クレア・フォイ 関連記事

  • 映画『蜘蛛の巣を払う女』場面写真

    『蜘蛛の巣を払う女』北欧イケメン俳優が語る「今の時代にふさわしい物語」

    映 画

     映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』より、ジャーナリスト、ミカエルを演じる北欧イケメン俳優のスベリル・グドナソンのコメント映像が到着。本作を「今の時代にふさわしい物語」だと熱く語っている。@@cutter 本作は全世界で累計9000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラー・ミステリー『ミレニアム』シリーズを映像化。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカー、リスベットが、犯罪組織の陰謀に迫る姿を描く。監督は映画『ドント・ブリーズ』の新鋭フェデ・アルバレス。ヒロインのリスベットをイギリスの実力派女優クレア・フォイ、リスベットの双子の姉妹カミラを映画『ブレードランナー 2049』のシルヴィア・フークスが演じる。  シリーズ前作でダニエル・クレイグが演じたミカエルを演じるスベリルは、1980年にテニス界で世界的な人気を誇ったビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの世紀の対決を描いた映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』で、“氷の男”ビヨン・ボルグ役を好演し、一躍注目を集めたイケメン俳優。今作でミカエルはリスベットと数年ぶりに再会し、彼女を助けるべく事件の背後に潜む謎、黒幕を暴くため奮闘する。  コメント映像で、スベリルは本作について「今の時代にふさわしい物語だし、世の中の情勢に沿ってる」とコメント。続けてヒロインのリスベットについて「主人公は悪を懲らしめる女性ヒーローだ。彼女は時代を牽引している」と称賛している。  また、コメント映像と共に届いたメイキング写真では、クレアがさまざまな場面でリスベット役を凛々しくクールに演じる姿が捉えられている。  映画『蜘蛛の巣を払う女』は全国公開中。

  • 『ファースト・マン』ポスタービジュアル

    リアルを追求した映像で月面着陸を描く『ファースト・マン』本予告解禁

    映 画

     俳優のライアン・ゴズリングが主演し、人類初の月面着陸への挑戦を描く映画『ファースト・マン』より、本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。本予告映像では、宇宙飛行士たちの過酷な訓練の様子や宇宙空間での絶体絶命のアクシデントが、リアルを追求した映像で描き出されている。@@cutter 本作は、『ラ・ラ・ランド』で史上最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが再びタッグを組み、月面着陸を目指すアポロ11号の船長ニール・アームストロングの挑戦を描く。アームストロング役をライアン、妻ジャネットをクレア・フォイが演じ、脚本を映画『スポット・ライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが務める。  予告映像は、アームストロングへ告げられる「ニール、君は最高のパイロットだ。月へ行ってくれ」という言葉からスタート。続いて、米航空宇宙局(NASA)プロジェクトチームの生死をかけた特訓や、「帰ってくるよね?」と尋ねる幼い息子に、「そのつもりだよ」と答えるアームストロングの言葉から伝わる家族間の緊張が描き出される。ついに打ち上げのカウントダウンが開始され、妻ジャネットやNASAの局員たちが見守る中、アポロ11号は月へと発射。宇宙空間で絶体絶命のアクシデントに直面した壮絶シーンも映され、最後の最後までリアルを追求して生み出した“あたかもアポロ11号に同乗して宇宙空間を旅しているような臨場感”を垣間見ることができる映像に仕上がっている。  本作で自身初のIMAXフィルム撮影を取り入れたチャゼル監督は、「当時の月面着陸計画は正気の沙汰とも言えるほど無謀でとにかく驚いた」と話し、「何が彼らを暗黒の宇宙へと駆り立て、彼らがどんな体験をしたのか、その時の鼓動や呼吸までをも完全に理解したいと思いながらこの映画を作った」と熱い想いを明かしている。  日本オリジナルのポスタービジュアルには、ライアン演じるアームストロングが宇宙服を身に着け、力強いまなざしで月を見上げる横顔が写し出されており、死と隣り合わせの壮絶な宇宙体験が劇中でどのように描かれるのか期待が高まるビジュアルとなっている。  映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開。

  • 「ドラゴン・タトゥーの女」シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』ポスター

    『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作 新予告&ポスター解禁

    映 画

     映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作『蜘蛛の巣を払う女』より、新予告とポスターが解禁された。新予告編では、主人公リスベットが16年ぶりに再会した双子の妹カミラに拳銃を突きつける、という緊迫したシーンが映し出されている。@@cutter 本作は全世界で累計9000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラー・ミステリー『ミレニアム』シリーズを映像化。特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカー、リスベットが、犯罪組織の陰謀に迫る姿を描く。監督は映画『ドント・ブリーズ』の新鋭フェデ・アルバレス。キャストは、リスベットをイギリスの実力派女優クレア・フォイ、カミラを映画『ブレードランナー 2049』のシルヴィア・フークスが演じる。  リスベットは、人工知能(AI)の世界的権威であるバルデル教授から、自身が図らずも開発してしまった核攻撃プログラムを米国家安全保障局から取り戻すよう依頼される。彼女は恐るべき陰謀を探るうち、そこに関わる奇妙で不気味な謎の存在に行き当たる。それが16年前に別れた双子の姉妹カミラだと分かったとき、リスベットは周到に仕組まれたカミラのわなに捕らえられたことに気づく。そして同時に、自身の忌まわしい記憶と、葬り去ったはずの残酷な過去に向き合うことになる…。  今回公開された予告編では、リスベットが今回の依頼を受けるシーンに始まり、何らかの爆発に巻き込まれる激しいシーンが描かれる。後半では、リスベットがついに妹カミラと対峙。銃口を突きつけるリスベットに対して、カミラが「知ってる? クモが自分の巣にかからない理由を。お姉さん」と意味深な問いを投げかけ、2人のいわく言い難い関係性が想起される。  同時に公開されたポスターは、大きく映し出された赤い瞳のカミラをバックに、拳銃を手にひざまづいて苦悩の表情を浮かべるリスベットの姿が写し出され、生き別れとなった双子の忌まわしい過去を想起するデザインとなっている。  映画『蜘蛛の巣を払う女』は2019年1月11日より全国公開。

  • 映画『ファースト・マン』ビジュアル

    『ラ・ラ・ランド』監督&主演が再タッグ 月面着陸を描く最新作公開

    映 画

     映画『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ映画『FIRST MAN(原題)』が、邦題を『ファースト・マン』として公開されることが決定。月面着陸に挑む様子を捉えた特報映像も解禁された。@@cutter 本作は、ジェイムズ・R・ハンセン著の『ファーストマン』を基に、史上最も危険なミッションである月面着陸計画に人生を捧げ、命がけで成功へと導いたアポロ11号の船長ニール・アームストロングの人生を、壮大なスケールで描く。  アームストロングを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』でゴールデングローブ賞を受賞したライアン・ゴズリング。妻のジャネットを映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作に主演するクレア・フォイが演じる。メガホンを取るのは『ラ・ラ・ランド』で最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル。脚本は映画『スポット・ライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞に輝いたジョシュ・シンガーが手がける。  本作は、人類が月面着陸を果たした1969年から50周年のメモリアルイヤーとなる2019年2月に公開される。さらに、月面着陸を果たした世界的な記念日である本日7月20日に、特報映像が解禁となった。  映像は、オレンジ色に光る噴射炎とともに打ち上げられる宇宙船を一点に見つめるアームストロングの姿からスタート。そして、初の「月面着陸」という偉業に果敢に挑む乗船員たちや、NASAのプロジェクトチームの生死をかけた訓練の模様のほか、船員の人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に対するアームストロングの葛藤、さらにロケット発射のカウントダウンとともに妻や子供たちとの日常生活がフラッシュバックする様子も映し出されている。  映画『ファースト・マン』は2019年2月より全国公開。

  • 映画『蜘蛛の巣を払う女』解禁場面写真

    『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作、2019年公開決定

    映 画

     映画『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作が、邦題『蜘蛛の巣を払う女』として2019年に全国公開することが決定した。また、主人公リスベットの姿を収めた予告編と場面写真も到着した。@@cutter 全世界で累計9000万部以上の売り上げを誇るスウェーデンのベストセラー・ミステリー『ミレニアム』シリーズを基にする本作。劇中では、特殊な映像記憶能力を持つ天才ハッカーで、パンク風の特異な風貌、そして背中にドラゴンのタトゥーを入れた強烈な個性の持ち主リスベット(クレア・フォイ)が犯罪組織の陰謀に迫る姿を描く。  本作では、天涯孤独で壮絶な過去を持つリスベットの過去も、あるキーパーソンによって明らかにされていく。自らの裁きによって悪を正そうとするリスベットに対し、「皆を助けるのに、なぜあの時…私だけを助けてくれなかったの?」と意味深な言葉を投げかけるのは、謎の女カミラ(シルヴィア・フークス)だ。カミラもまた、凄惨な過去と秘密を背負った存在だった。本作では二人の関係が紐解かれつつ、リスベットがジャーナリストのミカエルと再びタッグを組むこととなる。  解禁となった写真でも個性的な容姿が健在のリスベットを演じたのは、イギリスの実力派女優クレア。リスベットの過去の真相を握るカミラを『ブレードランナー 2049』のシルヴィア・フークスが演じる。  メガホンを取るのは、『ドント・ブリーズ』の新鋭フェデ・アルバレス監督。原作の第1部を映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』で監督を努めたデヴィッド・フィンチャーが、本作で製作総指揮を務める。  映画『蜘蛛の巣を払う女』は2019年全国公開。

  • 映画『ブレス しあわせの呼吸』メイン写真

    全身マヒの英国人と家族の感動の実話『ブレス しあわせの呼吸』公開

    映 画

     『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者が、自身の両親の奇跡のような実話を映画化した『Breathe(原題)』が、邦題『ブレス しあわせの呼吸』として、9月7日より全国公開となることが決定した。@@cutter 第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュと、その妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。ロビンは首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは自力で息をすることができず、余命数ヵ月を宣告される。だが、思い出の中の両親は、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界へと飛び出していった。  なぜ、彼は「世界一幸せ」だと胸を張れたのか? ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビンと、彼に無償の愛を注ぎ込んだ妻のダイアナ、支え続けた兄弟や友人たちとの絆が、『レ・ミゼラブル』の脚本家ウィリアム・ニコルソンの手腕により感動的に描かれる。笑いや感動で、人々を幸せにする映画製作者として活躍するジョナサン・カヴェンディッシュの原点になったと言える、真実の物語だ。  主人公のロビンを演じるのは『ハクソー・リッジ』でアカデミー賞にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールド。ダイアナ役はテレビシリーズ『ザ・クラウン』でゴールデン・グローブ賞を受賞したクレア・フォイが務める。家族を見守る仲間たちには『プライドと偏見』のトム・ホランダーや、『ダウントン・アビー』のグランサム伯爵でお馴染みのヒュー・ボネヴィルが扮する。  監督は『ホビット』シリーズの第2監督を務め、今回が長編監督デビューとなるアンディ・サーキス。また、オスカーに3度輝く撮影監督ロバート・リチャードソンが捉える、50~60年代の英国のエレガントな暮らしと、旅先の雄大なアフリカの風景も見逃せない。  映画『ブレス しあわせの呼吸』は9月7日より全国公開。

  • 『ドラゴン・タトゥーの女』続編でリスベットを演じるクレア・フォイ

    『ドラゴン・タトゥーの女』続編、リスベット役は『ザ・クラウン』クレア・フォイ

    映 画

     長らく待たれていた映画『ドラゴン・タトゥーの女』の続編が遂に動き出す。海外ドラマ『ザ・クラウン』で注目を集めた女優クレア・フォイがリスベット役に決定したと、Varietyなどの海外メディアが伝えた。@@cutter スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの小説の映画化『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』シリーズを、ハリウッドでリメイクした『ドラゴン・タトゥーの女』。デヴィッド・フィンチャー監督メガホンで俳優ダニエル・クレイグがジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィスト、女優ルーニー・マーラがリスベットを演じたが、続編はヒロイン交代となりクレアが引き継ぐことになるという。クレアは今年5月頃に主演最有力候補として名前が挙がっていた。  続編のタイトルは『The Girl in the Spider’s Web(原題)』。原作者ラーソンの死後、シリーズを後継した別の作家ダヴィド・ラーゲルクランツによるシリーズ4作目、日本では『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』のタイトルで刊行されている2015年の小説をベースにする。  Varietyによると、来年1月からドイツ・ベルリンとスウェーデン・ストックホルムで撮影が始まり、2018年10月19日(現地時間)に全米公開予定となっている。2016年のヒット・サスペンスホラー映画『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督がメガホンを取る。  アルバレス監督は「クレアがアイコン的なリスベット・サランデル役を演じることに、この上なく興奮している。クレアはまたといない素晴らしい才能の持ち主だ。リスベットというキャラクターに新たな息を吹き込んでくれる。クレア・フォイを中心に、この新たなストーリーを世界に向けて放つことを心待ちにしている」とコメントしている。

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、トム・ヒドルストン主演『ナイト・マネジャー』が最多3冠!

    第74回ゴールデン・グローブ賞<TVの部>、『ナイト・マネジャー』が最多3冠

    海外ドラマ

     第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスで開催。<テレビの部>では『ナイト・マネジャー』が最多3部門に輝いたほか、ドラマ部門作品賞は『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』といった有力候補を抑えて、『ザ・クラウン』が受賞した。@@cutter 『ナイト・マネジャー』は、ジョン・ル・カレの原作を基に、主人公ジョナサン・パインが悪名高い武器ディーラーのリチャード・ローパーと繰り広げる戦いを描くサスペンス。主演のトム・ヒドルストンがリミテッド・シリーズ&テレビムービー部門で男優賞を受賞したほか、オリヴィア・コールマンが助演女優賞、ヒュー・ローリーが助演男優賞を獲得している。  一方、ドラマ部門の作品賞では、動画配信サービスNetflixオリジナルドラマで、イギリス女王エリザベス2世の姿を描く『ザ・クラウン』が栄冠に輝いた。同作は、HBO局の『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』を抑えての受賞となり、主演のクレア・フォイが女優賞も受賞している。  ほかにも、『Atlanta(原題)』はミュージカル/コメディ部門で作品賞と、主演のドナルド・グローヴァーが男優賞を受賞。リミテッド・シリーズ&テレビムービー部門では、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が作品賞を獲得したほか、サラ・ポールソンが女優賞に輝いている。  第74回ゴールデン・グローブ賞<テレビの部>主な受賞結果は以下の通り。(★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『ゲーム・オブ・スローンズ』 『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 『This Is Us(原題)』 『ウエストワールド』 ★『ザ・クラウン』 ●女優賞(ドラマ) カトリーナ・バルフ『アウトランダー』 ★クレア・フォイ『ザ・クラウン』 ケリー・ラッセル『ジ・アメリカンズ』 ウィノナ・ライダー『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 エヴァン・レイチェル・ウッド『ウエストワールド』 ●男優賞(ドラマ) ラミ・マレック『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ボブ・オデンカーク『ベター・コール・ソウル』 マシュー・リス『ジ・アメリカンズ』 リーヴ・シュレイバー『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 ★ビリー・ボブ・ソーントン『弁護士ビリー・マクブライド』 ●作品賞(ミュージカル/コメディ) ★『Atlanta(原題)』 『Black‐ish(原題)』 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 『トランスペアレント』 『Veep/ヴィープ』 ●女優賞(ミュージカル/コメディ) レイチェル・ブルーム『Crazy Ex-Girlfriend(原題)』 ジュリア・ルイス=ドレイファス『Veep/ヴィープ』 サラ・ジェシカ・パーカー『Divorce/ディボース』 イッサ・レイ『Insecure(原題)』 ジーナ・ロドリゲス『ジェーン・ザ・ヴァージン』 ★トレイシー・エリス・ロス『Black-ish(原題)』 ●男優賞 (ミュージカル/コメディ) アンソニー・アンダーソン『Black-ish(原題)』 ガエル・ガルシア・ベルナル『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』 ★ドナルド・グローヴァー『Atlanta(原題)』 ニック・ノルティ『Graves(原題)』 ジェフリー・タンバー『トランスペアレント』 ●作品賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) 『アメリカン・クライム』 『The Dresser(原題)』 『ナイト・マネジャー』 『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ★『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●女優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) ライリー・キーオ『ガールフレンド・エクスペリエンス』 ★サラ・ポールソン 『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 シャーロット・ランプリング『ロンドン・スパイ』 ケリー・ワシントン『アニタ ~世紀のセクハラ事件~』 フェリシティ・ハフマン『アメリカン・クライム』 ●男優賞(リミテッド・シリーズ&テレビムービー) リズ・アーメッド『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 ブライアン・クランストン『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』 ★トム・ヒドルストン『ナイト・マネジャー』 ジョン・タートゥーロ『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』 コートニー・B・ヴァンス『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ●助演女優賞(全部門) ★オリヴィア・コールマン『ナイト・マネジャー』 レナ・ヘディ『ゲーム・オブ・スローンズ』 クリッシー・メッツ『This Is Us(原題)』 マンディ・ムーア『This Is Us(原題)』 タンディ・ニュートン『ウエストワールド』 ●助演男優賞(全部門) スターリング・K・ブラウン『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 ★ヒュー・ローリー『ナイト・マネジャー』 ジョン・リスゴー『ザ・クラウン』 クリスチャン・スレイター『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』 ジョン・トラヴォルタ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access