シシー・スペイセク 関連記事

  • 『さらば愛しきアウトロー』新場面写真

    強盗だけど紳士…ロバート・レッドフォード引退作『さらば愛しきアウトロー』予告公開

    映画

     名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作となる映画『さらば愛しきアウトロー』より、日本版予告と新場面写真が解禁。日本版予告には、レッドフォードが実在した紳士的な銀行強盗を円熟味たっぷりに演じる姿が収められている。@@cutter 本作は、銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した、伝説の銀行強盗犯フォレスト・タッカーを描くクライム&ラブストーリー。タッカーに憧れと対抗意識を抱く若き刑事ジョンをケイシー・アフレック、タッカーの最後の恋人ジュエルをオスカー女優のシシー・スペイセクが担当するほか、タッカーの強盗仲間であるテディをダニー・グローヴァー、ウォラーをミュージシャンのトム・ウェイツが演じる。監督は映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。  日本版予告は、タッカーがスーツにコート姿で颯爽と現れて「口座を作りたいんだが」と告げ、コートの上着のポケットから拳銃をチラリと見せる手口で、次々と銀行を訪れるシーンからスタート。続いて、強盗の被害に遭ったにも関わらず、銀行員たちが「でもすごく紳士的でした」「とても礼儀正しかった」「いい人に見えました」と口々にタッカーの印象を語る姿や、恋人ジュエルがタッカーにどんな仕事をしているのか尋ねるものの、「話したら二度と会えないぞ」と言われ複雑な表情を浮かべる姿など映し出される。  さらに、刑事のジョンが、2年間に5州で93件もの銀行強盗を成功させたタッカーたちを追う中、押収品の100ドル札に「幸運を祈る」と自分宛に書かれたメッセージを見て思わず笑ってしまう姿も。後半では、紙幣をばらまきながら車で逃走するタッカーとパトカーのとの激しいカーチェイスや、タッカーが指で銃を作り狙い撃ちするポーズなど、往年のレッドフォード作品を彷彿とさせるようなシーンが展開。最後は乗馬するタッカーの後ろ姿に「ポケットに銃を、唇に微笑みを、人生に愛を。」というキーフレーズが重なって映像は幕を閉じる。  今回解禁された新場面写真は、草原で物思いにふけるタッカーの姿、レストランで刑事のジョンと妻のモーリーン(チカ・サンプター)が仲むつまじく過ごす姿、強盗仲間のテディとウォラーが銀行強盗で手にした大金を机に並べる姿を捉えたもの。そのほか、タッカーが恋人ジュエルと一緒にいる姿、刑事のジョンが少年と歩く姿を写したものとなっている。  また、本日から本作のムビチケが発売開始。特典として、海外版ビジュアルのポストカードと、タッカーが銃のポーズを構えているシーン、または、タッカーとジュエルが微笑みあうシーンのいずれかのポストカード2枚セットが付いてくる(数量限定)。  映画『さらば愛しきアウトロー』は7月12日より全国公開。

  • 『さらば愛しきアウトロー』日本版ビジュアル

    R・レッドフォード俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』邦題決定&ビジュアル解禁

    映画

     名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』の邦題が『さらば愛しきアウトロー』に決定し、7月12日より全国公開されることが決定した。併せて、日本版ビジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、実在した伝説の銀行強盗犯フォレスト・タッカーを描くクライム&ラブストーリー。タッカー役は本作にて60年以上の役者人生に終止符を打つことを発表しているレッドフォード。タッカーを追う若き刑事ジョンをケイシー・アフレックが演じるほか、オスカー女優のシシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、ミュージシャンのトム・ウェイツが出演する。監督は映画『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。  舞台は1980年代初頭のアメリカ。ポケットに入れた拳銃をチラリと見せるだけで、微笑みながら誰ひとり傷つけず、目的を遂げる銀行強盗がいた。彼こそが、紳士的な犯行スタイルで、90回以上の銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した伝説の強盗フォレスト・タッカー、74歳。事件を追うジョン・ハント刑事は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼の仕事ぶりに魅了され、仕事に疲れるだけの毎日から逮捕へ向けて再び情熱を取り戻す。フォレストの恋人は、彼が堅気でないと感じながらも心奪われていた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが…。  解禁された日本版ビジュアルは、銃のポーズを構えハートを狙い撃ちするレッドフォードの姿と、映画ファンに向けたメッセージのようなキャッチコピー「ポケットに銃を、唇に微笑みを、人生に愛を。」が添えられている。『さらば愛しきアウトロー』という邦題が、常識に縛られれず自由に生きたタッカーと、映画を愛し数々のアウトローを演じてきたレッドフォードという2人のアウトローへのメッセージとも感じられるようなビジュアルに仕上がっている。  映画『さらば愛しきアウトロー』は7月12日全国公開。

  • 名家に隠された過去とは…悲劇のサスペンス『ブラッドライン』BD&DVD発売決定

    名家に隠された過去とは…悲劇のサスペンス『ブラッドライン』BD&DVD発売決定

    海外ドラマ

     先の読めないストーリー展開で全米を圧倒した傑作海外ドラマ『ダメージ』の制作チームが集結した、凶悪事件と人間ドラマが複雑に絡み合うサスペンスドラマ『BLOODLINE ブラッドライン』のブルーレイ&DVDが9月7日に発売されることがわかった。本作は、海外ドラマの祭典エミー賞で2016年TVドラマ部⾨・主演男優賞・助演男優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞にもノミネートされた話題作だ。@@cutter 舞台は、アメリカ・フロリダ州にある美しい海に囲まれたフロリダキーズ。ここに人気リゾートホテルを築き上げたレイバーン家は、その栄誉を称えられ、島の桟橋に.家の名前がつけられることに。そこへ式典に出席するため、家族が集まるも“恐ろしいことが起きる。麻薬取引、少女の惨殺死体、そして闇に葬られていた家族の罪。この家族、最初に過ちを犯したのは果たして誰だったのか…。  主演は、『SUPER 8/スーパーエイト』『キャロル』に出演し『Friday Night Lights(原題)』でエミー賞主演男優賞を受賞したカイル・チャンドラー、共演には『ライトスタッフ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたサム・シェパード、『キャリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたシシー・スペイセクなど、賞レース常連の演技派キャストが勢揃いている。  『ダメージ』同様、現在と過去が交錯しながら展開する本作。回を重ねるごとにわかる「巧妙」なストーリーにくぎ付けになること間違いなし。  『BLOODLINE ブラッドライン シーズン1』ブルーレイ コンプリートBOX、DVD コンプリートBOXは9月7日発売。同日、DVDレンタル開始。

  • 現在15歳のクロエ・モレッツと24歳のヘイリー・ベネット

    「キャリー」リメイク、主演最終候補はクロエ・モレッツとヘイリー・ベネット!?

    映画

      スティーヴン・キング原作、シシー・スペイセク主演で1976年に映画化された「キャリー」のリメイク作品だが、主演候補が2人まで絞られたようだ。エンタメサイトVultureによると、名前が挙がっているのは「キック・アス」「モールス」などで知られるクロエ・モレッツと「ラブソングができるまで」でヒュー・グラントに作曲の仕事を提供する売れっ子歌手を演じたヘイリー・ベネット。さらに母親役にはジョディ・フォスターとジュリアン・ムーアの名前が挙がっているそうだ。 @@cutter  1974年に出版された小説「キャリー」は、超能力を持つ高校生の少女キャリーが、狂信的な母親と陰湿ないじめによって精神不安定に陥り、その能力で町を破壊するというストーリー。今回のリメイク作では「ボーイズ・ドント・クライ」(00)のキンバリー・ピアース監督がメガホンを取る。   キャリー役にはこれまでミーガン・フォックスやヘイリー・スタインフェルドら数々の売れっ子若手女優の名前が浮上していたが、Vultureは実際にダコタ・ファニング、エミリー・ブラウニング、ベラ・ヒースコート、リリー・コリンズらがオーディションを受けたと伝えている。さらに、「ファミリー・ツリー」のシェイリーン・ウッドリーは一度オファーされたものの断ったらしい。   クロエは現在15歳、ヘイリーは現在24歳なので、どちらに決まるかでだいぶ作品のイメージも違ってきそうだが…。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access