高嶋政宏 関連記事

  • 映画『AI 崩壊』に出演する(上左から)芦名星、玉城ティナ、(下左から)高嶋政宏、余貴美子

    大沢たかお×入江悠監督『AI 崩壊』、芦名星&玉城ティナら追加キャスト発表

    映画

     俳優の大沢たかお、賀来賢人、三代目J Soul Brothersの岩田剛典らが共演する映画『AI 崩壊』の追加キャストとして、女優の芦名星、玉城ティナ、余貴美子、俳優の高島政宏の出演が発表された。それぞれの演じる役柄はまだ公表されていない。@@cutter 本作は、2017年上半期公開の邦画で最大のヒットを記録した『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』の入江悠監督と北島直明プロデューサーが再タッグを組み、人工知能(AI)が国民の生活に欠かせない存在となった2030年の日本を描く完全オリジナルストーリーのサスペンス。大沢演じるAI開発者にして天才科学者の桐生浩介を主人公に、AIの暴走が日本中を巻き込む大惨事へ発展する様を緊張感たっぷりに活写する。大沢、賀来、岩田に加え、広瀬アリス、三浦友和の出演も既に決まっている。  本作について、芦名は「AIの世界が非現実的ではないのですが、でもまだ見ていない未来のお話。今後AIに起こりうる可能性を想定しながら、今の生活とAIに期待する部分も含め、映画を観た後に色々な事を感じてもらえると思います。色々な想いが、色々な視点から描かれている作品です」と語っている。  玉城は「本作のテーマであるAIは、現時点ですでに普及しているので、私たちの世代にとっても身近な話題です。色々な正義や、色々な立場の人がいて、良い部分ばかりを見せずに、しっかりと問題提起をしているところを、お客さんがどのように感じて下さるのかも聞いてみたいです」とコメント。  高嶋は「最初台本読んだとき、これはめちゃくちゃ面白いなって。原作はなんだろうと思っていたらオリジナルだっていうんですよ。それで入江監督に『本当に最高ですね』ってお伝えしました! 現場は機材を含め世界レベルで最先端、まさにグローバルスタンダード。俳優として贅沢な現場に参加させて頂けました」と出演を喜んでいる。  余は「AIに管理されることで、どんどん医療も発展し、色々なことが便利になっていきますが、本当の人間の幸せや豊かさとは何かを考える面白いきっかけになる作品だと思いました。周りは変わっても、人間は変わらない。周りだけが発展しても、きっと幸せではないのかもしれない」と指摘している。  映画『AI 崩壊』は2020年全国公開。

  • (左から)ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』に出演する小池栄子、堀井新太、橋爪功

    反町隆史主演『リーガル・ハート』、共演に小池栄子&堀井新太&橋爪功

    エンタメ

     俳優の反町隆史が主演を務める7月スタートのドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に、反町を取り巻く共演陣として女優の小池栄子、俳優の堀井新太、橋爪功、また第1話のゲストとして俳優の石黒賢、高嶋政宏、女優の高橋ひとみが出演することが発表された。@@cutter 本作は、中小企業の会社再建に心血を注ぐ弁護士・村越誠一の奮闘を描く。原作は、現役弁護士・村松謙一氏の『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)。松村氏の奮闘は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でもとり上げられ大きな反響を呼んだ。主人公の村越弁護士を演じる反町は、初の弁護士役で、テレビ東京での連続ドラマ単独初主演となる。  小池が演じるのは、村越法律事務所の経理担当・永井茜。毒舌女子ながら猫グッズ好きというかわいらしい一面を持つ。役どころについて小池は「主人公村越の部下でありながら、何があっても村越を信じ、何があっても受け止める、母の様な存在でもあります。私も最後まで人を信じたいタイプなので、そういう所は似ているかなと思っています」と話す。初共演となる反町については「とっても『ナイスガイ』な先輩です。真摯に作品に向き合っている姿や、現場で誰よりも声を出している姿からチームみんながパワーを頂いています」と絶賛している。  堀井は、村越法律事務所の事務員で、司法試験に失敗しながらも熱き情熱と実直さで事務所を盛り上げるムードメーカーの池田伸司役。橋爪は、大手弁護士事務所の所長で、村越の師匠に当たる弁護士・米倉正臣役を務める。  一方、第1話のゲスト出演者として石黒が演じるのは、経営悪化で首が回らなくなり、村越に最後の望みを託す魚市場の社長・山谷護。高橋はその妻・山谷千佳役、高嶋は山谷のメインバンクの審査部として村越と対立する佐々木原役を担当する。  石黒は「今回の作品を通じて会社の再建を専門にやっている弁護士がいるということを知ったと同時に、台本には特に法的な部分が多く描かれていて、こういう方法で企業の再建の仕方があるのだと学びました」とした上で、山谷の役柄については「セリフにある『社員は家族なんです』という、実直で面倒見の良い中小企業の社長、自分の事よりも自分の社員のことを思う男、を心を込めて表現しました」と話している。  ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』は、テレビ東京系にて7月より毎週月曜22時放送。

  • 映画『かぐや様は告らせたい』の出演が追加発表された(上段左から)池間夏海、浅川梨奈、ゆうたろう、(下段左より)堀田真由、高嶋政宏、佐藤二朗

    平野紫耀×橋本環奈『かぐや様は告らせたい』、浅川梨奈ら追加キャスト発表

    映画

     King & Princeの平野紫耀が主演を務め、女優の橋本環奈と初共演する映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の追加キャストとして、女優の池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、モデル・俳優のゆうたろうらの出演が発表された。@@cutter 本作は赤坂アカの人気漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(集英社)を実写化。両思いの天才2人が互いに相手に“告らせたい”一心で超高度な恋愛頭脳戦を繰り広げる姿をコミカルに描く。平野が努力型の天才生徒会長・白銀御行役、橋本が大財閥の令嬢で文武両道の生徒会副会長・四宮かぐや役を務める。  将来を期待されたエリートたちが集う私立・秀知院学園。頭脳明晰・全国模試上位常連の生徒会会長・白銀御行と、文武両道で美貌の持ち主・大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐやは互いに引かれ合っていた。しかし、高すぎるプライドが邪魔して告白できずに半年が経過。素直になれないまま、いつしか自分から告白することが「負け」という呪縛にスライドしてしまった2人は「いかにして相手に告白させるか」だけを考えるようになる。  池間は、時々かぐやから“知人の話”として恋愛相談を受ける同級生・柏木渚役。「笑顔で話しているのだけど、裏に何かありそうな。その何を考えているかわからない雰囲気を出すのは難しかったのですが、渚らしさを感じて頂けると思います」と演技に自信を見せる。  浅川は、白銀とかぐやの攻防を最もかき回す存在である生徒会書記・藤原千花役を演じる。「藤原千花のおっとりとした可愛らしさ、鈍感で真っ直ぐでおバカな所、隠しきれない腹黒さの全てが愛おしくて、私自身千花が大好きだからこそ絶対にイメージを壊したくないと思い、遠慮せず思いきりを大切にしながらも、常に周りにお花が浮かんでいるような千花らしさを忘れないように演じさせて頂きました」と話す。  堀田は、かぐやに仕える近侍・早坂愛役。「四宮かぐやにとって他の登場人物ともまた違った関係性なので、表情や仕草、目線の動きなど実写版のリアルな早坂愛に近づけるように監督と相談しながら演じさせて頂きました」とコメントしている。  ゆうたろうは、白銀に恋愛相談をする同級生・翼役。「はじめはおとなしくて真面目ですが、紫耀くん演じる白銀会長にアドバイスを頂いてから色んな変化があります。外見もそうですが、監督と少しずつ話し合いをして口調や言葉のニュアンスも意識して変えていきました」と語る。  このほか、職業不詳で日々を気ままに暮らす白銀の父役で高嶋政宏、世界的ゴッドハンドの医者・田沼正造役で佐藤二朗が出演することも発表された。佐藤は本作のナレーションも務める。  映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』は9月6日より全国公開。

  • (左から)『空母いぶき』完成披露試写会に登場した本田翼、西島秀俊、佐々木蔵之介

    西島秀俊と佐々木蔵之介が明かす、人生最大の決断とは?

    映画

     俳優の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼が22日、都内で開催された映画『空母いぶき』完成披露試写会舞台挨拶に登場。西島は「ついに、日本映画もここまで来たかという、リアルな戦闘シーン、それから深い人間ドラマ、必ず皆さんが感動する作品に仕上がっています」と、主演を務めた本作の仕上がりに胸を張った。@@cutter かわぐちかいじによる同名コミックを映像化した本作は、“空母の時代”へ突入した20XX年の世界で、謎の軍事勢力から襲撃を受けた日本の自衛隊が繰り広げる戦いを描く。この日は小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、片桐仁、和田正人、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、藤竜也、佐藤浩市、かわぐちかいじ(原作)、福井晴敏(企画)、若松節朗監督も出席した。  主人公で空母いぶきの艦長・秋津竜太を演じた西島は、物語にちなんで人生最大の決断を聞かれると「家庭をもって、子供が生まれたっていうことが、僕にとっては大きな出来事で。それまでも考えていましたけど、次の世代に何を残せるか、今の平和を残せるかっていうことを、より一層、強く感じるようになりました」と回想。  副長の新波歳也に扮した佐々木は、同じ質問を受けると「細々とした決断はよくしているんです。風呂を先にするか、先ビールを飲むかっていうのは、本当にいつも悩みどころ」とジョークを飛ばして会場を沸かせる。そして「俳優という職業を選んだことですね」としたうえで「実家は京都の酒屋だったので、それを諦めてもらって俳優というのは、人生最大の決断かなと思います」と明かしていた。  一方、ネットニュース記者・本多裕子を演じた本田は、自衛隊員役のキャストを見渡しつつ「この作品を見て、自分の当たり前の生活、当たり前の日常は、この方々たちが守ってくれるんだなと、改めて思いました」と笑顔でコメント。「運命の、24時間。」という宣伝キャッチコピーにちなみ、24時間の自由時間があれば何をしたいかと聞かれると「とりあえず、お墓参りに行きますね。ちょっと行けてなかったので」と明かしていた。  映画『空母いぶき』は5月24日より全国公開。

  • 映画『3人の信長』に出演する(上段左から)市原隼人、EXILE TAKAHIRO、岡田義徳、(下段左から)相島一之、高嶋政宏、前田公輝、坂東希(E‐girls/Flower)

    EXILE TAKAHIROが初のちょんまげ姿 映画『3人の信長』で市原隼人&岡田義徳と共演

    映画

     EXILE TAKAHIRO、俳優の市原隼人と岡田義徳の3人がそれぞれキャラクターの異なった“織田信長”を演じる映画『3人の信長』が、9月20日より全国公開されることが決まった。@@cutter 本作は、3人の自称・織田信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描く時代劇エンターテインメント。永禄13年、金ヶ崎の戦いにより敗走中の信長の首を狙って廃村に潜んでいた元今川軍の蒲原氏徳たちがついに捕らえたのは、いずれも「我こそが信長」と称する3人。うち2人は影武者に間違いないが、万が一、影武者の首を討ち取ってしまっては、今川家はいい笑いものになってしまう。蒲原たちはあの手この手で本物をあぶりだそうとする。  3人の中で最も“頭がキレるかぶき者”の信長・甲を演じるのは、初の長編単独主演映画『僕に、会いたかった』に続き主演を務めるTAKAHIRO。初の時代劇映画主演にして、ちょんまげ姿を披露する。また、“うわさ通りの貫禄はあるが、ときどき天然”な信長・乙を市原、“うわさ通りのうつけ者だが、まったく読めない”信長・丙を岡田がそれぞれ演じる。  このほか、3人の信長たちに翻弄される今川軍残党の蒲原氏徳役に高嶋政宏、今川義元の元家臣・瀬名信輝役に相島一之、蒲原の家来・半兵衛役に前田公輝、信長への恨みを抱く戦国大名の妻・朽木ハル役にE‐girls/Flowerの坂東希が決まった。  メガホンを握るのは、ドラマ『ラストマネー ‐愛の値段‐』『タンブリング』、映画『HiGH&LOW』シリーズなどの脚本を手がけてきた渡辺啓。3人の信長と今川軍との攻防を喜劇的に描き、滑稽な姿を見せる新たな信長像を生み出している。  映画『3人の信長』は9月20日より全国公開。

  • 映画『キングダム』ワールドプレミアレッドカーペットイベント&舞台挨拶にて

    山崎賢人、食事制限で肉体改造した撮影を回想「なるべく体を細く」

    映画

     俳優の山崎賢人、吉沢亮、本郷奏多が、27日に都内で開催された映画『キングダム』ワールドプレミアレッドカーペットイベント&舞台挨拶に出席。山崎は自身の肉体改造や見どころについて語り、吉沢と本郷は互いを褒め合って会場を沸かせた。@@cutter 紀元前の中国春秋戦国時代を舞台とする本作は、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王で後の秦の始皇帝・えい政(吉沢)が繰り広げる戦いを、個性的なキャラクターたちを交えながら壮大なスケールで活写する。  当日はほかに、長澤まさみ、橋本環奈、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかお、佐藤信介監督、原作者の原泰久も登場した。  主演の山崎は「無限の可能性がある、誰よりも高く飛ぶと言われている、本当にまっすぐな少年なので、とにかくアクション含め、気持ちを一番大切にして。全編を通して、ずっと全力でやるのみだなあと思って。それはセリフも含めなんですけど、全部全力でやらせてもらいました」と撮影を回想。肉体改造にも触れ「奴隷の少年なので、なるべく体が細く見えればいいなあと思って、食事制限もさせてもらって。アクション練習もめちゃめちゃして、だんだん痩せていきました」と白い歯を見せた。  王弟・成きょう役の本郷は、兄弟関係にあるえい政役の吉沢について「顔、かっこいいですよね。兄弟、うれしいです」と発言。吉沢も「お綺麗な顔をされていて」と返しつつ、悪役の成きょうに関して「どこまでも悪を貫いている感じが、逆に僕はすげー面白かったですし好きでした」と称賛し、これを聞いた本郷は「うれしい。ありがとうございます!(えい)政、めっちゃかっこよかったです」と笑顔。  その後、一同は舞台挨拶に登壇。山崎は見どころとして「修行のシーンがあるんですけど、前半に。そこの、修行している技をちょっとよく見ておいてもらったら、最後『ああ、なるほど』ってなる」とアピール。「(映画を)見た後に、パワーをもらって、この熱を、どんどんどんどん、広げていってもらえたらうれしいなと思います」と締めくくっていた。  映画『キングダム』は4月19日より全国公開。

  • 『空母いぶき』場面写真

    西島秀俊×佐々木蔵之介『空母いぶき』第1弾予告解禁&公開日決定

    映画

     俳優の西島秀俊主演、佐々木蔵之介共演の映画『空母いぶき』の公開日が5月24日に決定。あわせて第1弾予告映像が公開となった。予告映像には、空母いぶきが突如攻撃を受ける緊迫の戦闘シーンや、自衛官たちの様々な思惑が錯綜する様子が納められている。@@cutter 本作は、『ジパング』『沈黙の艦隊』で知られる漫画家・かわぐちかいじの累計350万部突破の同名コミックを実写化したアクション・サスペンス。再び“空母の時代”へ突入した20XX年の世界を舞台に、国籍不明の軍事勢力から襲撃を受けた日本の戦いを描く。映画『沈まぬ太陽』の若松節朗が監督を務める。  西島は航空自衛隊エースパイロットの実績から、空母いぶきの艦長に抜てきされた秋津竜太を、佐々木は海上自衛隊生え抜きながらその副長に甘んじる新波歳也を演じる。  公開された予告映像は、空母いぶきが敵潜水艦から突然ミサイル攻撃をうけるシーンから始まる。戦争反対の意思を貫き防衛に徹するのか、それとも迎撃するのか、秋津と新波は対立しながらもかつてない決断を迫られる。さらに映像では、取材目的で「いぶき」に乗艦し、戦闘に巻き込まれる女性記者・本多(本田翼)、内閣総理大臣・垂水(佐藤浩市)、「いぶき」と連携を取る各艦の艦長(高嶋政宏、玉木宏、山内圭哉)の姿も見ることができる。  一方、遠く離れた東京下町のコンビニで、すべての情報が遮断されたまま、クリスマス用のお菓子の長靴づくりに没頭する店長・中田(中井貴一)の姿が。そして、予告のラストは秋津が発する「撃墜せよ」の一言で締めくくられる。果たして、この指令は何を意味しているのだろうか。  映画『空母いぶき』は5月24日より全国公開。

  • 映画『キングダム』ポスタービジュアル

    山崎賢人主演、実写『キングダム』迫力の本編&メイキング映像公開

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務める実写映画『キングダム』より、本編とメイキングの模様を収めた動画が公開された。本編映像には、山崎扮する主人公・信と、吉沢亮が演じる後の始皇帝・贏政(えいせい)の運命的な出会い、そして長澤まさみ演じる楊端和のアクションシーンなどが収められている。@@cutter 本作は、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』(集英社)を実写映画化。天下の大将軍を目指す孤児の少年・信(山崎)が、幼なじみで親友の漂(吉沢)の死を経験したのちに、戦いに身を投じながら成長していく姿を描く。キャストには、山の民を武力で束ねた美しき王・楊端和(ようたんわ)役で長澤まさみ、河了貂(かりょうてん)役で橋本環奈、成キョウ(せいきょう/※キョウは虫へんに喬)役で本郷奏多、壁(へき)役で満島真之介、昌文君(しょうぶんくん)役で高嶋政宏、騰(とう)役で要潤、王騎(おうき)役で大沢たかおも名を連ねている。  原作者である原泰久の「早く皆さんに観てほしい気持ちでいっぱいです!」というコメントで始まるメイキング映像は、中国ロケの模様を収録。信が刀を掲げながら雄たけびを上げる姿や、竹林で見せる緊迫した表情を映し出す。その後は平原での大規模な戦闘シーンの撮影風景が続き、山崎・吉沢・橋本が撮影の感想を報告する模様も。山崎が懸命に殺陣に挑む姿の後には、メガホンを取った佐藤信介監督や原も登場している。  一方の本編映像には、物語の舞台となる春秋戦国時代の背景説明に続いて、王宮における戦いで傷ついた漂が信の腕の中で力尽きるシーンが登場。信、そして国を追われた若き王・贏政の運命的な出会いが映し出されると、楊端和が複数の敵を一瞬にしてなぎ倒す姿、河了貂が見せる驚きの表情、成キョウの厳しい視線も。さらに、壁、昌文君、騰、王騎の姿も確認できる。  映画『キングダム』は2019年4月19日より全国公開。

  • (左から)唐沢寿明、広瀬アリス

    唐沢寿明ら“昭和生まれのおじさん”たち、自由すぎるハラスメント会見

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が10日、都内にて行われた主演ドラマ『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)の完成披露試写&記者会見に出席。唐沢が「昭和生まれで、ほとんどハラスメントに引っかかりながら暮らしています。いつ訴えられるかヒヤヒヤしているんですけど、このドラマが終わるまで捕まらないよう逃げ切りたいと思います」とユニークな挨拶で口火を切ると、以降キャストたちによるセクハラ発言、ぶっちゃけ発言が次々飛び出す自由な会見となった。@@cutter 本作は企業のコンプライアンスをテーマに、主人公・秋津渉(唐沢)がスーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の中で起こるさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決に導く姿を描く。  冒頭の唐沢に続き、同社CEO・丸尾隆文役の滝藤賢一も「この本を読んだとき僕もハラスメントの塊だなと思いました」と明かしたが、中でも際立っていたのが脇田治夫常務役の高嶋政宏。コンプライアンス室に勤める高村真琴役の広瀬アリスが乗馬の話をすると「一本鞭とか入れたりするの?」と発言したり、「広瀬さんが肋間神経痛で痛いと言ってたので、唐沢さん、ちょっと触診したほうがいいですよと言いいました」と言ったり、セクハラ発言を連発。  一方、弁護士・矢澤光太郎役の古川雄輝が撮影現場のエピソードとして、広瀬から「顔が赤ちゃんみたいと言われた」と話すと、以降、唐沢は事あるごとに「赤ちゃんとしてはどう思うの?」と古川に“赤ちゃん”いじり。防戦一方の古川が「赤ちゃんじゃないですから!」と突っ込む中、高嶋は広瀬に「赤ちゃんプレイがしたかったんでしょ」と語り、周りを呆れさせていた。  また唐沢は“アルコールハラスメント”についてのエピソードで、「若い俳優に食事に誘ったらLINEを既読スルーされた。名前がもうここまで出かかってるんだけどな」と暴露しようとして周りを慌てさせ、さらに「飲みに行って自分の話しかしない俳優がいて…」とまたしても実名を挙げようとして止められていた。  ドラマBiz『ハラスメントゲーム』はテレビ東京系にて10月15日より毎週月曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 映画『キングダム』製作報告会見にて、左から吉沢亮、山崎賢人、長澤まさみ

    山崎賢人、映画『キングダム』で「死ぬ気」 吉沢亮、長澤まさみも出演

    映画

     俳優の山崎賢人が、中国の春秋戦国時代を舞台にした人気漫画『キングダム』の実写映画に主演することが分かった。将軍を目指す孤児の少年・信を演じる山崎は9日、都内で行われた製作報告会見で「熱さを胸に持って、死ぬ気で、身を削る思いで撮影に挑んだ」とコメント。メガホンは『図書館戦争』『GANTZ』『BLEACH』などの佐藤信介監督が握る。@@cutter 山崎は2年前、同作の連載10周年記念の特別映像でも主役に起用されており「運命的なものを感じている」という。信の役作りのため、食事制限で体を細くし、アクションと乗馬練習も重ねた彼は「信の野生のようにぴょんぴょん動き回る戦い方が難しかった。信ならではの動きを考えてやれたのは楽しかった」と振り返った。  撮影は中国と日本で行われ、すでにクランクアップ。山崎は「印象に残っているシーンは全部。とにかく濃厚だった。ちょっとだけ映像を見せてもらいましたが、CGも音もちゃんと入っていない状態でもエネルギーとうか、ずっと観ていたくなる映像になっていた」と手応えを感じさせた。  信の幼なじみであり親友の漂と、後の始皇帝・贏政を演じた吉沢とは4度目の共演。山崎は「普段、友達としても役者としても信頼している。亮くんがいて助けられた部分があった」と感謝を伝えた。  そんな吉沢は、原作の大ファン。山崎と同様「皆さんと1つの作品を身を削る思いで、全身全霊で挑めた」と言い、始皇帝役とあって「王様なので立ち姿や話し方を意識した。内から出るオーラみたいな、とんでもない輝きを持っている役だったので試行錯誤した」と語った。  また、山の民を武力で束ねた、美しき王・楊端和(ようたんわ)役は長澤が担当。「絶対的な強さを持つ役だったので、佇まいをどう出せばいいのか苦労しました。本格的なアクションをやるのは初めてだったのですが、2人(山崎と吉沢)の本気の姿に私もいい影響をもらい、出せる力を出せた」と語った。役作りでは「王様なので部下としゃべらないようにしていたのですが、部下の方が話しかけてきてうまくいかなかった」と笑いながら明かした。  そのほか、河了貂(かりょうてん)役を橋本環奈、成キョウ(せいきょう/※キョウは虫偏に喬)役を本郷奏多、壁(へき)役を満島真之介、昌文君(しょうぶんくん)役を高嶋政宏、騰(とう)役を要潤、王騎(おうき)役を大沢たかおが演じることも発表された。  映画『キングダム』は2019年4月19日より全国公開。

  • 『ハラスメントゲーム』に出演する(左から)高嶋政宏、滝藤賢一、佐野史郎

    『ハラスメントゲーム』高嶋政宏&滝藤賢一&佐野史郎ら実力派集結

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が主演を務めるテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に、高嶋政宏、滝藤賢一、佐野史郎といった実力派キャストが集結することが発表された。@@cutter 企業のコンプライアンスをテーマとする本作は、主人公・秋津渉(唐沢)が、スーパー業界の老舗「マルオーホールディングス」の中で起こるさまざまなハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決に導く姿を描くビジネスドラマ。  父から経営を受け継いだ三代目マルオーホールディングスCEOの丸尾隆文役には、個性派俳優・滝藤賢一。広報&IR担当取締役で、社長失脚を狙いいろいろと画策をする水谷逸郎役に佐野史郎。そして、マルオーホールディングス常務取締役で秋津と敵対していく脇田治夫役を高嶋政宏が演じる。  高嶋は撮影について「こんなステキなメンツ、そして頼もしいスタッフの布陣で連ドラを出来る事はそうそうないので、撮影期間中、盛り上がり過ぎて我を忘れないよう自分を抑えながら楽しんで演っていきたいですね」と期待のコメント。  続いて滝藤は「井上由美子先生の絶妙で巧みな言葉遊びの中で、いつの間にか皆様を『ハラスメントゲーム』の虜にできれば幸いです!」と宣言。「唐沢寿明さんをはじめ尊敬する先輩方に胸を借り、若手俳優達に刺激を受けまくって、優秀なスタッフに支えてもらいながら、視聴者の皆様と共に素敵な時間を過ごせることを楽しみにしております」と、こちらも期待に満ちたコメントを寄せた。  一方、佐野は「コンプライアンスが取り沙汰されるこの世の中で、ドラマ自体が『いかがなものか?』と問われることにもなりかねないシリーズ! さらにアブナく、火に油を注ぎ込む存在として邁進して参りたいと存じます」と語っている。  ほかにも、マルオーホールディングスの顧問弁護士・矢澤光太郎役には古川雄輝、役員担当秘書・小松美那子役に市川由衣、秋津の妻・瑛子役に石野真子の出演が発表された。  テレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』は、テレビ東京系にて10月15日より毎週月曜22時放送。

  • 『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』第1弾完成披露イベントにて

    岩田剛典、『HiGH&LOW』生コン飲込みシーンをネタばらし「ゴマ豆腐使った」

    映画

     三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの岩田剛典が31日、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3/FINAL MISSION』の“超”完成披露試写会 FIRST MISSIONに出席。予告編でも披露された、生のコンクリートを口から飲まされるシーンについて「あれ、ゴマ豆腐なんで、ご安心を」と笑顔でネタばらしした。@@cutter 同作は、LDHが展開する「HiGH&LOW THE MOVIE」シリーズの最終章。政府と結託する九龍グループは、SWORDを壊滅し、無名街でカジノを建設することを企てる。そして山王連合会が分裂寸前に追いやられるなか、一堂に会したSWORDのメンバーや琥珀、九十九、雨宮兄弟が負けじと九龍グループに立ち向かっていく様を描く。  山王連合会総長・コブラ役の岩田は「この三年間、楽しい撮影もあったんですけど、つらい撮影もあった。いろんなことを経験させてもらいながら、最終章、完結編をお届けてできる日まで至ったのは大きな経験になった」と感無量の様子。今作について「伏線も回収されている。エンドロールを見たときにグッときてしまった。今までの歴史が感じられる、今までで一番感動できる作品」とアピールした。  また、予告編でも披露された生のコンクリートを飲まされるシーンは「あれ、ゴマ豆腐なんで、ご安心を」と笑顔でネタばらし。会場を安堵の笑いで包んだ。  黒崎会・会長の黒崎君龍に扮した岩城滉一は、岩田との対峙シーンを振り返って「顔が近くて『かわいい~!』と思った」と告白。岩田を横目にしながら「ここのところ番宣でほとんどずっと一緒にいた。だいぶかわいさに慣れてきた」と明かし、ほほ笑んだ。  雨宮兄弟の次男・雨宮雅貴を演じたTAKAHIROは、本作のアクションについて「どんどん期待値が高まる作品」と評価。「その期待にお応えできるように、アクションチームと取り組んできた。1カットを長回しで撮るシーンがあって、集中力がとんでもなく費やされた。あと画面で雰囲気を出すために、現場もホコリとかすごい感じ。撮影が終わって、鼻の穴から一握りくらいのホコリが出てきました」とジョークを飛ばし、共演者を笑わせていた。  今回の試写会には岩田やTAKAHIRO、岩城のほか、AKIRA、青柳翔、橘ケンチ、小林直己、小野塚勇人、加藤雅也、笹野高史、高嶋政宏、木下ほうか、中村達也、早乙女太一、HIRO(企画プロデュース)、久保茂昭(総監督)、中茎強(監督)、平沼紀久(脚本)の18名が出席。最終章を迎え、感極まった久保総監督が目をうるませる一幕もあった。  映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は、11月11日より全国公開。

  • 『おんな城主 直虎』第41話「この玄関の片隅で」

    『おんな城主 直虎』、小姓になるため草履番の後釜を育てることになった万千代だが…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第40話「天正の草履番」では、井伊の家名を再び立てる代わりに草履番の役目を申し付けられた万千代(菅田将暉)。慣れない仕事に悪戦苦闘していたが、草履棚を作るなどの工夫で次第に評価を上げていく。一方、井伊家の再興を望まない直虎(柴咲コウ)は浜松城で万千代と対峙。それを見た家康(阿部サダヲ)は直虎を呼び、本心を明かす。草履番に起用したのは万千代が「叩かれれば叩かれるほど奮い立つ」性格であると判断したからで、武将として大きく育てたいという。その後、直虎は万福(井之脇海)から井伊家再興にかける万千代の思いを聞く。@@cutter 今週放送の第41話「この玄関の片隅で」では、小姓になるための条件として草履番の後釜を育てることになった万千代と万福の元にやってきたのは、見た目さえないノブ(六角精児)という中年男だった。一方、直虎は松下家から帰還した六左衛門(田中美央)を近藤(橋本じゅん)の家臣とするため尽力していた。  そんな中、武田軍の遠江侵攻が始まる。家康が戦支度のため大量の材木を必要としているという情報を聞きつけた万千代は、初陣を飾るため材木の切り出しを井伊に要請するが…。  甲斐の虎と恐れられた信玄(松平健)がこの世を去り、勝頼(奥野瑛太)が跡を継いだ武田家。勝頼は父の遺志を継いで攻め上り、ふたたび三河、遠江への侵略の手を伸ばす。その猛攻に織田と手を結ぶ徳川方はふたたび苦戦を強いられることに。やがて雌雄を決する長篠の戦いへと向かっていく。  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第41話「この玄関の片隅で」はNHK BSプレミアムにて10月15日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 『おんな城主 直虎』第35話「蘇(よみが)えりし者たち」

    『おんな城主 直虎』、戦に巻き込まれた龍雲丸は瀕死に 懸命に治療する直虎だが…

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第34話『隠し港の龍雲丸』。政次(高橋一生)を失い放心状態の直虎(柴咲コウ)。その辞世の句が届けられ、改めて喪失感と向き合うことになる。一方、家康(阿部サダヲ)は、遠江を攻め進み今川氏真(尾上松也)のこもる掛川城へ迫りつつあった。今川勢も粘りを見せ徳川軍は苦戦を強いられる。戦の波は気賀にも訪れ、方久(ムロツヨシ)たちは家康に助けを求める。家康は、先に堀川城に囚われた民を逃がした上で城を乗っ取った大沢元胤(嶋田久作)を攻める約束と引きかえに、中村屋の船を徴用する。一方、龍雲党は気賀の民を逃がすべく堀川城に忍び込んでいたが大沢勢に気づかれ衝突。時を同じくして徳川勢が攻め込み城にいる者は皆殺しになる。@@cutter 3日放送の第35話『蘇(よみが)えりし者たち』では、家康が方久と交わした約束が、家臣の酒井忠次(みのすけ)によって破られ、大沢への見せしめのため気賀の民を惨殺してしまう。しらせを受けた直虎は気賀に駆けつけるが、そこには瀕死の状態の龍雲丸(柳楽優弥)の姿があった。生死の境をさまよう龍雲丸に懸命の治療を施す直虎だったが…。  堀川城攻略のため罪のない気賀の民まで惨殺したことに心を痛める家康。家臣の本多忠勝(高嶋政宏)は後顧の憂いなく掛川を攻められると話し、酒井忠次は次なる標的は氏真と意気込む。そんななか浮かない顔の家康はひそかに常慶(和田正人)を呼び、ある計画を進める。  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第35話『蘇(よみが)えりし者たち』はNHK BSプレミアムにて9月3日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』観月ありさ、“顔芸”一挙公開

    『櫻子さん』観月ありさ、目を見開いた興奮顔から至福の笑みまで“顔芸”写真一挙公開

    エンタメ

     女優の観月ありさが、ドSっぷり全開で表情豊かなキャラクターを演じ話題を集めている、現在放送中の連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/毎週日曜21時)。これまでに観月演じる櫻子が見せた、目を見開いた表情から新たに解禁となった至福の表情まで、まさに“顔芸”ともいえる場面写真が解禁となり、第2話でもさらなるパワーアップした演技が期待される。@@cutter 本作は、“三度の飯より骨が好き”という標本士・九条櫻子(観月)が、骨を頼りに難事件を解き明かしていくミステリードラマ。第1話では、相棒役となるドMな館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)に対して「そこへ案内しろ」などを言い放つ櫻子のドSっぷり全開なかけ合い、ラストシーンでケーキをわしづかみにして頬張る観月による豪快な演技も注目された。  今回新たに解禁された櫻子の場面写真では、発見された人骨や標本を前にして目を見開いて興奮する姿や、食事中に満面の笑みで至福の時間を味わう瞬間、さらに、食事中に焼き魚の骨を見ながらご満悦の表情を浮かべる姿がみられる。  30日放送の第2話では、櫻子の邸宅に招かれた正太郎が、立ち寄ったコンビニの前である少女と出会う。八峰警察署の刑事・山路輝彦(高嶋政宏)への連絡後、少女を預かった櫻子と正太郎であったが、やがて少女の自宅へ訪れた先で櫻子は血の臭いに気が付く…。  ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて毎週日曜21時から放送。

  • 藤ヶ谷太輔、観月ありさからのドッキリに動じず

    藤ヶ谷太輔、観月ありさからのドッキリに動じず 「僕、持ってるんですよ」とニヤリ

    エンタメ

     女優の観月ありさが12日、都内で実施された新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系/4月23日放送開始)の制作発表記者会見に、共演の藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也とともに登場。観月は会見中に藤ヶ谷にドッキリを仕掛けたものの、リアクションが薄かったことを受け「思ったよりびっくりしてくれなかった!」と悔しそうに語った。@@cutter 本作は、2012年に小説投稿WEBサイト『E★エブリスタ』で掲載された同名Web小説のドラマ版。美人で名家の令嬢でありながら、三度の飯より骨が好きな標本士の九条櫻子(観月)が、法医学・自然人類学の豊富な知識や、類稀な観察眼、物事の本質を見抜く洞察力と人並み外れた想像力を用いて、難事件を次々に解決に導く姿を描く。  本作で26年連続で連ドラ主演、30作目の主演を務める観月は「節目にぴったりな、とても個性的なキャラクター」とにっこり。続けて、標本士から「骨を雑に扱ってはいけない」と教えられたことを明かすと、藤ヶ谷のマイクに付けられていた骨が偶然にも落下。高嶋に「ネタだったの?」と追及された藤ヶ谷は「僕ね、こういうところ結構持ってるんですよね~」とご満悦の表情を見せた。  当日は、現場で「がーや」と呼ばれているという藤ヶ谷を驚かせるため、観月が事務所の後輩である長浜之人(キャン×キャン)を、出演者が座っていたベンチから登場させる一コマも。死体にふんして登場した長浜だったが、藤ヶ谷は「そんなびっくりしなかった」と告白し、「リアクションが薄くて、申し訳なかったです…」と陳謝。これを受けた観月は「全然、思ったよりびっくりしてくれなかった!」と悔しさを滲ませながらも、予想外の反応に大ウケしていた。  新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて4月23日より毎週日曜21時放送(初回15分拡大)。

  • 新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』に高嶋政宏、上川隆也、新川優愛らが出演

    キスマイ藤ヶ谷太輔、『櫻子さん』で観月ありさのバディに!“究極のドM男”を熱演

    エンタメ

     Kis‐My‐Ft2の藤ヶ谷太輔が、4月から放送の観月ありさ主演ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)に出演することがわかった。藤ヶ谷は、観月演じる“三度の飯より骨が好き”な標本士のバディを演じ、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也ら共演者も発表された。藤ヶ谷、高嶋、上川は、観月とドラマ初共演、新川は2014年1月以来、3年3ヵ月ぶりに観月との共演を果たす。@@cutter 『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、2012年に小説投稿サイト「エブリスタ」で掲載された同名WEB小説を原作としたドラマ。日本に数名しかいない骨格標本を組み立てるプロの「標本士」である主人公・九条櫻子(観月)と、博物館の館長の命で、九条の邸宅にやってきた博物館技術補佐員・館脇正太郎(藤ヶ谷)がバディを組み、様々な難事件に挑む姿を描く。  藤ヶ谷が、フジテレビの連ドラに出演するのは、昨年映画化公開もされたドラマ『信長協奏曲』以来、2年6ヵ月ぶり。藤ヶ谷演じる正太郎は、大学はおろか、大学院の卒業が近づいても進路が定まらず、やむなく就職活動を始めるも、就職浪人…就活に失敗するも思っていることがつい顔に出てしまう不器用な性格で、ミステリー小説が大好物だが、ものすごい怖がりという“究極のドM男”。  今回の出演について藤ヶ谷は、初共演の観月に対し「凜とされているイメージですね。今回のお互いの役柄はまったくの正反対で、理解し合えない関係性ですが、ドラマを見てくださる方に“なんかあのコンビいいよね”と言ってもらえるような空気感を二人で作っていければと思っています」と共演に意欲を見せる。  また、今作が20代最後の連ドラとなることについて「一つの節目ですよね。今思えば、これまで出演させていただいた作品は、実年齢よりも若い役が多かった印象です。ですので、30代になっても20代の役、30歳で等身大の30歳の役、かと思えば上の年齢の役もこなせる30代を目指していきたいです」と前向きにコメントしている。  新ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は、フジテレビ系にて4月23日より毎週日曜21時放送。

  • 綾瀬はるか、映画『本能寺ホテル』初日舞台挨拶に出席

    和装姿の綾瀬はるか、近藤正臣から“無礼”を暴露されタジタジ

    映画

     女優の綾瀬はるかが14日、都内で行われた主演映画『本能寺ホテル』初日舞台挨拶に、共演の堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督と共に出席した。この日は、戦国時代を舞台にした作品にちなみ、登壇者全員が和装姿で登場したが、綾瀬は「うれしいものですね」と笑顔を見せつつも「お正月気分を引きずった感じで……」とネガティブな発言で会場を沸かせていた。@@cutter 本作は、映画『プリンセストヨトミ』の鈴木監督、綾瀬はるか、堤真一らスタッフが再集結して制作したオリジナル歴史ストーリー。会社をリストラされ、京都旅行に来ていた繭子(綾瀬)が、ひょんなことから宿泊していたホテルを通じて「本能寺の変」が起こる前日にタイムスリップしてしまったことから起こる騒動を描く。  今年も相変わらずマイペースなトークを展開する綾瀬だったが、大ベテランの近藤から「この人おかしいんですよ」と指をさされると「撮影中、ビニールに入ったカチカチになったみたらし団子を渡してくれて『ホテルに帰ってチンして食べてください』って言うんですよ。せっかくだからマネージャーと一つずつ食べたら、とても食べられるような状態じゃなくて。よくあんなもの渡すよな」と苦情を訴えられていた。  綾瀬は「わたしも食べていてものすごく固いなって思ったのですが、有名なお店のものだったので、こういうものなのかなと思って」と言いワケ(!?)をしていたが、近藤は「もう、こういうところが素敵なんですよね。好きです!」と公開告白されていた。  さらに戦国時代を舞台にした作品にちなみ「登壇者の中で天下を取れそうな人は誰か?」という質問では、圧倒的多数で綾瀬が支持された。「いいんですか?」とまんざらでもない表情を浮かべていた綾瀬だったが、堤から「嫌だよ。こんなすっとこどっこい」と一刀両断され、さらに鈴木監督から「リーダーなんてものは、綾瀬はるかぐらいフラフラしているほうがいい」とその理由を述べられると複雑そうな表情を浮かべていた。  映画『本能寺ホテル』は全国公開中。

  • 映画『本能寺ホテル』ビジュアル

    綾瀬はるか、信長の歴史を変える?400年前と現代が交錯する『本能寺ホテル』予告公開

    映画

     日本史におけるミステリー「本能寺の変」をベースに「もし事前にその運命を信長に伝えようとした現代人がいたとしたら?」という奇想天外なストーリーで描く映画『本能寺ホテル』にて予告編映像が公開され、あわせてポスタービジュアルも解禁となった。@@cutter 本作は、奇想天外かつファンタジックな雰囲気と「本能寺の変」を舞台に400年の時代を超えて築かれる人間関係が描かれたストーリー。1582年、天下統一を目前に控え本能寺に滞在していた織田信長と家臣の前に、突如「400年後の未来から来た」という風変わりな女・繭子が迷い込み、何とその日が「本能寺の変」が起きる前日だった…。  偶然、宿泊した本能寺ホテルで不思議な体験をする主人公の繭子役には映画『海街dialy』で多くの賞を受賞、今年12月公開の映画『海賊とよばれた男』などの話題作に出演した女優・綾瀬はるか。冷酷非道ながらも人情味のある織田信長役には、NHKドラマ『マッサン』、映画『日本のいちばん長い日』などに出演し、シリアスからコミカルまで多彩なキャラクターを演じ分ける俳優・堤真一。  さらに、織田信長に仕える小姓・森蘭丸役にはドラマ『釣りバカ日誌』、映画『ヒメアノ~ル』等、ドラマ・映画・CM等幅広く活躍する個性派俳優・濱田岳をはじめ平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫など実力派俳優が集結している。  解禁となった予告編は、炎に覆い尽くされた本能寺や合戦のシーンなど大迫力のシーンの一方で、戦国時代にタイムスリップした繭子をとりまくコミカルな雰囲気がめまぐるしく交錯、そして歴史を覆すような波乱の展開を予感させるめまぐるしい展開で、作品を大いに期待させる映像となっている。  映画『本能寺ホテル』は2017年1月14日より全国公開。

  • 『キャリア~掟破りの警察署長~』一日署長イベントに登場した、高嶋政宏、玉木宏、瀧本美織

    玉木宏、初めての一日警察署長に感動「いよいよこの日が来たか」

    エンタメ

     俳優の玉木宏、高嶋政宏、女優の瀧本美織が27日、新ドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』一日署長イベントに登壇した。同日、警視庁東京湾岸署の一日署長となった玉木は「いよいよ私にもこの日が来たかと。楽しみにしておりました」と口元を緩ませ、「東京五輪が開催されて、この周辺は注目される場所となると思います。他人ごとと思わず、皆で街づくりをしていかなければならない。小さなことからコツコツとできたらいいのかなと思っております」と挨拶した。@@cutter 一度、警察署長を務めたことがあるという高嶋は「そのときは警察署に入らなかったので、本物の警察署の雰囲気を味わうことができ、感動しております」と熱弁。瀧本は「私も二度ほど警察署長を務めたことがあります。今日は、玉木署長をしっかりと支えていきたいと思います」とにっこりと微笑む。  また、玉木は「湾岸署内を見学させていただいたのですが、ドラマのセットで作られているものが、リアルに作られているということがわかった」と感心すると、高嶋も「警察の方から『ドラマみたいに胸ぐらをつかんだら、僕らクビですよ』といった貴重なお話を聞くことができた」と満足そう。  報道陣から「制服を着てみてどうですか?」と問われた玉木は「身が引き締まる思いですが、暑いです。雨ではなくてよかったんですけど…」とコメントし笑いを誘う。一方、高嶋には「玉木さんの署長ぶりはいかがですか?」という質問が向けられ、「いい男すぎてみとれちゃう」とジョークを飛ばす。玉木の署長姿に瀧本も「本当にかっこよくて、玉木さん演じる金さんは魅力的でかわいらしいですし、視聴者に愛される署長になるんじゃないかなと思います」とアピールした。  本作は1話完結のオリジナルストーリー。主人公・遠山金志郎(玉木)は飄々としてつかみどころのない性格でありながらも市民を守りたいという熱い思いをもって捜査を進めていく。『キャリア~掟破りの警察署長~』はフジテレビ系列にて10月9日より毎週日曜日21時からスタート。

  • 小栗旬、山田孝之&向井理からクレーム!?

    小栗旬、山田孝之&向井理からクレーム!? 「稀代の寂しがり屋」「話を聞かない」

    エンタメ

     現在公開中の映画『信長協奏曲』に出演する俳優の小栗旬、向井理、山田孝之、高嶋政宏が27日、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演し、タイプ分け人間性診断を受けた。番組では、過去に“自分大好き不思議ちゃんタイプ”と診断された明石家さんまだったが、小栗旬もそれと同じタイプであるということがわかった。@@cutter 小栗を“稀代の寂しがり屋”と評する向井は「いつも誰かとどこかで一緒にいるし、呑みに行くのも大人数。交流関係も広い」語る。山田は「旬は『自分のほれた才能とほれた才能がくっつくのが楽しい』って前に言ってたことがあった。2人で飲んでいるときにすぐに誰か呼ぼうとする。本人的には自分の話したいことが終わったら、すぐに呼んでいいということになっている。というか、こっちが話をしているときも、そもそも話を聞いていない」とバッサリ。  さらに、山田は「まだ話が終わってないときに、この間は香川真司をいきなり呼んだんです。こっちは話をしている途中だし、急に香川真司が来られてもってなる。それを旬は後ろからしたり顔でうんうんとうなづいている」とエピソードを明かし、「それですごい厄介なのは、会わせたがるけどその人たちが仲良くなると機嫌が悪くなるんです」と続ける。小栗曰く「仲が良くなるのはいいんですけど、自分が誘われなくなるのが嫌なんです」とのこと。  「初対面の人は目も合わせられない」というほど人見知りの向井は、周りの空気を変える破壊屋タイプと判明。山田は気配り上手なリーダータイプ。高嶋はカリスマ的な哲学者タイプだった。

  • ドラマ『監獄学園‐プリズンスクール‐』 MBSにて10月25日24時50分から、TBSにて10月27日25時11分から放送開始

    実写ドラマ『監獄学園』新映像解禁! 名シーン“尻問答”「尻と胸」を再現

    エンタメ

     累計700万部突破の大コミックを原作とし、既に話題沸騰のドラマ『監獄学園‐プリズンスクール‐』の特報第2弾「尻と胸」篇が解禁。その名の通り、本作の一大テーマにして究極の選択“尻が好きか、胸が好きか”が描き出されている。@@cutter 本作は、人気コミックを原作とした連続ドラマ。女生徒1000人を超える全寮制の元女子高・私立八光(はちみつ)学園に入学し、女子風呂を覗こうとした藤野清志(キヨシ)ら男子生徒5人は、学園を掌握する“裏生徒会”に見つかり、罰として懲罰棟(通称:プリズン)での1ヵ月に及ぶ謹慎生活を強いられることに。あの手この手で男子5人を退学に追い込もうとする裏生徒会に対し、キヨシたちは無事、プリズンから出ることはできるのか…。  先日公開された特報第1弾では、男子たちが裏生徒会の美女たちに投獄され、様々な処罰を受ける苦悶の姿が映し出され話題を呼んだが、今回の第2弾は一転。クラシック音楽が流れ、ゆったりした雰囲気の中、高嶋政宏演じる学園理事長が、中川大志演じるキヨシたち囚人男子5人に“ある問い”を投げかける。それは「尻と胸…どちらが好き…かね?」という究極の二択。  これは“尻問答”と呼ばれ、コミックス第7巻の名シーン、アニメ第10話に登場し、理事長の尻に対する深い造詣とほとばしる愛がファンを熱狂させた名シーン。今回の映像でも、高嶋の射抜くような眼力によって、この二択が禅問答か人生訓のように提示され、さらに原作でおなじみの尻アイテムと芽衣子の胸技が次々とインサート。回答次第で、男子5人の運命が左右される…そんな緊迫した空気の中、やがてキヨシが辿りつく辿り着く答えとは…。  ドラマ『監獄学園‐プリズンスクール‐』はMBSにて10月25日24時50分から、TBSにて10月27日25時11分から放送開始。

  • 実写ドラマ『監獄学園』キャスト一挙公開

    中川大志、『監獄学園』実写ドラマで主演! 再現率高すぎなキャスト一挙公開

    エンタメ

     平本アキラによる大人気コミック『監獄学園』の実写ドラマに出演するメインキャストが一挙に発表され、主人公・藤野清志を中川大志が演じることが判明。“裏生徒会” ら原作キャラクターそっくりな劇中ビジュアルも同時に公開された。@@cutter 『監獄学園』は女子生徒1000人の学園に入学してきたものの、女子風呂を覗いた罪で“裏生徒会” により懲罰棟(通称:プリズン)に投獄されてしまった男子生徒5人の過激な学園生活を描くコメディ作品。  主人公の清志(キヨシ)役に中川、練馬一の知将・ガクト役に柄本時生、金髪リーゼントのヤンキー風男子・シンゴ役に矢野聖人、仲間思いで優しいが実は一番のドMブタ野郎・アンドレ役にお笑い芸人のガリガリガリクソンがキャスティング。咳き込みながら常にフードをかぶっているジョー役は近日発表予定だ。  さらに裏生徒会会長・栗原万里役に、映画『神さまの言うとおり』でヒロインを務めた山崎紘菜、ウブな書記・緑川花役に森川葵ら若手注目俳優が顔をそろえるほか、ダイナマイト巨乳を揺らして男子にムチを振るう副会長・白木芽衣子役にはグラビア女優の護あさなが抜擢。このほか、武田玲奈、新木優子、高嶋政宏の出演が決まった。  中川は「これまであまり漫画を読んでこなかった僕が、腹筋が崩壊するほど笑って、笑撃を受けた作品は『監獄学園』が初めてでした」と原作を絶賛。「1ファンとして、キヨシを愛し、少しでもキヨシに近づきたいという思いで演じました。『監獄学園』を知らない方はもちろん、ファンの方にも、胸を張ってお届け出来る物が出来上がったと思います」と自信をのぞかせている。  「実写化不可能」と言われてきた難題に挑んだ井口昇監督は「キャストが体当たりでどう挑み、どんな仕上がりになったのか、詳細は本編をお楽しみに!」とコメント。注目の初映像は、現在放送中のドラマ『となりの関くんとるみちゃんの事象』第7話の最後に解禁される。  実写ドラマ『監獄学園』はMBSにて10月25日より毎週日曜24時50分、TBSにて27日より毎週火曜25時11分放送。

  • 東山紀之、水9枠で初主演!

    東山紀之、『相棒』枠で刑事ドラマ主演!片岡、倉科、北大路ら7人が難事件に挑む

    エンタメ

     東山紀之が、7月よりスタートするテレビ朝日の新ドラマ『刑事7人(けいじしちにん)』にて主演を務めることが分かった。『相棒』シリーズや『警視庁捜査一課9係』など、人気刑事ドラマを世に送り出してきた“水曜21時枠”での初主演を果たす東山が演じるのは、“時間” に対してこだわりを見せるちょっと風変わりな刑事・天樹悠。高嶋政宏、片岡愛之助、鈴木浩介、倉科カナ、吉田鋼太郎、北大路欣也ら豪華メンバーと共に、難事件の解決に挑む。@@cutter 東山演じる天樹は、協調性がなく何を考えているのかまったく分からない謎多き男だが、その捜査能力も超一級。死亡推定時刻や犯行時刻、アリバイ時刻、タイムリミットなどから導き出した“加害者と被害者のタイムライン”を徹底的に洗い出す。  物語は、そんな天樹が「札付き刑事たちの追い出し部屋」と揶揄される「警視庁捜査一課12係」に所属するところから始まる。情報分析のエキスパートで熱血刑事・山下巧(片岡)、結果至上主義の係長・片桐正敏(吉田)、帰国子女のクールな女性刑事・水田環(倉科)など、超個性的メンバーがずらり。さらに、12係と連携する法医学教授の権威・堂本俊太郎(北大路)とも深い人間関係を築いてゆく。  東山は、豪華な共演者に対し「どなたも素晴らしく、そして思わず『濃いな~!』と言っちゃったほどの顔ぶれ! これだけのキャストに囲まれた僕はとても幸せです」と喜びを語る。  さらに東山は「どう考えても顔のインパクトでは皆さんに劣るので(笑)、違うところで勝っていかなきゃいけないな、と考えているところです。これから3ヵ月、皆さんと関わることによって、僕自身も深みを出せるような人間になりたいですね」と意欲を示した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access