ブラザー・トム 関連記事

  • 『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』前編・場面写真

    今夜から2夜連続! 小芝風花『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』放送

    エンタメ

     女優の小芝風花が主演するスペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』(テレビ朝日系)前後編が今夜、明日と2夜連続で放送される。今夜の前編では、小芝扮するヒロインが恋人を救うために父とサバイバルに乗り出す。@@cutter 本作は、「LINEマンガ」オリジナル作品として発表された『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』を原作にしたコメディーホラードラマ。噛まれて感染するとゾンビになり、生き残った人間にラップバトルを仕掛けてしまう「RAPウイルス」が蔓延した地球を舞台に、ヒップホップを毛嫌いしていた稲穂みのり(小芝)が、恋人を救うために奔走する姿をコミカルに描く。  主人公・みのりを小芝が演じ、みのりの恋人・拓馬を佐藤寛太が、父・茂をブラザー・トムが務める。そのほか、萩原利久、片山萌美、奥山かずさ、井本彩花が脇を固める。  茨城県で地元の工場に勤務する稲穂みのり(小芝)にとって、高校時代の同級生で国立大学の医学部に通う恋人・山之内拓馬(佐藤)は自慢の恋人だったが、ここ半年、拓馬はヒップホップにハマり、単なるラップ好きを通り越して、もはやラッパーの域。そんな彼に我慢ならなくなったみのりは、意を決して「ラップをやめるまで、恋人をやめたい」と告げるのだが、そこでも韻を踏んで返答する拓馬に絶望し、父・茂(トム)とヤケ酒を飲む。  翌朝、寝坊して勤務先の工場に駆け込んだみのりだったが、従業員たちがゾンビと化し、口々にラップを口ずさみながら、人間に襲いかかっている姿を目の当たりにする。たまたま弁当を届けに来た茂に助けられ、なんとか工場から逃げ出したみのり。しかし、すでに街中はラッパーゾンビであふれていた。どうやら、みのりと茂が泥酔し眠り込んでいる間に、正体不明のRAPウイルスが世界的なパンデミックを起こしていたようだった。  拓馬の安否が気にかかるみのりは、彼を捜すべく茂と街へ。偶然知り合った警察官の南舘ユイ(片山)も同行し、サバイバルを開始するが…。  スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』は、テレビ朝日系にて本日12日、明日13日23時15分放送。

  • (左から)『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOに登場した二階堂ふみ、GACKT

    二階堂ふみ、GACKTら個性派キャストとの共演に「私が一番まとも」

    映画

     女優の二階堂ふみが、28日に都内で開催された映画『翔んで埼玉』ジャパンプレミアinTOKYOに出席。共演のGACKT、伊勢谷友介、ブラザートム、島崎遥香、加藤諒、益若つばさ、中尾彬、京本政樹、武内英樹監督らと共に登場した二階堂は、個性派キャストがそろった本作の撮影を「私が一番まともだったと思います」と笑顔で振り返った。@@cutter 本作は、累計発行部数66万部突破の魔夜峰央による『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)を実写化。東京都民から迫害されてきた埼玉県民のため、百美(二階堂)と麗(GACKT)が活躍する“伝説パート”、そして娘の結納のため東京へ向かう埼玉県在住の菅原家の姿を描く“現代パート”の2つのパートで構成されている。本作で男子役に挑戦した二階堂は、劇中の過激な台詞を用いた「埼玉ディス」について「途中からがらりと、愛の方向に向かっていきますので、ぜひ今日見ていただく方々には、そのディスりからの愛への変化を楽しんでいただけたら」と笑顔でコメント。  一方のGACKTは「(初日が)キスシーンからだったんですよね。なんて工程だと思ったんですよ」と撮影を回想。現場には絢爛豪華なセットがあったと言い「僕らがやっている格好の方が標準で、スタッフの普通の格好の方がおかしい格好に見えてくる。他の共演者の方たちもすごいメイクだった」と言い「入口がそういう形だったので、僕もふみちゃんも、非常にいいスタートを切って、いい世界観に入ったんじゃないのかな。武内監督の手の中でずっと最後まで弄ばれて、この映画を撮り終えたという感じ」と白い歯を見せていた。  その後、二階堂は個性的なキャラクターを演じたキャスト陣について「違うそれぞれの星をお持ちの方が、そこの代表として地球にガッて集まって、ぶわーってなんかやって、ぶわーって一斉に帰っていったっていうような現場だった」と発言し「(現場では)私が一番まともだったと思います」とも。これを聞いたGACKTは「僕はずーっと、そう思っていたんですけどね。僕自身が、一番まともだなあって」と返して会場を沸かせていた。  映画『翔んで埼玉』は、2月22日より全国公開。

  • KREVA、ラップ初挑戦の内博貴にアドバイス

    内博貴、ラップ自己採点は「100点満点中3点」 初挑戦の難しさ実感

    エンタメ

     KREVAが手掛ける音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』の制作発表会見が26日、都内にて行われ、音楽監督を務めるKREVA、主演の内博貴らキャストが登壇した。ラップ音楽を中心にステージが展開されていくが、ラップ初挑戦の内は「初めてなので今は新鮮な気持ちでいっぱい。先日KREVAさんと練習を初めてやって、自己採点で100点満点中3点くらいだったんですよ(笑)。稽古を通して100点に近づいていければ」と意気込んだ。@@cutter KREVAの楽曲で全編構成、KREVAと音楽界、演劇界、声優界などさまざまなジャンルから集められたキャストたちにより、2011年に初演、2014年に再演されている本作。今作は桜を題材にした3つのオムニバスストーリーが展開される完全新作となる。  「KREVAさんの曲が大好きでいつも聴いていますが、聴くのとやるのは大きな違いがあります」と不安そうに語る内。そんな内にKREVAは「稽古でセリフが入ってきて、ラップがセリフの一部になってくれば、内くんだったら大丈夫。ミュージカルとストレートプレイの中間ぐらいがラップだと思うので、内くんくらい場数を踏んでいる人だったら、セリフの一部のように声を発してもらえると」と背中を押した。  劇中、二人でユニット“ウチクレバ”を結成するが、二人のリアルな関係としてKREVAは、「“家くれば?”の前に、まずは内くんの車に乗せてもらうことから始めたい。“クルマノレバ”から」と話し、笑いを誘った。  どんな人に観に来てほしいか?との問いに、「いろんなジャンルのファンの人に観てもらいたいですが、映画館に行くような気持ちで、構えず気軽に観に来てほしい」と内。また増田有華は「ラップって生牡蠣みたいなものなので…」と独特のたとえで話し始める。「ラップってクセが強そうな味に見えるけど、実際に入ってみるとその世界に魅了される音楽だと思うので、『どんなものなのかな?』と迷ってる人にこの機会に観てもらいたいです」とアピールした。  稽古でもこの日の会見でもその自由すぎる言動でキャストたちから慕われるブラザートムは「宮本亜門さんに観に来てほしいです!」と一言。場内を湧かせた。このほか会見には、綿引さやか、AKLO、Mummy‐D(ライムスター)、小西真奈美も登壇した。  KREVAの音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』は3月25日~4月3日に東京芸術劇場プレイハウス、4月8日~10日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

  • 上川隆也、『エンジェル・ハート』実写化で冴羽りょう役に絶賛の声

    『エンジェル・ハート』実写化に絶賛の声「半端ない再現率」「立ち姿がりょうだった」

    エンタメ

     連続ドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)が、11日に初回放送を迎えた。人気漫画の実写化ドラマとして、そのキャスティングに期待の声も多くあがっていたが、放送後は「面白かった!」「半端ない再現率」「漫画とダブって見えた」など絶賛の声が多く挙がった。@@cutter 本作は週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画「シティーハンター」をもとに、新たなパラレルワールドが描かれた作品の実写化。第1回はシティーハンターと呼ばれる凄腕の始末屋である主人公の冴羽りょうが、相棒で婚約者でもある槇村香(相武紗季)を不慮の事故で失ってしまうところからスタートした。  冴羽を演じる上川隆也に対しては、立ち振る舞いからアクションシーン、そしてコミカルな演技など、原作の冴羽のイメージをかなり忠実に再現。放送後、ツイッター上では上川の演技に「立ち姿とかちゃんとりょうだった」「やべえ上川隆也さんハマる」「驚くほど違和感なく冴羽りょうに見える」「ジャケットから見える胸筋がりょうそのものだった」と絶賛のコメントが殺到。また、コミックではお馴染みの「もっこり」という台詞も登場し「もっこり聞けたのが一番嬉しかった!!」との声も。  上川以外にも、ブラザートムが演じる海坊主ことファルコンについても「違和感ねえwww」「半端ない再現率」「バズーカ2丁持ちきたw」「海坊主いい笑顔」と、こちらも好印象の模様。また「シティーハンター」を知るファンからは、「(喫茶店)キャッツアイの入り口のディスプレイに香のハンマーが。作品への愛情と敬意を感じる」「りょうが香の肩を抱くシーン見て大感激!」「アニメ版シティーハンターで声を担当されていた声優山寺さんが、20年の時を経てドラマ版エンジェル・ハートで俳優として出演されるってすごいことだよな」と愛情こもったコメントも多く見られた。  総じて作品の評価には、「原作知らなくても楽しめたと思う」「安心した、どころか満足した」「普通に楽しめた」とドラマに満足し、次回以降にも期待を寄せる声が集まっていた。  連続ドラマ『エンジェル・ハート』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分より放送。

  • 『エンジェル・ハート』第1話場面写真

    上川隆也、「どう “もっ○り” と言おうか…」冴羽りょう役に試行錯誤

    エンタメ

     10月11日よりスタートする日本テレビ系ドラマ『エンジェル・ハート』に主演する上川隆也が8日、囲み取材に応じた。体脂肪率10%以下にまで絞った見事な肉体があらわになったTシャツ姿で登場した上川は、自身初となる肉体から役へのアプローチ方法を明かした一方、現場での和気あいあいとした様子も語った。@@cutter 初の実写ドラマ化となる『エンジェル・ハート』は、週刊少年ジャンプに連載されていた大人気漫画『シティーハンター』の世界観をもとに、原作者・北条司が新たなパラレルワールドとして描いた作品。  上川が演じる冴羽りょうは一見お調子者の男に見えるが、実は凄腕のスイーパー(始末屋)として、街の悪い連中を始末するという役どころ。コミカルから無骨なアクションまでの演じ分けが鍵となりそうだが役作りについて尋ねると、「演技としてのアプローチもですが、今回はビジュアルイメージも近づけるために時間を費やしました。実は前クールのドラマ『花咲舞が黙ってない』のときは、プヨプヨな体型だったんですよ(笑)」と、笑いを誘った。  しかし、Tシャツの下からのぞく腕には惚れ惚れするほど美しい筋肉がついている。「約2ヵ月をかけてトレーナの方についてもらって、この夏はトレーニングに通う日々でした。ここまで鍛えたのは初めてです。おかげさまで体脂肪率が10%を切りました。体が多少なりとも冴羽りょうに近づけられたことは、自分を支えるものとなりました」と、役作りの一端を担うと発言。  共演するヒロイン香瑩(シャンイン)役の三吉彩花や最愛のパートナー槇村香役の相武紗季という女優陣の印象について、「三吉さんは体当たりで役を演じていて『おみそれしました』と感心しています。相武さんは可憐さにたおやかさが加わっていて、りょうと香の関係が大人に見えるお芝居をしてくれるので、作品のグレードをひとつ上げてくれています」と絶賛。  また脇を固めるブラザー・トム、山寺宏一、ゴリ(ガレッジセール)などとは前室で男同士ならではの熱い会話を繰り広げている模様。「りょうの『もっこり』という口癖があるんですけど、幅広い世代に対して露悪的にならない形でどう『もっこり』と言うかという話でヒートアップしています(笑)。冴羽りょうのスケベなキャラクターは外せないところでもあるので、テストを重ねながらトライアンドエラーしています。そんなところも楽しみにしていてほしいですね」。  連続ドラマ『エンジェル・ハート』は、日本テレビ系にて10月11日(日)22時より放送(初回30分拡大)。2話目以降は、毎週日曜22時30分より放送。

  • イケメン俳優・中村蒼、人生初の“テレビ”役で新境地

    中村蒼、人生初の“テレビ”役で新境地! 共演者・斎藤工はひきこもりのゲイ役

    映画

     俳優の中村蒼が、新作主演映画『春子超常現象研究所』で、“心と体を持つテレビ”という異色な役に挑戦。これまでの爽やかなイケメンのイメージを覆す衣装で新境地を開拓している。そして、ドラマ『昼顔』でブレイクした斎藤工は、ひきこもりのゲイ役を演じているという。@@cutter 映画『春子超常現象研究所』は、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」で、最高賞を受賞した気鋭・竹葉リサ監督の最新作。ある日突然、心と体を持ってしまったテレビ(中村蒼)と、持ち主の春子(野崎萌香)、それを取り巻く個性あふれるキャラクターたちが騒動を巻き起こすコメディ映画だ。  中村は正統派イケメン姿を封印し、バラエティー番組さながらの“テレビ”姿を披露。最初はいがみ合っていた春子と、なりゆきで同棲、ヒモと化してしまう情けない役をコミカルに演じている。キワモノキャラクターたちのドタバタコメディーと思わせて、終盤に垣間見せる本音が観客の胸を打つ。  テレビ役に扮した中村は「まさかテレビを演じるとは思ってもいませんでした。こんな役は今後ないだろうから楽しんでやりました(笑)」と満足げな様子。奇想天外な本作については「色んな展開が起こるハチャメチャな映画です。でもこれを観て、物に対する気持ちが少しでも変わってくれたら嬉しいです」とアピールしている。  前代未聞のテレビ役について竹葉監督は「下手をするとコントになる難しい役どころ。実力派でないと演じきれない」と説明し、「あえて透明感がある中村さんを起用することで、テレビという無味乾燥な役に暖かみを持たせた。想像を絶する役作りと、天賦の才能に震える」と中村の演技力を絶賛している。  また本作には、青木さやか、ブラザートム、小日向文世、池田鉄洋、高橋由美子といった実力と個性を兼ね揃えたキャスト陣も出演している。『春子超常現象研究所』は2月19~23日、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭とスカパー!での放送で日本初お披露目の予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access