の鳩山英雄役に古谷一行、副頭取で頭取の座を狙う島津雅彦役に柳葉敏郎が決定。さらに、片桐はいり、林泰文、矢島健一、木下ほうか、森永悠希が共演する。  ドラマBiz『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』は、テレビ東京系にて、2019年1月21日より毎週月曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 『青の帰り道』初日舞台挨拶に登壇した真野恵里菜

    真野恵里菜、紆余曲折の主演映画公開に涙「ようやくこの日を迎えられた」

    映画

     女優の真野恵里菜が7日、都内で行われた映画『青の帰り道』初日舞台挨拶に出席。キャストの交代や撮影中断などを経てようやく公開にたどり着いた本作に「スタッフさんやキャストの各事務所さんの協力でようやくこの日が迎えられました」と涙を流しながら喜びを口にした。当日は、真野のほか森永悠希、秋月三佳、戸塚純貴、冨田佳輔、藤井道人監督も出席した。@@cutter 本作は、東京近郊に住む7人の若者たちが、試行錯誤しながら自分たちの人生に向き合っていく姿を描いた青春群像劇。前述したように、ようやく公開日を迎えられたことに感無量な表情を浮かべた真野は、急きょキャストに加わった戸塚に対しても「相当なプレッシャーがあったと思いますが、そんなことも感じさせないぐらいしっかり着いてきてくれた」と主演として労をねぎらった。  さらに仕事の関係で出席できずビデオメッセージを届けた横浜流星と清水くるみを含めた共演者にも感謝の意を述べ、「作品から離れてそれぞれが違う場所に行ったのですが、また集まったときしっかりみんなで力を発揮できた。私もやり切った感があります」とあらためてこの作品に全てを捧げられたことを強調した。  そんな真野の姿に藤井監督も「みんなが主演の真野さんにしっかりとついていってくれていました。俳優部の人たちが互いに尊敬し合っている、とても敬意に満ちあふれた現場でした。だからこそ、僕らも俳優たちと意見を言い合えた」と称賛を送った。  最後まで目を潤ませていた真野は、客席に向かって「この映画を選んでくださって本当にうれしいです。観終わったあと、引っかかったり、納得いかない部分もあるかもしれません。でもきっと何かを感じる作品になっています」とアピールしつつも「作品が(自分たちの手から)離れるのは寂しい」とまたもや涙。それでも「人生には可能性があります。いつからでもやれることがある」と作品に込めた思いを語っていた。  映画『青の帰り道』は公開中。

  • 『青の帰り道』完成披露上映会に登壇した真野恵里菜

    真野恵里菜、思わず号泣! 紆余曲折あった主演映画完成披露で

    映画

     女優の真野恵里菜と俳優の横浜流星が13日、都内で行われた映画『青の帰り道』の完成披露上映会に清水くるみ、秋月三佳、冨田佳輔、藤井道人監督と参加した。@@cutter 高校時代の仲良し男女7人が、夢と現実の狭間で揺れながらも未来に向かって歩いていく姿を描く本作。2016年8月に撮影中の群馬県で、出演予定だった高畑裕太氏が起こした騒動によって撮影中止を余儀なくされたものの、再びキャスト・スタッフが集結し、完成させた経緯がある。  藤井監督は「この映画は紆余曲折あって2016年8月14日から撮り始めて2017年8月13日に撮り終わりました。長い長い旅を、真野さん含めたくさんのスタッフ・キャスト欠けることなく駆け抜けた1年でした」と回想し「そこからもう1年編集に時間をかけて…こうやって皆さんに観ていただけるのは感無量」と作品完成に並々ならぬ思い。  その言葉を聞いた真野は「公開初日を迎えていないので、まだ油断はできないけれど…なんですかね」と感極まって思わず号泣。それに横浜は「みなさんの前に立つといろいろな感情が出てくるよね」と真野の心境をおもんぱかり、清水も「監督が私たちの思いを話してくれた」としみじみと口にしていた。  また映画の内容にかけて「自分が自分でいられる場所」を聞かれた真野は「実家に帰ったときに地元の駅を降りた瞬間、今まで感じなかった地元の匂いを感じて、帰ってきたなぁとすごく感じた。有名なものも目立ったものもない普通の田舎だけれど、その空気感が東京と違ってホッとするなぁと最近感じた」と故郷の存在が愛おしそう。  同じ問いに横浜は「自分の部屋」といい「誰にも気を遣わず自分の好きなことを好きな時間にできるから。自分は悩みとかを人に相談しないタイプだから、自分の部屋にいるときの自分を見つめ直す時間や向き合う時間を大切にしています。だから家にいる時間も多くなる」とインドア派の理由を打ち明けていた。  映画『青の帰り道』は、12月7日より全国順次公開。

  • 映画『青の帰り道』場面写真

    真野恵里菜、横浜流星ら出演『青の帰り道』場面写真一挙公開

    映画

     女優の真野恵里菜、俳優の横浜流星らが出演する映画『青の帰り道』より、主要キャストの場面写真が一挙到着した。@@cutter 本作は、7人の若者達が群馬県前橋市と東京を舞台に繰り広げる苦悩と成長を描いた青春物語。それぞれの人生が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいく様を瑞々しく映し出す。  真野が演じるのは、歌手を夢見て地元を離れ上京するカナ。家族とうまくいかず、実家を出て東京で暮らすことを決めたキリに清水くるみ、漠然とデカいことをやるとイキがるリョウに、横浜が扮する。カナとの音楽活動を夢見ながらも、受験に失敗し地元で浪人暮らしが決定したタツオを森永悠希、子供が出来て結婚を決めたコウタとマリコをそれぞれ戸塚純貴と秋月三佳が演じる。さらに、現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキを冨田佳輔が担当する。  公開された7人の場面写真は、楽しそうな表情や寂しげな顔、日常での一コマなど、彼らの様々な状況が映し出されたもの。誰もが通過する青春時代の一幕と、大人への道程が切り取られたショットとなっている。  映画『青の帰り道』は12月7日より全国順次公開。

  • 『星屑リベンジャーズ』に主演する新川優愛

    新川優愛、『星屑リベンジャーズ』主演 生駒里奈&佐野ひなこ共演

    エンタメ

     女優でモデルの新川優愛が、AbemaTVとメ~テレの共同制作ドラマ『星屑リベンジャーズ』(AbemaTV/毎週月曜23時)で、5人組男性アイドルグループをプロデュースする芸能事務所社長を演じることが決定した。@@cutter 本作は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、全財産を失ってしまった楠木春(新川)が、アイドルグループをプロデュースする芸能事務所・クリークプロモーションの社長となり、芸能界をのし上がっていく姿を描くサクセスストーリー。  新川は、インスタグラマーとして贅沢な生活を謳歌していたが、知り合いの社長に「芸能事務所を経営してみないか?」という美味い話に乗せられ、全財産を失ってしまう楠木春を演じる。春がプロデュースする男性アイドル5人組に、森永悠希、塩野瑛久、花沢将人、内藤秀一郎、本田響矢が扮する。  新川は、「強くて芯のある女性が、芸能界という大きな世界に挑む物語と聞き、実際に自分のいるこの世界だからこその身近でリアルなストーリーにワクワクしています」と意気込みを見せ、「芸能界だけではなく、色々な世界の『理不尽』や『おかしなこと』に強く立ち向かえたり、見ていただいた皆さんの背中を押せるような作品にできたらと思います」とアピールしている。  また、同事務所社員で、春と共にプロデュースに携わる間野あかりに生駒里奈、春の後輩・黒田紗英に佐野ひなこが扮する。  生駒は、「いつも私を支えて下さっている方々を思い、そしてあかりちゃんという可愛らしい名前にもかかわらず性格は難ありな役どころもしっかり演じていきたいと思います。まだまだ私はチャレンジャーです。共演者の方々のお力をお借りしつつ、頑張って味を出して行きたいと思ってます」とコメント。  佐野は自身の役を「いわゆるモグラ女子なのですが…なんと悪女!?ということで、楽しんで悪い女を演じられたらと思います」と語っている。  共演キャストには、光石研、清水尚弥、淵上泰史、松田るか、湯川玲菜らが顔をそろえる。第1話、第2話にはファンキー加藤がゲスト出演することも発表された。  ドラマ『星屑リベンジャーズ』は、AbemaTVにて7月23日より毎週月曜23時放送。

  • 白石麻衣をおんぶする山田孝之が「うらやましい」

    白石麻衣をおんぶする山田孝之が「うらやましい」『やれたかも委員会』

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、俳優の佐藤二朗、山田孝之が出演するドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第4話が放送され、白石をおんぶする山田の姿に「羨(うらや)ましい」と反響があった。また、山田の白石のおんぶの仕方について、「まいやんの足持ってない」「紳士的」との声が寄せられた。@@cutter 第4話は都内の不動産屋で働く長谷部(森永悠希)の“やれたかもエピソード”を委員会メンバー(佐藤、白石、山田)が検証。長谷部はある日、ネット掲示板で知り合ったミニスカ姿が可愛いヒロミ(武田玲奈)と飲みに行き、意気投合する。二人は朝までカラオケで過ごし、酔ったヒロミを長谷部がおんぶして歩くことに。すると突然ヒロミが「お米買わなきゃ」とコンビニを指差した…。  委員会ではおんぶと、ヒロミの「お米買わなきゃ」発言の検証へ。白石演じる月綾子を佐藤扮する能島譲とオアシス役の山田がおんぶすることに。これには視聴者から「二朗さん、山田くんおんぶ羨ましい」「まいやんをおんぶするとか羨ましすぎるな まぁこの二人なら許せるからすごい」「前世にどんな徳を積めば白石麻衣さんをおんぶできるのだろうか…」などの声が殺到した。  特に山田のおんぶについて「ちゃんとまいやんの足持ってない」「山田さん、おんぶの持ち方がすんばらしいわ」「山田孝之の紳士的なおんぶ」といった反響が巻き起こった。  また第4話になって、まだ一度も“やれた”の札をあげない綾子に対して「まいやんはなかなか『やれた』あげないね(笑)」「まいやんはいつも『やれたとは言えない』」「やれた判定する日はくるのか?」などの意見も寄せられていた。

  • 『ちはやふる -結び-』初日舞台挨拶の様子

    広瀬すず、『ちはやふる』演じた3年間に感謝「私にとって宝物」

    映画

     女優の広瀬すずが17日、主演映画『ちはやふる-結び-』の初日舞台挨拶に登壇し、共演の野村周平、新田真剣佑らとトークを展開。本シリーズを「私にとって宝物のような作品」だと語り、主人公・綾瀬千早を演じた3年間を振り返って感謝を述べた。@@cutter 同作は、累計2200万部を超える同名コミックを原作とする青春映画。かるたに青春をかける千早と仲間たちの活躍を描く。2016年に映画化された[上の句][下の句]は、200万人を超える観客動員数を突破した。  本イベントには広瀬や野村、新田のほか、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、松岡茉優、賀来賢人、小泉徳宏監督が出席。シリーズ完結編である本作にちなんで“ちはやふる卒業式”が実施され、監督から各キャストに卒業証書が授与された。  “無駄美人”と言われ、恋愛に鈍感な千早を熱演した広瀬は「私にとっては初主演の映画。私にとって宝物のような作品」と笑顔に。MCから卒業したくないことを問われると「10代。あと三ヶ月で20歳になる」と答え、松岡に20歳になってやりたいことを尋ねられて「何もしなくていいかも。このままがいいなと思う」と未練を見せた。  千早の幼なじみ・真島太一を演じた野村は「皆で作ったきた作品ですし、このメンバーと監督・スタッフの方たちと卒業しちゃうのが悲しい。この『ちはやふる』という作品を卒業したくないですね」と心境を吐露。卒業証書を受け取る際に、小泉監督から「芝居は上手くない」と連呼されると「あんまり『芝居上手くない』って言わないでください…」とツッコミを入れる一幕も。それでも監督から、[結び] の時の演技は「心に響いた。自分の撮影現場で泣くことはないと思っていたが、ちょっとやられたね」と称えられ、二人で抱き合った。  3年間主演として奮闘した広瀬は、フォトセッション後にキャストを代表して最後の挨拶。「寂しいを通り越して、ある意味スゴく気持ちいい。この作品に出会えたことで、なんとなく始めたお仕事が、“やりたいこと見つかったかな”と思えた。それがこの3年間だった。役を通り越して、ここにいる皆様と本当の仲間になれたことが何よりの支えになっている」と感謝を述べ、本作について「この3年間の私たちの全てをかけたつもり。一人でも多くの方に届いてほしい」とメッセージを送った。  映画『ちはやふる -結び-』は、全国公開中。

  • 広瀬すず、『ちはやふる‐結び‐』完成披露試写会舞台挨拶に登壇

    広瀬すず、『ちはやふる』完結編に手応え十分! 壇上での恋愛即興劇に照れ笑い

    映画

     女優の広瀬すずが20日、主演映画『ちはやふる ‐結び‐』の完成披露試写会舞台挨拶に登壇。共演する野村周平や新田真剣佑の2人に、劇中さながらの恋愛劇を即興で展開されて照れ笑いをこぼしながら、「(本作には)私たちにしか生まれなかったものが絶対ある」と本作への手応えを口にした。@@cutter 本作は、累計2100万部を超える同名少女コミックを原作とする青春映画。かるたを愛する綾瀬千早とその仲間たちの青春模様を描く。  20日の舞台挨拶には広瀬や野村、新田の他、松岡茉優、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野勇斗、清原果耶、賀来賢人、小泉徳宏監督が出席した。  今回の新作は、2016年に公開された2部作『‐上の句‐』『‐下の句‐』の約2年後を描く続編にして完結編。主人公の千早を演じる広瀬は「(本作には)私たちにしか生まれなかったものが絶対あると思っている。それを一番大切に、3年間全部を私たちが懸けたつもりで、この『ちはやふる』という映画ができた。ぜひ瑞沢(かるた部)の思いや(千早の)新たな思い、他の登場人物の思いを受け取ってほしい。自信を持って皆さんにお届けできる映画になった」とアピールした。  また、千早のように、何かに向かって一途に夢中になっている女の子を振り向かせるためにどんな行動をとるかという質問が出されると、綿谷新役の新田は「何かに向かって頑張っているなら、それが達成されるまで応援してあげたい。終わらないと集中できないと思うので…待つよ」と答え、黄色い歓声を浴びた。  真島太一を演じる野村は「今すぐにでも振り向いてほしいから…」と言いながら、隣の真剣佑と話している広瀬の肩をつかみ、無理やり自らのほうへ振り向かせて「他の男と喋ってんじゃねーよ!」とオラオラキャラを展開。女性ファンの悲鳴を受けながら「一緒に頑張って、同意を求めます」と答えた。  2人の回答を聞いた広瀬は「待ってほしい」と真剣佑のやり方が好みだと発言。それを聞いた野村は「なんだよ、イケメン好きか?」とふてくされながら広瀬に近づき、遊びに誘う即興劇をスタート。すると真剣佑が野村から広瀬を強引に引き寄せ、「千早は僕が守る」と真剣な眼差しに。すかさず野村が「なんでオレ、悪者みたいになってんねん!オレも一応、3人の主役の一人やぞ!」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘っていた。  映画『ちはやふる ‐結び‐』は、3月17日より全国公開。

  • ドラマ『セトウツミ』高杉真宙、葉山奨之 劇中ビジュアル

    ドラマ『セトウツミ』ビジュアル解禁&オープニング&エンディング曲も決定

    エンタメ

     高杉真宙、葉山奨之がダブル主演するドラマ『セトウツミ』(テレビ東京/10月13日より毎週金曜24時52分)から、高杉と葉山をはじめとするメインキャストのビジュアルが解禁された。また、映画版では登場しなかったキャラクター役で森永悠希と片山友希の出演も発表。さらにオープニングテーマ曲としてロックバンドSUPER BEAVERの新曲『虹』が、エンディングテーマ曲としてmiwaの『We are the light』が決定した。@@cutter 本作は「別冊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の此元和津也による同名コミックを原作とした青春コメディ。2人の高校生がただ“しゃべるだけ”の内容にもかかわらず人気を呼び、昨年には池松壮亮、菅田将暉を主演とした映画版が公開された。今回のドラマ化では映画版からキャストを一新、さらに映画には登場しなかった多彩なキャラクターが加わり、新しいエピソードも交えて展開する。  寡黙でクールで博識な内海想役を高杉、社交的でお調子者の瀬戸小吉役を葉山が担当。瀬戸と内海の同級生で、学園のマドンナ的存在である樫村一期役で清原果耶が出演する。また、森永は瀬戸と内海の同級生で、2人の対決の審判を務める名前も髪型も“左右対称”な田中真二役を、片山は瀬戸に告白してきた高校一年生・ハツ美役を演じる。  森永は「刺身のつまの様な、『ないとちょっと寂しい』、田中真二がそんな存在になるように頑張りたいと思います」と今回の出演への想いをコメント。片山も「どこか憎めないキャラ、ハツ美ちゃんを全力で演じたいと思います。視聴者の方にもなんだこいつ! と、思って笑ってもらったらいいなと思います」と役柄にかける意気込みを明かした。  オープニングテーマ曲に採用されたSUPER BEAVERの『虹』は、ギター担当の柳沢亮太が、原作コミックを読んだ上で書き下ろした楽曲。「虹」という一般的にポジティブな印象を受けるキーワードを象徴に、“あなたはあなたの感覚でいい”というメッセージが綴られ、一人一人の心を肯定するような、ソリッドでありながら優しさを感じられる楽曲となっている。  またエンディングテーマ曲に決定したmiwaの『We are the light』に関して、miwaは「主人公の二人のゆるい掛け合いがとても面白くて、何気ない放課後の時間なんだけど、実はお互いがお互いを必要としているなぁと思いました。今回書いた『We are the light』は、“誰もが誰かの光”という想いを込めて作ったので、そんな二人を照らせる曲になれたら嬉しいです。ドラマがとても楽しみです」とコメントしている。  ドラマ『セトウツミ』はテレビ東京にて、10月13日より毎週金曜24時52分放送。

  • 広瀬すず、『ちはやふる』続編の撮影充実 大好きな上白石萌音と2ショット

    広瀬すず、『ちはやふる』続編の撮影充実 大好きな上白石萌音と2ショット

    エンタメ

     女優の広瀬すずが13日に、自身のブログを更新。現在撮影中の映画『ちはやふる ‐結び‐』にて、共演の上白石萌音とのツーショットを掲載し、充実した撮影の様子を綴っている。@@cutter 『ちはやふる ‐結び‐』は、『‐上の句‐』『‐下の句‐』2作となった前作から2年が過ぎ、主人公・千早たちが高校3年生となり、高校生最後の競技かるた全国大会に熱い情熱を傾ける姿を描く。前作に引き続き広瀬が主人公・千早を演じ、真剣佑、野村周平ら演じる主要キャラクターも再集結。千早のチームメイト大江奏役を務める上白石も出演する。  広瀬はこの日のブログで「千早ダイエット出来そうなくらいほんと、エネルギー使いすぎて毎日へとへとです」「胸がきゅうううって締め付けられるくらい嬉しくって、このひとたちのために頑張ろうって思える、そんな存在です」と、充実した撮影を送っている様子。  また、この日はジャージ姿の上白石とのツーショットも披露し「あの人たちがいると、もう、ずーっとわいわいなのですこし落ち着いてゆっくり話せるの」と、“女子チーム”の撮影では多少リラックスしたひと時を過ごせるようで、さらに「唯一女子チームにほんと違和感なく入ってこれるのはこのひとだけ」と森永悠希とのスリーショットも掲載した。  同ブログには「撮影など体調気をつけて大好きなメンバーと頑張ってくださいね」「撮影はメッチャ楽しそうですね!!愛情が漏れまくりな世界で生きられるなんて最高じゃないですか!」「すずちゃんも皆さんも、また素敵な世界を魅せてくださいね」と広瀬らにエールを送り、映画を期待する声が多く寄せられている。 引用:http://ameblo.jp/suzu-hirose/

  • 『べっぴんさん』スピンオフ放送決定! 『忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~』

    『べっぴんさん』スピンオフ放送決定! 本編では描かれないエピソードで紡ぐ

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のスピンオフ番組『忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~』が5月6日にBSプレミアムで放送されることが決定。劇中では、本編では語られなかったアナザーストーリーが明かされるという。@@cutter 『べっぴんさん』は、戦後を舞台に、娘のために、女性のために、子ども服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロイン・坂東すみれ(芳根京子)の姿を描く作品。最終回の放送は4月1日を予定しており、先月28日にはクランクアップを迎えていた。  そのスピンオフとして製作された本作は、第15週~第20週で若者たちの青春物語の舞台となったジャズ喫茶「ヨーソロー」で繰り広げられる、本編では語られなかったアナザーストーリーをオムニバス形式で描くもの。ラブストーリー・コメディー・感動ドラマなど、バラエティーに富んだ5つの物語が、すみれによって語られるという。  キャストには、芳根のほかに、谷村美月、百田夏菜子、土村芳、田中要次、山村紅葉、三倉茉奈、松下優也、古川雄輝、森永悠希、久保田紗友、宮田圭子らお馴染みの面々が名を連ねている。  『忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~』は、5月6日19時から19時59分まで、BSプレミアムで放送。

  • 『べっぴんさん』第20週「旅立ちのとき」

    朝ドラ『べっぴんさん』、高校3年生になったさくらは東京の美術大学を目指す

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、父・五十八(生瀬勝久)が倒れたという連絡が入り、すみれ(芳根京子)たちは急いで近江の実家へ。五十八は、親族に思いを伝える。五十八の思いを知ったさくら(井頭愛海)は、自分のやりたいことをみつけるため、キアリスでアルバイトを始める。そして、すみれの仕事に対する姿勢や、商品に込めた深い思いを知り、さくらは変わり始める。一方、潔(高良健吾)は、かつて闇市で苦楽をともにした「エイス」の栄輔(松下優也)から業務提携の話を持ちかけられるが、目指す方向性の違いからこれを断る。ドラム奏者としてプロを目指していた二郎(林遣都)は東京のスカウトから誘いを受けていたが、恋人の五月(久保田紗友)が妊娠していることを聞かされる。キアリスで働くことになった五月は一人で子どもを産み育てようと心を固めていたが、二郎は五月と家族となることを決める。年が明け、五月は元気な男の子を出産。そこに近江の坂東家から「五十八が息を引き取った」知らせが届く。@@cutter 昭和37年6月。さくらと、君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)は高校3年生に。それぞれ東京の美術大学と京都大学を目指して勉強に励んでいた。もう一人の幼なじみ・龍一(森永悠希)は、一足先に大学生となり、学生運動に参加しながら自分の将来を模索していた。  一方、すみれとさくらは、五十八に長年仕えてきた忠一郎(曽我廼家文童)と女中の喜代(宮田圭子)が、「二人で旅に出よう」と話しこむのを耳にする。  NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

  • 広瀬すず主演『ちはやふる』の後編<下の句>のブルーレイ&DVDが発売

    上白石萌音、広瀬すずのかわいさに「永久保存版!」『ちはやふる』後編の特典映像公開

    映画

     累計発行部数1700万部を突破した末次由紀による人気コミックを広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる』。前編<上の句>、後編<下の句>の2部作で公開され、合わせて30 億円に迫る大ヒットとなった。既に続編の製作も決定している本作の<下の句>ブルーレイ&DVDが19日から発売となり、セル豪華版に収録されている特典映像の一部が公開された。@@cutter 本作は、ダイナミックな“競技かるた”の魅力と、等身大の高校生たちの熱い青春群像劇を描いた作品。広瀬すず、野村周平、上白石萌音、真剣佑ら旬な若手俳優が起用されたことでも大きな話題を呼んだ。  今回、公開された映像は『ちはやふる‐下の句‐』豪華版ブルーレイ&DVDに収録されている特典映像の一部。広瀬、野村、上白石、矢本悠馬、森永悠希によるシーンセレクトコメンタリー“瑞沢高校競技かるた部編”や、真剣佑と小泉徳宏監督によるシーンセレクトコメンタリー“新編”、上白石による競技かるた解説、大阪で行われたイベントの様子や未公開シーンなど、貴重な映像が収められている。  メイキング映像や本編を見ながらトークを繰り広げるシーンセレクトコメンタリーでは、広瀬のメイキング映像を見て一同が「かわいい!」と声を揃え、上白石が「永久保存版!」と絶賛するなど、和気あいあいとした雰囲気が感じられる。さらに、真剣佑は、「ただとにかく、この作品に関われたことが幸せすぎる」としみじみと語るなど、ここでしか見られない、キャストたちの姿が映し出されている。  豪華版には、このほかにも蔵出しカット満載のブックレット“DIARY OF CHIHAYAFURU”下の句編も封入されており、こちらも見逃せない。  『ちはやふる‐下の句‐』豪華版ブルーレイ&DVDセット(価格5800円・税抜)、通常版ブルーレイ&DVDセット(価格3500円・税抜)は発売中。また、前編となる『ちはやふる‐上の句‐』のブルーレイ&DVDも好評発売中。

  • ドラマ「往復書簡~十五年後の補習」松下奈緒、市原隼人

    松下奈緒、市原隼人共演 湊かなえ短編集『往復書簡』ドラマ化決定!

    エンタメ

     ベストセラー作家・湊かなえの原作小説「往復書簡」所収の『十五年後の補習』を、松下奈緒主演でTBS系列でドラマ化されることが決定した。共演に市原隼人、鹿賀丈史らが名を連ね、本格心理サスペンスを繰り広げる。@@cutter 本作は15年前に発生した放火殺人事件で記憶を失った一人の女性が、辺境の国へ赴任中の恋人との間で交わされるエアメールを中心に、事件の真相が紐解かれる心理サスペンス。原作は「イヤミスの女王」の名で知られる人気ミステリー作家・湊かなえの短編集所収の一編。湊原作のドラマ化は、TBSのドラマでは、『夜行観覧車』(13)、『Nのために』(14)に続いてとなる。  松下が演じるのは、中学生の頃に同級生間で起きたある事件に巻き込まれ、ショックで事件前後の記憶を失った主人公・岡野万里子。子どもの頃から正義感が強く、一本気な性格の持ち主。事件から15年が経ったある日、昔の事件と関連した新たな殺人事件が起こり、失ったはずの記憶が断片的に蘇っていく。  そして松下演じる万里子の恋人・永田純一役を、市原隼人が務める。さらに、15年前の事件と現在の事件を共に担当する刑事・亀山隆三を鹿賀丈史が演じる。亀山は原作には登場しない、ドラマオリジナルのキャラクターであり、事件解決の糸口を探るため、万里子から封印された15年前の記憶を引き出そうとする。その他、朝倉あき、森永悠希らをはじめ鈴之助、大沢逸美、長野里美、多岐川裕美ら、実力派の俳優たちが脇を固める。  松下は本作について「サスペンスでもあり、ラブストーリーでもあると私は思いましたので、万里子と純一の心の動きを丁寧に演じたいと思いました」とコメント。また、「万里子が、純一さんとの手紙のやりとりや当時の話を聞いて真実を紐解いていく中で、知らなかったことを知っていく衝撃や驚きを大切に演じました」と、芝居するうえで心掛けた思いを明かしている。  『ドラマ特別企画 往復書簡~十五年後の補習』は9月30日にTBS系列にて20時57分~22時54分放送。

  • 『ちはやふる』キャストでPerfumeライブへ!

    広瀬すず、野村周平ら『ちはやふる』メンバーでPerfumeライブへ 

    エンタメ

     広瀬すずが、公開中の映画『ちはやふる』メンバーで勢揃いした写真を自身のブログで披露した。この日は本作の主題歌「FLASH」を歌うPerfumeのライブを皆で見に行ったとのことで、広瀬は「とにかく更にPerfumeさんが好きになって。1曲目がFLASHだったの。それもまたテンションMAXだよね」と興奮冷めやらない様子を綴っている。@@cutter 映画『ちはやふる』は、1200万部突破の大人気コミックスの映画化。競技かるたを題材にして、少女漫画ながらも熱いバトルや青春群像劇が描かれる。この日、広瀬が公開した写真にはキャストの野村周平、真剣佑、上白石萌音、森永悠希の姿が。広瀬は「だいすきなみんなと行けたのがまた何より楽しかった」とライブを心から楽しんだようだ。  ファンからは「あらっ、新生Perfumeですか!またみんなで会えてよかったですねー」「今日絶対いると思ってました!会いたかったな~」「おー!いい写真ありがとう」「このメンバー大好きです」「大好きな俳優さんが大好きなアーティストさんのライブに行ったって、感激すぎる」など数多くの反響が寄せられた。

  • 『オレンジデイズ』へのオマージュ『お迎えデイズ』ビジュアル!?

    福士蒼汰、土屋太鳳が笑顔! 『お迎え“デイズ”』懐かしドラマへオマージュ

    エンタメ

     放送中のドラマ『お迎えデス。』(日本テレビ系)の公式ツイッターが27日、「青春群像ドラマ『お迎えデイズ』…あれ? なんか違う?? わかります? 好きだったんデス」とコメントし、PR風写真をアップ。写真には福士蒼汰、土屋太鳳、森永悠希、松川星、小林璃央が写り、はじけるような笑顔を浮かべている。@@cutter 実はこれ、かつてTBSで放送していた『オレンジデイズ』のオマージュ。2004年4月から6月に放送された同作は、主演に妻夫木聡と柴崎コウ、ほかにも成宮寛貴、白石美帆、瑛太、小西真奈美、山田優、上野樹里などそうそうたる顔ぶれが出演していた。物語は大学生の結城櫂(妻夫木聡)と、病気で聴覚を失い心を閉ざしてしまった萩尾沙絵(柴咲コウ)の2人を中心に繰り広げられる青春ラブストーリー。  この写真にファンからは「めっちゃ楽しそう」、「どハマり世代なので、すぐわかりました」、「福士くんが好きだって言ってたドラマだ」、「オレンジデイズ、ビデオ借りてみました! お母さんが大好きだったと言っていたので」など、懐かしむ声があがっていた。

  • 『ちはやふる 下の句』レッドカーペットイベントの様子

    広瀬すず、松岡茉優の「会いたくない」発言に絶句

    映画

     広瀬すずが20日、新宿歌舞伎町のセントラルロードで開催された映画『ちはやふる -下の句-』のレッドカーペットイベントに登場。ファンとの交流を楽しみ、作中で綾瀬千早の敵役である競技かるたクイーン・若宮詩暢(しのぶ)を演じる松岡茉優から、「(かるたを)二度とこの子と練習したくない。もう会いたくない」と思ったことを告白されて絶句する一幕を見せた。@@cutter 本作は、累計1600万部を超える同名コミックを原作とし、競技かるたの世界を描く青春映画。映画前編にあたる「上の句」は3月19日に公開され、後編の「下の句」は29日より公開される。    今回のPRイベントには広瀬や松岡の他、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、小泉徳宏監督が出席。特設された50mの「ちはやふる・からくれなゐレッドカーペット」上で、集まったファンとの交流を楽しんだ。  千早役の広瀬は、「こんなにたくさんの方に集まって頂けるとは…。『上の句』を観て頂いたと実感できる。もったいない幸せ」と感慨深げ。カーペット上で熱心にファンサービスしていた真島太一役の野村は、「僕は恋愛シーンが多くて、すずちゃんに片思いをしてる。下の句は、それがより多く出ているのかな」明かした。  千早と戦う松岡は「1ヵ月ぐらい練習して現場に入って、詩暢ちゃんは絶対に負けないのに、すずには負けてすごく悔しかった。“二度とこの子と練習したくない。もう会いたくない”と思いました」と明かすと、広瀬は驚いた表情を見せ「ウソでしょ!? 私は会いたかった」と声をかけ、ファンから黄色い歓声を浴びた。  広瀬は最後に「どちらかと言うと下の句のほうが好きなシーンが多いです。好きなものに一途になって言葉や関係性がいっぱいいっぱいになる千早がいます。ちゃんと見守ってくれる人たちがいるからここまで頑張れるんだなと現場で感じました。千早のまっすぐな素直な思いがたくさん出ています。キラキラした10代の中で、強く美しく立ち向かっている姿が皆に届けばいいなと思っています」と話してイベントを締めくくった。  映画『ちはやふる -下の句-』は、4月29日より全国公開。

  • 『ちはやふる 上の句』初日舞台挨拶に登壇した広瀬すず

    広瀬すず、野村周平のパワーに一蹴される!?「人生経験の差だね」

    映画

     広瀬すずの初主演映画『ちはやふる 上の句』の初日舞台挨拶が19日に都内で行われ、広瀬をはじめ野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希ら出演者が役衣装の袴姿で登場。この中で最年少の広瀬は、「私が言うのもなんですが、若いってすごいですね!一番はしゃごうと思ったけれど周平さんたちには勝てなかった」と告白すると、野村は「人生経験の差だね」となぜかドヤ顔を見せ、会場の笑いを誘った。@@cutter 初めての主演という重責を担った広瀬は、「共演者のみんなに助けてもらった」と感謝しきり。「長いような早いような不思議な感覚。役柄そのままの絆を自然と作り上げてくれたみんながいたので、リアルに演じることができました。逆にみんなと仲が良過ぎて大丈夫なのかなと、不安に思うくらいでしたね」と撮影当時を振り返った。  さらに広瀬は、「お芝居をする上で“笑顔”を作るのが一番難しいのですが、今回はそれが自然にできた」と述懐。すると野村は、「やっぱり、仲が良くないと芝居できないよね。すずちゃんと萌音ちゃん、本当に凄く可愛かった。これから若い世代をどんどん引っ張って行ってくれると思う」とすかさず称賛。これに対して広瀬は、「(上白石を見ながら)うれしいね!」と同調しながら、「ありがとう」と素直に喜んだ。  本作は、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位、累計発行部数1600万部を超える末次由紀の同名人気漫画を実写映画化した青春ドラマ。主人公・綾瀬千早(広瀬)をはじめとする高校生たちが、競技かるた(百人一首)に情熱を注ぐ姿が瑞々しく描かれる。この日はメガホンを取った小泉徳宏監督も出席した。  映画『ちはやふる 上の句』は公開中、『ちはやふる 下の句』は4月29日より公開。

  • 新ドラマ『お迎えです。』に、出演が決定した森永悠希

    森永悠希、『お迎えデス。』出演決定!福士蒼汰、土屋太鳳と3ショットでアピール

    エンタメ

     俳優の森永悠希が9日、自身のブログにて4月よりスタートする日本テレビ系ドラマ『お迎えデス。』に出演することを報告。同ドラマで共演する福士蒼汰と、土屋太鳳とのスリーショットを公開し、新ドラマへの意気込みを語った。@@cutter 満面の笑みを浮かべる3人の姿を掲載した森永は、「先々どんな展開になって行くのか、僕自身も楽しみです!」と、撮影に向けての思いを語りながら「僕が出てくると『クスッ』と笑って頂けるようにしていきたいと思いますので、要チェックでお願いいたします」とアピールした。  ブログには「撮影、がんばってください!」「4月が楽しみです~」「どんなお話か気になります!」「どんな風にゆうきくんが演じられるのかとても楽しみです」と、森永を応援する声とともに、作品を大いに期待する声が寄せられた。。

  • 映画『ちはやふる 上の句』完成披露試写会に登壇した広瀬すず

    広瀬すず、「大事にしたい仲間に出会えた」初主演映画は“全てが財産”に

    映画

     女優の広瀬すずが24日、映画初主演作となる『ちはやふる 上の句』の完成披露試写会に出席。紅葉が舞うレッドカーペットを歩きながら笑顔で登場した広瀬は、「なんか緊張してきたぁ~」と声を震わせながらも、「3ヵ月間、みんなで全力で作ってきた映画を初めて皆さんに観ていただくことに実感がまだ湧かないんですが、絶対にいいものを届けられると思います!」と喜びを爆発させた。@@cutter 本作は、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位、累計発行部数1500万部を超える末次由紀の同名人気漫画を実写映画化した青春ドラマ。競技かるた(百人一首)に情熱を注ぐ高校生たちの友情・恋愛・成長が瑞々しく描かれる。この日は、野村周平、真剣佑、松岡茉優、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、小泉徳宏監督も出席した。  映画初主演について広瀬は、「先頭に立たなきゃとか、責任感とかが分からなくて、全く意識せず、逆に(共演者)全員で千早を引っ張ってくれることが多かった」と感謝しきり。競技かるたのシーンもなかなか納得できず、自ら「もう1回いいですか?」と監督に懇願するほど白熱したという広瀬。「同世代のみんなのパワーをこんなにもらった現場はこれまでなかった」と振り返り、「大人になってもずっと大事にしたいと思える仲間と出会えたので、それが映画の中にも生きていたらいいなと。全部が財産になりました」と胸を張った。  また、自分の撮影がなくても現場に来ていたという真剣に対して小泉監督は、「振り向いたら真剣がモニターを覗いていた」と証言。役としても、個人としても撮影が見たかったという真剣は、「すずちゃんは(撮影時)16歳なのに凄いなぁと思いました、しっかり千早になっていたし…」と広瀬の肩に手を置くと、隣にいた野村が渋い顔。すると、「やべぇ、怒られた、触ったから」とビビっていた。  映画『ちはやふる 上の句』は3月19日、『ちはやふる 下の句』は4月29日より二部作連続公開。

  • 『ちはやふる』キャスト、滋賀県・近江神宮にて

    『ちはやふる』広瀬すず、人生初のロングヘアを披露!野村周平とのおんぶシーンも

    映画

     大人気コミックの実写映画『ちはやふる』の撮影地である滋賀県・近江神宮に、主演女優の広瀬すずや共演の野村周平らが劇中の姿で登場。広瀬の人生初となるロングヘア&はかま姿がお披露目となった。@@cutter 原作『ちはやふる』は、“競技かるた=百人一首”に懸ける少女の情熱と夢と恋を描き、2010年「このマンガがすごい!オンナ編」第1位を獲得、コミックス累計発行部数1200万部を超える末次由紀による大ヒットコミック。  主人公・綾瀬千早のロングヘアを再現するため、広瀬はトレードマークのボブヘアに20cmのエクステをつけて撮影に挑む。役に抜擢された当初は「イメージと違うと思った」と明かしていた広瀬だが、「(この髪型にすることが)役に一番近くなれるものと思いました。エクステを毎日つけていると私自身もこっちの方が見慣れて、ボブになると変な気分になるくらい身近になりました」とすっかりロングヘアになれた様子。また「お姉ちゃん(広瀬アリス)に似てました(笑)」とも。  競技かるたの撮影については「ちはやちゃんの動きは大胆でダイナミックなので、何も考えないくらいバンッ、バンッ、って動いた方が彼女に近づけるかなと思い演じた」と役作りを明かし「みんな、足の甲やひざがすれて皮がむけて、真っ黒になって感覚がなくなるくらい痛かったんですけど、それでも負けずに(かるたを)とるという、みんなの熱やパワーを感じました」と振り返った。  共演の野村も「撮影は大変でした。スローモーションもあって、札を触ってないとばれるんです。試合のシーンは何回も何回もやりました」と撮影の苦労を吐露。広瀬をおんぶするシーンがあるとのことで「しんどかった。坂道だったし、長回しで、セリフも言わなければいけなくて。乗ってる側もしんどかったと思います。でも、おんぶすることもあまりないので新鮮でした」とコメントした。  『ちはやふる』は2016年3月<上の句>/4月<下の句>二部作連続公開。

  • 映画『ちはやふる』広瀬すずが主演に決定

    『ちはやふる』広瀬すず主演で実写映画化! 野村周平、松岡茉優ら若手俳優も出演

    映画

     1200万部突破の超人気コミックス『ちはやふる』が2部作として実写映画化されることが決定。『海街diary』の広瀬すずが映画初主演を務め、共演者として野村周平、真剣佑、松岡茉優、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也ら、次世代を担う若手俳優たちが名を連ねている。@@cutter 『ちはやふる』は競技かるたを題材に、少女漫画ながら“熱い展開”も繰り広げられ、男性からも高い人気を誇る青春群像劇。小学校6年生の千早は、転校生・新を通じて競技かるたと出会う。幼馴染の太一も巻き込み、かるたの魅力に引き込まれていくも、卒業を期に3人はみな別の道へ。4年後、瑞沢高校に入学した千早と太一。千早は「かるたを続けていればまた会える」という昔した約束を胸に、新との再会のためかるた部を設立する。  広瀬は主人公の千早役、野村周平は太一役を演じる、小泉徳宏監督による800人以上参加のメインキャストオーディションをくぐり抜け、新役として真剣佑、その他にも、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也の出演が決定となった。さらに千早の永遠のライバル・若宮詩暢役に松岡茉優、千早が通う瑞沢高校教諭役に松田美由紀、千早の百人一首の師匠・原田役に國村隼といったキャスティングも実現した。  「家族全員で原作の大ファン」だと明かす広瀬は、原作について「千早は、身長が高くロングヘアーで、自分とは違うイメージかなと不安もありましたが、自分にも千早のような熱い部分があると感じました」と触れつつ、「千早の熱をしっかり表現し、少しでも彼女のまっすぐさ、芯の強さに近づいていきたいと思います」と力強く役作りをアピール。  また、広瀬は今回が映画初主演となるが、「あまり意識せずに、キャストのみんなと同じ場所で、小泉監督がつくる『ちはやふる』の世界でイキイキと一番輝いている千早として生きられるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。『ちはやふる・上の句』は2016年3月、『ちはやふる・下の句』は2016年4月に公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access