ジェニファー・ビールス 関連記事

  • 手前の3人(左から)キャサリン・メーニッヒ、ジェニファー・ビールス、レイシャ・ヘイリーが中心となって『Lの世界』新シーズンが始動

    女性たちの世界を描く『Lの世界』、8話構成の新シリーズが始動!

    海外ドラマ

     2004年から2009年にわたり、6シーズン放送された米Showtime局の海外ドラマ『Lの世界』。2017年にオリジナルキャストも参加する続編ドラマ企画が伝えられていたが、ついに8話構成で始動するという。TV Lineが報じた。@@cutter レズビアンやバイセクシュアルの女性たちの世界を描く『Lの世界』。ベット・ポーター役のジェニファー・ビールス、シェーン・マッカチョン役のキャサリン・メーニッヒ、アリス・ピエゼッキー役のレイシャ・ヘイリーが復帰し、製作総指揮も務める。  新シリーズにゴーサインが出たことを受け、ジェニファーは「さあ行くわよ。がっちり確定」、キャサリンも「さあ、行くわよ。みんな、すぐに会いましょう」、レイシャは「待つのは終わり! みんなともうすぐ会えるわ」とそれぞれツイートして、喜んでいる。  3人のキャラクターは自分の分身のような友人やパートナーを得ると共に、ロサンゼルスで愛や失恋、セックス、成功と挫折を経験する新しい性的マイノリティーのLGBTQIAキャラクターたちと交流するという。  8話構成の新シリーズは2019年後半の放送を目指しているそうだ。

  • 『Lの世界』オリジナルキャストで続編制作へ

    女性たちの世界を描く『Lの世界』、オリジナルキャストで続編制作へ

    海外ドラマ

     2004年から2009年の6シーズン続いたレズビアンやバイセクシュアルの女性たちの世界を描く人気海外ドラマ『Lの世界』。米ケーブルテレビ局のShowtimeでオリジナルキャスト&新キャストによる続編ドラマ企画が進行しているという。Entertainment WeeklyやThe Hollywood Reporterなどが伝えた。@@cutter オリジナルシリーズの共同企画・製作総指揮を務めたアイリーン・チェイケンが新シーズンの製作総指揮を務め、現在、新たな製作総指揮兼脚本家と共に続編企画を進めているという。  情報筋の話では、ベット・ポーター役のジェニファー・ビールス、シェーン・マッカチョン役のキャサリーン・メーニッヒ、アリス・ピエゼッキー役のレイシャ・ヘイリーが製作総指揮に名を連ねるとのこと。新シリーズにゴーサインが出れば、もちろん出演するという。オリジナルシリーズからは他のキャストも参加する可能性があるが、現時点では決まっていない。  『Lの世界』のキャストとチェイケンは5月にEntertainment Weeklyの企画で顔を合わせたが、その時にシリーズへの復帰に意欲を見せていたという。2009年にシリーズ終了後、予想に反してレズビアン女性の人生を描く他のドラマが大して制作されなかったことを受け、『Lの世界』を復活させるべきかもしれないと感じていたとのことだ。

  • ジェニファー・ビールス

    「Lの世界」ジェニファー・ビールス、マックGの新作ドラマに出演

    海外ドラマ

     ロサンゼルスに暮らすレズビアンたちの姿をスタイリッシュに描き大ヒットしたドラマ「Lの世界」でタッグを組んだ女優ジェニファー・ビールスとプロデューサーのアイリーン・チェイケンが、ABC製作による新ドラマで再び一緒に仕事をすることになった。@@cutter 二人が再タッグを組むのは、ロミオ&ジュリエットをモチーフにした新ドラマ「Venice(原題)」。カリフォルニアの人気エリアであるヴェニスを舞台に、ライバル同士のふたつの家同士の争い、禁じられたロマンスなどを大胆に描くソープドラマになる予定だとか。  ビールスが演じるのは、カーヴァ―一族の魅力的な女主リサ・カーヴァ―役。  パイロット版の監督にはマックGが決定、脚本はバイロン・バラスコが担当する。

  • 「フラッシュダンス」ブロードウェイでミュージカルに

    「フラッシュダンス」がブロードウェイでミュージカル化!主題歌「ホワット・ア・フィーリング」も使用

    映画

     80年代を代表する青春ダンスムービー「フラッシュダンス」(83)がブロードウェイでミュージカル化されることがわかった。ニューヨーク・タイムス紙が伝えている。@@cutter  ジェニファー・ビールスを一躍トップスターに押し上げた「フラッシュダンス」のミュージカル化は数年来に渡って企画されており、昨年には「2012年秋より上演」との発表がなされていた。しかし今年5月、プロデューサーのマーク・ラウスはこれを2013年春に延期すると発表。そして今週火曜、「2013年8月よりブロードウェイで上演する」とリリースした。  ラウスはインタビューに対し、秋や春よりも夏に上演をスタートした方が話題になると答えている。ブロードウェイでのデビューを前に、2013年1月よりアメリカ、ピッツバーグでツアーを行うとのこと。ちなみにピッツバーグは映画版の舞台となった場所である。  公開当時、アイリーン・キャラの歌う主題歌「フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」は世界中で大ヒット、アカデミー賞歌曲賞を受賞したが、今回のミュージカルでも同曲が使用されるという。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access